フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 岡崎あたり〜好日居でf/style展 | メイン | 細川家の至宝・珠玉の永青文庫コレクション〜京都国立博物館 »

2011年10月11日 (火)

粟田神社大祭

P1130272

え〜っと、タイトルは粟田神社ですが、これはうちが氏子であるところの岡崎神社です。

こちらの大祭は来週、よって御献酒に。

P1130310

岡崎神社の人気のウサギみくじです。
今年は卯年だったので、お正月はそらもうエライ行列で、、、。

今は来週のこども神輿の準備やら。
よくみるとこのおみくじ、白とピンクのとでは微妙に耳の角度がちがうんですね。

さて、粟田神社はおとなりの氏神様なんで、浮気、、、ってわけじゃないんですが、こちら今年の春初めてお参りしてから気に入ってしまって。

7月にはこちらの境内の納涼ビアガーデンにもお邪魔しちゃったし。

P1130346

夜渡神事は、風邪ひきゆえさすがに自粛しましたが(来年の課題)、神幸祭は見なくちゃ。


P1130312

うちの町内をちょっと南下するとそこはもう粟田神社氏子ワールド。


P1130314

おお、やってきました。
神輿の先触れ、剣鉾の行列が。


P1130319

狭い露地は電線がいっぱいで、剣鉾は電線のないところでだけ立ちます。


P1130323

立ったり寝かしたりが大変な重労働です。
でも年配の氏子さん、がんばってはりますね。

P1130328

寝かすとこんな感じですが、鉾につけられた小さな鐘が立つとりんりんと良い音をたてて、まさに悪霊を祓ってくれそうな感じです。
この剣鉾は祗園御霊会(いわゆる祇園祭)の原型ともいわれているのですが、一時鉾差しがとだえていたのを、平成になってから、氏子連の努力で復活させたそうです。

P1130329

更に京都造形芸術大学共催で復活した大燈呂、ねぶたのミニ版というところでしょうか。


P1130333

今年は8基でます。
夜渡神事ではこれに灯りがはいるのできれいだろうなあ。(再び来年の課題)


P1130338

神宮道〜三条にかけて、あちこちに鉾の居祭所(鉾が飾られている)があるのにおどろきました。
いつも見慣れた風景がまた違って見えます。
さすが京都、奥が深い。

P1130340

白川を南下。
タクシーが数珠つなぎでえらいことに。
ここも行列は通るはず。


P1130342

白川沿いのダンナご愛用のお店の三毛ちゃん。
かわいいheart01

P1130350

知恩院前から青蓮院の方向へ。
あ、剣鉾にまた出会いました。


P1130352

ここもねかしたり立たしたり、たいへん。

P1130356

少々だれてきたちびっ子たち。
がんばれ〜!


P1130358

お、ヤマタノオロチの大燈呂が難儀してます。


P1130360

青蓮院の大楠、こえられるでしょうか?


P1130361

大遠忌の法然上人の首、動くんです。

P1130364

子狐をくわえた合槌稲荷(粟田神社一の鳥居の北向かい)さん。
これが一番らぶり〜。


P1130366

さあ、いよいよ青蓮院の坂を登ってくる神輿。


P1130369

ほいっとほいっと!
祇園祭にもまけない男達の熱気ムンムン。

このあと青蓮院の四脚門から入御してお祓いをうけるのですが、それは見損ねたの。
情報不足で。(これまた来年の課題)


P1130371

こうして氏子町内が祭一色。
お祭り好きの私には京都ってやっぱりすばらしい!


P1130375

粟田神社一の鳥居にもどってみると、こちらをまわっていた剣鉾行列にまた会いました。
この鳥居のお向かい、ここもある意味有名な、、、、

P1130372

お肉の荒井亭。
家族でやってはるんですが、おじいちゃんがええ味出してます。
そして、注文をきいてからあげてくれる名物コロッケ!

P1130378

アツアツをいただく。
スパイシ〜!

ちなみにバックの赤いのは合槌稲荷さんの鳥居です。
荒井さんはこのほんちかく。

さて、来週は岡崎神社のお祭り。
粟田神社大祭にくらべるとこぢんまりしてると思うけれど、お祭りはやっぱり好きだし。

P1130381

しっかり「御神酒札」はらしてもらいますっ!

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349039/27255739

粟田神社大祭を参照しているブログ:

コメント

すごいですねえ。
私も別のブログで粟田神社の祭りを知りました。
いつか行ってみたいと思います。
週末は町のあちこちで祭りでしたね。

ひいらぎ様

私が京都に以前住んでいた頃はじみ〜なお祭りだったようです。
ここまで復活させて盛り上げた氏子さんたちの情熱と団結力はすごいですね。
そういえばほとんどのお家に「御献酒 粟田神社」の札がはってありましたわ。

 秋祭り、あちこちで行われてますねぇ。
花咲の辺りは、6月の県祭り以外、祭りらしい祭りはありません。
町衆の心意気が違うのかしらねぇ~sign02近くに神社はあるんですけどね・・

 それにしても、体調万全でない中、やっぱりしぇるさん。「止まったら死ぬ!」って感じですかwink

10/10我が故郷へ私も行きました。約20年ぶりの祭りの日 同級生にも会いました。

花咲おばさん様

>「止まったら死ぬ!」、、

なんかそんな魚がいましたねえ。(マグロ?)coldsweats01
でも、今回は近場ですので、大丈夫でしたよ。
早くちょびっと遠出をする元気をとりもどさなくては。

まあ、市内はそこここに神社がありますからお祭りもそれに比例して多いのでしょう。しかも昔っからそこに住んでおられる人も多いので、受け継がれていくんでしょうね。

うっちー2様

、、といえば、粟田っ子ですよね。
行かれましたか、神幸祭。
よい氏子町内ですね。
カメラ片手にみていると、そこここで地元のお年寄りに「東京からきなさったん?」と聞かれたのはなぜ?
(やっぱりまだ京都になじんでないようですわねcoldsweats01

実は私も今年粟田祭に行きました~。
泊まったホテルでもらった読売新聞の夕刊に粟田神社の記事が載ってたので。
ちょうど石段の下あたりで行列が降りてくるのを見てました。さすがに時間が許さなかったので、おみこしが降りてきたところで撤収となってしまい、鉾が立つのは見られませんでした。今度はもうちょっと粘って、青蓮院さんの門が開くまで見てみたいものです。
いつも何か次回の課題ができてしまうので、京都通いはやめられないですね。

やへ様も

粟田神社大祭におでかけでしたか。
意外とメジャーな祭なん?
こういう地元密着のお祭りって好きです。自分が根無し草的に(五木寛之ふうにいうとデラシネ〜happy02)生きているので、根っからの地元っ子、地元の祭をこどもの頃から知っている、、というのに憧れるんです。
京都ってそういう人が多いような気がします。
来年は青蓮院前でお会いしましょう!

 素敵~!
 そういえば、ここらも先週子供神輿が回ってきました。
 なまじ自分が辛い?思いで経験してきたので、あんまり楽しい思い出はありません。衰退した祭りや神輿って…大変なんです…。

 何だか物語みたいでミニねぶた夢がありますね。
 夏のビックなのは、さすがに引く勢いというか壮絶でしたもん。

ちょきた様

ええ?
なにかお祭りで辛い思いが?
お世話係ひきうけて大変だったとか?
私はこどもの時からお祭り娘だったので、お祭りときくとじっとしていられないんですが、、、coldsweats01
なにかの係になったりすると、たいへんだろうな、とは思いますが。

御祝儀をいただきにあがる役は何度も回ってきました(涙)
ヒトサマにお金を…という行為は非常に消耗しました。wobbly

ちょきた様

そうですね、、、気持ちよくお金払ってくれる人ばかりじゃありませんものね。sadお察しいたします。

コメントを投稿