フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 開炉だけれどまだまだ風炉の灰型 | メイン | 蘭陵王の帯 »

2011年11月24日 (木)

大原の里 2011秋

昨年の写真を見ていると、今年の紅葉にはやや不満を感じます。

鴨川べりでは桜や銀杏はきれいに色づいていますが、楓はいまいちですねえ。
わが家の楓もまだ緑色だし。

そこで北の方へ行けば、、、と大原まで。


P1010950

大原の里。
手前は大根畑。
向こうの山も紅葉は始まっていますが、もうひとつ、、、
この生暖かい11月では、きれいな色がでないのでしょう。

P1010959

ご覧のように、むこうは比較的きれいに紅葉していますが、手前の楓は緑のまま。


P1010966

それでも大原は、(同じ左京区なのに!)自然がたっぷりで、洛中を歩くのとはまた別の楽しみ方がありますね。


P1010976

額縁庭園が有名な大原の宝泉院。
そこの入り口に飾られていた烏瓜。
華やいだ色ながら、どことなく侘びた雰囲気もあって、この季節、好きな植物です。


P1010979

P1010983

その額縁庭園。
建物の柱と柱の間を額縁に見立てて見ると美しい庭。
手前左の楓が鮮やかに紅葉していたら、、、、と思うと少し残念。
P1010985

樹齢700年の五葉松。(国の天然記念物)
ここでお抹茶を一服いただきながらしばしぼ〜っとすごす。
(ただし、人が多いため、あまりまったりしすぎていると後ろの人の視線が痛い)

P1010989

バスでこそ、市内から30分ほどで行けますが、かつては人は大原まで歩いて行き来したわけで、山道ではあるし、それはどんなに長い道のりだったのでしょうか。
都からは遠く離れて、、、という感覚だったでしょうし、都を思えばうら寂しい場所だったでしょう。
それを慰めるのに足る景色ではありますな。

P1010990


P1010997
こちらは法然上人の大原問答で有名な勝林院。
先ほどの宝泉院もこの勝林院の僧坊でしたが、もうひとつの僧坊、実光院へ。


P1010999

こちらの僧坊の植栽はそれは見事です。
ぱっと見には地味ですが、庭いじりをしたことがある者なら、あちこちに手間をかけているな、とわかります。


P1020001

黄色のヤブコウジセンリョウ。
今年うちのは実らなかったなあ。

足元の根締めの緑の植栽と思ったら、、、、


P1020002

中に赤い実をこっそりしのばせているんです。
(名前不明)→これがヤブコウジ。(Ishii様、まいどありがと!)

ここではお庭へ出て、歩いて見て回ることができます。

P1020006

池の端にひっそりと咲いていた大文字草。
うっかり見落とすところでした。


P1020007

紅葉のブレスレット。


P1020008

風のかけたるしがらみは、、、、


P1020011

大原の山を借景。
手前は、秋から冬を越えて春まで咲く、というふしぎな桜、「不断桜」。

P1020012

花は小さく、可憐です。


P1020013

柿の木。
後方に腰掛け待合い。
この庭園は江戸時代後期の作庭だそうですが、昭和のごく最近につくられたお茶室もあります。

P1020015

理覚庵というお茶室は四畳半。

P1020019
P1020020

サビの出た土壁が印象的。
書院に銅鑼がかかっているのがいいですね。(←最近銅鑼をお茶事用に購入した)


P1020014
P1020023

昨年にくらべて、なんのかんのと言いながら、それなりに紅葉を楽しんだ大原の里でありました。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349039/27494507

大原の里 2011秋を参照しているブログ:

コメント

あれー。
私も22日に同じ処へ出掛けて来ました。
マイミククキングパパさんとあふみさんとでミニオフ会を。
実行院は中学の恩師のお宅で何年か前に出掛けた事が有るのですよ。


実が黄色いのはセンリョウの黄色種で、足元の赤い実のがヤブコウジだと思います。ヤブコウジにはジュウリョウの別名があります。昔我が家の森にはヤブコウジの自生種があってさくらんぼと呼んでいました。

私は横浜からおいでの友達と八瀬の寺に参りました。
一カ所はまったりとした時間が楽しめましたが もう一つはこの行列は何?という寺でした。こちらは早々に失礼しました。
今年の京都の紅葉は今 一つですね。

京都のお寺の中で、一番好きなのが勝林院です。
威風堂々としていて、これぞお寺!といった感じが好きなんです。
勝林院の飾り気のない本堂を彩る紅葉は素敵です。
今年はどこもあまり綺麗な紅葉を見ることができなくて残念ですね。
でも、やっぱり紅葉は紅葉です(*^_^*)

凡蔵母さん様

1日ちがいでした。
この季節、大原の紅葉は、、、とみんな気になるのでしょう。
実光院が恩師のお宅とは!
うらやましい人脈です。あそこのお庭を見て、お気に入りの場所になりました。
ねがわくば、もう少し人が少なかったら、、、。
団体さんが次から次でえらいことになっていましたね。

Mariko Ishii様

毎度毎度、ありがとうございます。
実は今度もこっそり期待しておりました。
浅学にてヤブコウジがあれだったとは知りませんでした。
千両、万両、、、、で十両。なるほど。
でもそのそこはかとないつつましさがすっかり気に入ってしまいました。
どこかに植えようかなあ。

ひいらぎ様

瑠璃光院にも行きたかったのですが、帰りのバスがぎゅうぎゅうで途中下車もままなりませんでした。
団体さんが多かったのですが、大原自体は広いので、清水あたりよりはずいぶんまし、といったところでしょうか。
この調子で12月にはちゃんと紅葉するのか、紅葉しないまま枯れて落葉するのか、気がかりですねえ。

こまち様

ついの住み家を京都にするまで、あちこちの都市に住みましたが、こんな年でさえ、京都ほど紅葉の美しいところはないと、思います。
盆地の湿度が紅葉にちょうどよいという説もあります。
こまち様のお好きな勝林院、三千院の方から歩いて行くと、遠景に見える壮大な屋根は迫力がありますね。

大原の景色、風情、素敵ですね。いいお写真ばかりで、行きたくなりますが今年はもう無理かも。。

私は今年は市内の紅葉があまり遅いので、じれて今週は珍しく神護寺のあたりまでいってきました。でも西明寺のほうが静かでゆっくり紅葉を味わうことができました。

kiremimi様

高雄の方は紅葉はいかがでしたか。
まだ緑のころに栂尾へは行きましたが、どうもハイシーズンは人混みがこわくて行けません。
もしかしてこのままだと、見頃が年明けになったりして、、、

ヤブコウジ可愛いですよね。森で赤い実をみつけると
ハッとします。
どうぞ浅学などとおっしゃらないで下さい。
しぇる様から課題を頂いて答える、
これは楽しいゲームですから。
私も二人の友達にいつも問題を出して
答えをもらっています。
これからのテーマは、ヤブコウジほか故郷の在来の植物を
採取してふやす植物ばあさんになることなんです。

Mariko Ishii様

楽しいゲーム、、、いや、そう言っていただけるとうれしいです。happy01
ランドスケープデザインを学ばれる前から、植栽の知識はたくさんお持ちだったのですね。
体力の限界でウィークエンドガーデナーは返上した私ですが、いまでもこういうお庭や、ヤブコウジみたいな可愛い実をみると、思わず血が騒ぎます。

これからもまた植物の方はよろしくお願いしま〜すwink

コメントを投稿