フォトアルバム
Powered by Six Apart

« くじ改め・予行演習〜四条傘鉾〜祇園祭2012 | メイン | 宵山点描〜祇園祭2012 »

2012年7月16日 (月)

護摩焚き・役行者山〜祇園祭 2012

16日の昼下がりの役行者山。

P1030698


これから護摩焚きがおこなわれます。(実際始まったのは2時半〜)

P1030699

護摩壇にはヒノキ?の葉っぱ。

修験道本山聖護院からほんまもんの山伏さんがあちこちの山をまわって、最後にここで護摩焚きをされるのです。

(修験道についてはあまり知識がないので、間違ったこと書いていたらご訂正下さいねcoldsweats01


P1030705

聖護院の山伏さんをまちかまえる役行者山の山伏さん。
おもわず「暑い、、、」の言葉がこぼれます。

P1030706

山伏装束にはそれぞれ意味がある(あとの問答で知った)のでしょうが、よくわからない。


P1030708
ホラ貝の音とともに大勢の山伏さん到着。

P1030713

「総本山聖護院門跡」の幟。


P1030719

この方がいちばんえらい方らしい。
手でいろいろな印を結んで、結界の中にはいられました。

P1030732

これがみどころのひとつ、山伏問答。

言葉は正確には再現できませんが、聖護院門跡の山伏の証明となる問答をしているのです。

修験道の祖師は?とか
頭につけたる頭襟(ときん)の意味は?とか
結袈裟、錫杖、獣の皮、、、とかおもに山伏装束の意味を問う問いが多かった。
P1030736_2

まちがいなく聖護院の山伏とお認め申す。
よってあないいたし申す。


P1030737

やっと結界内に入られる。


P1030748

木火土金水を表す五色の羽根のついた矢を放ち、場を清めます。


P1030751

他の矢は地面に捨て打ちなのに、最後の赤いのだけはほんとうに飛んできた!
ゲットした人がいたけれど、これはやはり返却しないといけないの?


P1030759

今度は斧で清める。


P1030765

お灯明から、火をとって、、、


P1030769

護摩壇へ点火前にさきほどのえらいさんの誓文(?)読み上げ。


P1030772_2

いよいよ点火です。

このときすわっていた町役の方が、ずずっと椅子を後ろにずらしました。


P1030776

そう、こんなんなるから。

P1030777

一瞬空が曇ったのかと思ったくらいの濃い煙ですが、天然木のけむりなので、いやな感じはしません。

P1030788

護摩木をつぎつぎくべていきます。

P1030790

その間ずっと般若心経をはじめいろんなお経が誦されます。
結界の外からも読経されるお坊さん。

すごく音楽的で美しいです。


P1030791

煙も少し晴れてきました。


P1030792
P1030793

えらいさんによる所作のあと、これで終了、のアナウンス。

とたんに周りにいた人たちは、結界につけられていた五色の御幣(のようなもの)をぴっととりました。
これを持ち帰ると厄除けになるとか。


P1030795

そんなこと知らなかったので、出遅れた!
なので、きれっぱしのみゲット。coldsweats01


P1030796

でも、護摩の煙でたっぷり清められたヒノキの枝はちゃんとゲットしましたよ。
粽といっしょに玄関に吊しておこう。


P1030798

山伏さん達も聖護院へお帰りになります。
この猛暑日に、ごくろうさまでした。

かくいう私も炎天下で待ち時間込みで3時間、熱中症寸前でしたが、、、、coldsweats01

<おまけ>

16日だけしか手に入れられない、役行者山にちなんだお菓子が柏屋光貞さんの行者餅。
1806年、聖護院門跡の山伏として、奈良大峰山で修行をしていた山伏が、夜の夢の中に「役行者」があらわれて、行者の衣をかたどった菓子をつくって、祇園祭りの山鉾の役行者山に供えて、知人縁者に配れば、そのものは、疫病からまぬがれようと、お告げがあった、、、という逸話にちなむお菓子。
ちなみに柏屋さん、毎年大峰山参拝をされているとか。
さらにちなみに私は、この柏屋さんが通常でも開店しているときにあたったことがありません。
よって行者餅なるもの、食べたこともみたこともないのですweep

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349039/29378875

護摩焚き・役行者山〜祇園祭 2012を参照しているブログ:

コメント

役行者山の護摩焚きを初めて見せていただきました!
何年か前に16日に行ったことがあったのですが、始まる時間を忘れてしまい見そびれてしまったのでしたcoldsweats01
本当はこの日にしか売らないという行者餅を買い求めに行ったのですが、こちらでは売っていないと言われ、東山の方まであるくのは辛いのであきらめたのでした。

>なので、きれっぱしのみゲット

シェルさん、可愛い(笑)

今日は梅雨も明け、晴れの巡行になって良かったですね(*^^)v

こまち様

あれは炎天下では難行苦行ですね。
正直もうええです。coldsweats01
あちこちの山を回っている途中でたおれた山伏さんもおられたそうですよ。
雨の日ならまた行ってもよいけれどなあ。
行者餅は予約したほうがいいみたいですよ。

護摩焚き当日、30分前から炎天下で待っていたけど、2時15分過ぎても山伏は来ず、まじで熱中症になりそうだったので、始まる前に退散しました。
楽しみにしてたのになー。。。
役行者山の山伏さん、日陰に座れてうらやましー、と罰当たりな私。
次行くときは、定刻過ぎに到着するようにしますわ。
しぇるさんの写真に感謝。

かずちー様

アレは確かに難行苦行でした。
かずちー様は勇気ある撤退でしたね。
私はこのあとちょっとほんとにやばかった。
日陰に場所をゲットできなかったのが敗因でした。上半身はなんとか日傘でカバー、でも足の先まで影が届かず、ちりちり焦げてるんじゃないかと、、、、shock
護摩焚きだけなら直前でも大丈夫みたいですよ。山伏問答は遠いと聞こえないかもしれませんが。

コメントを投稿