フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 2011年7月 | メイン | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月30日 (火)

灰型と茶壺飾結び

さてさて、灰型の二文字押し切りもいよいよ一応のおしまい。

あくまで一応。
だって完璧、、、になんてあと10年はできないもの。


P1120839

とりあえず、茶事に使えそうなくらいにできればいいか。

今回新たな灰型作りアイテムに30cmプラスチック定規が加わりました。
エッジを五徳の爪にあわせて直線に切るのに、定規を上からあててみるとどこがゆがんでるかよくわかります。

P1120840

あ〜れ〜、、、
細かいところはスルーですよ、見なかったことにしてね。
時間は確かに短縮しましたけれどね。

P1120841

こちらは上級のひいらぎ様の、向一文字前谷灰。

大風炉に小振りな釜をかけたときに火が見えすぎないようにと考えられた灰型だそうです。
この曲線のエッジがむつかしそ〜coldsweats02

しかし、私が持っている釜は切り掛け風炉なので、丸灰はマスターしないといけないんです。

次回はいよいよ丸灰、五徳なし、曲線エッジに挑戦!です。

P1120842

最後にお楽しみの手作りお菓子をいただき、お茶を点てあって一服。
涼しげな葛のお菓子も、そろそろおしまいでしょうか。

秋の到来とともに、そろそろ茶壺の飾り結びの予習をしておかねば、、、

P1120843

まああと最低10年は口切りの茶事(茶家の正月といわれる11月に、その年の茶壺の口を切り、主客ともども祝う、数ある茶事の中でも、最も格式の高い茶事)なんてできないでしょうから、茶壺はよう買いません。
でも紐はついに買っちゃった!

いままでは真田紐なんかで練習していましたが、どうも長さとか、太さとか感覚が違うので。


この飾り結びはいったん口切りをした壺にほどこすもので、正面は真(両ワナ結び)、上座は行(総角【あげまき】結び)、下座は草(淡路結び)にむすんで床に飾るためのものです。


Td067_2


ちなみに完成品はこんな感じになります。
(あ、私が結んだわけではありません)


P1120845

茶壺のかわりは玄関においてあった備前焼の花器coldsweats01


P1120847

いったん、結び方をおぼえると、真が一番形作りやすい。
紐の配分とか考えなくてよいので。

(、、、、と大口をたたいて、後日お稽古の壺飾付花月の真で立ち往生したのは私です、、、、shock

P1120850

これは行。
壺に紐を掛ける耳(乳)がないので、下で結びました。
これ最後の端っこの長さあわせがとってもむつかしい。
壺によって、淡路の部分の大きさも調整しないといけないし。


P1120849

草。
あはは〜、、、最後がやっぱり、長さあってません。

わらわらよってきているのは、紐をみたら遊ぶ道具と思っている方達。迷惑です!

P1120844

ついでに口紐結びも。

これもけっこう特殊な結び方です。
端っこをもって反時計回りにくるくるまわすと、するっとぬけるような結び方です。


毎年、「これで完璧!」と思うのですが、次の年のシーズンになるとまた0からのスタートになるのはなぜ???


<おまけ1>
南座前の井澤屋さんで買った水色の絽の帯揚げと、夏用の帯締め。


P1120868

着物と帯、帯と帯締め、、、、あんまりあってませんね。
コーディネイトミス!
だって、とにかく締めたかったんだもの。

<おまけ2>

社中をこえて開催されている某・花月の会へ参加させていただいています。

そこで茶歌舞伎之式(花月のひとつで、3種の濃茶を喫して種類をあてる)をされ、そのときの執筆さんの「茶歌舞伎之記」がすばらしく達筆なので、コピーを頂戴いたしました。

P1120871_2

これは一番正解をだした人に与えられる記録なんです。

いやあ、、、自分が執筆(記録係)になったら、すごいカナクギ流なので、だれも欲しがられないんじゃないかと思いますdespairおはずかしい、、、

2011年8月28日 (日)

おぢさんと猫のファンタジー(?)

とある大きな古い京町家におぢさんが猫と暮らしている。
猫は白黒のブチで、おん歳24歳。
人間ならばとうに100歳越え。
P1120851

数年前、おぢさんは奥さんを急な病で亡くした。
奥さんのかわいがっていた猫はしばらく遺影の前をはなれなかった、という。

ある朝、おぢさんの枕元で「おとうさん。」と奥さんの声が。

びっくりしてとびおきてよく見ると、朝ご飯の催促をする猫だった。

歯もいささか抜けて、鳴き声も明瞭ではないので、
またおぢさんの奥さんへの思いからの空耳であろうが、猫も
10年生きると猫又になるというし、もしかしたらうっかり人語を話してしまったのかもしれない。

目も薄く濁って、爪も引っ込めることができす出しっぱなし。
顎の毛がよごれているのも毛づくろいに熱心でなくなったせいだろう。

それでも、風のよく通る町家の通り庭、三和土の上を歩き、バケツにたまった水を飲み、
扇風機がつくる陰の中でまるまったり、時折お客さんがくればチェックにでてくる。

ゆるゆると、残り少ない、いとしい時間を生きている。

おぢさんが外出から帰ってくると玄関にちんまりすわって、きっと「おかえり」と言うにちがいない。

P1120864
え?
24歳?!
じゃあ、14歳のうちはまだ、ぴちぴちやん!

2011年8月26日 (金)

東寺さんの弘法市

  ♪ 姉三六角蛸錦、、、、、十条東寺でとどめさす


の東寺です。

ここの五重塔は新幹線からよく見えるので、学生の頃、実家の岡山からの帰りこれを見ると、ああ、京都へ帰ってきた、、、とおもっていたものです。

P1120800

毎月21日は弘法市がたちます。
やっと日曜日にあたったので、でかけてきました。

P1120807

境内の蓮池には名残の蓮が。

P1120805

蓮の古名「はちす(蓮、蜂巣)」とはよくいったものだと、種をいれた花托を見て思います。

P1120803

あいにくの雨と、でかけるのが昼過ぎと出遅れたため、もう店じまいしているお店も多くて、ちょっと残念。


P1120817

弘法市のはじまりは、弘法大師入寂の旧暦3月21日にちなんで、毎月21日に御影堂で行われる御影供の縁日。
それにあわせて初めは茶屋が、のちにいろんな生活用品を売る店が出だしてかれこれ700年、という実はすごく長い歴史のある市なんですねえ。


P1120810

お天気のよい日などは1000以上のお店がでるそうです。

少しのぞいてみましょう。


P1120815

うわ〜、、、なんだかよくわからないけれど、昭和のにほひがするものがたくさん。

P1120816

こちらは古伊万里や茶道具が。
腰をすえてさがしたら、掘り出し物がけっこうありそう。

P1120808

ここの市はとにかく着物関係のお店が多いですね。

このお店は反物まで売っていますが、多くはアンティーク着物のお店。
状態のよいものが、え?というお安いお値段ででています。
昔の着物の意匠、色づかいはかえって斬新ですね。
もう20も若かったら着たいなあ、、、、

外人さんもたくさん買ってはりましたが、どうやって着るつもりだろう?

雨なので、商品がぬれるとこまる着物屋さんは早々に店じまい。
もう少しみたかったし、凡蔵母さん様のアンティークきもの凡蔵さんをさがしたのですが、お目にかかれず。

雨模様なのでこの日はお休みだったとか。
残念!


P1120814

こちらは濡れても全然大丈夫な古伊万里のお店。
でも、ぬれすぎとちがう?


あと、この市では梅干しやら、昆布やら、豆やら、、、食料品が豊富なのも楽しいですね。

もう一つ目をひいたのが植木の店コーナーがあって、(かつての)ガーデナーとしては心がさわぎます。

P1120819


P1120821

ああ!
苔玉もええなあ〜。

P1120823

茶花の苗がこんなにあるなんて、やっぱり京都だわ。
買いたくてウズウズ、、、、でしたが、(今の生活では)ガーデニングは無理無理と言い聞かせてガマン。


で、結局買ったのはこちら。
農作業ウエアのお店で。

もんぺや、手甲などといっしょに売られていました。
夏の庭の雑草とりや落ち葉とりなどの作業時の必需品。
これひとつで蚊も日焼けも防げるすぐれもの!


P1120828

妙に似合ってる、、、、、

これをつけて作業中、お客さんが来られたら、
「奥様はおでかけです。」

、、、と言おうと思っているcoldsweats01

2011年8月24日 (水)

残暑雑記

<その1>

旅行中、一体あの猫たちはどうしていたのかしら?

、、、、、と、あちこちでご心配をおかけしております。

ご心配なく。
新婚旅行のとき、娘の猫、フレディをあずかりましたので、代わりにこのたびの旅行中は娘を帰省させ、猫の面倒をみさせておりました。

だから大丈夫、、、、、たぶん。

P1120796
P1010761


<その2>

もう一つ、旅行中どうなったんや?
とお思いの方のあるのはこちら。

P1010743

今年、八坂神社で祇園祭の最中に手に入れて、地植えにしてみた木槿、「祗園守」。

見事に咲きましたよ。
今でもまだ何番目かの花が咲いています。

ただし、ど〜も、イメーヂがちがうなあ。
P1010754

唐子咲きなので、なんだかぐちゃぐちゃ。
一輪差したら、少しハデかも。

やっぱり木槿は一重がええなあ、、、と思うのでありました。

来年は宗旦木槿か、真っ白な一重を植えようかなあ。

(おいおい、ガーデニングは撤退したんぢゃ???)

<その3>

お盆はすぎたけれど、一度この花を生けてみたくて。


P1120790

なにしろ真夏は留守中、締め切りの家の中の温度があがりすぎて、花を飾るのはあきらめていましたので。


<その4>

おでかけ、夏着物。


P1120794

今年はせっせと夏の着物を着て、最後に全部丸洗いに出そうと思っています。

汗かいているのに、(汗を完全にとばしてからとはいうものの)そのまましまうのに毎年抵抗があったのですが、丸洗いするとどんなになるのかな、と心配で。
でもさる着物の先輩に、「今は技術もよくなったから、丸洗いしても大丈夫よ。」のお言葉をいただき、このさいさっぱりさせようと。

写真、着物はゼンマイ織り、帯は昨年もとめたkimono gallery 晏さんの麻のもの。
麻は、よく締めならして、やわらかくしないとちょっとごわごわ。


<その5>

ぽん様にいただいた券でいってきました。
大丸ミュージアム、岩合光昭写真展「猫」

P1120795

うんもお〜〜〜lovelylovelylovely

どの写真を見ても、顔がゆるんでしまふ、、、、

岩合さんの写真のねこはほとんどが野良ちゃん。地域猫、とも。
飼われている猫と違って、毛並みもすすけて目やにもついてたりするけれど、「生きている」、、、、という感じを強くいだきます。
その鼓動さえ感じられるような「生」です。

そのなかのナンバー1。
シェルによく似た大人の茶トラが、空からこぼれてきた粉雪をつかまえようと、肉球を大きく開いて腕をのばしている写真、、、、、いとしくてたまらない。

最後に会場で、チケットをくださったぽん様にばったり!というおまけつき。happy02
(彼女は猫よりもdog personですけれどね!)


2011年8月20日 (土)

ドレスデン・ベルリン紀行4〜ベルリンのあちこち雑記

これからベルリンへ行かれる方の参考になるような、ならないような、、、ベルリンあちこち。

P1120598

ドイツ最大級の老舗デパート、KaDeWe(カーデーヴェー)。
デパートは普通ですが、最上階の広くて内容の充実したカフェテリア式レストラン、旅行客にはおすすめ〜。

続きを読む »

2011年8月19日 (金)

ドレスデン・ベルリン紀行3〜欧州マダムと歩くベルリン

すみません。
京都ブログなのに、まだドイツ、続きます。(あと少しのご辛抱を)
でも、今日はブロ友のあの方(!)が登場されますのよ〜。

さあ、見るがいい!
かの名高きブランデンブルグ門、4連発!  (なんじゃ?そら)

P1120690

続きを読む »

2011年8月18日 (木)

ドレスデン・ベルリン紀行2〜マイセン

P1120461

ドレスデンから列車で約40分、陶磁器にご興味おありの方にはlovelyな憧れのマイセンでございますよ〜。

東独時代にはマイセンの製品は貴重な外貨稼ぎの資源だったはず。
たしかに今は少しお安くなった感があるものの、やはり日本ではけっこうなお値段です。

さて、ヨーロッパにおける磁器が産声をあげた町、マイセンをそぞろ歩き。

(今日は第二次大戦の被害が少なかったので、中世の町並みがたくさん残っている小都市、マイセンの景色を、主にお楽しみくださいませ〜)

続きを読む »

2011年8月17日 (水)

ドレスデン・ベルリン紀行1〜ドレスデン

P1120353

ザクセン王国の首都、百塔の都、エルベ川のフィレンツェ、、、、そして第二次大戦で一夜にして破壊された町、旧東独の町、ドレスデン。

(パッチワーカーには「ドレスデンプレート」という模様が有名ですよね)


続きを読む »

2011年8月16日 (火)

今年の大文字

P1120779

今年の大文字は、どちらでどなたとご覧になりましたか?

今年の大文字の送り火は20数年ぶりでした。(わざわざこのためにこの日に旅行から帰ってきました)

お精霊(しょらい)さんは道に迷わず、無事あの世へお帰りになったでしょうか。

今年送り火の薪をめぐる問題がありましたが、客観的な問題点と、心つまり感情の問題はわけなければいけないと思います。
どんな優秀な科学者でも未体験ゾーンの放射能の問題は、安全かそうでないか、だれも100%正しいとは思えない、そんな時代に生きることになったのだと、あらためて覚悟を決めました。

2011年8月 8日 (月)

夏の旅行にでかけます

P1120307

八坂神社で今年入手して、地植えにした白木槿の「祗園守」。

つぼみがふくらんできて、今にも咲きそう、、、、なんですが、ここのところすごくゆっくりゆっくりのふくらみ方なんです。

なので、もしかしたら旅行中に咲いてしまって見られないかも〜crying

あちゃ〜、、、、ですな。

、、、というわけで、明日から恒例の夏旅行に行って参ります。

コメントやメールへのご返事、遅れると思います。
お許しを!

2011年8月 7日 (日)

六道参り〜五条坂陶器祭

今年もお精霊(しょらい)さんを迎える盂蘭盆会の時期になりました。

でもわが家には仏壇はないの。

仏教的祭礼、儀式が葬式くらいになってしまったのはいつからでしょうね。
子供の頃には家の前で小さな迎え火、送り火をたいたり、お盆飾りを仏壇前にこしらえたりしたものですが。

六道参りを以前したのはまだ京都に住んでいなかった一昨年のことでした。
今年は京都の家からですので、夕方から浴衣なぞ着てお参りです。

P1120314

東山松原を少し西にはいったところ、かつて鳥辺野と呼ばれる葬送地で、あの世とこの世の接点だった場所になる六道珍皇寺にはたくさんの信者さんがおいでです。

私はまあ、いわば観光客ですので少しひかえめにお参り。

P1120315

お寺にはいるとすぐ、たくさん売られている高野槙。
霊が宿るとされた霊木で、天から戻ってくる魂はこの枝を依代にするとか。

P1120316

とてもよい香りです。
槇の風呂が檜よりも珍重されるのもうなづけます。

P1120317

蓮の花や、ミソハギなど、お仏壇に飾るお花も売られています。

P1120319

昼は宮廷に仕え、夜になるとこのお寺の井戸を通って、閻魔大王の元に出仕していたという小野篁の有名な伝説。
左手のおじょうちゃんがお持ちなのが水塔婆。
ご先祖様の戒名を書いて、お線香で清め、高野槙で水回向(槇の枝に含ませた水をかける)をしておさめるのです。

P1120322

そうそう、その前に迎え鐘をつきます。(すごい行列ができます)
この鐘は中に密封されているので、見ることはできません。
綱だけが出ていて、これを引いて音をだすのですが、中の構造は不明。

陰にこもった音なので、いかにもご祖霊さまが、あの世からまよわずおいでになりそうです。


六道珍皇寺をでて、さらに松原通りを西へ行くと、、、

P1120326

お針子セットという、お裁縫もできちゃうコーヒーセットがいただけるカフェ、柴洋さんや、

P1120327

この立地にあってこそ、の「幽霊子育て飴」のみなとやさんなどが。


さて、ここがあの世とこの世の分岐点、六道の辻です。

P1120333

六道とは、死後行くとされる地獄道、餓鬼道、畜生道、修羅道、人間道、天上道。
どこへいくかは閻魔さん次第なんですよ〜。


P1120330

この辻にたつのが西福寺。
六道まいりの時期だけの公開です。


P1120309
(きったねえ字〜〜)
2年前にお参りしたときに、いただいた祈願銭、本当は昨年お返ししないと行けなかったのですが、その時期京都に来ることができず、今年やっとお返ししてきました。

P1120332

右下に写っているのが祈願銭、新しいのをいただきました。
ちなみに右端に、有名な壇林皇后九相図も写っています。(法医学の教科書のようですわ〜shock

お堂では熊野観心十界図 地獄絵の絵解きをされています。
→参考はこちら

BGMというか、効果音がクラリネットの生演奏なんで、ちらっと聞いていましたがおもしろいですよ。


P1120334

最後は六波羅密寺へお参り。
こちらではお迎え鐘は地下にあります。


お参りをすませたあと、五条通を目指して南へ歩いて行くと、、、


P1120336

今年春に、5小学校、2中学校が統合されて開校されたばかりの東山開睛館(開睛小・中学校)。
小中一貫教育を売りにしていくらしい。

先日お邪魔した粟田小→白川小もここになったのね。
京都の市立学校の統廃合は、ほんまに最近ドラスティックだわ。

P1120337

さて、五条通はいまや陶器祭の真っ最中です。


P1120339
P1120341

日ごろやや敷居が高い感じで戸が閉まっているお店もオープンになり、屋台もたくさん出て、白熱灯(ほんとはLED)のなんだか懐かしい灯りのともる夕まぐれ〜夜にきたかったのです。その念願がかないました。

P1120345_2

ぶらぶらお店をひやかして、ちょっとお気に入りの器をみつけご満悦のわたくし。
(ありゃ〜、浴衣もちょっとくたびれてますな〜。)


P1120349

屋台で購入したのは大好きな菊割の小皿でしたの〜。

2011年8月 5日 (金)

かき氷の楽しみ〜ぎをん小森/鹿ヶ谷・㐂み家

炎天下を歩いていると、突然かき氷が食べた〜い!
、、、と思う時ってありますよね。

そこで本日はこんなかき氷を。

P1120252

ここはもっとも京都らしいロケーションのひとつ、祗園切り通し。

P1120254

お茶屋さんがたちならび、舞妓さん芸妓さんが手を合わせる辰巳稲荷のある白川べり。


P1120256

白川も、岡崎あたりの流れとはまたちがってつやっぽい感じがするのは気のせい?

P1120258

こちら新橋のほとりにたつ、もとお茶屋(舞妓さん、芸妓さんをよんで遊ぶところどす)さんの建物を使った人気の甘味処、ぎをん小森さん。

P1120268

玄関をあがると、おお、なんだか祗園してるなあ。
行灯のあるところそれぞれが小部屋になっています。

かつてはそれぞれの部屋に舞妓はん、芸妓はんがきてお茶屋遊びしてはったんやろなあ、、、と。
(ああ、いつかはしたい、お茶屋遊びlovely


P1120266

とおされたお部屋はこんな感じ。


P1120267

窓の下には白川の流れ。
吉井勇の有名な歌(かにかくに 祇園はこひし寝るときも 枕のしたを水のながるる)を思い出したりして、雰囲気は抜群ですねえ。


P1120265

きました〜!
宇治ミルク金時〜!

ああ〜つべた〜!ああ〜しあわせ〜happy02

ただ個人的意見をいえば、金時は氷の下にあるほうが良いと思う。
蜜の甘みが薄れてきた頃に小豆があらわれると、二度おいしいですものねえ。

お値段ははっきりいって、「祗園プライス」。
ちょっとビックリしました。(千円ではたりまへん)

P1120269

まあ、こういう眺めですから、この分への料金も含めて、、、ってことで。

そういえば、リーズナブルなお値段でしかも氷の下の方までたっぷり蜜がかかっているおいしいかき氷といえば、、、で思い出したのがこちら。

P1120276

哲学の道のほど近く、鹿ヶ谷の㐂み家さん。
学生の頃このちかくに住んでいましたが、ここはまだできていませんでしたね。

P1120278

暑そうな鹿ヶ谷通りを眺めながら、つべたいかき氷を食す楽しみったら!

この日はミルク氷を食べるぞ〜という意気込みでいったのですが、ついついめずらしい琥珀氷にひかれまして。


P1120277

琥珀氷って、蜜がべっこう飴の風味なんです。
やはり下の方までしっかり蜜の甘みがあっておいしかったわ。
口の中、冷たさでしびれさせながらも完食。


冷たい物をたべてもこわれない、自分の胃袋に感謝!

2011年8月 3日 (水)

下鴨・蕪庵〜ISO乙女会

料亭の女将どす〜heart01(ウソどす〜)

P1120179

ありゃりゃ、、、帯がゆがんどるcoldsweats02

暑い中ではありますが、夏着物は気合いで着なくっちゃ。


P1120147

こういう強い味方も購入したし。
今までザブザブ洗濯できるのにひかれてポリの長襦袢をきていたのですが、これは麻の長襦袢(仕立て上がり)、サラリ感が全く違います。

P1120183

草履もパナマの夏草履。

で、おしゃれしてお出かけしたのはこちら。

P1120205

下鴨蕪庵
京風中華のお店。

2ヶ月ぶりのISO乙女会だったのですが、公私にわたりあれこれ忙しい年代、今回は3人という少しさびしい集まりになりましたが、そこはそれ、女3人寄ればなんとやら。

ひとりでもやかましいといわれるおばさん3人ですので、それはもうお店の人も口をはさむいとまがないくらい、ようしゃべりましたcoldsweats01


P1120207

こちらは下鴨の閑静な住宅街に、え?こんなところにお店が?と思うようなところにあります。
(やはりえ?こんなところにお菓子屋さん?と、思った甘味処の宝泉さんもそういえば近くです)


P1120209

見所はなんと言っても千坪のお庭と数寄屋造りのお屋敷。
西本願寺の偉いお坊さんのお宅だったとかで、納得。

それにしても昭和5年の創業以来、高級住宅地・下鴨で広大なこの土地を維持していける、というのは驚嘆すべきことです。

このあたり、他にもかくれたお屋敷がたくさんあるのだろうなあ、、、とちょっとヨダレが、、、(←数寄屋建築フェチ)

P1120235

玄関の間もすてきな雰囲気があります。
P1120210

通されたのは広いお庭に面した八畳の座敷、こちらでいただく中華とはどんなものなのでしょう。

P1120212

建具のガラスも、しっかりゆらゆらガラス(表面にかすかに凹凸のある手作りガラス・町家でよくみる)。


P1120220

座敷から庭をのぞむ。
う〜ん、、、「陰翳礼賛」、外の猛暑をいっとき忘れてしまいそうです。
P1120236

広いお庭にはあちこち建物が点在しているようです。

P1120216

床の間の天井から下がっている小壁が二重になっているのは、どこかよそでも見たことがあります。
こちらは表情の違う二重落し掛け(木製の部分)。
手が込んでいますなあ。

P1120233

年季の入った階段。
煤竹などもふんだんに使われています。


おっと、お料理の方は、、、、


P1120223

最初大皿で出てきて、部屋の中でスタッフの方が取り分けてくれるスタイル。

広東料理なんですが、味付けが上品で薄味、、まさに「京風」中華なんですね。


P1120225

牛の形の人参がキュート。

P1120230
P1120232

こちらはお茶うけの白雪糕(はくせっこう)。
そのままシンボルの蕪です。


本来ならば、庭を愛で、数寄屋のおちついた室礼を楽しみながら、おいしいものをいただき上品に会話をし、、、、なんでしょうが、ぶっちぎりでおしゃべり、スミマセン。
まあ、年代が同じなので、昔のTV番組の話など、うけるうける!
(若い世代にはなんのことかわからん話題もたっぷり)


P1120237

はい、満ち足りたお顔の三人でございます。
花咲おばさん様夢風庵様、ありがとうございました)


<おまけ>

これだけは見て欲しい、帯のタレの部分の蟹さん!

P1120241