フォトアルバム
Powered by Six Apart

映画 Feed

2012年6月15日 (金)

映画「道~白磁の人」〜浅川 巧の生涯

こういう映画が日韓共同で、いや日本人の監督のもとで作られる時代になったのだ、と感慨深い。
特に韓国併合下の三・一独立運動の日韓両国人の軋轢の場面。

今の若い人たちは信じられないかもしれないが、私たちがまだ子供の時は「朝鮮人」ということばには、とても微妙なニュアンスがあったのだ。
つい最近まで、朝鮮の民族服はしっていても、どんな家に住み、どんな食事をし、どんな生活を普通の人たちはしているのか、朝鮮(主に韓国)の文化や伝統、それらについてはほとんどしらなかった。
また知る機会もなかったのだ。

思えば韓流ブームにのったおばさんパワーが、そのベルリンの壁のごとき高い垣根を圧倒的な破壊力でぶちこわした、、、ような気がする。
おそるべし!決しておばさん(含む・私)を軽んじてはいけないよ、男性諸君、若者達。

あら、すっかり脱線してしまいましたねcoldsweats01

以前からこのブログで再三取り上げて、高麗美術館学芸員の山本さんの公開記念講演会まで聴きにいった映画がついに公開されました。

P1160519

映画公式HP

浅川巧については、是非彼の存在を知ってほしいし、どんな人なのかわからなければこの記事を読んでもわからないと思いますので、参考までに過去記事をあげておきます。

出会い東洋陶磁美術館

今回は映画のおはなし。

51jsm5ysj6l_ss500_

原作は江宮隆之さんの本、「白磁の人」。


映画では、日韓関係に今も暗い影をおとす韓国併合の時代に、林業試験場(京城:ソウル)の林業技師、李青林(イ・チョンリム)と浅川巧の民族の垣根を越えた十数年にわたる友情の物語を縦軸に展開。
青林は原作ではそれほどでてこないし、巧の朝鮮人界での人脈は貴賤をとわずすごく広かったので、ここでは青林が朝鮮人代表、といったところか。
(映画はやはり、物語として完結しないといけないのでね。)

巧と青林は朝鮮の山々を歩き、伐採ですっかり土の露出した山を緑にかえそう、と研究に励む。
朝鮮には朝鮮の木を。

ところが朝鮮五葉松はなかなか発芽してくれない。
苦労の末、巧が発見したのは「露天埋蔵法」という実は単純だが、だれも気づかなかった方法。
二人は木を植える。
朝鮮の山に。
最初に発芽した記念の小さな苗は、青林の長男の誕生記念に青林の家の片隅に。

当時の京城の建物や風俗を垣間見ることができたのは興味深い。

高麗美術館の山本さんは柳宗悦の扱いが小さすぎる、といっておられたが、私はむしろお兄さんの浅川伯教(のりたか)さんの出番が少ないのが残念。
朝鮮の陶磁器の研究においては右に出るもののない人だったのに。

伯教さんの京城のお家には、かの有名な、安宅コレクション(現・東洋陶磁美術館)の目玉、「辰砂蓮華紋壺(参考:↓)」があったぁ〜!

P1100145


これも小道具さんの苦労のたまものなのだろうけれど、惜しむらくはぴかぴかすぎ。
そしてどう見ても白磁ではなくて、磁器に見えるcoldsweats01


巧を好演したのは吉川 悠さんという俳優さん。

前にも書いたけれど、巧のイメージより、すこし生真面目すぎるかな。
もっとお茶目なところもある人だったのではないかと思うので。

この方、どこかで見た顔、、と思ったら、大河「平清盛」でのちに鹿ヶ谷の陰謀で清盛を裏切りまくる藤原成親をやってらしたのね。
清盛といえば、保元の乱で勝ち組になった悪人ヅラの藤原忠通をやった堀部圭亮さんが、朝鮮人をいじめまくる日本軍人をやってた!

さらにあの柳宗悦を、最近話題になってた塩谷瞬さんがやってたのにはひっくりかえるcoldsweats02

巧の親友であり、義兄でもあった朝田政蔵を亀治郎改め猿之助さんがやっていたのもよかった。

青林を演じたのは韓国の俳優ペ・スビンさん。
祖国独立への思いと、巧への友情に板挟みになる役どころにぴったり。

青林の友人の葬列で、泣き叫ぶ家族を見て、(朝鮮には葬儀のときの泣き女という職業がある)
「朝鮮人は葬式だからって、あんなに泣いてみっともないねえ。」
といった手塚理美演じる浅川兄弟の母親。

後日、若くしてなくなった巧の葬列に母は無表情で連なっていたが、ふと列をはなれ物陰で号泣する。
印象深いシーン。

巧は今も韓国の土に眠る。
墓碑「韓国の山と民芸を愛し、韓国人の心の中に 生きた日本人、ここ韓国の土となる」。

映画は最後に、二人で植えた記念すべき最初の発芽苗が大きな朝鮮五葉松となり、現代的なビルのたちならぶソウルの町にすっくと立つ姿をうつしだす。

この映画制作のプロジェクトは、浅川兄弟のふるさと、山梨県北巨摩郡(現・北杜市)の有志を中心にたちあげられたそうで、途中なんども中断しかけたとか。
有志のあつき思いで、完成されたことに拍手を。

エンドロールにもご注目を。
浅川兄弟、柳宗悦らの白磁のコレクション、有名なのがいくつも写真ででています!
(青花草花文面取壺:柳と伯教を結びつけ、民藝運動への目を開かせた一品など)

(参考)

P1100146


ふと、映画のコピー、「明日、世界が滅びるとしても、今日、彼らは木を植える。」の意味が解釈できたような気がする。

文字通り、彼らは朝鮮の山々を緑にするために木を植えた。
けれど、このコピーはこのセリフのことを意味していたのではないかと思う。

「日本人と朝鮮人が理解し合えるなんて、見果てぬ夢だろうか。」(巧)
「夢であったとしても、それに向かって行動することに意味があるのではないですか。」(青林)