フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 晴れの国へ〜路面電車 | メイン | 飯後の茶事にむけて »

2012年8月29日 (水)

金繕いをしてみた

お気に入りの茶碗を欠いてしまったshock

そんなに高価なものではないし、普段使いしてはいたのですが、それでもお茶をのんだあとそのままにして貫入に色が入り込むのを楽しみにしていた萩の茶碗なので、かなり悔しい。

P1020617
粗忽者ゆえ、茶碗の上に物を落としてこうなってしまったdespair


捨てるにはしのびないし、かといってプロの金継ぎにだすほどのものでなし、、、
ようし、一念発起、自分でやってみようぢゃないの、金繕い。

とはいえ、金繕いは何日も何日も日にちをかけてゆっくり、ゆっくりしないといけないと聞く。

はたしてイラチの私にできるでしょうか?

P1020615
とりあえずネットで画材屋さんから購入した本漆の金継ぎセット。


セットの中味は、、、


P1020616

ついた余分な漆をおとすガムテレピン(油絵描く時にも使ったな)までついています。
漆はかぶれるから作業用ゴム手もついています。

説明書に従ってまずは米粒を練り練り、漆と混ぜてペースト状のものを作って、欠けたところを埋めます。


P1020716

こんな感じ。

これが固まるのを待ちます。

P1020722

ところでふつう、接着剤などは乾燥させて固めますよね。
ところが漆は変わった特性をもっていて、湿気によって固まるのです。

なので茶碗は水で湿らせた新聞紙とともにプラケースにいれて、即席湿室をつくりました。


ここで1週間かけて固めます。


1週間後さわってみると固くなっているので、いよいよ純金泥でお化粧を。


固まった漆のうえに生漆を再び塗って、そのうえから筆先にとった金粉をふりかけます。


P1020744

ある程度乾いてから余分な金粉をふきとって完成。

P1000046

、、、、、、うぷぷぷ、、、ぶさいく、、、、


P1000047

欠けたままでは使いようがありませんが、これならまあ、やつれた道具が似合う10月に使えるかもcoldsweats01


しかも、、、
あれだけ注意して手につけぬように気をつけていた漆にかぶれてしまいました。

あれはこわいですね。
遅延性アレルギーというか、しばらく日にちがたってから指の間が突然猛烈にかゆくなり、つぎつぎと水泡ができて手が真っ赤っか!

かさぶたがとれて、一皮むけておさまったのは実に10日くらいたってからでした。

結論。
やっぱり金継ぎはプロにまかそうね。coldsweats01

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349039/29652951

金繕いをしてみたを参照しているブログ:

コメント

わあーー、漆かぶれしながら頑張っられたんですね。私もブログの最後の方を見るまでは、このキット買ってみようかと思いましたが。
こちら今日は青空、外を歩いても気持ちがいい一日です。

しぇる様へ

欠けた茶碗の金繕い、大変でしたね。
この記事を読ませて頂いて、司馬遼太郎さんの小説のなかで、古田織部が貴重な曜変天目茶碗を、自分で割り、金繕いをして、自分の好みのものに
作り変えた一節を想い起こしました。

 何という二重三重に参考になる記事だったのでしょう…Σ(゚д゚lll)

 よくテレビで直したものだけ出ていて素敵~♪もし自分で材料を買えるなら自分なりでいいから…と思っていたので、そんな恐ろしいことになるとは…。
 それだったら、あれはやったことありますか?使わない椀などを植木鉢にする…みたいな感じの道具?があるんですよね?簡単そうだけど結局買ってなくて。

 ともかくお大事にしてくださいm(._.)m

自分で金繕いしようと思うなんて、それだけで拍手もんですsign03
 物によれば金繕いしたものの方がグッと価値があがるとか。この茶碗も、しぇるさんの10日分の痒みと、なんともいえない「けしき」で(笑)どっど価値が上がったのでは?上がらずとも、愛着はMAXですよねgood

一度かぶれたら、もう大丈夫のでしょうか。
最近、金継ぎ教室なるものもあるそうですが、いきなりキットを買って試してみるとは勇気がありますね。

キレミミ様

こちらも青空ですが、気温と湿度が〜〜〜shock暑いです。
いえ、ちゃんともっと気をつけて使えば、かぶれないですむと思います。最初の段階では慎重だったので、大丈夫だったけれど、2回目塗るときちょっと気がゆるんでました。
でもなにを補修されるおつもりでしょう?

narahimuro様

いえいえ、織部さんと比べてはバチがあたります。
欠く前と金継ぎしたあとと、どちらがよいかといわれるとなんともいえません。それでも人にお出ししたときに話題にはなりますよね。

ちょきた様

二重三重ですか?coldsweats01
私の漆かぶれも教訓になりましたか。
でもあれはきちんとゴム手をはめて気をつけていれば防げると思います。
やっぱりちゃんと金継ぎ教室かなんかに通ってからするべきでしたねえ、、、
欠けているお気に入りの急須なんかもあるんで、いつかちゃんと直したいです。

>使わない椀などを植木鉢にする、、、
は、聞いたことないです〜。

花咲おばさん様

おほほほ、、、けしきといえばけしきということでcoldsweats01
今度なにもいわずにお客さまにそっとだして、反応をみてみようかしら。
それでも欠けた茶碗でお茶を飲むよりははるかに気分良いです。無駄なかぶれではなかったってことで。

山名騒然様

生兵法はなんとやら、、、でしたね。
勇気というより蛮勇、、でしょうかcoldsweats01
近所に目をつけている金継ぎ教室があるのですが、曜日があわなくてね〜。

シェル様。
はあ、いいものなんてありませんでしょ。でも見ると悲しくなる粗忽の産物は結構あり。。危ないと知っていても食洗機もどんどん使いますし。というわけで、金継ぎ教室に通っていた方に直していただいたりしたことはあります。(結構それでも高かった)でも昔から金継ぎで良いけしきのできたものは嫌いではありません。自分で挑戦なんてシェルさんらしい。

キレミミ様

他人には価値がないようなものでも愛着のある器を欠いた時はがっくりきますよね。
欠けたままつかっている急須なんかもあります。
手軽に金継ぎができるなら、、と思ったんですがね、そううまくはいきませんでした。
いつかこの茶碗でお茶をおだしする機会がありましたら、思い出して笑ってやって下さいませ。

こんなことまでなさるんですね!
大切なお茶碗をこんな風に修繕してお使いになるなんて、お茶碗も茶碗冥利につきますねheart04

漆かぶれって恐いんですね!
ちょっと赤くなる程度なのかと思ったら、水泡まで出ちゃうなんて。
漆にもかぶれ易い人とそうでない人があるのでしょうね。

次は手袋を二重にして作業なさってくださいね♪

こまち様

金継ぎはいつかはしてみたかったんです。
先達になかなか指導をあおぐ時間がなく、えらいことになっちゃいました。
はい、しりあいに金継ぎをやって全然かぶれない方がいます。
私は甘く見過ぎました。腫れているあいだは、何かが手にふれただけでかゆみの発作が、、、、shock
手袋二重、、、心がけます。

コメントを投稿