フォトアルバム
Powered by Six Apart

手作り Feed

2008年3月 8日 (土)

扶養家族?

なにやらゴキゲンなあみねこさんがひとり。
どうやら新入りのようです。

Zmgd2znb

フッフ〜〜ン♪
これは椿の香袋なんよ〜。
ええ匂いすんねんよ〜。
椿の芯のところにお香がはいってんよ〜。


(そう、それは私が京都のとある香舗でもとめたもの。自分で作れないもんで、、、、楽して買いました。)


Dlizo9nu

おやおや、新入り、桃のまわりに、わらわらと物見高い他のあみねこ連がよってきました。
ワイワイ、ガヤガヤ♪



O1b4zoh1

おや、黒はもうひとつうれしそうじゃありませんね。



_xwkop7w

黒”う〜〜ん。扶養家族がまた増えたのか。養いきれるのだろ〜か?”

(そう、あんたは気苦労が多いわね。
  でも、青や緑みたいにのんきにかまえたら?
   悩みすぎると、しわふえるよ。はやくふけるよ。)

黒 ”げっ?!”


*あみねこはねこやまさんのオリジナルです。
”あみねこのいる生活”

2008年1月20日 (日)

あみねこ増殖

(あみねこはねこやまさんオリヂナルです。)

自分より、でかかったフレあみねこ→http://blog.kansai.com/cheruprifre/203
が北海道に行っちゃって、目の上のたんこぶがいなくなり、ゴキゲンな黒。

Wfspx66v


♪るんるん



Ncbwiem8


ん??



6dbqiboo


はじめまして。緑と申します。



ふんふん。なかなか礼儀ただしいのぉ。
隣に座らしてあげてもいいか、、、。


Yvvmazac


んん?
なんや、このひょうきんなやつ?




R5_q2e23

えへへ、青でやんす。




Sktwmf57


ん〜〜〜。(-_-#)
なんかお気に入りのパソの上がきゅうくつなんですけど、、、



F0u2jqb8

ま、いいか。
3人仲良し、なかよしheart


しばらくして、、、、、


6ontgnbt


緑、青だれる。
こいつら〜〜
(-_-#)(-_-#)



ところで北海道に行ったフレあみねこはどうしたでしょう?


Hkskgr7g
お姉ちゃんのコートのポケットに忍び込んで大学についていきました。
見つかってしまい、とがめられています。
シュン(;_;)

2008年1月11日 (金)

あみねこ2号・フレディあみねこ

さて、年末からはまっているあみねこ作り。 
→ http://blog.kansai.com/cheruprifre/201
(あみねこは”ねこやま”さんオリヂナルです。)

今度はできあがったら娘にやろうと思いました。
うちの隣に迷い込んで、私が行きがかり上保護した子猫(かつては!)で、今は北海道に住む娘と同居しているフレディ(♂2歳半)の毛並みに似たやつを、、、、。


Uv5mdym9
フレディです。
保護したときは片手に余る小ささだったのに、いまや5.5 キロの堂々たるおっさんです。


ただし、蚤の心臓ですごいビビリです。
でも気は優しくて、フーッとか、シャーとか怒っているところは見たことがありません。
うちに里帰りしても自分より小さいシェルプリに威嚇されて腰がひけてます。(名前はQUEENのフレディ・マーキュリーからもらったのにね)

さて、そのあみねこ。似た色を選んだつもりが複雑な色になってしまいました。しかも途中で糸が足りなくなって、意図せずして足としっぽはシマシマに、、、、。
それに、、、、なんだかでかい!
ま、フレデイもでかいからいいか(^◇^;)


Dbluqxkn
黒:ん?だれ?隣で同じかっこうしてるやつ?


”わしはフレぢゃ。おまえよりでかいから、おまえより偉いのぢゃ。”


Dedc4uhh
黒:へへ〜っ。おみそれしました。
フレ”うむ。今から説教をするからよく聞くように。”
黒:ハイ(しぶしぶ)


明日フレあみねこは北海道行きの宅急便で本物のフレディとご対面予定です。フレディのめ〜わくそうな顔が目に浮かぶわ。smile

2008年1月 4日 (金)

あみねこさん=(^・^)=

年末のお休み、久々にゆっくりした時間がとれました。
ので!
これをちまちま制作しとりました!
夢中になってやったので年明ける前までに完成〜。

Pqqfxne7
”あみねこ”さん!


実はこれ、nnya様のブログで見つけたのです。
nnya様のブログのお友達、クロスケママさんがnnya様に干し芋といっしょにプレゼントされた自作のあみねこ!

見たとたん、目がheartに!
この脱力系かわいさは癒されますぅ〜〜。
手足胴体に重しのペレットが入っているので、お座りも、腕組、足組も自由自在。

ほしいっ!ほしいっ!
じゃ、作ろう!

と、早速このあみねこの作者ねこやまさんの


Emzxwmog
”あみねこのいる生活”を入手。(思い立ったら早いのがとりえ)
毛糸も買ってかぎあみGO!


それにしても”あみねこのいる生活”に出てくるいろんな色のあみねこたち。
団体で見るとさらにかわいく、ついているキャプションもユーモアたっぷりで、くすくす笑いっぱなし、、。
人気があるらしく、あちこちであみねこ増殖中らしい。
あみねこブログもたくさんありますね〜。


私は編み物は正直言ってあまり得意でない。
で、まっすぐ筒状になるはずが、目をとばしたり、勝手に増やしたりで、でこぼこになったりしつつも、なんとか編み上がり、

Qbdf1ukn
あとは合体するだけ。


でも、(・o・)、、、確かクロスケママさんのあみねこは手のひらサイズだったはず、、、。
なぜにこんなにでかい??
どうも合細とまちがえて合太で編んでしまったみたい、、。
まあ、これはこれでいいか、、、(^_^;


S8t715kw
おもりのペレットのかわりにパイを焼くときの重しを使いました。

Jfmwqau9
完成!
ちと丸顔?すぎ


ではしばし、我が家のあみねこワールドを、、、。

Z8tyvelq
のんきに腕枕
Uwup4uat
よこむきでだれてます。
だらだら、、、
Ryvhlmue
シェルと同じポーズだ〜い。
ばんざ〜い
Tpcbx3wm なによっ!あんた!
げしっ!☆
いてっ!


W8caz2_c
シェル:もうやだ〜、このしつこいちっこい黒いの!


O9z_gmcd
こうしてやる〜
いてて、、やめてぇ〜


Kkhcv4db
プリ:なんやねん、このうさんくさいやつ。
シカトしてやろ。
そんなぁ〜



Agpmyako
と、いうわけで我が家の一員になりました。
脱力、癒し、あきらめ、ユーモア、、いろんな表情がみてとれます。



ねこやまさんの本にもありましたが、顔は目と眉の位置をかえるとさまざまな表情の変化が楽しめます。
ある意味作った人の心をうつしているのかもしれません。
この子は
”ま、世の中こんなもんとちがうか?”
と、言っているようです。(^ ^;

さて、あみねこ2号、3号、、、、作ろうっと!

2007年12月 4日 (火)

クロスステッチのクリスマスオーナメント

いつも、ねこのももちゃんと、すてきな手作り作品をのせておられるnnya様の楽しいブログで、すてきなものを発見!

クロスステッチのかわいいオーナメント

この図案欲し〜な〜、、、とコメントしたら!
nnya様、メールで早速図案3つを写真付きで送ってきてくださいました!

よ〜し。3つは無理でも1つは今年のクリスマスに間に合わせよう。
と、さっそく行動開始。


O9slew7j
まずは図案を方眼用紙に写し取って




C6shb_8o
クロス用布、刺繍糸(ダークレッド)、刺繍用の枠、クロスステッチ用の針。
準備万端!


最初のもくろみでは、自分の腕と、老眼を考慮し、布目4つを1つのクロスにあてようとしていたのですが、計算するとそれだととんでもなくでかい代物になる事が発覚。

しぶしぶ、1目1クロスで、、、。

L9g7zoix
まずは回りの枠から。
ううっsweat01老眼にはつらい、この小ささ、、、。




Gyj463d8
5分の一くらい刺したところ。
nnya様は上から刺されていましたが、私は左から。


目の計算をしながら刺していくので、近視眼的に必死になっていて、ふと手を止めてみると、おおっ!なんだか模様ができていってる!
楽し〜い。heart
昔升目を埋めて模様を浮き上がらせるパズルがあって、はまってましたが、それに似た楽しさ。


Sj4jl63h
ここまでくると、もう出来上がりが見たくて見たくて、とまらない。


結局3日で出来上がっちゃいました。(^o^)


1vcwp9xp
雪だるまのマフラーと、スコップの柄に緑の糸を刺して完成!


ただ、nnya様のと比べると、糸目がきついですね。
前から編み物も目がきつくてゲージ通りできなかったし、、。
もう少し白い地がみえないようにふっくら刺せたらもっとよかったんですが、、、。
ちょっと気を良くして、もう一つ別の図案で作ろうと思っていますので、その時は気をつけて刺してみよう。


Gfudhriq
まわりを綴じて、リボンをつけて、綿を入れて、、
すてきなオーナメントになりました。


nnya様、ありがと〜(^o^)/heart

2007年12月 3日 (月)

先生のキルト作品展

日曜日、10数年来私が師事しているキルトの先生の作品展のお手伝いにいってきました。
お手伝い、、といっても、見に来てくれた方に説明したり、記帳してもらったりするだけなのですが。

この日は、たくさんの方が見に来てくれました。


4dk4khxi
記帳コーナー。
この額入りのサンタさんも先生の作品です。




I4bp6k6g
先生(右)と一緒に作品の前で。
顔を隠したらブログ掲載もOKとのことでのせてみました。


最初キルトを始める時、何人かの先生の作品をみせてもらって、この先生の色使い、センスがいちばん自分の美意識に近かったので、お願いしました。
もう12年近くたちました。よく続いていると自分でも思います。

大作製作中は、しんどかったり、スランプになったり、しばらく見たくもないときがあったりしますが、なんとか完成できたときの喜びはかえ難いものがあります。
その瞬間を味わうために作っているのかも。
で、できてしまった作品は、わりと気軽に人にあげてしまったりしてしまいます。

うちの先生の真骨頂は、実はキルトではなくて、”布絵”にあります。

布をご自分で染めて、絵を描くように、裏に薄く綿をいれて土台の布に縫い付けていきます。それに刺繍を施したりもします。


Lpluyhza
布絵の展示です。
ただし著作権とかの問題もあるので、遠景だけ、で許可をもらいました。


それぞれに詩的なタイトルがつけてあって、(夕轟き、踏青、紫の思い、風の語らい、、などなど)額に入れて飾ると水彩画の絵でも飾っているようですてきなんですよ。


Om96djiu
ただし、これはテクニカルにはちょっとむつかしいので、やっているのは先生ともう一人のお弟子さんだけです。
私はパッチとキルトだけで、、。
(^ ^;)




Pq_a8a9o
作品をはがきにしたものを買ってきたので、これをアップでのせておきますね。


少しでも本物の作品の雰囲気がでれば、、と。

最近ちょっと手作りさぼり気味でしたが、先生の作品展でまた、モチベーションあがってきました。
がんばろう!

2007年9月30日 (日)

秋の夜長は手作りを、、、。

陽が落ちるのが早くなってきましたね。
気がついたらもう外は真っ暗、ということも。

さて、先日香月さんで買った→http://blog.kansai.com/cheruprifre/151 縮緬の兎人形のうさこの独白。(変な京都弁もどきをしゃべります。)


Mryajtrr ”お母はん、やっと帯作ってくれてん。
赤い絞りの帯揚げもつけてくれてんよ。”



”実は、うちに従姉妹が二人もできてんよ。
ばーにぃちゃんと、めめちゃんいわはんねん。
二人の お母はん、うちを見て、型紙もなしにチャチャッとつくらはってんて。lovelyhttp://blog.kansai.com/42nahcuy21/534
それにばーにぃちゃんとめめちゃんの着せ替えの着物、もうぎょうさん作らはってんて。ええな〜。heart
うちのお母はんは、ちょっと不器用やさかいな〜。shock当分新しい着物はできひんと思うわ。”


う〜ん。京都弁というより、じゃりんこチエがしゃべってる感じやな、、shock


C2ptvgvl

”うちの後ろ姿、どうどす?”



さて、うさこと一緒に買った着物の端切れを貼ったクリップ。着物を着た時の髪留めにしていったのだけれど、歳のわりにはハデとちがう?といわれまして、、、。
ならば!とクリップだけ買って来て、自分でシックなのを作ってみました。smile


Gbfke1lt 一番下のが、買った物。
上2つが作った物です。


年相応の柄になったと思いますが、、??


C0gfbrs5

飾りのチェーンはひところビーズ細工にはまってたころの残り物を利用してみました。



ショートヘアなので、着物を着た時アップに出来ないので、かんざしとかさせないのが残念だったけれど、このクリップで少しはかんざしの雰囲気を楽しめるというもの。smile

S2spqoxs



作り方は簡単。
Xtgkw2t2 この布用ボンドとピンセットがあれば。


クリップにボンドをつけて縮緬をはりつけ、余った所をカットして、内側に折り込むだけで本体完成。
オリジナルはクリップに穴をあけて、飾りをぶら下げてるけれど、穴をあけるのはむつかしいので、今回はクリップ内側のばねのところにチェーンを通しただけで、できあがりです。


87uxm8tr


私が手作りをしている時には、必ず近くにきて監視体制に入るシェルです。
”今度は何作るの〜?”


2007年9月17日 (月)

縮緬細工

宝塚阪急の催し物コーナーに縮緬細工のお店が出ていた。

Cppk354g 近くで撮れなくて、遠景になりました。
スミマセン。

おっちゃんの背中についてるのも縮緬細工のブローチ。
は〜、こおいう紋みたいな使い方もすてきやね。


かわいい縮緬で作ったお人形や、ブローチ、バッグ、携帯ストラップなどなど、、、。
下げもんもあります。中央の上段に写ってるんですが、見えるかな〜?

さすが、プロの仕事なので、きれいでかわいい。
最近はこういう古い着物の端切れでお細工もの売っているのを良く見かけます。

着物の柄を見るのはとても楽しい。特に古典柄が好き。
着物を数々みるのは、たいへんだけれど、こういう端切れでも、十分楽しめるので、思わず、みとれていました。

アップの写真が無いのが残念ですが、このお店、細工物のセンスがとてもいい、と思いました。

でも、お値段は結構しますね。(^ ^;)

で、プロの技、は無理にしても、ちょこっとデザインや、仕立てをチェックさせてもらって、売っていた着物の端切れセットを買ってかえりました。


N0xcojvo どれも年期のいった、端切れですが、懐かしい柄もあって、このセットを選びました。



複雑なのはできませんが、ちょこっとしたポーチなどこれで作る予定。(あくまで予定)shock

着物としての役目を終えたあとも何らかの形でこの布達をいかせますように。

着物(仕立て直し、染め替えで何代か)→布団、座布団カバー→雑巾

昔はこういうリサイクルが当たり前だったようです。
我が身を犠牲にして絹糸を吐いてくれたお蚕さん、布へ変えてくれた織り手さん、染め屋さん、などなど、携わったすべての人への感謝の気持ちを忘れないように。

2007年9月10日 (月)

久々に手作り

昨夜はすごしやすく、今朝もちょっとだけ秋の気配を感じました。、、、、なぜなら、私の鼻がそう教えてくれるの、、、。鼻アレルギーの季節が来たっ!って、、、。

春の花粉症は有名だが、私の場合は秋の方がひどい。まだ花粉症という名前がポピュラーでなかった子供の頃から、世間では清々しい季節というころに、いつも鼻がかゆい、喉がかゆい、目がかゆい!という思い出が。

暑い夏が去るのはいいけど、またこの季節1ヶ月ほど悩まないかんのね。(ToT)

さて、それはともかく、帰省していた(”寄生”と変換されて大笑い。あたっとるがな)子供達も大学へ帰って行き、ちょっと落ち着いた時間が取れたので、ここのところご無沙汰してた手作りを復活させました。

手作りもんの“師匠”と密かにおよびしているばーばん様、パッチワークのみならず、ぬいぐるみやレース編みなど、思いついたらチャチャッと作ってしまわれるnnya様には、とおく及びませんが、不器用なりに楽しんでます。



Oyqgpl5l 旅行前にパッチだけ仕上げてほっておいたマット。


これもあまり使わないラベンダー系の布を処分するつもりで作ってみたのです。キルト芯をいれて、裏布をつけて、ミシンでダーッと縫っただけのかんたんマット。
用途はまだ決めてませんが、そのうち猫のお昼寝マットくらいに落ち着くかも、、、。


Xoz3chy0 これは失敗古帛紗。


化繊の金襴の布で、柄が青海波につぼつぼで、とてもシックなので、古帛紗に仕立てようとしたのですが、裁断に失敗!(ワサにする所をばっさり切っちゃったんだよね〜)
泣く泣く2枚重ねて、古帛紗もどき。
香合なんかを載せて飾るにはちょうどいいか、、、。
上に乗ってるのは中国土産の安物の使用目的不明容器。見立てで香合にできそう。


Nhdntjr4 これは上の古帛紗失敗、の残り裂れで似たようなものを作りました。


ちなみにこれは香合ではなく西洋のピルケースらしい。
蓋に乗ってるのはかわいいアオガエルです。


あんまり腕はあがらないけれど、実はパッチワーク歴は長く、10年あまり、先生のお宅に行って習っています。
もう10年になると課題はなくて、好きなものを作って、先生にアドバイスをもらうだけ、という感じです。

自分の感性だけで色合わせをしていると、思ったほど完成時に全体として見ると、うまく仕上がらないことが多いのです。
好きな色ばかりを使ったはずが、できてみるとメリハリ無かったり、おさまりが悪かったり、、。
それがパッチワークのむつかしいところで、まだまだ勉強しなければなりません。

その足跡というか、この10年でたまりもたまった、布の数々。
 ↓
Fru2u6no プラボックスにいれて、色の系統別に分けてますが、いざ使うとなると、足りなかったり、どうにも合わせようがなかったり、、、。


この年々堆積していく布をなんとかしようと試みては、かえって新しい残り裂れが増えていく、、、という悪循環に陥っています。

それで、ちまちました布が活かせるパターン(クリスチャンクロスというパターンです。)をたくさん作って、消費し、最後に何にでも合うグレー系の布でまとめよう、というプランをたてました。


Gltngy5i まだ始めたばかりではかどってませんが、、。


さて、うまく残り裂れを消費できるかどうか、、shock
やがてくる夜長の秋や、おでかけがつらい寒い冬はちくちく地道にがんばって、ブログにアップできますように、、、、。

年を取って、私が死んだ後に、
”もう、angryおばあさんはこんな使いもしない布をいっぱいためこんで、、、”とあきれられませんように、、、。



2007年6月24日 (日)

こんな物を縫って作ってみました。

まず和風の木綿生地を2.4メートル買ってきました。


Fe57abvd ちょっと浴衣地にでもなりそうな撫子柄。かわいいheart



Qwuzrn07 さて、ほとんど直線裁ちで、簡単そう。



Srcpnz4x あまり込み入ったテクニックも不要で、全部直線縫い。ミシンでダーッと一気に縫い上げます。



Kso_zwdo さあ!完成!不器用でも、2時間くらいでできました。


これはなんでしょう?

そう!ワンピース型のお茶のお稽古着!
帛紗もはさめます。懐紙もちゃんとふところに入ります。裾さばきもバッチリお稽古できます。smile

お茶のお稽古はたいてい着物着て行きますが、最近月1で行っている花月のお稽古は箕面まで、洋服で行っているので、懐紙なんか入れられるお稽古着がほしいな〜、と思っていたのです。
そして、以前あまね様がブログで紹介してはった本を思い出しました。http://blog.kansai.com/amaneroom/1282

Qguuklrj 淡交社のかんたんソーイングの水屋着、お稽古着の本。


この本見ながら、作りました。
来月から活躍するはず。そしてきっとみんなから注目されて鼻高々、、、、な〜んてことまで想像しちゃってます。(^o^)




2007年6月15日 (金)

大島紬のパッチワークバッグ

大島紬の端切れが手に入ったので、本を見ながら四苦八苦しながらバッグをこしらえました。

古布なのと、柔らかい絹地なので、パッチがとてもしにくく、てこずりました。



2e3suggx 真ん中の黒い部分は、黒の縮緬。これも古布です。模様のポイントにしました、、、と、いうのは嘘です。ここの部分だけ、大島が足りなかったのcoldsweats02



さらに、大の苦手のファスナー付けや、サイドとまちの長さ合わせに、てこずり、よ〜く見るとあってはならないダーツや歪みが、、、shock





Elpu69yu で、完成品は参考にした本の写真とは似ても似つかぬものに、、、。



まあ、ぼろを隠して写真をとればなかなかおしゃれに見えません?着物を着てお出かけの際にあいそうな、、、。ただし50cm以内に接近禁止で。

ちなみに持ち手は帯締めです。
高い帯締めはこんな風に切るなんて、とてもできないので、なんと特売で1000円のもの!ばっちり中国製と書いてありました。




2007年3月24日 (土)

着物の端切れで

こしらえてみました。
古い着物のリサイクルは最近はやってますが、端切れもリサイクルの店なんかで手に入りやすくなりました。

着物が好きで、和の布が好きで、でも着物をほどいて洋服にするリフォームなんてできないし、ましてや和裁なんてとんでもないので、ちまちました端切れで小物を作って満足しています。

Btpfb99u


端切れの一番いいところを2.5センチ四方に切って、カテドラルウインドウというパッチワークの手法で作ったテーブルクロスです。


Hxftu_md


元着物なので、絞りあり、刺繍あり、縮緬あり、綸子ありともとはどんな着物だったのか像像しながら作るのは楽しかった。


京都で住む予定の家は和風!と決めてるので、そこに似合うものができたと一人悦に入っています。

2007年3月21日 (水)

桜の小紋でお茶の稽古/手作り古帛紗

ついに東京で桜の開花宣言が。
先日ご紹介した(3月15日)仕立て上がりの桜の小花びらの小紋、早く着なくては時期を失してしまいそう。
と、いうことで今日のお茶のお稽古に着ていきました。
帯はゼンマイ織りの白っぽいもの。

Xja4xehm


桜鼠の色がとても好きです。(残念ながら、写真では桜の小さい花びら模様は見えませんが、)似合ってるかどうかは別にして、、。でもこれなら70歳くらいになっても着られそう。
お手前は茶通箱(さつうばこ)という四ヶ伝のひとつ。真剣に帛紗さばいております。

おろしたてなのでお茶やお湯がかからないかとヒヤヒヤしていましたが、注意を払うとなんとかなるものですね。ふだんがガサツすぎるんだなと反省。こういう注意を払う訓練もお茶のお稽古で学ぶべきポイントかと、、、。smile


普段お稽古では、安いごわごわの古帛紗を使っていましたが、ついに端がほつれ、糸もピンピンとびだしてきたので、新調しようと思いましたが、そうだ!自分で作ってみようとおもいたって、呉服屋やリサイクルショップを回り、帯の端切れや化繊の金襴緞子の端切れなど集めて、サイズをはかりパッチワークで作ってみました。

Zvbjpeaj




Iin6x_am これは開いたところ。


今回は習作で、布が固くて縫うのに往生したし、柔らかくひらいてくれず、ゴワゴワしてるのが難ですが、”自分で拵えてん。”とちょっと自慢できるので、またもう少しましなのをいずれ作ろうと思っています。
smile


いよいよ桜の季節。またどこへ行こう、いつ行こうと心騒がしい季節がやってきますね。

    世の中に絶えて桜のなかりせば
          春の心はのどけからまし
                     在原業平

ネットで手芸用の金襴など和の裂を扱っているサイトを見つけました。参考まで
  
 Oriet Kyoto: http://itcjapan.co.jp/index.php