フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 巡行のあとの鉾町点描2011 | メイン | 四条御旅所〜下鴨神社・みたらし祭 »

2011年7月18日 (月)

祇園祭・神幸祭〜神輿渡御 2011

昨年はまだ京都市民ではありませんでしたが、東へひっこされるちゃみ様の送別会を兼ねて、御旅所から八坂神社へ神様がお帰りになる還幸祭を見ました。

あれは四条寺町の御旅所前でしたが、それに先立つ、三基の神輿におのりになった神様が御旅所へおでましになる儀式・神幸祭は八坂神社にて。

P1110976

山鉾巡行の日の夕方6時におこなわれる神輿渡御の出発式の前に、どこからともなく法被をきたお兄さん、おぢさん方が。

下半身は七分丈のステテコ型から、半パン型、まれに締め込み褌と多種多様。
日ごろは種々の本業につかれている方々ながら、このときばかりはみなさん、生まれつきの輿丁(神輿をかつぐひと)に見えて、五割増しくらい男ぶりがあがってますね〜。


京都通のかたはすでにご存知でしょうが、祇園祭のクライマックスは実は山鉾巡行ではなくて、この神輿渡御なんですよ〜。
巡行はいわば、御旅所においでになる神様のための露払いのようなものなのです。

P1110981

西日をもろに浴びる祇園石段下、日焼け覚悟で待っていると、八坂神社の正門・南楼門からおでましの神輿先行の宮本組(のちに述べます清々講社の筆頭)神宝奉持列、豊園社御真榊行列。


P1110984

あ、一度お姿を拝見したかった久世駒形稚児さんだ。

遠すぎて、よくミエマセンsad

P1110985

かすかに胸に下げた駒形=ご神体が見えます。
久世の綾戸国中神社(南区久世上久世町)の氏子から選ばれたお稚児さんで、(長刀鉾のお稚児さんでさえ、正五位の位だけですが、)神様の依り代なので、=神様そのものなんです。
だから皇族ですら下馬する八坂神社境内も下馬されないんです。


そして、これからおこなわれる神輿渡御の三基のうち、素戔嗚尊鎮座される中御座神輿を先導されるのです。


P1110988

続いて三基の神輿と、先ほどの五割増し男前の上がった輿丁さんたちがわらわらとくりだしてきます。

P1110994

石段下に神輿勢揃いです。

神輿一つにつき担ぎ手400人(交代要員もいれて)ですから、およそ1200人の男達の大集合。
迫力あります。


P1110996

神輿は差し上げ(2トンの神輿を高くあげる)
差し回し(回転させる)、ゆさぶりなど激しく動かされ、男達の熱気ムンムンで、そうこうするうちに観客の方も引き込まれ、祭アドレナリン分泌がおこるんですねえ。
宗教儀式って本来そういうものかもしれませんが、私もまんまとのっちゃいました。
いっしょに拍手しながら、ホイットホイット!


P1120004

その総勢1200人が一瞬厳かな静けさにつつまれる出発のお祓いの時。


P1120020

そしていよいよ出発!

石段下でひとしきり差し上げ、差し回しをしたのち、三基それぞれのルートで氏子中を周り、最終的に9時半頃四条の御旅所に安座されるはず。

神幸祭では鴨川の東側がメインのルートですが、のちの還幸祭では西側がメインになるのです。

朝からの巡行観覧に、さすがに疲れて御旅所までお供はできないなあ、、と歩いて帰る道すがら、まあ、なんと何回もいろんな場所で神輿に出会いました。ルートが帰路にかぶってるんでしたね。


P1120028

東御座(櫛稲田姫命)の四若さん。
花見小路あたりで。

P1120033

舞妓はんといえば必ず連想する白川の辰巳稲荷の前。
ここで小休止らしく、色っぽい花街風の女将さんがお茶(ビール?)をさしいれて皆さん一休み。
P1120037

これは縄手のあたり。
中御座の三若さん。

のんびりそうに見えますが、けっこうなスピードです。
細い道だと、ぶつからんばかりでかなり危険です。
すごく迫力あるけれど。


P1120040

いつも通勤に愛用している京阪三条の前でも再び三若さんに遭遇。
こんなおちびちゃんのころから参加しているのですから、将来もずっと祇園祭の担い手になってほしいですね。


P1120043

P1120045

日も暮れてきましたが、三条大橋の上はすごい熱気です。

P1120047

神輿のあとには神官さんの乗られた輿と清々講社の行列が続きます。

P1120048

清々講社とは、八坂神社の氏子区域全域にわたる旧25学区からなる町衆組織だそうで、明治の初め、寄町制度廃止とともに経済的危機に陥った鉾町を救済するためにたちあげられた募金組織だとか。

ここにもすざまじい、京の町衆の祇園さんにかける情熱の歴史を見たような気がします。

この行列をお見送りして、今日はお別れ、家路につきました。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349039/26797910

祇園祭・神幸祭〜神輿渡御 2011を参照しているブログ:

コメント

こんなに祇園祭りはいろいろとあるのですね。
しぇる記者報告ありがとうございました。
来年はどこの部分か少し見に行ってみます。全部はとても元気がないです。

京都人(自称?(笑))の花咲。いろいろ勉強させてもらってます(笑)

いやーーーお疲れさまでした。

私は祇園小石さんのあたりで見ていました。
石段のあたりは、西日がすごかったですね。
神幸祭、毎年見物客が増えている気がします。

今度は24日ですね。
大宮三条の二条陣屋の前で神輿に提灯が付けられますが、これも風情があったいいですね。日曜日なので観に行こうかな。

ひいらぎ様

私も追っかけをしながらあとから調べて勉強です。
こんなにハイライトにたくさん立ち会えたのも曜日巡りがよかったから。
来年は、、、きびしいなあ。

花咲おばさん様

英語のテイティヴは文法なんて考えずに息をするように英語をしゃべるでしょ。
あれといっしょですよ。ネイティヴ京都人はあれこれ勉強しなくても自然に身についた祭リズムがあるんだと思います。これだけはどうがんばってもまねできませんものね〜。

山名騒然様

お互い様でお疲れ様〜。
祇園小石さんあたりだったのですね。あのあたりの方がもう少し駒形稚児さんを近くで見られたかもしれませんね。
(来年はちょっと行けそうもないのですが)ローソンの前あたりがベストポジションかも。
観光客には祇園祭=山鉾巡行の図式だったのが、最近神幸祭、還幸祭の意味がようやく周知されるようになってきたのかもしれません。もっと知って欲しいキモチと、もうこれ以上観客増えてほしくないキモチで悩みます。
24日も多分でかけると思いますわheart01

いつも拝見しています。
毎年「京都の祇園まつりがはじまりました。」
というニュースはテレビで見てました。
あと「かたな」でしめ縄(?)を切るシーン・・それだけしか
知りませんでした。think

ここで見せてもらっていろいろあることがわかり、
これは行いかなければ・・・絶対sign03
ツアーでなく1週間くらいの個人旅行で、

いつか・行こう・京都bleah ですね。

長い一日お疲れ様でした
京都のブロガーさん達のお陰で地方の者にも祇園祭の全容がよく解ります
この神輿、担き棒、太くて長いですね
重さの半分以上ありそうですね
神輿が重いというよりより沢山の方が担げるように長くしているような・・
今年はベストの曜日で15・16日の宿はプラチナで17日にも多くの方が泊まり
夕方いつもより一層人が多かったのですかね
最近半年前でも段々に宿が取り難くなりました。地方の者はそれからが祭りの始まりです

ももち様

1週間と言わず,1ヶ月是非!
、、、、ってまあ無理ですよね。祇園祭はたっぷり一月あるんですが、ハイライトの1週間でも御滞在されれば朝から晩まで楽しめると思いますよ。
私も京都に住んでいながら、仕事は休めませんので、すべて見る、というわけにはいかないのが残念でたまりませんsad

kame様

中御座の轅(ながえ)は約10m、今年50年ぶりに新調されたそうです。
長い方が、差し上げ,差し回しの迫力あります。まあ交代要員も入れて一基に400名ですからねえ。

やはり週末の宵山、巡行の日の宿はとりにくいのでしょうね。
昨年、還幸祭の日にホテルをとりましたが、これは簡単に予約できました。還幸祭、ねらいめかも!

コメントを投稿