フォトアルバム
Powered by Six Apart

« ゆく秋の大和国の、、、〜正倉院展+その他(の方が多いよ) | メイン | 2 ways of the 茶の湯 »

2012年11月 6日 (火)

今西家書院

、、、、で、正倉院にかこつけた奈良遊びでしたが、こちらも大きな目玉でした。

P1010249

重要文化財今西家書院
高畑エリアです。

ここを現在所有されているのはお隣の今西酒造・春鹿さん。
こちらでは400円で5種のお酒が聞き酒ができるwinkので、昼間っから一杯やったことはありますが、お隣の今西家書院にはなかなか入れませんでした。

P1010252

この日はたっぷり時間があったので、ようやく訪れることができました。

こちら式台付玄関。


P1010253

今西家書院は興福寺の最大院家(塔頭のようなもの)であった大乗院家の坊官(執事)を努めた福智院氏の居宅。
執事の家とはいえ、大乗院家ともなると(いや、よう知らんがきっとすごかったにちがいないcoldsweats01)やはりすごい。
一説には大乗院の御殿を賜ったとも。

P1010255


ぱっとひろがる視界は書院の間からの庭。

よく確認しなかったのですが、この障子は猫間障子といって、一つの敷居に二枚の障子が入っているそうな。
雪見障子が上下にスライドするのに対して左右にスライドするのね。
猫は細い溝をふみはずさずに歩くことができることから付いた名前とか。cat


P1010256


書院は室町中期の書院造りの形式を残しているそうです。


P1010283

これはすごい!

半蔀(はじとみ)!
源氏物語絵図にでてくるタイプの雨戸(?)じゃありませんか!

上半分はこのようにはね上げられ、


P1010285

下半分はこのように立てかけられていたのかな。


P1010257

庭にあるタラヨウの葉に文字を書いた物。

タラヨウは葉の裏面に経文を書いたり、葉をあぶって占いに使用したりしたため、その多くは寺社に植樹されたそうで、さすがそこは興福寺さん関係。(貝葉:ばいよう、とも)


さて、こちらにもお茶室がありました。

P1010260

珠光好みの三畳+一畳の板。
点前座の位置から考えると向板の1種か?

地袋の位置にある明かりとりの障子がめずらしい。

P1010290

この障子には外からこんな雨戸がつけられていました。

P1010262

花器は古代中国の青銅祭器の爵。(レプリカだと思いますが、、、)

P1010292


茶室から奥の間をみとおす。
躙り口はなく、貴人口のみ。


P1010266

付属の水屋もけっこう広い。
あら、よさげな水指がいっぱい。heart01

P1010275

奥の間から見る奥の庭。
プライベートガーデンですね。

P1010287


赤く色づくセンリョウや、石蕗、秋明菊なども。

P1010272

この一番奥の部屋の天井はへぎ板の網代になていて、これも数寄をこらしてますね〜。


P1010281

天井といえば、玄関のは船底天井だった!

ずいぶん大工さんも遊んだことhappy01


P1010289

お庭のかたすみに、なぜか道祖神さんが。


お掃除や家事をこなしてくれる人つきならcoldsweats01ちょっと住んでみたいなあ。
(やっぱり冬は寒そうだからやめておこう)


ちなみに今西家書院、プチ・カフェもあります。
こんな素敵なお屋敷で食事を楽しみながら、能管や笙のミニコンサートを楽しむイベントも。

天と地への捧げもの~いのり~

12月1日(土曜日)
12時受付
12時30分会食
14時演奏(15:30終演予定)

笛:雲龍 笙:田島和枝 (秦家で美しい笙の音をきかせてくれた方ですよ)
限定40名様お食事付き6000円
当日演奏のみ3000円

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349039/30192283

今西家書院を参照しているブログ:

コメント

すごい建物なのですね。一度行ってみたいです。
茶室とかは使われていないのかしら?

ひいらぎ様

書院での茶会はOKでしたよ。
多分小間も立ち入り禁止ではなかったから、使えると思います。
こちらで茶事などいかがでしょう?(その節は呼んでね〜!)

コメントを投稿