フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 夏越(なごし)の祓 | メイン | おうちで楽しむプチ・グルメ »

2011年7月 3日 (日)

京都市立美術館〜フェルメールからのラブレター展

Vermeer2011flyer_2


京都市立美術館にて先月末からはじまったフェルメール。

今回は3枚が来日です。

はるばるオランダ、USA、アイルランドから。


その寡作(30〜36作といわれる)がゆえに一時忘れ去られ、再発見後はまたもや寡作ゆえ、評価の高いフェルメール。

人気ゆえ、何回も盗難にあい、いまだ見つかっていない作品もあるのです。

まさに17世紀のオランダ絵画黄金時代の頂点にたつ、といっても過言ではありません。


10月までの会期とはいえ、終盤近くなると行列ができるのは目に見えているので、始まるとほぼ同時に行くのが賢いでしょう。


P1110442

チケットブースも特別に設けられ、行列ができても良いようにロープが張られています。
市立美術館のフェルメールにかける意気込みが伝わります。

そういえば、2000年、大阪市立美術館にきた「真珠の耳飾の少女」の絵は、厖大な収入を美術館にもたらし、ひいては天王寺公園の青空カラオケ撤退、遊歩道の整備をもたらしたものです。

いまでもその歩道は「フェルメールの小径」と呼ばれているんです。

私もみましたよ、並んで。
どんなレプリカでもまねができない、、、と思ったのはその肌の色の美しさでした。
(「真珠の耳飾の少女」は映画にもなりましたね。スカーレット・ヨハンソンの「少女」への、のりうつりかげんは驚嘆でした。)


作品はヨーロッパとアメリカ東海岸に主にちらばっていて、これを全部見に行くために巡礼旅行する人もいるそうです。
私も何枚かはヨーロッパで見ました。今回の「手紙を読む青衣の女」も見た記憶があります。
(アムステルダム国立美術館)

この絵は最近修復され、修復後の初公開だそうです。

フェルメールブルーといわれる青の衣。

ラピスラズリという石からつくられる高価な絵の具によるものだそうで、これがふんだんに使えた、ということは画家が裕福な環境にあった、と推測されるそうです。
実際、フェルメールの一生は謎が多くわからないことも多いそうです。

手紙を読む女、のテーマではもう一つの黄色い上着を着た窓辺で手紙を読む女の方がポピュラーかもしれない。
こちらはドレスデンにあるそうな。

このモデルと「手紙を書く女」のモデルは同じように見えますね。
フェルメールは一連の、これも印象的な黄色の毛皮付きガウンをきた女性の絵をたくさん残していますが、みんな同じモデルだったのかしら。

またフェルメールといえば、一方に窓があり、そこから差し込む光の中の情景を描いた絵、という印象ですが、これは当時のオランダ絵画のブームだったようです。

同時代の画家の絵をみていると、彼に限らず似たような構図の絵がたくさんあるのです。

同時代の画家の中ではヤン・ステーンがいいですね。
当時の庶民の暮らしが、生き生きと目の前で息づいているような絵が特徴。

また、何点かの絵画のなかに、日本のキモノに似せたガウンが描かれており、出島のオランダ商館を通じてオランダ人が感じた当時(江戸時代)の日本を垣間見ることができ、おもしろいと思いました。
そういえば、日本人が描いた南蛮人の絵、、、、というのはその逆バージョンなんですねえ。
う〜む、おもしろいhappy02

会期は長いので、もう一度みにこようかな。


P1110443

さて、帰りはここの横を通って、、、、、

この京都会館、前川國男氏の名建築で、岡崎の、東山麓の、景色に自然になじんで長い間とけこんでいるのですが、これを壊して、景観条例を無視した高さの新しいオペラハウスをたてる計画を京都市は画策しています。
なんとオロカナ、、、、と私は思います。

京都に東京の手法を持ち込んでは100年後に悔いを残すだろうと。

まあ、この話はここではこれくらいにしておきます。

P1110444_2

たちよったのは学生の時からおなじみラ・ヴァチュール


昔は半分がギャラリーになっていて、アート系の学生がよくたむろしていた印象なのですが、数年前改築され、すっかり昔の面影はなくなっていました。
表にでていたシンボルのアンティーク乳母車(ヴァチュール)もなくなっていましたし。

P1110445

それでもなんだか懐かしい、南フランスの田舎のカフェ(行ったことないけど、、、coldsweats01)みたいな雰囲気はおしゃれです。


P1110447

学生の時、既にあったかどうか不明ですが、ここの名物タルト・タタン。
たっぷりの焼きリンゴがとってもおいしかったですわ。


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349039/26725868

京都市立美術館〜フェルメールからのラブレター展を参照しているブログ:

コメント

フェルメールは日本人に好まれてますよねぇ~
そうですねぇ、黄色の方はドレスデンかなっ?(確かじゃないけど・・・)
ドレスデンに行きますかー!wink

京都会館もそういう計画なんですか、ところで京大会館が使えなくなって
例の遊びの会は別のもっと素敵な館で定期的にされているのですが、
あそこももう取り壊されているのでしょうねぇ~・・・weep

フェルメールかぁ…、ここらもさんざんテレビで宣伝していました、そういえば。
懐かしい?です~。チビのヤツのテストでさんざん出ました。
前回はようやくピカソのとこまできました。
絵画も最初のころのは制約?が多くてつまんないので、だんだん(お~)という流れにあります。
やっぱり写実のものより、色がキレイだな~なほうが個人的にも好きですし。
わたしも油絵の青い色が一番すきで、ルドンのオフィーリアなんてキレイだな~と。フェルメールでも誰でも青い色が大好きですhappy01

ラ ヴァチュールって そういえば 店の前に乳母車が出ていましたねえ。私はギャラリーの方によく行っていましたよ。
昔は多分 あの店にはタルトタタンはなかったのではないでしょうか?
タルトタタンはりんごがぎゅっと詰まって美味しいですね。
昔はよく作っていました。

ヘルブラウ様

ドレスデン、、、、むふふ、、これは伏線ですねwink
フェルメール好きは日本人だけかと思っていましたが、やはり世界的に超人気のようです。
なんとなく部屋の中の温度や空気を感じさせるところがすごいと思っています。

京都市が率先して古き良き建物を壊してどおするんじゃ〜!!
と、思います。punch

ちょきた様

あわててルドンのオフィーリアを調べました。
なるほど、何枚かオフィーリアシリーズはあるようですが、青が印象的なのがありますね。
そうか、今どきは中学生でもフェルメール習うんですか〜。
青は日本人が「瑠璃」といって古来愛してきた色なので、しっかり現代人のDNAにも刷り込まれているようです。
会期が長いので、お時間があれば、ぜひ、ちびちょきさんに見せてあげて下さい。
本で見るのと,生で見るのはやはり違いますよ〜。

ひいらぎ様

S&Y様のブログであの乳母車は今どうなっているか、、、を読んだ記憶があります。
学生の頃は少し敷居の高いおしゃれなカフェでした。
卒業してからは芸術家の卵達の前で気後れして、今は、、、、おほほ、おばさんにこわいものはありませんわ!
和菓子だけでなく、洋菓子もお作りになるんですね!

ひいらぎ様、しぇる様

あのタルトタタンは、
フランスで表彰されたという、国際水準の味、、、、
味オンチの私でも、味わいにただならぬ深さを感じる、
松永ユリさん畢竟の一品という気がします。

そうでしたか!あそこのタルトタタンを食べに行かなければ!
しぇる様 食いしん坊の私は学生時代に下宿でパンを焼いていた人です。
発酵はコタツの中でした。もちろんケーキは子供の頃から焼いております。初めて作ったのが いわゆるマシュマロです。ギモーヴ?でしたか?
卵白とゼラチンと砂糖ですね。変わったお子さんでしたねえ。
お茶も家で少なくとも高校生くらいからはやっていたようです。
本人には確かな記憶がありませんが 母が申しておりました。家に先生が来られていましたので 極自然にやっていたのでしょうね。

S&Y様

あのタルトタタンの味は次の世代にちゃんと伝承されるのでしょうか。
どうやら私が学生の時からあったメニューのようです。
当時はハイカラすぎて注文できなかったのかも、、、

ひいらぎ様

それはそれは年季のはいったお菓子の手作りだったんですねえ。
「森の中にある小さな工房の和菓子レシピ」という本のCMが淡交社の雑誌にのっていました。
これを買って、ちょっと和菓子作りに励もうかと思っています。(計画倒れ、,,になる可能性も)coldsweats01

しぇる 様

今は、たしか、お孫さんが厨房で造られているハズです。
次の次の世代にも、あの味が受け継がれていくことを祈りたいですね。

S&Y様

そうですか、お孫さん。
年代から言うと、もう次のひ孫さんも伝授されておられるかもしれませんね。

コメントを投稿