フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 錦秋〜大山崎山荘篇 | メイン | 京夕け 善哉(よきかな)〜ISO乙女会 »

2011年12月 6日 (火)

京都和菓子の会〜師走の京菓子の調べ

え〜、お茶屋の女将どす。
いえ、芸妓どす。

P1140299

ウソどす。coldsweats01

お出かけ先が南座ならぬ北座、じゃあ近くだし、、、、って縄手通りの、洋髪をとても上手に結って下さる美容室エメラルドによりまして、髪を作ってもらおうと。
いやあ〜ええ仕上がりやわあ。
われながらほれぼれ。(前からは、、、不問に、、、)


P1140307

南座は顔見世興業がもう始まっていて、杉の一枚板に役者の名前を勘亭流で書いた「まねき」があがっております。

P1140308

四条通をはさんで、お向かいにあるのが北座。

こちらもちゃんと纏があがっているでしょ。
で、「?」と、思われた方、そうなんです。北座はもう現存しません。

江戸時代、かつて京都にあった7つの芝居小屋のうち、明治まで残ったのは南座、北座だけだったそうです。
その北座も明治26年に廃止、それがあった場所がこちらなんです。


P1140309

破風もまったく南座そっくり。

でも、建物の川端通りに面するほうを見ると、、、

P1140326


そう、実はここは井筒八橋さんの本店なんです。

北座のゆかりで建てられた北座ビル、なかはレストランや茶寮、歌舞伎のミニミュージアムになっています。

この日、おじゃましたのはこの北座ビル。


P1140313

このように南座を少し見下ろすように見ることができる場所です。
南座はいつもまねきを下から見上げるばかりですので、これはめったに見られないアングルですよね。


「よき室礼の中で、よき和菓子を」のコンセプトで長年続けられている京都・和菓子の会、いつも楽しみで、皆勤をねらっております。

今回は主催中川様の体調のこともあり、こぢんまりと、和菓子もいつもの創作ではなくあるもので、ということだったのですが、ふたを開けてみれば大盛会でした。


P1140312

オープニングはフルート奏者、津田佐代子さんのバッハ・無伴奏フルートのためのパルティータ。

実は津田さん、ここの井筒八橋のお嬢様なんですよ〜。
とてもおきれいな方です。

少し前に、東北の被災した場所を巡る演奏会をされたそうですが、その時のことを思い出されて胸がつまったようなご様子、演奏されたのは「ふるさと」でした。

そのあとは、歌舞伎の芝居見物にちなんだ幕の内弁当をいただく。
(お食事付きの会は初めてのこころみ)

P1140320
P1140317

それに佐々木酒造さん(「ハンチョウ」の男前の弟さん)がご持参のしぼりたて「古都」を一杯ずつちょうだいしました。
淡麗!lovely

今は寒仕込みの真っ最中でお忙しいとか。

先ほどの津田さんのお父上、井筒八つ橋の社長さんがおいでになって、八つ橋の起源や歴史、進化について熱く語られました。
京土産と言えば定番中の定番、八つ橋について、実は知っているようで全然知らなかったのですね。
おおいに勉強になりましたわ。

たとえば、「八つ橋」の名前の由来が、「伊勢物語にでてくる三河国八ツ橋の故事」という説と八橋検校の名に由来する説とがあって、井筒は後者説のため、八つ橋の缶にに描かれているのは琴。
そういえば聖護院八つ橋の缶はかきつばたと八つ橋で、こちらは三河説なんですね。

いつもなら、お店では売られていない創作和菓子を賞味するのですが、今回は創作ではない分、たっぷりとめしあがれ、ということでこんなにたくさん!

P1140323

すべて井筒八つ橋さんのもの。
特に右端の板状のお菓子は益壽糖というもので、蜂蜜、和三盆、八種の漢方をねりこんだという滋養菓子。
不思議なお味でしたよ。

さらに、、、


P1140324

太っ腹な井筒の社長さん、みなさまにこんなお持ち帰りのお菓子を大盤振る舞いしてくださりました。

これは南座の売店で購入できる、生八つ橋に小倉あんを包んで編笠模様に仕立てた銘菓「夕霧」ではありませんか。
近松が坂田藤十郎のために書いた「廓文章」にでてくる夕霧太夫が名前の由来。
編笠は太夫の恋人、藤屋伊左衛門のもつ笠をかたどったもの。
昭和22年に歌舞伎にちなんだお菓子を、と五代目さんが考案された物とか。

年末なので、楽しみの恒例の福引き。
それぞれの福が当たり、みなさま、ほっこり幸せな気分でおひらきです。


さて、せっかくですから、私はちょっと祗園〜門前町あたりを少しお散歩して帰ります。

P1140306


祗園のお店には早くも「福玉」がならんでいます。
舞妓さんが年末にお世話になったお茶屋をまわるときに、ご贔屓さんやお茶屋さんからもらうもので、なかには干支の人形など、縁起物がはいっているそうです。
除夜の鐘をきいてからあけるのが習わしとか。
一つ自分用に買ってみる?


P1140304
新橋通り。
この先にはかの有名な祗園と言えば、ここ、の辰巳稲荷があります。


P1140328

そして古美術、骨董のお店が軒をつらねる古門前、新門前通り。
ちょっと敷居が高いお店ばかりなんですけれどね。

P1140334

こちらはお香屋さんですが、良い雰囲気の建物です。


P1140331

鬼瓦や鍾馗さんをあつかっている瓦屋さんもあります。

P1140333
こんなりっぱなお家も。
観世流シテ方の名門、片山家。
当代(今年、九郎右衛門を襲名)は今の井上八千代さんの弟さんにあたります。

P1140332

草木染で有名な染司よしおかさん。

よしおかさんといえば、私は奈良東大寺・お水取りの「糊こぼし(修二会につかわれる和紙の椿)」のための、古代の染色技法で染めた和紙を毎年奉納されている、、、ということをすぐ思い浮かべます。


お店にディスプレーされたとりどりの透き通る絹のストールは、どれもやさしくてきれいな色。
みんなほしいなあ、、、というわけにもいかないので、この1枚を選びました。


P1140338

羽根のように軽くて、あたたかい。
刈安(青茅)と藍で染めたもの。

それから、、、

P1140340

吉岡さんのこちらの本。
「源氏物語」に沿って、吉岡さんが染めた襲の色が、見ているだけでも美しくため息もののうえ、各帖のダイジェストも読めるのです。

本屋でみるたびに買おうかどうしようか迷っていたのですが、


P1140341

吉岡さんのサインがあったので、即買っちゃいました。
(けっこうミーハーcoldsweats01


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349039/27558555

京都和菓子の会〜師走の京菓子の調べを参照しているブログ:

コメント

 ほんまに、粋な御髪どしたえーscissors
それに・・・・ひょっとしてお召しもんも、昼、夜で着替えて来はったんでわ?
まー、なんと!!
 ひとつも、時間を無駄にせんと、よー動かはること、いつも感心してしまいますわ!
 今日、花咲なんか、ずーっとおざぶ暖めてましたわcoldsweats01

花咲おばさん様

この頃髪が少なくなって、にあう髪型がなかなか、、と思っていましたが、あの髪型なら80才くらいまでいけそうでしょ。やみつきになりそうですわ。
はい、お昼にお召し替えを。(わ〜、貴族的〜bleah
って、こういうふうに機会をつくらないと、茶会で着る色無地以外の着物に袖を通す機会がなかなかないので。

おつかれさんでしたdash
楽しんでいただけて、よかったです。

いえ、わたしはほんまに小ぢんまりとする
つもりやったんですよ、ちんまりと。
ただ、暴走するおヒトが約1名おりまして。
ま、病気みたいなもんですわ、病み上がりやのに(笑)

あまね様

ご苦労様でした。
今回はお手伝いせんとお客さんでスミマセン。
場所もいつもとちょっとちがって、ご飯も出て、新鮮な和菓子の会でした。
本格御復帰の来年は、またまたすごいところになりそうですね。
とっても楽しみ。
まあ、病み上がりとご本人が自覚されていないほど、お元気、ということでしょうねcoldsweats01相棒としては、ご心配がたえませんねえ。

 綺麗です、御髪heart04
 こんな風に出来るなんてすごいですね。

 つい最近テンプレートを変更されたと思ったのに、今日拝見しびっくりしました。

 しぇるさんの記事は相変わらず凄い多岐にわたるっていうか、わたしみたいな人間までもがみたくなる内容ですごいですね。
 本当はすごい有名な人なんだろうか…なんか考えた今日です。

ちょきた様

このごろすっかり髪の方もさびしくなってたんですが、逆毛たてまくりでこんなになるんですね。私もびっくり。
前回のテンプは写真を見せたいが為、大きくしたのですが、大きすぎて記事が読みづらいのでまたかえました。まあ、既製のテンプはいまいちですが。

>すごい有名な人

いえ〜coldsweats01
全然普通の市井人です。
総方向にブログ展開してますが、これといった決まったテーマがないのはまずいですかね。despair

コメントを投稿