フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 水無月の茶事〜灑雪庵 | メイン | 泉涌寺献茶式から雲龍院へ »

2012年6月15日 (金)

映画「道~白磁の人」〜浅川 巧の生涯

こういう映画が日韓共同で、いや日本人の監督のもとで作られる時代になったのだ、と感慨深い。
特に韓国併合下の三・一独立運動の日韓両国人の軋轢の場面。

今の若い人たちは信じられないかもしれないが、私たちがまだ子供の時は「朝鮮人」ということばには、とても微妙なニュアンスがあったのだ。
つい最近まで、朝鮮の民族服はしっていても、どんな家に住み、どんな食事をし、どんな生活を普通の人たちはしているのか、朝鮮(主に韓国)の文化や伝統、それらについてはほとんどしらなかった。
また知る機会もなかったのだ。

思えば韓流ブームにのったおばさんパワーが、そのベルリンの壁のごとき高い垣根を圧倒的な破壊力でぶちこわした、、、ような気がする。
おそるべし!決しておばさん(含む・私)を軽んじてはいけないよ、男性諸君、若者達。

あら、すっかり脱線してしまいましたねcoldsweats01

以前からこのブログで再三取り上げて、高麗美術館学芸員の山本さんの公開記念講演会まで聴きにいった映画がついに公開されました。

P1160519

映画公式HP

浅川巧については、是非彼の存在を知ってほしいし、どんな人なのかわからなければこの記事を読んでもわからないと思いますので、参考までに過去記事をあげておきます。

出会い東洋陶磁美術館

今回は映画のおはなし。

51jsm5ysj6l_ss500_

原作は江宮隆之さんの本、「白磁の人」。


映画では、日韓関係に今も暗い影をおとす韓国併合の時代に、林業試験場(京城:ソウル)の林業技師、李青林(イ・チョンリム)と浅川巧の民族の垣根を越えた十数年にわたる友情の物語を縦軸に展開。
青林は原作ではそれほどでてこないし、巧の朝鮮人界での人脈は貴賤をとわずすごく広かったので、ここでは青林が朝鮮人代表、といったところか。
(映画はやはり、物語として完結しないといけないのでね。)

巧と青林は朝鮮の山々を歩き、伐採ですっかり土の露出した山を緑にかえそう、と研究に励む。
朝鮮には朝鮮の木を。

ところが朝鮮五葉松はなかなか発芽してくれない。
苦労の末、巧が発見したのは「露天埋蔵法」という実は単純だが、だれも気づかなかった方法。
二人は木を植える。
朝鮮の山に。
最初に発芽した記念の小さな苗は、青林の長男の誕生記念に青林の家の片隅に。

当時の京城の建物や風俗を垣間見ることができたのは興味深い。

高麗美術館の山本さんは柳宗悦の扱いが小さすぎる、といっておられたが、私はむしろお兄さんの浅川伯教(のりたか)さんの出番が少ないのが残念。
朝鮮の陶磁器の研究においては右に出るもののない人だったのに。

伯教さんの京城のお家には、かの有名な、安宅コレクション(現・東洋陶磁美術館)の目玉、「辰砂蓮華紋壺(参考:↓)」があったぁ〜!

P1100145


これも小道具さんの苦労のたまものなのだろうけれど、惜しむらくはぴかぴかすぎ。
そしてどう見ても白磁ではなくて、磁器に見えるcoldsweats01


巧を好演したのは吉川 悠さんという俳優さん。

前にも書いたけれど、巧のイメージより、すこし生真面目すぎるかな。
もっとお茶目なところもある人だったのではないかと思うので。

この方、どこかで見た顔、、と思ったら、大河「平清盛」でのちに鹿ヶ谷の陰謀で清盛を裏切りまくる藤原成親をやってらしたのね。
清盛といえば、保元の乱で勝ち組になった悪人ヅラの藤原忠通をやった堀部圭亮さんが、朝鮮人をいじめまくる日本軍人をやってた!

さらにあの柳宗悦を、最近話題になってた塩谷瞬さんがやってたのにはひっくりかえるcoldsweats02

巧の親友であり、義兄でもあった朝田政蔵を亀治郎改め猿之助さんがやっていたのもよかった。

青林を演じたのは韓国の俳優ペ・スビンさん。
祖国独立への思いと、巧への友情に板挟みになる役どころにぴったり。

青林の友人の葬列で、泣き叫ぶ家族を見て、(朝鮮には葬儀のときの泣き女という職業がある)
「朝鮮人は葬式だからって、あんなに泣いてみっともないねえ。」
といった手塚理美演じる浅川兄弟の母親。

後日、若くしてなくなった巧の葬列に母は無表情で連なっていたが、ふと列をはなれ物陰で号泣する。
印象深いシーン。

巧は今も韓国の土に眠る。
墓碑「韓国の山と民芸を愛し、韓国人の心の中に 生きた日本人、ここ韓国の土となる」。

映画は最後に、二人で植えた記念すべき最初の発芽苗が大きな朝鮮五葉松となり、現代的なビルのたちならぶソウルの町にすっくと立つ姿をうつしだす。

この映画制作のプロジェクトは、浅川兄弟のふるさと、山梨県北巨摩郡(現・北杜市)の有志を中心にたちあげられたそうで、途中なんども中断しかけたとか。
有志のあつき思いで、完成されたことに拍手を。

エンドロールにもご注目を。
浅川兄弟、柳宗悦らの白磁のコレクション、有名なのがいくつも写真ででています!
(青花草花文面取壺:柳と伯教を結びつけ、民藝運動への目を開かせた一品など)

(参考)

P1100146


ふと、映画のコピー、「明日、世界が滅びるとしても、今日、彼らは木を植える。」の意味が解釈できたような気がする。

文字通り、彼らは朝鮮の山々を緑にするために木を植えた。
けれど、このコピーはこのセリフのことを意味していたのではないかと思う。

「日本人と朝鮮人が理解し合えるなんて、見果てぬ夢だろうか。」(巧)
「夢であったとしても、それに向かって行動することに意味があるのではないですか。」(青林)

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349039/29237447

映画「道~白磁の人」〜浅川 巧の生涯を参照しているブログ:

コメント

私は韓国?朝鮮?の茶碗が好きです。
あちらでは雑器だったかもしれませんが 何とも味わいがある。
展覧会は行きました。映画ができたのですね。

ひいらぎ様

高麗茶碗はいいですね。
入手できそうもありませんが。
白磁の壺も暖かみがあって、大好き。
浅川巧が白磁の人なら、やはり大好きheart01

そうです。あちらの白磁は暖かみがあると思います。

水を差すようですが、李朝中期までの朝鮮陶磁器が美しくとも、政治的には「和解」は無理だと思ってます。

友人がいますが、彼自身が言ってました、蜜月を持つには民族性と歴史がちがいすぎますと。あれほど苛烈な属国政策を千年以上中国から受け続けていて、穏やかで正直ではあり得ないと。現代になっても、そこをよその国の分断策がつけ込む...日本の統治時代を恨みとして語る裏には、それ以前の延々と続いた中国へのもっと深い恨みと憧れがあって、それは私のような日本人には知識としてわかっても、心の問題としては理解できないだろう、と。中国人は露骨に蔑んでますしね。

その山の植樹も、朝鮮戦争で再び禿げ山になってしまったのでは?日本の皇室と姻戚関係を結んだ李朝最後の方も東京でなくなられましたね。

いっそのこと、朝鮮半島が日本からずっと遠い地にあればよかったのかなと思います。あっ、そうすると日本の茶人や民芸運動家による朝鮮陶磁器の「発見」はなかったか...私は敬遠してます。

浅川御兄弟には見識があり、業績はすごいと思います。
でも柳さんには、彼の美についての見識に疑いを持っており、
また世事に関して生々しい話が多すぎてついていけません。

しぇる様が紹介して下さったので、映画を楽しんできました。
有難うございます。
私にとっては主人公が功績のある人かはどうでもよく、画面が美しければ。
山、苗木なんていうキイワードはフィールドワーク派には響くんです。主人公が山の木を〝伐採〟する人でも見に行きましたね。
日本人の演技が浮いている中、ペスビンの物悲しい眼差しが心にしみました。
塩谷瞬は「パッチギ」以来久しぶりに見ました。最近井筒監督がパッチギの頃は無名だった彼と沢尻と高岡蒼甫三人のお騒がせ俳優について週刊誌で語っているのに興味がありましたが読みそこなって残念。
「パッチギ」を見た理由はただ一つ、舞台が京都だったからです。
背景ばっかり見ていました。
高麗美術館は京都観光上級者を案内するところの一つでしたが、今ひとつのゆとりが…。

ひいらぎ様

白磁の小さい壺をひとつ持っています。
そっとおいてみると、その空間の雰囲気がかわります。

とんぼ@岡崎様

これは浅川巧の生き方を通じてヒューマニズムを語った映画なので、日韓の軋轢といったテーマに矮小化してはいけませんよ。
まあ、これはあくまで映画(=小説)ですけど。
日本敗戦後、日本人をおいだそうとする朝鮮人暴徒がいる一方で、日本人・巧のお墓を守り抜いた朝鮮人がいたこと。
戦後の混乱のさなか、帰国を余儀なくされた兄・伯教が朝鮮人の知人にたくした巧の日記が、朝鮮動乱の中でも守られ日本の浅川兄弟研究者の手にわたったこと。
国と国の軋轢とも政治とも無縁な、無数の巧と青林が世界中にいて、きっと今も木を植えているのだろうと、私は思います。

野中の清水様

お久しぶりです。

柳についてはいろいろ毀誉褒貶があるようですし、審美眼についても、茶への姿勢についても批判の多いことは承知していますが、私は彼の文章、好きなんですわ〜。
最近、美術館で茶道具を見るとき、いつも彼の「イマ見ヨ イツ見ルモ」「見て知りそ 知りてな見そ」の言葉をつぶやきながら、知識先行になりそうなのを戒めています。

Mariko Ishii様

>主人公が山の木を〝伐採〟する人でも、、、

coldsweats01なにがきっかけであっても、ご紹介した映画をみにいってくださって、ありがとうございます。(映画会社のまわしものではありません。山梨の有志のシンパです)

>日本人の演技がういている中、、

たしかに、ちょっと貫禄不足のかたもおられましたが(名前は伏す)みつえさんを演じた黒川智花さんがあの時代の女性になりきっているのにはびっくりしました。こんな演技もできるんですね。

高麗美術館、是非またおでかけになられる時間がおできになりますように。
あ、お猫様がいる間は無理ですかねえ。cat

※知識先行になりそうなのを戒めています。

私も自戒といたします。

野中の清水様

はい、たまには柳もいいこと言うでしょ?coldsweats01

しぇる様

柳さんに傾倒した時期があり、彼の著作を読みました。
思索の深い人だと思っています。coldsweats01

追加:
今一つのゆとりがないのは私やのうて、美術館の意味でした。
7月に今年初の上洛を致します。
護王神社でランナーのお守りを頂いて、鴨川でみや子のお墓参りをし、吉田山で例のかずらの正体を確かめ、ついでに大学の実習にも出ます。
埋没法は露店やのうて、露天ですよね。
今出ている婦人公論に、青林とは似ても似つかぬペスビンの写真が載っております。

野中の清水様

著作をたくさん読まれて、その美の見識に疑義をもたれたなら、柳もかたなしですわねえ、、、おほほcatface

Mariko Ishii様

露店、、、では、なにを売るのか?ですよねcoldsweats01ご指摘ありがとうございます。
高麗美術館のほう、、、これも失礼いたしました。
7月も弾丸上洛になりそうですね。
本人=私よりも先にかづら?をご覧いただけそうです。(まだ確認に行けてませんcoldsweats01
あ、夢はこわしたくないので、その写真はみないでおきます。

コメントを投稿