フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 炉開きのころ雑感 | メイン | 光悦会 »

2011年11月11日 (金)

秋の奈良散歩・2011

今日はちょっと長いわよ。
途中で飽きた、、、なんていわないで最後まで読んでね。

P1130990

色づく奈良公園のよこを通って、まずめざすは奈良国立博物館、正倉院展

P1130997


雨だし、平日だし、これなら楽勝、、、、

と、思ったのは大きなマチガイ。

P1130994

入館するにも行列が。

入館後もいつもこんなに混んでいたかなあ、、、と思うくらいの混み具合で、展示物を最前列で見ようとおもったらまた並ばないといけないのです。
すごい人気だ、正倉院展。

今回のテーマは染色、織り、香かな。

かの有名な蘭奢待もでていたし、これは以前見たっけ。
いや、NHKの今年の大河でトヨエツ(織田信長)が切り取ってた場面を見ただけか、、?coldsweats01

一番印象に残ったのは七条織成樹皮色袈裟。
聖武天皇遺愛の袈裟で、綴れ織りに似た技法で織られたもので、印象派の絵のような見事なもの。
なんといっても話題は今年完成したこの袈裟の模造品が同時に展示されていること。

皇后陛下がお育てになった小石丸繭をいただき製糸して、龍村織物が織った物。
これがまた美しい織物で、これを見たあと再び本物をみると、最初気づかなかった縁の布の織模様まで見えて、さらに感動します。

いつも正倉院展にくるたびに思うのです。あらゆる工芸品の意匠は正倉院の時代にすべて完成していて、そのあとの時代のものはそのヴァリエーションにすぎないのではないかと。

人の多さにややストレスを感じたので、博物館内のこちらでお茶を一服いただく。


P1130995

興福寺の庭園から移築された織部好みの茶室、八窓庵をのぞみながら。


P1130996

薯蕷も正倉院御物によく見られる意匠の花喰い鳥。

P1130998

博物館を辞したあとは細い小路を北へ。

P1130999

大和路の秋はほどよく色づいています。
P1140039


P1140003


意外とみなさん、ご存じない穴場、依水園
国の名勝指定を受けている4000坪もある宏大な庭園なんです。

P1140004

数年前に来たときは大雪の日で、あちこち閉鎖になり、枯木ばかりだったのですが、良い季節にやっと来ることができました。

P1140010_2

依水園、実は二つの時代の違う庭園からなっているのです。
こちらは17世紀に奈良晒業者がつくった別邸の前園。
もうひとつの後園は明治になって、これもまた奈良晒の業者が、裏千家十二代又妙斎に依頼し作庭させた庭。

P1140012

これがその又妙斎がつくった茶室、清秀庵。
裏千家の又隠写しの四畳半、洞庫付き。
床には楊枝柱。

P1140017

茶室回りも数寄屋ですなあ。
P1140038

坪庭の宇宙。


P1140019

わお〜!
すてきな蹲居!
こうなるまでに何年かかったのでしょう。

P1140022

茅葺きの建物をめぐると、、、
これが見事な若草山と東大寺南大門まで借景にした眺望です。
東山、永観堂の多宝塔を借景にした野村碧雲荘を思い出します。

P1140026

茶室かな、と思いましたがどうやらこれはこの眺望を楽しむための四阿のようです。

この庭にはこんなものまで。

P1140029
P1140030

ドウダンツツジの紅葉グラデーション(=繧繝:うんげん→先ほど正倉院展で学んだ)

P1140033

これってタイサンボクの実?


P1140036

こちらは氷心亭。
床の間は桂離宮写し、新薬師寺の古材などをふんだんに使った造りだそうで、こちらでは若草山の借景をみながらお茶がいただけます。


P1140037

こちらの蹲居は菊・桐。
高台寺と関係があるのかな?

依水園ですっかりリフレッシュしたあとは、ちょっと虫養いをいただきにこちらへ。

P1140045

ここは東大寺戒壇院の近く。
二月堂の裏参道をいくとここに出ます。

工場跡のカフェ「工場跡」。
P1140047

大正時代に建てられた乳酸菌飲料の工場をリノベーションしたカフェ。


P1140048
奥の方に見える機械が工場だった頃のなごりでしょうか。

P1140049
P1140050

カフェスペースは事務所だったところだそうですよ。

P1140053

こんな窓際の長いテーブルがとてもステキ。

P1140054

コロッケバーガー。
パンの右下の鹿の焼き印に注目!


P1140056

イベントスペースには、工場でつかわれたであろう実験瓶なども飾られています。

こちらで少しお腹をみたしたあとはそのまま東大寺へ。

P1140057

大仏殿の前ではこんな方もお休み中。

P1140059

この秋グランドオープンした東大寺ミュージアム。


P1140060
今ここには改修中の法華堂(三月堂)の本尊不空羂索観音立像と日光・月光両菩薩像が仮住まいされているはず。
やはり日光・月光はあの薄暗いお堂でみたいものなあ。


東大寺から南下して高畑へ。
いつもの奈良散歩のときのお約束、あーとさろん宮崎へ。


P1140062

こちらはいつ来てもおちつきます。
ギャラリーだけれど、とてもおいしい珈琲がいただけるので。


P1140063

こちらでは「くら田たまえ百福展」開催中。

20111106_1622183

くら田たまえさんのちりめん人形はとても魅力的で幻想的なんですが、今回のお福さんは陶製。
だからお値段もぐっとお手頃。

100体あったのですがその時既に92体売約済み!

一番ひかれたのは、頭の上にお正月のお鏡餅をのせてるお福さん。
おもしろすぎる!自然と笑えてくる。
あ、当然売約済み。

でもお正月にこれ、飾ったらもうお鏡なんかいらないくらいにおめでたそうですね。

で、かろうじて売れ残ったこのお福さん、残り福としていただいて帰りました。
手のひらにかるくのるサイズなんですよ。


P1010934

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349039/27432113

秋の奈良散歩・2011を参照しているブログ:

コメント

奈良を楽しまれたのですね~~~
やはり京都とは少し違う空気感ですね。
少し鄙びた雅さを感じます。
良きお時間を過ごされたようですね。

nageire様

京都と奈良は同じ古都でありながら、雰囲気がかなり違います。
どちらがいい、というのでなく、どちらも大好きですわ。
この両都がお互いに近くてとってもうれしい!

カフェ素敵ですね、鹿の焼き印だなんで凝っている~。

そういえば、もうほとんどなくなってしまっただけど、四日市は昔焼き物が盛んだったので、子供のとき近所はどこを見ても工場ばっかりでした。
 広くて独特な間取り?の工場は夢があったので(と感じたので)、もしかして自分が知らないだけで本質は工場萌えかもしれないです。
 今でも実家向かいの建物は焼き物工場…の前はビリヤード場?でした。

やっぱり京都はそこらじゅうがトイムトリップしたみたいな場所が多いんですね

正倉院展もやっぱりすごい人やったんですね・・・

工場跡のカフェ、いい感じです。
行きたいところがどんどん増えていく~。

お福さん、とってもいい味ですね。
お店に飾りたいわ~。福がいっぱいやって来そう。

ちょきた様

木造の古い工場って、天井が高くて広くて、、、というのが魅力のポイントです。西陣の織屋建ての町家(織屋さんだから工場といえなくもない)なんかも天井が高いのがいいのです。
木造以外の工場には萌えませんが。coldsweats01
とにかく壊されずに残ったことがうれしいです。

夢風庵様

京都のハイシーズンに比べると、奈良はどこかのんびりしていて良いのですが、正倉院展だけはすごかった!
しかも「正倉院ってなに?」ってやからまで来てるし。
工場跡、おすすめですよ。このあとカナカナさんという町家のレストランでカナカナご飯も食べちゃいました。

コメントを投稿