フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 年の瀬・伏見稲荷 | メイン | 師走2011・京都 »

2011年12月30日 (金)

点邑

年もおしつまってお料理屋さんも次々と正月休みに入る中、旅館関係はさすがに年末年始も営業中。
なので、かの俵屋旅館さんプロデュースの天ぷらのお店、点邑さんへ。


P1140572

俵屋旅館のおいしい天ぷらを外で食べたいというお客様のリクエストに応えて作られたお店だとか。

中はカウンターのみで天ぷらを揚げている様子を見ながら食事ができます。

この歳になるともう揚げ物はどうも、、、、と思っていたのですが、目の前で少量の食材をからっと揚げてくれるそれは全然しつこさがなく、どれも1〜2口で完食してしまいます。

どうして家ではこんなふうに揚げられないかな〜?

P1140575

鳩の箸置き。heart01

こちらで出される食器類もほとんど俵屋プロデュース。

(実際俵屋旅館で使われているもので、近くの俵屋グッズのお店、ギャラリー遊形でもとめることができます。)


P1140577

この冷酒をいれるピッチャーもね。


さて、お料理は胡麻豆腐の先付けからはじまって、とろけそうなトロのお刺身、そして、、、、

P1140578

これがコースの中で一番だった海老芋の揚げた物にたっぷりの葛あんをかけたもの。

海老芋っていもぼうしか知らんかった。
こんな風にあげるとねっとりでおいしいのね。
さらにこれぞ京風、というお出汁のきいた葛あん。

ご一緒したのが東の方出身の方でしたので、「これが京都のおだしかあ、、、」と感動されていました。
(そうよ、お出汁は真っ黒じゃないのよsmile


P1140579

天ぷらにつける山椒と塩の器は、、、、村田森さんのだわ。lovely


P1140580

まずは海老の頭。
ぱりぱりさっくり。
身の方はあとからちゃんと出てくる、という演出。

天ぷらはそのあと小玉葱、生麩、キスの紫蘇葉巻き、肉厚の椎茸、ちょっともたれそうになったころに、ほろっと苦い蕗の薹の芽は一服の清涼剤。
さすがのコース組ですわ。

P1140584

もちもちとおいしかったのは、お正月も近いということでクワイのすり下ろしたものを揚げたこちら。
真ん中にちゃんとクワイの芽もついています。


P1140585

天ぷらの最後はハモ。
中骨も全然かたくなくてかりっと揚げてありました。


シメは天丼、天茶、白米から選べるとのことでしたが、天茶って何??
というわけでそれをチョイス。

P1140586

ほ〜!
ようするに天ぷらをのっけたお茶漬けなのね。

しかも上等の煎茶ですよ、これは。
これがあっさりして思った以上においしかったです。
こんな天ぷらの食べ方もあるんだわ。
目からウロコ。


P1140587

デザートは洋梨のジュレ。

結局天ぷらなのにぜんぜんしつこくなくて、コース終了時にはむしろ胃袋はさっぱりしたもんでした。


P1140588


寒さもこの日はやわらいでいたので、ほろ酔い気分を楽しみたくて家までぶらぶら歩いて帰りました。
そんな距離に良いお店がたくさんあるのが、コンパクトな京都のありがたさ。


さあ、新しい年まであとわずかですね。


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349039/27679803

点邑を参照しているブログ:

コメント

点邑 一度は行ってみたいと思っていますが 京都と言えば割烹に引っ張られてまだ行っていません。
画面の前で「美味しそう!」とため息をついています。

ひいらぎ様

こちらはランチでも気軽に使えそうですよ。
例のあそこの天丼がおすきなひいらぎ様なら、ぜったいお気に召すと思いますよ〜。

コメントを投稿