フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 宵山点描〜祇園祭2012 | メイン | 神幸祭(御旅所周辺でちょろっと)〜祇園祭2012 »

2012年7月17日 (火)

鉾町の朝・巡行日〜祇園祭2012

山鉾巡行に出発する前後の鉾町めぐり。

宵山での風情を思い出しつつめぐるとこれまた楽しいのです。

P1030815
前日護摩焚きをみせてくれた役行者山。

P1030819
室町通りを南下すれば、テーマカラーが黒の黒主山。

P1030821
ビルの谷間でアクロバット、浄妙山。

P1030822

室町の大店らしい町家。
虫籠窓がすばらしい。


P1030825

鯉山はまだ組み立て未完成。

P1030828

完成したらとりつけようと、飾りを手に見上げつつまちかまえるおぢさんたち。


P1030832

会所はもうお片付け中よ。

P1030835

山伏山。
鉾町では山の横を、おばさんも通る、自転車も通る。

P1030840

ピシッとスタンバイ、菊水鉾。

P1030843

菊慈童の横には「よりどり3点1000円」coldsweats01


P1030847

高所恐怖症にはできないお仕事。
それにしても電線すれすれ。


P1030848

さあ、菊水鉾、始動!


P1030851

新町通りに入ると、会所に宵山でいれてもらった三光丸君の放下鉾。

P1030855

新町を北上すれば南観音山。
柳の大枝がアクセント。


P1030856

出立前の記念撮影。


P1030858

当日まで曳き手ボランティア募集中。


P1030860

いよいよ出発!

P1030861

茶道資料館で初めて見た絞り染めの毛氈、珍しいとおもったのですが、古い町家にはようあるものみたいですねえ。


P1030865

こちら北観音山。

P1030867

吉田家のあるところ。


P1030868

その吉田家の前で、英気を養い中の曳き手さんたち。
背後は大きな町家があったとおぼしき空き地です。
お蔵の壁のあとがいたいたしい。
(え?ひょっとして、あの松坂屋の跡?!
ええ〜!?あれつぶしたの?重文にならなかったの〜?!!shock

P1030874

辻回し用のささら。

P1030875

鉾が出て行った後の渡り階段はなんだかさびしいような滑稽なような。

P1030876

鉾町のお子。

お父さん、おじいちゃんがきっと巡行に加わっているのね。


P1030883

新町通りを出て、四条通り、八坂神社の方向へ頭を向ける辻回し。

回りきれば思わずわく拍手。


P1030890

ビルの谷間からその偉容をあらわす船鉾。


P1030891

意外とお尻が短いのがキュート。

P1030894

四条通りに垂直にでてきたところ。
これから辻回し。


P1030897

船鉾の後方からは岩戸山。


P1030900

高いところでリラックスしてはるなあ。

P1030903

ふたたび新町の北観音山。

P1030906

さあ、がんばれよ〜。

P1030910

エンヤラヤ〜 ♪


P1030913

その後方には八幡山。


P1030914
おぢさん、あぶないって!


P1030918

さすまたのようなものは電線をよける道具。
ほんに電線って無粋。

P1030919

町役さんたちの背中には榊の枝。


P1030921

鯉山の90度ターン。
小型の山は担ぎ上げて回すのね。


P1030925


一周して役行者山。

P1030928

こちらもかつぎ回し。


P1030930


しかもこちらの松は折りたたみ式!!


さて、ここから御池通りに出て、河原町まで逆に歩きつつ、山鉾巡行を見学。
なにしろ来年、再来年は平日なので見ることができないものね。
そのぶんしっかりと長刀鉾から最後の大船鉾まで。


P1030936
先日の四条傘鉾の行司・副司の3人組だ。
くじ改めはうまくいったかな?


P1030942

唐櫃で参加のしんがり、大船鉾。
再来年の巡行本格復帰はTVで見るしかないなあbearing


P1030943

これにて巡行終了!

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349039/29384675

鉾町の朝・巡行日〜祇園祭2012を参照しているブログ:

コメント

おおっ、しぇるさん、鉾町の朝を回られましたか!
私も鉾町の朝が好きで、ここ何年か、巡行の日は、前田珈琲でモーニングコーヒーをいただき、橋弁慶山や山伏山、菊水鉾の朝の様子を散歩がてら見て回る、
というのを毎回繰り返していたのですが、今回は、宵山の日の深夜のあばれ観音を観にいったこともあり、
朝起きるのが遅くなり、ギブアップ。四条東洞院あたりで巡行の後半を観ておりました。
いずれにせよ、お天気がよくなによりでしたね!

しぇるさんも行かれたのですね。
傘鉾のくじ改めはとてもうまくいきましたよ。
私は綱を切るところと くじ改めを3つ見て終わりました。暑かったですねえ。
こんなに祇園祭りの楽しみ方を教えていただき 来年は新町あたりをうろうろします。

S&Y様

昨年は山鉾の帰還を迎える鉾町をレポしたので、今年は出立前にしてみました。
学生の頃は町家の瓦の間を鉾が行く、、という印象でしたが、当節、その瓦屋根の町家もずいぶん少なくなって、風情も失われていくのが残念でたまりません。

ひいらぎ様

ええですよ、巡行の後先の鉾町の風情。
ほんまに鉾町に移住しようかなあ、、、confident

出立前の鉾町の様子を一度見たいと思っています。
宵山までは鉾町にド~ンと構えて我々を迎えてくれる山や鉾が、巡行の朝、次々と町内から出て行く姿は壮観でしょうね!
でも、シェルさんのお写真で宵山の会所の様子や巡行の朝の様子を見せていただけて嬉しいです♪

鯉山の準備に知り合いの姿が…(笑)

渾身のレポートですね!!!
今年はお天気とはいえ、過酷な酷暑…。皆さん大変だったと思います。町衆の心意気を感じたいけど、無理しないでね~と(笑)。
祇園祭は京都の真髄ですね。読ませて頂いて、あらためて思いました。

こまち様

鉾町に住みたかったんです、ホントは。
でもまあいろいろ事情が、、、
学生時代、鉾町に下宿していた友人宅で毎年祇園祭宴会をしていたときには、そのありがたみがわからなかった。つくづく残念bearing
え?鯉山にお知り合い?
あの飾りをかかえてぼ〜っと山を見上げているおぢさんたちが、今回の祗園さんでの私的ベストショットでした。

来年は是非巡行前の(巡行から帰るときもええよ)鉾町歩きしてみてくださいね!

ちゃみ様

以前の御職場で雇ってもらえそうかしらcoldsweats01
京都の三大祭りとて、葵祭、時代祭はあれど、祇園祭は本質的に他のふたつとは違いますよね。いちどはまったら、とことんはまりそう、、、熱射病にも負けずhappy01

餡子が大好きなANCOです。
昨年引っ越して、今は鉾町にいるのでベランダから鉾を見送り、
四条新町の辻回しをちょうど反対側で見てました♪
暑かったですね。
2年前は張り切ってマツキヨの向いで御稚児さんが綱を切るところをみました。
TVが涼しいし、よく見えるしその上説明付きで一番良いですよね(笑)

ANCO様

鉾町にお住まいなんて、うらやましぃ〜bearingうらやまし〜!
そういう選択もあったんですがね、諸般の事情にて、、、、weep
まあ、住んでる観光客として、来年もがんばりますわ。鉾町の朝の風情はほんとにいいですねえ、、、、lovely

コメントを投稿