フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 京の奥座敷〜貴船で川床料理 | メイン | 今年の祇園祭おさめです〜八坂神社・夏越祭 »

2011年7月31日 (日)

粟田神社・納涼ビアガーデン

A0108004_11393984_2


粟田口の粟田神社デビューをしたのは、今年の3月でした。

粟田神社の名前は知っていましたが、こちらの秋の大祭は祇園御霊会の原型のひとつで、剣鉾も数基でる、ということはその時初めて知りました。

そして、ついでに知ったのが、7月最終土曜日の、粟田神社・納涼ビアガーデン!

これは行かねば〜!
と、思っていたのです。
この日はお昼に大雨があり、夕方からは晴れて、天然の打ち水がここちよいゆうべとなりました。


P1120148

一の鳥居は三条通に面していますが、実際の入り口である三の鳥居は少し奥まったところにあります。

P1120176

この坂道がちょっときついですが、ここを登っただけで、市内が一部俯瞰できるし、その分涼しいんです。


P1120150

早くもおつまみやお寿司などの売店が出ています。
氏子のみなさんのご奉仕でしょう。
背景に平安神宮の大鳥居、市立美術館などがみえるでしょう?

写真ではとんじゃってますが、はるか西山〜北山に囲まれ、京都はほんまに盆地なんやなあと実感できる眺めなんです。
P1120168

本社。
御霊会をされるので、お祭りしてある主神は素戔嗚尊。(八坂神社と同じ)

青楓が美しいです。


P1120162

境内ではすでに始まっていますね。


P1120165

みなさん、楽しそうです。
家族連れあり、外人さんあり。

おそらくほとんどは氏子の方々だと思いますが、部外者の私もなにげにとけこみまして、これこれ!


P1120157

団扇もいただいて、まずは一杯。

涼しいし、眺めは良いし、ほろ酔いで良い気分happy02
P1120155

虫除け対策もOKよ。


P1120175

ビールや飲み物のサーブはそろいのエプロンをかけたおじさま方。

ここ数年前から剣鉾の復活や新調、大燈呂というねぶたのミニサイズみたいな(本家は京都のようです)山車の180年ぶりの復活などで神社と氏子、学区の方々が努力を重ねてこられたらしく、その結束力はすごいです。


P1120166

少し夕闇がおりてきました。

P1120170

舞台では沖縄舞踊がはじまり、いやがうえにも雰囲気をもりあげてくれます。
このあと、フラダンスやカラオケ大会もあって、延々夜9時まで続くそうですが、このあたりでおいとまを。

そうそう、こんな方も来ておられましたよ。


P1120172

このあたり、ばっちり選挙区ですからねえ。

うちは粟田神社の氏子でもないし、学区もちがうのですが、チャリで5分のご近所さん、これは秋の大祭もたのしみだなあ、、、(←すっかりお祭り女です)

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349039/26860236

粟田神社・納涼ビアガーデンを参照しているブログ:

コメント

お近くでのビアガーデンなんですね。
楽しそう。

何時までされているのでしょう。

時々 拝見しています。 初めてのコメント
京都へようこそ そして私の古里 粟田神社へ
私の生まれは 参道の1の鳥居の 近くでした。今は建替えられ他の人が
棲んでおられます。
粟田口・京の入り口の一つ
これからもよろしく。cloud

神社の境内で・・・素敵ですね~~~~
ビアガーデンと言うより、お祭りの後の
納会のようですね。
京都ならではなのでしょうね。

凡蔵母さん様

地域の方のお楽しみですね。
こういうのは地元にずっと住んでいないと堪能できません。
うちはもう学校へ行く子供もいないし、どうやってとけこもうかなあ。

うっちー2様

初コメント、ありがとうございます。
あら、粟田神社のお近く出身のお方でしたか。
白川学区だったんですね。学校がなくなり残念です。でも地元の方の結束力は強いようですね。
秋の大祭もとても楽しみですwink

nageire様

神社の境内で神社主催で、、というところにとても惹かれました。
神社もお寺も地域にひらかれてこそ、と思います。
遅ればせながら京都の地元民になる努力をしなければ。

コメントを投稿