フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 白昼の鉾町2011 | メイン | 注連縄切り、くじ改め、そして山鉾巡行2011 »

2011年7月17日 (日)

宵山・日和神楽〜あばれ観音

宵山のすごいであろう人混みをさけ、夜10時前に家を出発。

地下鉄をおりたところで、目の前に南観音山の日和神楽にであう。

P1010541

明日の巡行の好天を願って(願うまでもなくよさそうですが)お囃子のある各山から囃子屋台がでて、御旅所までいくのです。(長刀鉾のみ八坂神社まで)

P1010538

向こう側で菊水鉾の屋台とすれちがうところ。

まだ人出は多いものの、ピーク時をこえ、四条通にもゆっくりそぞろ歩きをするゆとりが出る時間、こんな祇園囃子をきくのも風情があります。

P1010543

屋台は御旅所から帰るところで、これから町内をまわって山鉾へ帰還します。

では、先回りをして南観音山で待ちましょう。


P1010544

日和神楽が帰ってくると、ご神体の楊柳観音を台にのせて町内を走り回る、という宵山のフィナーレ、「あばれ観音」。
それを一目見ようと、夜の11時というのにかなりの人出です。

P1010548
あ、お囃子の音が近づいてきました。


P1010550


日和神楽のお帰りです。

そこから待つこと約30分、11時半に山の北側でワッショイワッショイ!のかけ声があがります。
P1010561

おお!
すごいスピードで近づいてくる!

P1010553

布と紐でぐるぐるまきやん。

あばれ観音の伝来は不明らしいですが、一説に宵山で会所に座らせられたストレスを一気に発散していただき、明日の巡行におとなしくしていただく、、、とか。

このぐるぐるまきではかえってストレスため込みそうですが。

P1010560

こうして3回町内をまわり、Uターンのとき、はげしく台をゆさぶるので、「あばれ」観音だとか。
Uターンの場所を確認したので、来年はもっと近くで暴れるところをみられるかな。


観音様が会所にご帰還になり、三本締め。

おもわず拍手がおこりました。

これにて宵山は終了。

いよいよあすは山鉾巡行ですねえ。

P1010564

飾り付けをすべてはずし、明日に備える山鉾を数えながら、帰途につきました。

う〜む、京都帰還1年目にして、あばれ観音までみちゃうとは、わりとよく頑張っているわい、自分coldsweats01

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349039/26790026

宵山・日和神楽〜あばれ観音を参照しているブログ:

コメント

こんばんは。
パリは今、土曜日の夜9時過ぎですが、NHKで祇園祭 宵山の中継を
放映してます。日本は朝4時過ぎですら録画ですね。
日本にいる時には見た事がなかったので、パリで初めてという事に
なります。

にわかお祭りっ子のようになられたしぇるさんは
この時間、夢の中であばれ観音様と談笑されているのかも・・・、

明日がこの祭り最高の山場、鉾行きなんですよねっ、
まだ余力ございますでしょうか・・・coldsweats01

この行事見たことありますが
何か会所の宵山の打ち上げと明日への意気込みの確認ようで皆、楽しそうでした
一緒になって三本締めをしたくなるような微笑ましい雰囲気でした
こんな催し好きです
昨夜は宵山の全国中継がありましたので期待してたら、巡行も中継があるようで
涼しいところでゆっくり観覧させていただきます

私も一人うろうろしていたのです。
御目に掛れたら良かったですね。
暑かったですが一日位御祭に浸らないとネscissors

KAZ様

パリでも祇園祭が見られるとわ!
でも14日はパリ祭でしたっけ。楽しまれましたか?

NHKの番組も全体のあらすじ的なものを知るのにはよいですが、やはり実物にはかないません。
祭の雰囲気の中にどっぷりつかるのは気持ちいいですよ。
いつかご帰国の折には是非おこしください。

ヘルブラウ様

いえいえ、にわかではありませんのよ。
京都移住前から、あれも見たい,ココも行きたいと計画を練っておりましたから。
ようやく実現しました!
今年はいきなりベストな曜日でしたので、さらにがんばってます。
体力が続く限り、、、、、

kame様

すでにあばれ観音、ご覧になっておられましたか。
かなりの通とお見受けします。
涼しい部屋でTVでふつうでは見られないところまで見る、、、、すごく惹かれるんですが、修行と思って(?)炎天下でしっかり日焼けした今日の巡行でした。

凡蔵母さん様

そうですね、意外と知った人に会いませんでしたね〜。
いつもはへんなところでよく知人に出会う狭い京都ですのに。
ほんまに深夜になっても、むしっと暑かったです。
でもこれが祇園さんなんですよね。

コメントを投稿