フォトアルバム
Powered by Six Apart

« こんなクリスマス2011 | メイン | 点邑 »

2011年12月27日 (火)

年の瀬・伏見稲荷

年の瀬の伏見稲荷


P1140450

参道は正月の混雑がうそのように閑散としています。
稲荷山異次元ワールドへトリップするにはこの時期がおすすめ。

P1140453
伏見のおいなりさんの起源は、和銅4年(711)にさかのぼります。
伊侶巨秦公(いろこのはたのきみ:秦氏系)が勅命を受けて稲荷山の三つの峯にそれぞれの神を祀ったことに始まるとか。
よって今年は御鎮座1300年だったんですねえ。

P1140454
当然のことながら狛犬ではなくてお狐さん。
ここが異世界への入り口かも。

P1140458

こちらのお狐さんは稲穂をくわえて、しっぽには宝珠をささげています。

P1140460

こちらのは少しこわくて妖しいムードいっぱい。

大きい物から小さい物まで、威風堂々からちょっとユーモアのあるものまで、稲荷山にはたくさんのお狐さんが鎮座されています。

P1140455

本殿ではお正月に向けて朱色の塗料の塗り直しやら、大きな絵馬掛けをたてるやら、いそがしいようです。

参拝客は今は少なく、外人さん(マジョリティは中国人)率が高いです。

さあさあ、稲荷山名物、鳥居をくぐっていきましょう。
P1140462


人が少ない千本鳥居はおどろおどろしい雰囲気。


P1140463

見上げるとこのように空はかろうじて透けて見えますが、まさにびっしり、、、という建て込み具合。


P1140464

お、分かれ道。
どちらに行くかで運命がかわったりするかもしれません。coldsweats02


P1140466

振り返ると寄進された人(会社)のお名前にその年号がはいりますが、ほとんど平成以降。
どうも古くなると撤去されて常に新しい鳥居がたてられるようです。

なんだか自律増殖する新生物をみるようでこわいなあ、、、
耐久年数はどれくらいなんでしょう。

P1140484
たまにこんな石の鳥居があったりしますが、さすがにこれは長持ちするので大正年間のものであったりします。

P1140467
どこか異次元世界へいざなわれるよう。

P1140470


朱・朱・朱、、、、


P1140468

ここは新しいのが立つ予定のスペースなのね。


P1140471

寄進者の名前や住所をみていると、すぐ近所の住所だったり、だれもしっている大きな会社だったり。
そんなのをさがして歩くのも楽しいかもしれません。

P1140474

下世話な話ながら鳥居一基の料金はこちら。
ちなみにサイズは柱の太さで決まるとか。

P1140469

鳥居の列を外から見たところ。
ドミノを連想してしまいますが、あのトンネルの中は異世界かもよ〜。


P1140473

奥の社にやっと到着。
ここの絵馬はお狐さん。
やっぱりね。


P1140475

こんなミニミニ鳥居なら、わたしも寄進できそうですわ。

P1140476

そしてお供えは、、、
やっぱりビッグなお揚げ!


P1140481

ここから稲荷山はさらに勾配が増してきます。
けっこうきついわ、この坂。
息をきらしながらのぼります。

P1140488

高くなると山はますます深さを増し、前後左右に他の人がいないとちょっとコワイ感じ。

あちこちの木陰にお狐さんの眷属が跳梁跋扈してるんじゃ、、、、、、shock


P1140490

で、、、でたぁ〜〜!!

、、、、じゃなくて、ここは熊鷹社と新池。


P1140487

山の中腹に池がある、、、というのも不思議な光景です。

P1140492

黒澤映画の「夢」にこんな場面なかったっけ。

陰にこもった神聖さとでもいうべきか。


もうだいぶん登ったはず、と思っていましたが実はやっとここまで。

Inarimap

この奥は、、、、
体力と時間を考え断念。

やはり稲荷山は神様のおられるお山、そう簡単には制覇できませんでした。

さて、お山を下りて京阪伏見稲荷駅の前、懐石カフェ・蛙吉(あきち)でほっとひといき。


P1140499

普通のお家なんですが、このイギリスのアンティークドアがすごくすてきheart01


P1140500

名前の通り、あちこちに蛙のオブジェがかわいいです。
実はここ、2000円で懐石ランチが食べられるというカフェなんですよ。

それを狙っていったのですが、
残念ながらこの日は予約でランチは売り切れ。

なので蛙吉オレを。

P1140501

蓮の葉のガラスのソーサーとスプーンにも注目!

蛙の色=緑=抹茶のオレです。


P1140502

しかも底の方には蛙の卵(タピオカ)まで〜!happy02

オレ一つで遊ばせていただきました。

お土産に連れて帰ったお狐さんは、、、、


P1140504

宝玉堂の稲荷煎餅。
白味噌味です。
店先でおせんべいを焼いているのを見ることができますよ。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349039/27647387

年の瀬・伏見稲荷を参照しているブログ:

コメント

黒澤監督の「夢」は私も好きな映画です。水車の場面は信州でしたね。
狐の嫁入りもありましたね。この場面ありましたかしら?ちょっと記憶が薄れています。
私はこの狐のせんべいを食べたことがないのですが一度は食べてみたいです。伏見稲荷神社も行ったことがないです。美味しい店もあるのですね。

ひいらぎ様

はっきりとした記憶はないのです。
多分狐の嫁入りとなにかがごっちゃになっているかもしれません。
でも「なにか」が出そう、、、な感じはするでしょ?shock
私は信心深くもないし、霊感は信じないし、科学万能と思っているのですが、なぜなんでしょうね。
稲荷煎餅、あとをひきますよ。
宝玉堂さんでこれをかったら、「失敗作ですが」と言ってこわれたおせんべいをおまけにつけてくれましたheart01

私も23日に東福寺に行ったついでに、こちらに回りましたが、本殿の前ですでに体力の限界を感じて、鳥居のところまでは行けませんでした。
初詣の準備が着々と進んでいましたね。金の稲穂がやたらキンピカで、かえってまた凄さを増していました。

この寒さのおりよく伏見稲荷までおいでになりましたね。その上、かなり上のほうまで。。ブルブル。。。それにおっしゃる通り、すこし異次元ぽい写真。。最後のかえるさんのほっとドリンクでほっとしました。

一昨年のお正月、てっぺんまで登りました。
それで汗をかき、冷えてインフルエンザに。とんだお年玉やったなぁ。

ランディ先生は、公式なお勉強会でもお茶目なんですね。
実はあのサンタの格好、しとうてしょがないのではと思てます(笑)

vivasan様

東福寺はまだ紅葉の名残がありましたでしょうか。
そちらを回られてからでは、稲荷山登山(?)はちょっとしんどいですよね。私は軽い軽い、、、なんて考えていたので、見事に予測を裏切られ途中で撤退になりました。またいつか再挑戦しますわangry

kiremimi様

ここから先の方が多分道はきついと思います。
もう少し覚悟をきめていったら上までいけたかもしれませんが、ちょっとなめてましたね。sad
京都にはこんな(鳥居だらけ)風変わりな神社もあるってすてきです。
蛙吉さんの懐石ランチ、いつか是非予約していただくつもりです。bearing

ぽん様

おお!
稲荷山を制覇された方がここに!
インフルエンザはよけいでしたが、汗をそれほどかくほどきついってことですね。次回は覚悟して行きますわ。

ランディ先生ほどサンタのコスプレが似合う方は日本にはいないんじゃないでしょうか。稽古場のパーティーも楽しそう〜heart01

こまちも2度制覇していますよ(笑)
一度は雨の日に、たった一人で行ってしまい、何だか恐くて誰か上がってこないかな…とそればかり考えてしまいました。
mixiのコミュ「京都日和・時々奈良」という鳥居をみんなで寄付し合って建てたんです。それを確認しに行ってきたのですが、途中から雨になってしまって心細かったです。

狐煎餅、大好きです♪ お味噌の風味がなんともいえなく美味しいですよね。

今年もそろそろ終わりですが、早く春が来て、また京都へ行きたいな~とそればかり考えています(^^ゞ

こまち様

まあ〜〜2回も制覇されたんですか!
しかも鳥居まで寄進されたとは!びっくりどす〜coldsweats02
mixiのお仲間でそんなこと(意思統一)ができるとは思いませんでした。すごいですね。今度行った時に私もさがしてみますわ、それ。
稲荷煎餅はおいしいですが、食べるときぱりぱりとまわりにこぼしてしまうのが難点ですね。
また気候が少しましになったら上洛してお楽しみ下さい。
こまち様の日記に教えてもらって、私も京都巡りまたします。

コメントを投稿