フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 柳 宗悦展ー暮らしへの眼差しー〜大阪歴史博物館 | メイン | 修二会直前・試別火(ころべっか)のころの二月堂 »

2012年2月23日 (木)

弘道館月釜〜梅花茶会

今月の弘道館の月釜は「梅花茶会」。

P1150227

例の如く御所の駐車場に車をつっこめば、この日はまだ消え残りの雪があちこち残る、風情のある一日でした。

P1150228

弘道館の露地もこのように。

風情はあるのですが、積雪は苔にはどうなんでしょう。
いためそうです。

実はこの大雪が降った夜の、その日の朝のこと。
わが家の露地の苔がダメになった部分を庭師さんが張り替えてくれたところだったのです。
ちょっと心配bearing

P1150229

さて、この日の梅花茶会は天神さんにちなむ趣向でありました。

待合には菅原道真の肖像画。

本席では天神さんが臥牛にまたがっている絵と、淡々斎の「誰云春色従東到」+梅の絵。

天神信仰と牛は切っても切れないようで、北野天満宮にもたくさんの臥牛像がありますが、なぜ牛なのか今ひとつ根拠がはっきりしないようです。(天神さんは丑年だったとか、太宰府に流されるとき牛が泣いて見送ったとか、いろいろ)

誰が云う春色東より到るとは、、、は和漢朗詠集。道真の孫、菅原文時の漢詩。
露暖かにして南枝花始めて開く、、と続きます。

天神さんの飛び梅は確かに東から太宰府に飛んできたのでしたよね。

P1150233

古来、日本人は梅を愛すること深く、万葉集のなかで歌われた花は1位の萩についで2位とか。

またかつて禁裏の左近の花は桜ではなく梅だったそうです。
桜に地位をうばわれたとは言え、それでも百花の魁、梅は格別な思いで愛される花であることにかわりはありません。

さて、この日の席の一番の花!といえばこの方。


P1150235

天神さんにもゆかりの深い上七軒の芸妓さんの尚鈴さん。

この方が花ゆえ、この席には花をいけられなかったとか。
ほんにほんに、あでやかな、、、、

つい最近淡交社の出した雑誌、京の茶の湯の表紙をかざり、文中にもでてきはった芸妓さんなんです。

まもなく北野天満宮でおこなわれる梅花祭(25日)に呈茶をされるのが上七軒の舞妓さん、芸妓さん。
だから彼女たちはひととおりのお点前はできるのですが、ひとりで茶事をひらけるくらいの力量のある芸妓さんはこの尚鈴さんだけだそうです。


しかもワインソムリエの資格もお持ちで、フィギュアスケートも、、、となんと多彩な方なんでしょう。

芸妓さんのおひきずり(おはしょりをせず着物の裾をひきずる)の衣裳で流麗なお点前をされました。
あの裾捌き、お見事!
われわれでは、普通の着物の時ですら、あれをたおしたり、これをけとばしたり、、、、しがちですのにねえcoldsweats01
鍛錬の仕方がちがいますわ。


P1150230

尚鈴さんをイメージしたきんとん。
中の餡が若草色。
もちろん老松・製。

白塗りに唇にさした紅のいろ、、、でしょうか。

一席終わったあと、彼女をかこんでしばし歓談。
芸妓としてのお稽古事や、お座敷や色々忙しいでしょうに、たくさんのことに興味を持って、勉強しようとする姿勢がすてきです。
梅花祭は仕事の日ゆえ、いけませんが、春の上七軒・北野おどり、尚鈴さん見にいかなくちゃ!

P1150236

煙草盆。
レオナルド・フジタの絵をモチーフに、刻み煙草ならぬフランス煙草、ゴロワースの遊び心。


他に茶杓が太宰府の飛び梅から作られたもの。
主茶碗、又妙斎手づくねの楽茶碗「飛梅」。
風炉先、北野天満宮古材。
棗、螺鈿張りで蓋裏に上七軒のシンボル、五つ団子の提灯の蒔絵。

上七軒は京の花街では実は歴史が一番古いそうで、団子マークを使えるのはここと祗園だけだそうです。

P1150237

これはなんの箱なのかわからないのですが、上七軒の芸妓さんの組合が買った物のようで、数茶碗かもしれません。
たくさん梅にちなんだお茶碗がでてきましたもの。

ちなみに私のは(多分)長楽さんの梅柄の赤楽でした。


P1150239

今回も楽しませてもらったあと、帰り道にふと見た中立売御門の向こうの雪大文字。
ほんまに京都はええとこや〜。happy02

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349039/27982387

弘道館月釜〜梅花茶会を参照しているブログ:

コメント

月釜と言ってもすごい月釜ですねえ。
寒い時期は遠慮していますが こうやって素敵な画面で堪能させていただきますね。
ほんと 京都は飽きがきませんよ。楽しい事が山ほどありますね。
春になれば私もうろうろいたします。

苔の育て方の本によると、苔は意外に雪には強いそうで、むしろ寒風とか霜柱に弱いらしいです。雪の多い地方でも覆いはかけなくていいとか。
しぇるさんところは庭師さんもついてるし、大丈夫なんじゃないでしょうか。

素敵でしたね。お菓子、とろとろでしたね。尚鈴さん綺麗でしたねlovely
火入れ、太田さんの娘さんのディズニーランド土産と聞きました。すっごいお道具ばかりの中にちょこっと遊び心が楽しい。私のお茶碗には足がついていましたよ!

ひいらぎ様

いえいえ、今でも十分うろうろされていますよcoldsweats01
少なくとも私よりは。
弘道館の月釜は趣向がおもしろくて勉強になりますが、まさか本物の芸妓さんまででてくるとは思いませんでした。この尚鈴さんは、形だけお点前ができればよい、というレベルでは全然なく、すごい茶人さんだそうですよ。

vivasan 様

苔についてのアドバイス、ありがとうございます。
なるほど上からかぶる雪の方が、下からの霜柱よりましなんですね。
寒風はどうしようもありませんが、良いお庭では敷松葉されているところもあります。うちには松がないので、これはできませんが。
今日、雨上がりに少し色は変わっていましたが、それなりに元気そうな苔をみて「がんばれ〜!」と声をかけときました。

ぴお様

ええ〜?ディズニーランドで洋モク(ある年代以上の人にはわかる言葉だなあ)売っているんですか?coldsweats02
足がついたお茶碗でしたか。お隣のかたのはイチゴちゃんの模様のお茶碗でしたわ。あれなにかしら?coldsweats01
太田さんのこだわりは楽しいですね〜。

しぇるさん、こんにちは

先日の天神さん(3月25日)に

実父が、梅花祭のお手伝いをしていたので

顔を見についでに、梅を愛でてきました


上七軒の妓たちは、とんと御縁がないので

野点も、ちらりとしか覗かなかったのですが

そんなエキスパートな芸子はんが居ましたか^^

ちゃんと見とけば良かったなぁ・・・^^;

高兄様

こんばんわ。
高兄様は祗園のおなじみさんでしたものね。
上七軒はちょっと離れているので私もなじみがなかったのですが、尚鈴さんを見て、北野おどり、行くことに決めましたの。happy01
昨日の梅花祭はお天気がいまいちでしたが賑わっていたのでしょうね。
私は1日遅れで今日行ってきました。雨ならぬ小雪が舞って寒かったです。
梅は少し早かったようですね。

コメントを投稿