フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 弘道館月釜〜花寄茶会 | メイン | 菖蒲月雑記 2012 »

2012年5月26日 (土)

十三世襲名記念 坂 高麗左衛門展

高島屋へお買い物のついでに、時間があればいつも美術画廊へ。

今回萩焼の坂 高麗左衛門さんの13世襲名記念の展示会によせてもらいました。

P1160410

高麗左衛門は萩焼でもっとも伝統と格式を誇る名門名跡です。

遡ること約400年、秀吉の朝鮮出兵(文禄・慶長の役、朝鮮では壬辰倭乱、俗に茶碗戦争ともいわれた)の時期に、萩藩初代藩主・毛利輝元が朝鮮から連れ帰った陶工、李勺光、李敬の兄弟のうち、李敬以来の血筋。

李敬は2代藩主・毛利秀就より「高麗左衛門」の名前を賜り、江戸時代は毛利家の御用窯だったそうです。

李兄弟については、以前ブログでとりあげました申 翰均さんの「神の器」にも登場していたので、なんとなくなじみのある名前です。
(当時、朝鮮から半ば拉致されて来日した陶工たちの心情や、萩藩における待遇など書かれていて、おもしろい。特に井戸茶碗にご興味のあるかたは是非ご一読を。)


P1160408_2

場内は茶碗をはじめ、花器、水指、懐石の器など、これぞ高麗茶碗の流れをくむ萩焼!という作品がならびます。

上記の、秀就から「高麗左衛門」を賜った時の任状の軸装(レプリカ?ホンモノ?)も飾られています。
墨蹟もあり、古筆切も掛けられ、さらに会場のあちこちに、青竹を切っただけの花入れに、種々の茶花がすばらしくすてきに投げ入れられています。

秀就の書状の前にはなんと、めったに本物をみられない熊谷草がcoldsweats02
(これって敦盛草と親戚なのよね。なんて平家物語的ネーミングheart01

まるでいままさにお茶会の席にいるよう。
P1160411

さて、萩焼きはあたたかいベージュ色で、新品はどちらかといえば深みがない感じがするのですが、実は使ってこそ真骨頂を発揮するのです。
よく知られた言葉に「萩の七化け」というのがあります。

萩焼の土には、浸透性があり、使っているうちに表面の細かい貫入をとおして、茶がしみこみ、やがて年月とともに微妙に変化して、何とも言えない風情を醸し出す事から、そういうらしいです。

P1030089

ちなみにこれは2年ほど、わが家で使い込んだ田原陶兵衛工房の萩焼。
貫入の色が少し目立つようになって良い感じになりました。
手に入れたばかりのときはつるんとしていたのですよ。
(これをだすためにしょっちゅう使っているようなものcoldsweats01


さて、会場の軸でどうしても一字読めない字があって、指で書き順をなぞったりしていると、感じのよい初老のおばさまが「これは龍驟鳳翔(龍はしり鳳かける)と読むんですよ。」と教えて下さいました。
会場のスタッフさんかなあ、、と思いつつなにげに御礼を言って、退去したのですが、、、、


あとで調べてみるとあの方が十三世高麗左衛門さんご自身だったとは!!

先代(12世)が50代の若さでお亡くなりになったあと、しばらく空席だった高麗左衛門を継がれたのが先々代(11世)の娘さんで、坂家始まって以来の初の女性当主だったんですねえ。
女性とはつゆ知らず、、、、

私ったら知らないとはいえ、なんと失礼なことを(大汗)coldsweats02


花の絵付けのある作品もあったので、萩にしてはめずらしいなあと思っていたら、高麗左衛門さん、陶芸をされる前には日本画をされていたんだそうです。
そんなことを予備知識として持って行っていたら、もっとしっかり見ることができたのにね。
反省。

P1160409

反省しつつも、こんなきれいな和菓子(虹、雨上がり)をいただいたあと、早速例の萩焼茶碗で薄茶を一服、自服にて。


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349039/29152419

十三世襲名記念 坂 高麗左衛門展を参照しているブログ:

コメント

はじめまして、
しぇる様のブログを拝見し、京都に行きたくなり、今日豊中から京都にお出かけしてきました。阪急河原町駅から徒歩でパリスミュージアムへ、、、扉を一歩入るとそこは別世界、素晴らしい用の美の世界にしばしうっとり、帰りに吉田山を散策、加藤順さんのお漬物を買って帰ってきました。
何か丸くなっていた背筋が伸びたような気のする一日でした。

昔昔、お店で働いてくれてはる人たちのために、お茶とお華のお稽古に先生に来ていただいてたので、お家にお茶の道具が少しあったのですが、お稽古用のお茶碗の貫入にしみ込んだ茶の色は、ただの汚れとしか見ていなかったアホたれですcoldsweats01
古い焼き物を愛でる心もなかったし、無知で失敗してひび入ったと思ってました。

窯のふたを開けたあと、聞こえる小さな音がいいなと思う歳になりました。

高麗左衛門さんは男性だと信じつつ読んでいたので、女性だと知ってこまちも驚きました!

相手がどんな方かも知らずに自然にお話しができるなんて、素敵な出会いですね。

食いしん坊は萩焼きより、和菓子の方に目が釘付けになってしまいました(笑)
「虹」、きれい!!

ご無沙汰しております。
萩焼いいですよね~~自分も持っています。紅萩が好きでよく使ってます。
萩焼きといえば、あるお茶会で拝見した古萩の一碗が印象に残っています。俵手・碗中の側面に白い釉薬で山が描いてありました。

13世高麗左衛門が女性だったとは、、。お勉強させて頂きました。
そうですね、新品のお茶碗はどうしてもつるっとした感じが強いですね。磁器と違って使う程に焼物の善さがにじみ出て来るっていうのは陶器の面白みですね。

季節を感じる美味しそうなお菓子、写真を見ながら、私も自服。

myu様

はじめまして。
コメントありがとうございます。

え?四条河原町からユキパリスまで歩かれたんですか?coldsweats02
私もびっくりのご健脚!
あそこの奥にあるアンティーク着物はブロ友さんが扱っておられるので、いくたびにチェックしています。質もセンスも、そこらの古着屋さんより、かなりよいものがおいてあります。
豊中ですか。
かつて宝塚から京都に通った日々をつい思い出しますわ。遠方より来られる方より、かえって思い切りがないと行きづらい距離ですよね。

夢風庵様

窯を開けたときの、あのチーンチーンという貫入が入る音、聞いてみたいですね〜。
夢風庵様も本腰入れて陶芸始められたようで、作品を拝見するのが楽しみです。
昔、じいちゃんの使っていた湯飲みがくっきり黒い貫入入りで、子供の頃は「きったね〜湯飲み!」と、私も思っていましたcoldsweats01

こまち様

初夏の京都はいかがでしょうか。
私以上に楽しまれているご様子、うらやまし〜bearing
はい、あのかたが高麗左衛門さんだと知っていたら、もっと焼き物のお話しがしたかったです。女性で伝統工芸の継承者はたくさんおられますのにね。気づかなかったなんて!

nageire様

他の抹茶茶碗もそうですが、萩はとくに使って育てる、、、という感じですよね。
美術館にある有名なお茶碗は、すでに長年使われてきたことで十分「育って」いますが、やはり使われているところを見たい、といつも思います。
俵手もいいですね。どこから口をつけようか、迷うようなお茶碗もありますけれどcoldsweats01

銀の笛様

お茶碗は経年変化で味が出ます。(女性は経年変化で、、、、とほほcoldsweats01
よいお茶碗はしまいこまずに使ってナンボ、なんですねえ。まあ、そんなええ茶碗はもってませんけど、、、
美しくておいしい京和菓子が簡単に手にはいるのが京都で住む大きなメリットだと私は思います。happy02

しぇる様

コメレス
ありがとうございます!
ブロ友さんが扱っていらっしゃるお着物なのですね。全てのものの使い勝手がよさそうで、美しくって、京都の奥の深さをしみじみ感じるミュージアムでした。
しぇる様のブログをガイドにさせていただいて京都散策を楽しみたいです。

25日の夜から京都に来ています。
今日、久しぶりに、造形大学前から5系統のバスに乗ったのですが、その混み様にビックリ!
あの路線、しぇるさんにとって、生活路線ですよね?
昔は、紅葉・桜の季節でもないかぎり、あんなに混むということはなかったように思いますが、、、

myu様

個人的趣味に走っていますので、京都散策のご参考になりますかどうか。
それなりにお役にたてたならうれしいです。

S&Y様

はい、5番バスは毎日愛用しております。
観光シーズンになると満員で、長い間待たされたあげく目の前を通過されてしまいます。なにしろ銀閣寺、南禅寺、永観堂あたりをカバーしてますから。
造形大学の前はいつもホームセンターへ車で行く通り道になっています。
S&Y様も移住後はこちらの学生さんにならはる予定どすか?

あまりの混み様に、降りる機会を逸し、三条京阪で降りるつもりが四条高倉まで、、、、。
拙宅の近くのイノダでも観光客に占拠され、地元住民が寄りつき難くなっていますが、市バスも事情は同じですね。
「もう一度、学生になる」というのは、シニアのベスト3に入る夢の1つ、と以前何かで読んだことがありますが、Ishii様のように、
その夢を実現されるのは、一部の方、、、、。是非、あやかりたいものです。

しぇる様のブログから’京都に行きたい'との気持ちを頂戴いたしました。

私の愛する豊中も歴史は古く
5世紀頃の古墳がたくさんあり、岡町商店街なども興味深いお店が並んでいるのですが
(特にショッピングセンターの中などとっても趣があります。)
近年昔からの古いお屋敷が姿を消しつつあるのは残念、
豊中駅前の大きなお屋敷なども、最後に懐石茶会が開かれた後取り壊され現在は駐車場になっています。
駒井家住宅のように残せたらよかったのに、、。

S&Y様

たしかに学生の頃はここまで人が多くなかった、、、と思います。
もともとの資産に、京都ブランド戦略の成功、といったところでしょうか。
もし今一度学生をやるなら、古典文学を是非やりたいです。(大学時代は理系であまりご縁がありませんでした)

myu様

かつて箕面や塚口にも住んでいましたので、岡町あたりもなじみがあって懐かしいです。
塚口も阪急北のお屋敷が次々となくなっていっているようです。残念ですが商業エリアということを考えればしかたないのかもしれません。

コメントを投稿