フォトアルバム
Powered by Six Apart

« なつかしの楽友会館にてお茶談義 | メイン | 京静華にてISO乙女会 »

2012年7月25日 (水)

還幸祭〜祇園祭2012

(山鉾巡行で祇園祭が終わったと思っちゃいけませんぜ。まだまだ31日まできっちり続きます)

P1020567

四条通りの御旅所に、この1週間鎮座された神輿にうつった八坂神社の神様たち。

いよいよ今日おかえりです。

この日の朝にはきれいどころの花傘巡行も行われたのですがね、まあ平日ですので、残念ながら、、、


P1040003
よって夜、仕事帰りに祇園四条駅でおりると、ちょうどええぐあいに向こうから清々講社(祇園祭を経済的に支える募金組織)と神官達の行列がこられるところ。
P1040007

さて、いよいよ三基の神輿を先導する久世綾戸国中神社・駒形稚児さんの登場です。

P1040009

久世駒形稚児は、稚児の中では唯一、馬に乗ったまま八坂神社の境内に入ることが許されている神様そのもの。


P1040014

昨年も拝見しましたが、ほんまにりりしいわあ。lovely
胸に御神体の「駒形」と呼ばれる馬の頭の彫刻を身につけてはります。

P1040018

この行列が八坂神社の方へ向かうのを見送って、ちょっと先回りして祗園石段下へ。

P1040019

おお〜!
すでにこんなに待っている人が。
それでも宵山なんかよりはずいぶんましで、意外と一番前の場所をゲットしやすいです。

P1040026

9時少しすぎ、三若の先導方とおぼしきお兄ちゃんたちがわらわらと石段下へ。
鉢巻きには榊の枝。

P1040035

来ました来ました。
夕方5時に御旅所を出立し、主に鴨川西の氏子地域をまわった神輿がおかえりです。

まずは先頭をきって中御座(三若神輿会)。

P1040047

石段下で差し上げ差し回し。

ホイトホイト!
まわせ〜、まわせ〜♪


中後座が南門へ向かったのを見送って今度は石段にこしかけて東御座(四若神輿会)を待ちます。

P1040057

来ました。
四条通りから東御座。


P1040060


東御座さんの差し上げ、差し回し。

P1040069
P1040073

輿丁のなかに自分の父親や夫を見つけようとしているご家族の姿もちらほら。

最後の西御座(錦神輿会)が来るのが遅れて少し待ちましたが、この間にストップをくらっていた市バスがなんと10台ぐらいだんごで通り過ぎた!

これだけのバスを止めても文句をいわれない祭は祇園祭だけよ。(たぶん)


P1040076

やっと錦の西御座登場。

今度は石段の真ん前で、輿丁さんたちとぶつからんばかりの距離で。


P1040082
P1040088

差し上げ、差し回しもどアップでみるとさらに迫力満点。


P1040090

うわ〜、暑苦しい熱いおぢさんたちが目の前を通り過ぎていく〜。


錦が南門に向かった後は本殿前へ。

P1040095

このころにはもう中御座は舞殿に据えられたあとのようで、仕事を完了した三若さんたちが、神社拝領とおぼしき厄除け茅を分け合っていました。(31日の疫神社の茅輪くぐりでももらえるよ)

ご指摘がありまして、訂正いたします。
これ、茅ではなくて、稲だったんです。しかも神輿の屋根に渡御のあいだくくりつけられていた物なんですって!

<参考>三条会商店街のHPより
神輿渡御の際、屋根に稲を飾っています。これは、熱冷ましの薬効や縁起物として神輿渡御後、輿丁の方や一般の方々にお分けしていますが、この稲は、古くは近江の篠原村から送られていました。しかし、戦後の混乱期に途絶えたため、一時期、三若関係者の田圃より奉納されていましたが、現在では、丹波下山の八坂神社ご分社である「尾長八坂神社」の神田より取れる稲を奉納して頂いています。毎年、五月の最終日曜日には、「御田祭(おんたさい)」お田植え神事)が行なわれます。(「御田祭」で育った稲穂が祇園祭の神輿に奉納されます)

P1040099

本殿前では、中御座は舞殿に、ちょうど東御座が舞殿のまわりをまわって差し上げ差し回しをしている最中。


P1040101

長い距離を歩いてへとへとのはずですが、最後の力をふりしぼって差し上げをする輿丁さん。
思わずホイットホイットのかけ声に手拍子がおこります。

P1040106

いよいよ東御座も舞殿におさめられるので、大勢の男達がかついでいた担ぎ棒がはずされます。
こんなに長かったのね。


P1040107

舞殿の東側にご帰還。
ちなみに西側に置かれていた中御座はこのあと真ん中に移動され、西御座の場所をあけます。

P1040113

最後に西御座が境内にはいってきたところで帰途につきました。

ほんとうはこのあと、真夜中におこなわれる御霊遷(みたまうつし;神輿から神様を本殿におかえしする)も見たかったのですがね。
明日もはよから出勤せにゃならぬ。weep

これは2年前からの懸案なんですが、次の日を気にしなくてもよい曜日めぐりの日に、是非最後までと、かたく誓ったのでありました。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349039/29423555

還幸祭〜祇園祭2012を参照しているブログ:

コメント

初めまして
祇園祭が好きで独身のころは毎年日帰りで行っていました。今では余裕がなくて三年に一度になりました。いつか京都にプチ留学出来たらと夢見ています。

うわぁ~~~
仕事帰りのルポ、帰宅してスグのUP!
すごいわぁ。
しぇる様の熱さにも脱帽です。
今年は中御座のお神輿が早くて、家の至近距離やというのに、担いで通らはるとこを見逃した私です(汗)

お仕事の帰りに八坂神社に寄られるなんて、シェルさんの何と精力的なこと!

還幸祭は午後11時からなんですね。
京都のお祭りは、県祭なんていうのもあるくらい、朝早くであろうと夜遅くであろうと、おかまいなく神事が行われるというやっぱり凄いものですね。

午前中の花傘巡行は女と子供が中心で、還幸祭はやっぱり男性が中心のものなんですね。

男らしい♪♪

仕事帰りにこの体力!!coldsweats01

さっさと帰ろうとして、迂回ルートのバスに1時間15分ほど閉じ込められた私ですcrying
去年はここまで道混んでなかったcrying

茶々子様

遠方からビジネスホテルを10日間借りて、祇園祭を堪能された方もおられます。
そこまでする魅力がありますね、祇園祭には。
茶々子様もこの時期の短期留学(?)いかがですか?

ぽん様

ぽん様のちかくの御供社での神輿をいつか見たい!と思っております。曜日めぐりから言って数年は無理かも、、、weep
それからそれから、男衆さんのうった中御座弁当?も、いちどいただきたいものですわ。

こまち様

やはり祇園祭は、あの♪まわせ〜まわせ〜、ほいとほいと、よ〜さ〜よ〜さ〜、、、、
を聞かなくては!
というのでがんばって行ってきましたよ。
ほんと、あと何年経ったら御霊遷しが見られることでしょう、、、、

夢風庵様

あのたくさん団体で見送ったバスのお仲間にのっていらしたんですか〜coldsweats01ちょっとイライラでしたか?
バスや車がとまってくれたおかげで、還幸祭楽しませていただきました。
最近ちょっと自信を失いかけの体力にむちうって、頑張ってきました。やっぱりお祭りは別物ですわ。

お神輿の鳳凰や擬宝珠に括られていたのは茅では無くて、亀岡地方の八坂神社の神田で育てられた「お稲」だそうです。神田でとれた昨年の神米は中御座の神輿弁当のご飯にも混ぜられているそうですよ。(西御座は神輿弁当では無く、おにぎりQの3個パックなのが残念です)ご参考になれば幸いです。

西御座のお一人様

貴重な情報、ありがとうございます。
あれは茅だとすっかり思い込んでいました。しかも擬宝珠や鳳凰にくくられていたことも初めてしりました。写真をよく見れば、、、ああ、あれだったのか!!
色々調べてみると、神輿についてもしらないことがいっぱいありました。
毎年少しずつ、勉強させてもらっていますが、これでは尽きることがありませんねえ。
ああ、それにしても神輿会に参加できる方々はうらやましい、、、、

今年の花笠巡行の当番花街は、宮川町、と祇園甲部でした。巡行の後、八坂の舞殿で、甲部の舞妓さんは「雀おどり」を、宮川町の舞妓さんは「コンチキ踊り」を奉納されました。
舞いもよかったのですが、応援に来られている多数の芸舞妓さんの素顔もまじかで見られてよかったですよ。
この奉納舞いは、祇園東と先斗町、甲部と宮川町が隔年ごとに担当されますので、来年は東の「小町踊り」、先斗町の「歌舞伎踊り」が奉納されます。

narahimuro様

まあ、花傘巡行いかれたんですか?
私は曜日めぐりであと数年は見られません。
残念bearing
そういえば昨年の巡行では祗園東、先斗町のきれいどころを見ました。舞の奉納は見逃しましたが。
応援の舞妓はんの髪型はやはり勝山だったのでしょうか。

勝山の髪形はおふく舞妓さんが結える髪形で、髪形がまだ割れしのぶの舞妓さんは結えないのです。
花街には、芸舞妓さんの髪形、化粧
、髪飾り等には舞妓さんの年次、所属する歌舞会によって細かい仕来りがあります。このようなことが、連綿として受け継がれていくのも伝統なのでしょう。
 この日は、割れしのぶの舞妓さん、勝山の舞妓さん、お姉さんの芸妓さんが多数来られていました。
この人たちもカメラマンに取り囲まれていましたっけ。

narahimuro様

祇園祭の間に舞妓ちゃんとすれちがうことはそれなりにあるのですが、いまだ勝山を同定するにいたっていません。気づかなかっただけかなあ。それとも割れしのぶちゃんとしか遭遇しなかったのかしら。

コメントを投稿