フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 金繕いをしてみた | メイン | 重陽・登高の茶事(飯後) »

2012年8月31日 (金)

飯後の茶事にむけて

飯後の茶事とは文字通り、ご飯を食べてからのご案内の茶事のこと。

正午の茶事に懐石がでるのに対して、お菓子と濃茶+薄茶のお茶がメインになります。

P1040246

なので「菓子の茶事」とも。

なかでも宗旦が好んだといわれます。

当時、宗旦は罪人(=利休)の孫でありました。
また時の政権に近づきすぎて命を落とすことになった祖父を間近にみていたために、大名に仕えることをかたくなに拒んだので、たいへん経済的に困窮していたといわれます。


P1040254
正餐をだすことができなかったかわりに、あくまでお茶をメインにした菓子の茶事をこのみ、それがひいては侘びの茶事とよぶにふさわしいものになったようです。

聞くところによると淡々斎(裏千家先々代、久松真一の心茶会設立に力をかした)も、客人がくると簡単な酒肴を用意して菓子の茶事をよくしたとか。

その形は融通無碍で、濃茶+薄茶意外ににはこれといった決まりがないようです。

基本は吸い物+向付、八寸+千鳥の盃、炭手前、主菓子、中立後は濃茶+続き薄。

懐石類を一切省略も可だし、中立なしでもよいし。


P1040253

ふいのお客さまでも、これならそれほどの手間をかけずに、それなりにフォーマルにお茶をだしておもてなしできそう。

私は正午の茶事も好きなんですが(あ、もちろんよばれるほうね)いつも美味しい懐石をたくさんいただいて、お酒もきこしめして、そのあと緊張感を持続するのがむつかしいと思っているのです。


せっかくの、主たるお茶の味がよくわからないようになる気がするんです。

やはり茶事はおいしい濃茶をゆっくり味わいたい。

それには飯後の茶事はうってつけかもしれません。
正座時間も短くてすみますしね。


もちろん、あくまで基本は正午の茶事ですし、経験豊かなご亭主、ご客人にはたいへんなことでもないのでしょうが。

さて、その飯後の茶事を計画しまして準備中。

道具組を少ない手持ちの道具であれこれ考えるのも楽しいし、お菓子をあれこれ選ぶのも楽しいし、、、


でも、、、
なにがたいへんって露地の掃除が一番たいへん。
しかもこの炎天下!

P1000071

庭仕事のユニフォーム。
虫さされ防止に長袖のトレーナーに長ズボン。

汗をぼとぼと落としながらの落ち葉拾い、雑草取りは、、、これはなにかのバツゲームかしら。shock


P1040245

蹲居回りお掃除セット。

大学のころ、心茶会ではお茶のクラブという名目でありながらその実、坐禅とお掃除クラブで、とくにお掃除にはそればっかりしていた、という記憶があります。

しかし、禅宗でいうところの作務は重要な修行であり、その作務の第1が掃除であるわけで、これも修行、修行と唱えながらしていると、なんだかいやがる気持ちが半減するような気がします。


P1040247

バケツにくんだ水はみるみるうちに熱湯と化す、灼熱の露地掃除でありました。

さて、準備は、、、OK!、、、といいきれないところがすなわち今の自分の修養段階なんです。

でも、茶事は準備も楽しい!

P1040243_2

露地で暑さと格闘したその夜には、そこだけ涼しげな満月。
うちの居間の天井近くの窓は南向きなので、満月が空をわたってゆくのが座りながら眺められますのhappy01

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349039/29689615

飯後の茶事にむけてを参照しているブログ:

コメント

やはり普通は茶事の間中正座されるのですか?
たまにある茶事のお稽古では、脚を崩させてもらっています。
濃茶のお点前を通しでするだけで限界です。
いつか慣れる日が来るのでしょうか?

毎日暑い日が続きます。
このように暑い中 茶事のための掃除は大変です。熱中症になりませんでしたか?
伺う者は心して伺わないといけませんね。
客は刻限を守ってね。

relax様 私も正座はいつになっても苦手です。毎日いす生活ですから。正座椅子なるものを茶室に持ち込み それを失礼して使わせていただきます。お試し下さい。
男性なら濃い茶をいただきましたら お楽にされたらいいと思います。

昨日の満月、「ブルームーン」だったんですよね。一月の中で二度目の満月。とっても珍しくこれを見ると幸せになるとか・・・昨日見損ねた花咲、しぇるさんのブログの満月で、幸せのおすそ分けをいただきました(笑)
 こんなに気持ちを込めて迎えてもらえる連客さん、そしてもちろん御亭主も、きっと「しあわせ」になれること間違いないですgood

菓子茶事はいいですね。これをサクサクっとできるようになりたいな。正午の茶事は亭主も客もちょっと頑張っちゃいますからね。
月と言えば、潚湘八景の洞庭湖の月を見て来ました。「洞庭秋月」とは行きませんでしたが、観光客の少なくなった、岳陽楼からの夕暮れの静かな眺めに大満足でしたよ。
長沙 橘子洲の「江天暮雪」の方は、江天炎熱状態で辛い散策でしたが。
湖南省は、緑茶の「君山銀針」とプーアル茶に近い「安化黒茶」が有名でした。この辺りは三国志の舞台だとのこと、もう一度「レッドクリフ」を見て復習しなくては。

relax様

最初から最後まで正座で通される方もおられますが、多くの方はまず無理!
あれはつらいです。しびれというより、もう痛くなる。慣れるということはないでしょうねえ。
男性の場合は膝をくずしてもOKだと思いますよ、濃茶席以外なら。
戦国武将の時代はみんな胡座だったというし。

ひいらぎ様

まあ、しんどいのは炎天下の露地掃除だけですので、お気づかいなく。
あとは楽しんで準備しておりますのでhappy01

花咲おばさん様

過分なお言葉、ありがとうございます。
まあ、半分以上は自分の楽しみです。
亭主七分に客三分ですから。

bluemoonは英語では「ありえないこと」という意味らしいですよ。
私は青い月というと「お月様はあお〜いよ、青いからおれはなく」という歌を思い出します。(NHKブーフーウーのおおかみのテーマ←なんて古い、、、、)

そらいろつばめ様

菓子の茶事、まずはトライアルです。
味をしめたら、これが主流になるかも。(ああ、もらったばかりの四つ碗を使うチャンスがない!)
続き薄でなくて、将来は後炭もいれられるとよいなあ。

岳陽楼、、、
呉楚 東南にさけ
乾坤 日夜浮かぶ

牧谿の描いた景色を目の前に、、、
いいですねえ。

茶道にはお掃除という修業もつくのですね!?
大変な修業です…
でも、それも楽しみの内だと言えるシェルさん、達観なさっているのでしょうね♪

お茶のことは何も解りませんが、この居間からのお月さまの様子、とっても素敵です!
格子の間にぼんやり見える満月が何ともいえず幻想的ですね。

こまち様

いえいえ、達観しているのではなく、諦観ですかねえcoldsweats01
お茶事の本質はその準備にあるような気がします。本番は楽しく、、、ね!
今から今月末の仲秋の名月が楽しみです。

コメントを投稿