フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 1)油小路を行く 2)一条通りを行く | メイン | 秋の奈良散歩・2011 »

2011年11月 8日 (火)

炉開きのころ雑感

玄猪の亥の子餅をあちこちでいただく季節になりました。


P1130922

お稽古場ではお餅入りぜんざいをいただき、半年ぶりの炉でお稽古です。

いきなり向切の炭点前、といわれてうろたえましたがcoldsweats01

向切では炉でも風炉と同じ右羽を使い、炭斗の炭の入れ方が逆勝手のように普段と鏡面になります。
羽も火箸もまずは左手でとって、右へ渡す、、、、などなどややこしさ満載の炭点前ですわ。

P1130918
弘道館の月釜も今月は開炉で、おぜんざいがでました。
黒文字に杉箸をそえて。
この蒔絵のお盆が、またlovely

かの一休禅師が、大徳寺の住職からお餅の入った小豆汁をごちそうになり、「善哉此汁(よきかなこのしる)」とおっしゃったことがぜんざいという名前のはじまりとか。
その一休禅師が圜悟克勤の墨蹟を与えたのが村田珠光であり、その侘茶の流れをくむのが利休なので、開炉にはその伝統もふまえてぜんざいをいただくのだとかなんとか、、、(まあ、諸説あるのでしょうが)


P1130925

こちらは弘道館の露地にあった、アヴァンギャルドな関守石coldsweats02

P1130501

さて、わが家の茶室のこの畳。

P1130929

(1年ねかせておいた、、、というか昨年は茶室を使うゆとりがなかった)炉の畳にかえました!

ダンナに手伝わして。

畳、、、メチャクチャ重い!!
狭いスペースに風炉畳をしまいこむのが重労働で、あやうく重い畳の下敷きになって死にそうな目にあいました。
(もっと年とったらどうしたらいいのかしら、、、coldsweats02

しかし、やっと炉に灰をいれることができそうです。

P1130902
こちらは露地の石蕗(つわぶき)


ここ一月は茶の湯に関わる場所にいくことが多かったのですが、気になったことを一つ。
(これは自分へのいましめもこめて、ですが)
どこの場所に行っても、初心者や素人とみるとおしつけがましく「指導」する人がかならずお一人はいること。

所作がちがっていても、流儀がちがうかもしれないし、もしかしたらその方よりももっと経験の深いお茶人さんかもしれないのに、エラソウに指導するなんて恐い物知らずだわ、、、と思ってしまいます。
初心者が立ち往生していたら小声でアドバイスするくらいならしますけれど。
お点前の所作云々よりも、茶人としての心構えを肝に銘じることが先なのではないでしょうか。
(すんません、かくいう私もエラソウに言ってますね)


P1130937

  cat「なんか、うち枕になってる?」

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349039/27411211

炉開きのころ雑感を参照しているブログ:

コメント

いい庭ですねえ。苔もツワブキも美しい!。
畳は重いですよね。京都お茶暮らしがしっくりいきますね。
いつの日か伺うのを楽しみにしています。

ひいらぎ様

きちんとお招きできるように精進いたします。coldsweats01
もっと茶会、茶事をやりたいのですがねえ、、、
畳があんなに重いとは、、、畳屋さんってすごいのね。

ほんま、苔が綺麗に育っていいお庭! 垣の向こうに見えてるのがお茶室ですね。なんて素敵なんでしょうlovely

連れ合いを美味しいランチで釣って行ったある茶会で、<初心者や素人とみると…「指導」する人…>、に遭遇sweat01 私も隣で気を配っていたのですがあれこれ言われ…むくれてpig 
下座から男性にあれこれ言ったり、お正客がちゃんとしてらっしゃるのに「もう一度ざっと説明して下さい!」、なんて叫ぶ方だったので、”あれは恥ずかしい”、としばらくネタにしてました。
ただ、ちょっと作法を覚えようかな?、と思ったようではありますbleah

ぴお様

よいですね〜、ご主人とお茶会だなんて。
うちはまだ全然その気になってくれなくて、気楽な大寄せだから、、といっても完全拒否されますcoldsweats01
大寄せでは、生半可におできになるかたが、ついうれしくて(?)他人にあれこれ言う、という場面によく出会います。見ていて感じの良いものではありませんが、自分も時にそうなっていないか、自省しないといけないな、、、とも思いました。

あきまへん、あのお写真は。すぐに小豆を
炊いてしまいました。
これから寒い日に、おうどんの写真なんか
載せたらあきまへん。

Mariko Ishii様

ご覧になってすぐに、作ることができるなんてすばらしいわ。
(私、豆系の料理が全然ダメで、、、)
さぞやおいしかったことでしょう。
うちの近くにはおうどんのおいしいお店がぜいたくなことに3軒もあるんです。
ごっつう寒い日にアップしましょうかねえsmile

善哉此汁・・・なるほど~~!
お汁粉より・・やっぱり「お善哉」です!(あ・・そういうことではありませんね・・・苦笑

シェルちゃんもプリちゃんも・・・そろそろくっつきたくなってきましたネ!
ついこの間、ももがなんと2時間ちかくも私のそばから離れませんでしたの・・・最高記録達成!
シェルちゃんもプリちゃん!いつも何時間も一緒にいられていいね~~♪あら!マットは・・・ホット?カーぺ???ですか?笑
ああ・・うちなんか・・・ももは買ってもらえませんよ・・くく。
お庭の緑が美しいですね。つわぶきって、こんなに綺麗に咲くのですね!


nnya様

あら〜coldsweats02ももちゃんはホットカーペットなしなんですか?
鍛えられていますね〜。
うちの子たちはあまやかしすぎかも〜。
カーペット、45cm四方のだとどちらかがはみでてけんかになるので、60cm四方のをさがしてやっとゲットしたのです。
わが家ではお猫様の防寒対策がなによりも優先されるんです。coldsweats01

口切の季節、おぜんざいや猪子餅、銀杏餅など
の季節ですね~~。懐炉の季節これからが楽しみ
でもあります。

nageire様

今月は参加予定のお茶事、お茶会がたくさん。
京都に住むようになって、さらにその機会が増えました。
1日にぜんざいの連チャンをしたときはさすがに胸焼けしましたが。

ご無沙汰しています。向切の炭点前、うちは小間が向切なので嫌でも覚えないとあきませんが、確かに面倒ですね。
畳、重いでしょう・・・藁床の京畳は一人では男でも厳しいです。うちは炉畳だけスチロール床のスタイロ畳にしています。

へちかん様

小間の点前のこまかいところは本ではよくわからず、自分とこの茶室でもいいかげんにやってしまっています。小間の点前だけの成書がでないものかな、と思っています。
そうそう、うちの先生にもスタイロ畳をすすめられました。そんなことは事前には考えもしませんでしたwobbly

コメントを投稿