フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 映画「道~白磁の人」〜浅川 巧の生涯 | メイン | 紫陽花Days〜三室戸寺〜sou・sou »

2012年6月17日 (日)

泉涌寺献茶式から雲龍院へ

全国で3台しか走っていないレクサス(しかもハイブリッド)のタクシーに乗った!(たまたま流しをひろっただけ)

P1160520

こんなに座席が広くて乗り心地の良いタクシーは初めて。
ドライバーさんにレクサスを選んだ理由をあれこれききながら、あんまり珍しいので写真をとらしていただくscissors

で、皇族にでもなったつもりで降りたのが、御寺(みてら)・泉涌寺でしたので、まさしく似つかわしいではありませんか。(???)
P1160547
あとでタクシーで中門までのりつけたのが正解だった、と思ったのは、帰りに東大路の泉涌寺道までの距離がはんぱじゃなく長かったから。(皆様、バスでおいでの節はお気をつけて。)

P1160529_2
さらに中門からもゆるやかな長い坂が。
以前ここに来たのは学生時代だから、遙か遠い大昔のことなんで、すっかり忘れてた。

P1160548

この日は昭和天皇の后であった、香淳皇后の御祥忌。
この法要に裏千家が献茶奉仕されるのです。

P1160530


泉涌寺が御寺(みてら)といわれるのは、鎌倉時代以降歴代天皇の陵墓があり、明治天皇・昭憲皇太后・大正天皇・貞明皇后・昭和天皇・香淳皇后の御尊牌(位牌)をおまつりし、回向を行うための御香華院(香、花を献ずる回向所)であるから。

皇室との密接な関係があるお寺なので、ときどき寺宝をご覧になりに、皇族がおしのびでこられることもあるそうですよ。

P1160525


ちなみに先月の貞明皇后(大正天皇后)御祥忌には表千家がご奉仕されるそう。


P1160524

それはさておき、なぜわざわざ出かけたのかというと、坐忘斎お家元のお点前を拝見したかったからなのです。

鵬雲斎大宗匠のお献茶はなんどとなく拝見しているのに、なぜか家元のは機会がなかったのよね。

うわさでは、とても所作が美しいということなので、これは是非にと。

で、結果は?

実はスタートダッシュで出遅れて(♪←わかるかな〜?)親指と人差し指でつくった丸ほどのすきまから、薄暗い堂内を背伸びして見る、、、というありさまで、早い話が全然みえませんでした!bearing

でも寺院の格式を了解したのは、法要にいまでも「勅使」がおみえになったことでした。


献茶式はあきらめて、添え釜の大寄せ茶会にて、恒例の正客ゆずりあい=点前はじまらんのイベントをcoldsweats01見物しつつ、おいしいお茶とお菓子をいただく。
それにしても後続客の障害になる場所にすわってがんとして動かない人っていったい、、、、、bearing

P1160534

このまま帰るのもあまりに不毛なので、泉涌寺山内の別院雲龍院へ。

P1160544

十五世紀初頭に天皇の発願で写経の寺、現存する日本最古の写経道場だそうです。
この日は私の他に写経をなさっている方がおひとりおられただけで、静かなたたずまいでした。

こちらで写経の折りに使わせてもらう文机は後水尾天皇の寄進されたものだそうですよ。


P1160535

こちらはまたお庭が美しい。
玄関までのお庭は、お寺のご住職の家族らしき方がお掃除なさっていました。


P1160537

徳川慶喜が寄進した灯籠。
幕末の混乱期に薩摩藩が放り投げたものを、この院のご住職が夜中にこっそりと回収してここに置いたとの逸話が。


P1160538

閼伽棚に紫陽花が。

現役の閼伽棚にはってあるのは銅板のようです。
渋い。


日ごろご住職家族がお使いの厨の片隅には「走り大黒天」様がおられます。
鎌倉時代の作と伝わるこの大黒様はもともとの木の色なのか、煤けて黒くなったのかはさだかではありませんが、つやつやと黒光りして、一歩足を踏み出し、いまにも走り出しそうなので「走り大黒天」とよばれるとか。

泉涌寺内の七福神巡り(成人の日)のひとつとなっています。


P1160541

ちなみにここは月窓の間で、かかっている軸がこの大黒さんをうつしたものですよ。
左手の壁が三日月に切られ、光をとりいれているのが斬新。


P1160539

こちらはあちこちにとてもきれいな花がいけられていて、楽しめます。
お寺の方がいけられたのでしょうね。

月窓の間のおとなりは、悟りの間、悟りの窓(円相)、迷いの窓(方形)があります。(鷹峯・源光庵のが有名ですが)

悟りの窓の下襖にはきれいな中国風彩色絵がえがかれ、迷いの窓のほうはシンプルなもの。

窓からのぞいた景色といい、私は方形の窓のほうがおちつくな。
人生まだまだ迷い多く、悟っていませんからねえ。

P1160542

背景ととけあった生け花。

この雲龍院には京都をこよなく愛したサスペンスの女王、山村美紗さんのお墓もあるそうですよ。


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349039/29245281

泉涌寺献茶式から雲龍院へを参照しているブログ:

コメント

全国で3台しか走っていないレクサスに乗るより、京都にしか走っていない四つ葉タクシーに乗る方が嬉しいこまちです♪(一度だけ乗りました)

泉涌寺ではお茶やお花、いろんな催しがあるのですね。

未生流(でいいのですか?)の活花展を見たことがありました。

雲龍院には、とっても現代的な龍の襖がありましたよね?
今年に入ってから行ったのに、記憶が定かではなくて、脳の老化を感じてしまいますbearing

後2週間もすると、京都は祇園祭一色になりますね。
暑いけど、毎年これが一番の楽しみかもしれないですnote

たまたま主人の泉涌寺が天皇家の菩提寺?と話題に乗りました。いつもはお人は少なく静かな寺だと思います。あちらでも献茶を裏はされているのですね。京都は寺社仏閣がたくさんあって献茶にお忙しいのでしょうね。
こちらの月釜に伺ったことがあります。いい席でした。

しぇるさん、こんにちは

雲龍院

わたしも、とても大好きなんですよ^^

御庭も良いですし

何より、御寺の奥様が活けられている、御花が毎回素晴らしく


いつも、ハッとさせられます^0^

こまち様

四つ葉タクシーはまだ見たこともないんですよ。あれ、ドライバーは交代なんでしょうかね?
泉涌寺は月輪(がちりん)未生流ですね。(未生流はこまかい流派に別れているのでよくわかりませんが)
その関係で雲龍院ではあちこちに生け花があったのね。
龍の襖は記憶に全然ありませんcoldsweats01。私の脳の方が老化は重症のようです。(汗)

ひいらぎ様

江戸以前、たくさんの天皇の陵がつくられたようですが、菩提寺ではなくて、回向所みたいなお寺のようですよ。泉涌寺を守る会 の名誉総裁が秋篠宮だそうで。
こちらで月釜、いいですね〜。
足だけがちょっと問題だわ。

高兄様

こちらもカメラかかえていらっしゃたんですね。
そうですか、やはり寺庭(じてい)婦人の手になる生け花でしたか。
時間の余裕があればもう少しここでゆっくり、それこそ写経したかったです。

初めまして。
奈良で石州流を習っている男子です。
どなたのブログから参照させていただいたかは忘れましたが、今はブックマークしてほぼ毎日チェックさせて戴いております。
たいへん勉強になっています。
ありがとうございます。
茶席の正客譲り合いに思わず吹き出してしまってコメントしています。
ほんとにあれだけはどうにかして欲しいものですね(笑)。
お茶を習い出しの頃、大寄せの観月茶会に行くと、案の定男子一人で正客につかされましたが、次客以下、先生と呼ばれる方々がずらりと並んでおられました。
その時は、勘弁して、と思いましたが、今は結構平気な顔をして正客に座ります。
譲り合いの見苦しさが見るに耐えなくって(笑)。

こんにちわ。

私もレクサスに乗ったことがありますよ(^^♪。
瓢亭さんの前から電話して呼んだら来たのですが、まさか私のところへ来たものとは思わず…。
そして、その前をながしで空車の四つ葉タクシーが…。
あわわわ…と言う感じで幸運だったのかなんだったのか(笑)。
四つ葉はまだ未経験です…。

かぶちゃん様

それはすごい偶然ですね。coldsweats02
なにかよいことありましたか?
一度行きにのったタクシーに、帰りまたのったことがあります。京都って狭い、、とその時は思いました。

relax様
(順番が前後してスミマセン)

はじめまして。
コメントありがとうございます。
最初の頃は見苦しいと思っていましたが、いまや大寄せ茶会の風物詩として楽しんでいます。(ちょっといぢわるですけど、、、smile
貫禄がありませんし、茶道人口の中ではまだ若輩ですので(おほほ、、ほんまか?)是非正客に、とすすめられることもないので、高みの見物をしています。
亭主側からすれば、この人ほんとに正客したくないのか、ほんとはしたいけれど口ではいやといっているのか、見極めができず苦労の種ですね。
男性がいるとおしつけられがちですね。
もしその人が正客をやってくださるなら、たとえ役不足でも以後、ちゃちゃをいれず、口をはさまず、、、いてくれたらいいのですがねえ。

石州・鎮信流のお点前をみたことがあります。
武家点前なので、男性がなさるととてもかっこよいですね。
奈良には慈光院もありますし、石州流人口は多いのでしょうかしらね。

重ねてコメント失礼致します。
まさにその慈光院で習っています(笑)。
大寄せの正客の役割って、亭主のお道具を褒め倒すことなんでしょうかねぇ?
茶席がお道具に振り回されている気がしてなんだか変な気がします。
如庵会などお茶を点てる人は一人もいなくて、道具屋さんだけなんですものねぇ。とほほ。

今日は、
泉涌寺にきはったんですね。私は、清水さんの近くなので、すぐ近くまで来られていたのですね。21歳から京都に住んでいても京都をあまり知らない私です。お恥ずかしい事です。
泉涌寺良いところですね。
行ってみますね。

はじめまして。
イギリスのマンチェスター大学院にて建築と都市デザインを専攻している者です。
現在、卒業設計の参考資料として、日本の町家・長屋を利用している方の声を集めています。京町家にお住まいのしぇるさんにご連絡をさせていただきました。
次の町家に関するアンケートにお答えしていただけますでしょうか?
お答えできる範囲で構いません。
http://www.surveymonkey.com/s/5ZQXKG9
所要時間は5分ほどです。
お手数をおかけしますが、ご協力を宜しくお願い致します!

度々ですみません!
リンクが壊れているのを発見致しましたので、訂正いたします。
下記のアンケートを宜しくお願い致します!
http://www.surveymonkey.com/s/KK2ZS82

relax様

あらあら、ほんとに慈光院でしたのね。coldsweats01
大寄せの茶会は、本来のお茶の姿とは別物と、もう割り切っています。道具の勉強と、取り合わせの勉強だと思えば腹もたちません。
少人数のお茶事にわび茶の精神を見いだしたいと、今は思っております。

黄瀬良子様

京都人の京都知らず、とはよくいったもので、金閣寺を知らない京都人もいるとかいないとかcoldsweats01
よそさんの方がくわしくいろいろとよくご存じ。だから知らないことの方が京都人らしいのかも、、、、

Jasmine様

まあ〜!
このブログもずいぶんinternationalになってきました。
UKで建築、都市デザインの研究をされているのですね。町家はとてもいい研究材料だと思います。
ただ、残念ながら、私が今住んでいるのはほんとの京町家ではなく、京町家のエッセンスをとりいれた新築なんです。
なので、アンケートは参考にならないとおもいますので、控えさせていただきます。
研究がうまく結実することをお祈りいたします。

コメントを投稿