フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 七事式の会〜法磨之式 | メイン | 京都・京町家ステイ・アートプロジェクト vol.1 »

2012年1月26日 (木)

氷雨あとの吉田山〜茂庵

学生時代からなじみ深い吉田山ですが、意外と奥が深いのです。

なにかしら新しい登山ルートを発見しては楽しんでいます。

P1140836
前日からふっていた冷たい冬の雨がようやくあがった午前中、今回は裏参道(重森三玲邸の前)から登ります。

P1140837

この時期人はほとんどみかけません。

冬枯れの山ですが、雨上がりはやはりしっとりとしています。

P1140838

モノトーンに近い景色の中、唯一鮮やかなのは南天の実。

小鳥がついばんだあとでしょうか。

P1140839

雨+濡れ落ち葉で足元すべりそうな階段にはご注意。

P1140841

吉田神社節分祭のときのみ開かれる大元宮。
まもなくですね。
今年も曜日回りがいいので、行けそうです。

節分祭のテント用パイプがもうスタンバイ。


P1140844

とても町中とは思えない山でしょ?


P1140845

散り敷く落ち葉は濡れるとさらに香気を発します。
いい山のかおり。

木立の向こうにちらっと市街地が見えてきました。

P1140846

今回は迷子にならずにたどりつけました。
谷川茂次郎が夢のあと、茂庵

吉田山に広がる数寄屋の宏大な邸宅、茶室については前回書きましたので、よろしければご参考までに。

ただし、こちらのカフェは人気なので観光シーズンはよほど待たないとはいれません。

P1140847

でも真冬の雨上がりにくるような酔狂な人は少ないらしく、今回はすんなり入れましたわ。
(それでも他に酔狂な方、若干名すでにおられましたが)

P1140848

ここにはいるのはほんとうに久しぶり。
いつもは入れずに横目で眺めるだけでしたので。

P1140850


こちらは西向きの窓。
はるか市街地が見渡せます。

P1140851

靄を吐く西山まで見えます。

ちなみに反対側の窓からはど〜んと大文字が見えるのですが、他の(酔狂な)方が座っておられたので写真は遠慮しました。

P1140852
この長テーブルは好きですねえ。
学生時代、こんな窓際の長テーブルに顕微鏡がずらっとならんだ実習室がありましたが、それを思い出しました。

P1140853

本日の日替わりランチ。
豚肉のゴボウ巻き白味噌ソース。

男性には少し量が物足りないかもしれませんが、私にはちょうど。


P1140854

立ち蹲居には山茶花が生けてあります。

お腹を満たしたあとは、別のルートで下山をこころみる。

P1140855

きゃ〜heart01

落ち葉の絨毯。

今回わたくし新しく竹中稲荷ルートを発見。


P1140857

こんなルートがあるとは。
まだまだ吉田山、奥が深い。

このお稲荷さんの正面が黒住教の宗忠神社になります。


P1140858

このルートでまぢかに見られる大文字。
かっこいい。


P1140861

山を下っていくとつきあたりが真如堂になるというルート。
この道が一番うちからは近そうです。

さて、次回はまたどんなルートで登ろうかな。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349039/27818410

氷雨あとの吉田山〜茂庵を参照しているブログ:

コメント

昨年の大文字はこの鳥居をくぐって吉田山を登って送りました。
例年、ホテルフジタの屋上で舟形まで見たのですが、昨年はフジタが閉館したため吉田山にしました。
真っ暗で、後ろの方がずっと懐中電灯で足元を照らして下さり、京都の人って観光客にも親切なんだなぁ~と感動したんですよ(*^^)v

吉田神社の節分行事は昼間もあるのですか?
このカフェ、とっても素敵ですね!
節分の日に行っても当然入ることはできないでしょうね^^;

宗多田神社って黒住教だったのですか!知らなかったです。
この茂庵の月釜は伺ったことがありますよ。

こまち様

そうか!
吉田山から大文字を観る手があったか!
、、、、と京都以外のかたから教えていただくことの方が多いのです。
ありがとうございます。
今年はその手でいこう!

吉田神社の節分祭はメインの行事は夕方~深夜なんですが私は通勤時間を考えるとウィークデイの夕方の行事はいけないんですweep

茂庵はおすすめですよ。是非是非。
ちなみに1Fが居心地のよいウェイティングルームになっているので、ここでお気に入りの本でも読んでいれば、待ち時間も苦にならないかも。

ひいらぎ様

そうなんです。黒住教。
でもその教義は全然知らないんですけれど、鳥居があるのでやはり神道なんでしょうねえ、、、、??
茂庵の月釜は土曜日なので、行けないんですぅ〜weep

 このカフェ、以前しぇるさんにご紹介いただいて時折寄せていただくようになった真古館さんとよー似た雰囲気ですねぇ。

 吉田さんは、節分とフリマに、そしてこの辺りに花咲の職場の園長のご自宅があったのでその折に行ったぐらいで、こんなにいろいろ上り口があるとは知りませんでした。

 又一度訪ねてみたいと思います。

花咲おばさん様

そうそう、真古館によく似てますね。神楽岡だから景色も同じ。
こちらの方が広いのと、山を利用した茶室が点在しているのがみどころです。
節分のとき以外はたしかに閑散としたところですね。
用もないのに歩き回るのは酔狂な人とランニングトレーニング中の人だけかもcoldsweats01
次回は今出川ルートに挑戦しよう。(人気がないのでちょっと恐いけど)

コメントを投稿