フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 白沙村荘〜銀閣寺畔・関雪翁の夢の跡 | メイン | 一畳台目の茶事〜壺中日月長 »

2011年12月15日 (木)

當る辰歳 吉例顔見世興行〜南座

ご存じ、南座、當る辰歳 吉例顔見世興行。

これからの1年、南座と出演契約をした歌舞伎役者が出演する、という意味で役者の正月ともいわれるので、當る辰歳 と来年の干支がつくのです。


P1140395

京の師走の風物詩、南座の招き。
いままで下から見上げるばかりで通り過ぎていましたが、今年は京の奥様方にならって師走の行事を満喫しにおでかけいたしました。

P1140394

これが今年新調された緞帳の原図(かも)。
赤地草花連紋という吉祥紋葉で、上村淳之画伯監修。
現物の緞帳をみるとところどころきらきら光ってきれいです。
制作は川島織物、聖護院八ッ橋さんの寄贈です。太っ腹〜!

今年の夜の部は、大出し物として
「源平布引の滝・実盛物語」・・・菊五郎
「元禄忠臣蔵・仙石屋敷」・・・仁左衛門、三津五郎

オープニングを華麗に彩る我當、秀太郎の「楼門五三桐」

長唄・清元・舞踊の「六歌仙容彩・喜撰」・・・三津五郎

上方落語の名作を歌舞伎にしたてたコメディ「らくだ」・・・・愛之助、翫雀

P1140391

歌舞伎についてはにわかファン以外のなにものでもないので、○○屋がだれで、△△屋がだれなのか、だれがだれの息子でだれがだれのおじいちゃん、、、、ということについてはあんまり知識がございません。

「親の顔が見てみたい。」
というセリフに場内に笑いがわいたところをみると、これは親子共演なんやなあ、、と推察するのみ。
こういうのをよくご存じでしたら、もっと楽しめるんでしょうねえ。


P1140392

でも仁左衛門さんは、ほんまええわあ。
仇討ちの本懐を成し遂げたあと、仙石伯耆守らによる詮議の場で、感情を極力おさえながらも凜とした申し開きをする大石内藏助を演じはりました。

今年2月、大阪松竹座で見た時は、やつれた色男をやらして艶っぽくて絶品でしたが、こういう武士の役もまたええわあ。
どちらも心に哀しみをかかえている、というところが共通項かも。

いちど仁左衛門のコメディ(あれば)も見てみたいなあ。

花道のすぐそばの席だったので、平伏したときの仁左衛門さんのナマ足の裏を、とくとおがませていただきました。coldsweats01

P1140388

幕間のお弁当は南座の売店で買ったのですが、うりきれ寸前だったので、この巻き寿司しかなかったのよ。
これを瓢亭なんかで調達してもちこむのが通だとか。


P1140384

幕間にせっかくの南座、記念撮影。


P1140385

例の蘭陵王の帯をお初におろしました。
まあ、舞踊と関係なくもないか、、、、と思って。


後半、三津五郎さんの喜撰法師。
お酒も女も花も好き、という喜撰法師が花盛りの祗園で茶店の女にたわむれ踊る、というものですが、直前の忠臣蔵で仙石伯耆守をやっていた人と同人物とはおもえないくらい。

体格すら、偉丈夫から急になよやかになったの?と思わせるくらいの別人ぶり。
さすが、一流の役者ってこういうものなのね。


さいごの「らくだ」は死人にカンカンノウを踊らせるという有名なお話しで、まったくの浪花言葉の口語体、思い切り笑いました。
ラブリンこと愛之助の(←ちょっとファン)小悪党ぶりがまたお似合いなことといったら、、、
こういう役をやらせると絶品です。

翫雀の久六は、その浪花言葉、最高〜!!
「あきまへん、あきまへん」というせりふ、これ関西弁ネイティブでない私には絶対発音できません。

P1140397

心地よい興奮の余韻を残して南座をあとにします。
回りをみてもお着物の方が(男性も)多いのを見るのはなんだか楽しいですね。

京の住人になったからには、これからは毎年の年中行事に顔見世をくみこまなくては。
P1140399

帰りは辰巳稲荷のある新橋通を通って。
P1140400

ここはまことに風情のある通りなのですが、夜歩くことはほとんどないので、こんな風情を楽しみながら歩いて帰りました。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349039/27598607

當る辰歳 吉例顔見世興行〜南座を参照しているブログ:

コメント

あら~よろしぃですなぁ~
京都南座はさすがに昼の部にしか行った事が無いです。
夜は照明も灯いて、より以上に華やかに見えますね。
いつか私も行ってみたいです…

幕間のごはん、早い事売り切れちゃいますよね…(^_^;)
私も来月の松竹座のお昼、今からどないしょかし~と悩んでいたりします。ちょっと早いですかね。ふふっ
失礼致しました_(_ _)_

初めまして~京都暮らしを始めて間もないものです…
素敵な帯ですね~!!
南座って、いつも目の前を通り過ぎるだけで入ったことないので行ってみたいと思っています
近すぎると逆になかなか足を踏み入れなくて苦笑
今後とも参考にさせていただきます、よろしくお願いいたします(*^_^*)

うわー良いですね。
私も出掛けて行きたいですが時間一杯の毎日です。
東西の役者さんが揃っての顔見世は何とも言えません。
金毘羅歌舞伎で見た仁左衛門さんも素敵でした。
私は晴れがましい処から見るより3階でイヤホンガイドで見て楽しみます。
素敵な写真で顔見世を堪能させて貰いました。
しぇるさんの着物姿も素敵です。

わ〜!帯が素敵です!
楽しい京都暮らしですね。私もブログを見るのが楽しみです。
歌舞伎も見てみたいなあ。

う~~~、何とも素敵な夜ですね!!

京都の女性にとってはチケットさえ手に入ればどうということのないことなのかもしれないけど、遠く関東から眺める者にとっては涎が出そうな素敵なことです。
先日の上洛の時にも、この前を通って写真をパチリ。
毎年この時期の携帯待ち受けは南座のまねきにしています。

シェルさんのお着物姿、とっても素敵です♪
こまちは持っていても着ることができません(泣)

顔見せに贈られる竹馬というのはこういう物なのですね!
乗る竹馬かと思っていました(笑)

「顔見せを見るため稼ぎ溜めしとか」
高浜虚子が歌ったように、京女にとっての顔見せは特別なものなのでしょうね♪

素敵なものを見せていただきました。
ありがとうございます。

ほんとに顔見せ私も堪能しました。
つい前に馬から2度も落ちたとかで、心配していた菊五郎も私が行った時はなかなか盛り上がって結構。奥様も目立たないようにお洋服で来てましたよ(とミーハー)。

くーちゃん様

先日、京の奥様方と南座の話をしていましたら、ほとんどのかたが昼の部も夜の部も行く、、、とおっしゃってました。うう〜む、私はまだ未熟者ですわ。coldsweats01
幕間の幕の内弁当、これけっこう重要ですよね。高島屋で調達する、という手もあったか、と思ったり。
松竹座もまたいきたいわ〜。

はんなり女様

はじめまして。コメントありがとうございます。
南座は顔見世以外のときには行ったことがあるのですが、やはり顔見世は特別ですね。
京都移住は私が1年だけ先輩ですね。
すべて回りつくせない、知り尽くせない、奥の深い京都の町、ぞんぶんにお楽しみ下さい。私も楽しんでおります。

凡蔵母さん様

ほんとうに、今は特にお忙しい季節ですね。でも忙しいのは結構なことではありませんか。とはいえ、お好きな歌舞伎も見に行かれないのもちょっとお気の毒です。
三階からイヤホンガイド、、、う〜む、なんて通な見方!
これから毎年いろんな席を試してみることにしましょう。

ひいらぎ様

しばらく歌舞伎は食わず嫌いだったんですが、一度みてしまうと、その華やかさ、役者さんの美しさ、にはまりますね。(タカラヅカもそうだったなあ)これもまた日本の伝統文化への回帰でしょうか。

こまち様

年末の洛中の風情はまた格別で、寒いけれど大好きな季節です。
顔見世のまねきもその一つでしたが、やっと中に入って見ることができました。京都だけでなく関西一円の歌舞伎ファンがこられるようですが、けっこう遠方から泊まりがけでおいでの方も多いようです。こまち様もいつか是非。
「竹馬」、、、これがなんなのか、教えていただいて初めて知りましたcoldsweats01。なにかいわくがあるんだろうな、、、とは思っていましたが深く追求することもなく、、、あら、恥ずかしい!

kiremimi様

よかったですね〜、ほんま。
私の時も菊五郎さん、大丈夫でしたよ。はらはらせずに見ていられました。
それにしても馬の足は大変だなあ。
そうですか、奥方がこっそりきておられましたか。私も有名人がきていないか、キョロキョロしてたんですが(うちもミーハーどす)みあたらなくて残念。

しぇるさん、こんにちは

顔見世、よろしゅうございますね^0^

もう、わたしは

5年ぐらい、行けてません^^;

師走の恒例、情緒もあります♪


しぇるさん

蘭陵王の帯姿

舞台で一舞いしていただきた程、御似合いでございますよ^^

高兄様

しばらく顔見世はご無沙汰ですか。
私くらいの年代になったら、見に行く時間的ゆとりもまたお持ちになれるでしょう。南座は当分逃げませんしね。

舞台でひとさし舞えたらいいのですがね。
そちらの方の才能はさっぱりでしてcoldsweats01

おはようございます、しぇる様

お着物姿が目覚しいこと!素敵!!
夜色のお着物に、先日の御記事の通りの蘭陵王の舞姿でございますね。
それも花道側でのご鑑賞とは羨ましゅうございます。

私は今年は顔見世断念致しました。
あれほどの長丁場、着物を着ては、現時点では体調が心もとない(笑)。
三月には、南座に愛しの吉右衛門様がいらっしゃいますようですので、そちらまでになんとか・・・と思っております。

しぇる様
この時期の京都は、やっぱり顔見世が楽しみです!3年前に見た「信濃路紅葉鬼揃」の山神役の仁左衛門さんは、コミカルでとってもキュートでしたよ。
今年は父の喜寿祝を兼ねて、春日大社の若宮おん祭りに行ってきました。遷幸の儀→松の下式→お旅所祭り→還幸の儀と2泊3日のフルコースを堪能しました。楽しみにしていた蘭陵王の舞は、予想以上に格好良く、独特なリズムとともに心に残りました。太鼓の大きさにもびっくりです。
由来も含めて、本当に素敵な帯ですねv

いけこ様

その後の体調の方をご心配申し上げていました。
(あいかわらずの職場待遇のようで、、、despair
顔見世も断念されたとは残念です。でも三月を期しておられるとのこと、無理をせずにゆっくりぼちぼち回復されますよう。
いけこ様はやはり「歌舞伎の似合う女」ですもの。

写真は後ろ姿なので載せました。
前からのショットはちょっと、、、おほほ、お目汚しになってしまいますので。
髪はおもいっきり茶屋の女将風にして、とエメラルドさんに頼みましたの。気合いはいっているでしょ?

ふかみ様

TVの御祭のニュースを見て、あの超・超寒かった昨年の御祭を思い出していました。(ほんとに凍死するかと思ったwobbly
今年は寒さはいかがだったでしょう。
お父上のお祝いに御祭とはなかなか格調高いですね。
そうなのです、蘭陵王はカッコイイのです。それに目にする機会も多いので、曲も覚えてしまいますね。

仁左衛門さんにもコミカルな芝居があるのですね。
いや、こんど見にいきたいですわ〜。

コメントを投稿