フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 緑の拾翠亭〜ツキトカゲ | メイン | 松ヶ崎疏水〜下鴨宝泉茶寮 »

2011年5月15日 (日)

「春来在」〜大山崎山荘中國茶会

京都市内から阪急で30分足らず、大山崎にある大山崎山荘はこのところすっかりお気に入りの場所になっています。
別荘気分で、、、、ああ、こんな別荘が買えたらなあ、、、(遠い目)

この日は夢風庵様にごいっしょしていただきました。


P1100747

緑の道を行くもうるわしの皐月。

P1100748

こちらは植物の宝庫でもあるのですが、シャガがあちこちに咲いていました。

P1100750

入り口はいつもと違って「茶」の看板が。

そう、今日は春秋恒例の大山崎中國茶会がひらかれるのです。
ここの中國茶会は大阪の無茶空茶館の黄さんが監修されています。

今回のテーマは「春来在」。

(パンフレットより)

春の新茶は、再生の象徴。心身を浄化し、清新で新たなる気を呼び込むといわれます。
2008年に日本と同じく大震災に見舞われた中国四川省からも、2011年春、生命力にあふれた新茶の数々が到来しました。
破壊から再生へ、そして希望の祈りをこめた春茶会を催します。


受付をすませると、ぺたんと参加証代わりのシールをはってもらい、それぞれが用意した茶杯をもって逍遙するのです。

そう、広い山荘の敷地内あちこちに点在する茶席を思い思いに巡るという趣向です。
(規模こそ違え、秀吉の北野大茶会もそんな感じだったのかな)

P1100754

まずはこの竹の小径をのぼって、、、

P1100765

一番人気の彩月庵。
普段は非公開のお茶室です。


P1100756

かつてここに夢を結んだ加賀正太郎もここで茶会を楽しんだのでしょう。


P1100775

ちゃんと蹲居もありますが、ここは座敷ではなく、立礼の茶席なのです。

窓から見える緑が絶景。
秋もまたきっと燃えるような紅葉が楽しめるのでしょうねえ。

P1100772

一席8名で福建省の新茶、「白豪銀針」茶を。
お点前を拝見しながら。
中国茶は日本の茶道のような決まったお点前はないそうですが、その手の動きがとてもきれいでした。


ここでいただいたお茶はしいていうなら微発酵茶になるそうです。
日本の煎茶は摘んで直ぐ蒸すので、無発酵ということになりますが、このお茶は摘んだ芽をゆっくり自然に乾燥させるのだそうです。
茶も「植物」であることを思い出させる香りでした。
お茶としては最高級の部類だそうです。
ちなみに「白豪」とは茶葉の芽に白い産毛がびっしりと生えていることをさすとか。
その毛がその名のとおり「銀」色に見せるのです。

P1100776

このお茶室にあったアルコーブに生けられた蘭。
花器は中国のアンティークのお弁当箱、提籃。(いいですねえ、、、lovely

さてお次は彩月庵の小径の入り口にある僥倖席。

P1100751

こちらでいただけるのは白毛猴(福建省産)。

白茶(弱発酵)と緑茶(無発酵)の中間にあたるお茶だそうです。


P1100779

このお湯をそそいでいる茶葉の入った器にも惹かれるのよね。
右下の水指かな、と思った器には小さな中国菓子が入っていました。

P1100780

ゆっくり開いていく,茶葉。


P1100782

この日持参したのは現代の物ですが、染付の酒杯。
茶杯にもぴったり。(他の人のに比べるといささかでかいが、、、)


P1100784

緑に埋もれる山荘。
心地よい風を感じ、野鳥のさえずりを聞きながらお茶をいただく。
ああ、贅沢、、、


P1100786

次の席は山荘から下って庭園の方へ。

P1100787

いつきてもため息のでる別荘ですねえ。

P1100807

春先に来たときには枝垂れ桜が見事だった芝生の広場のあちらとこちらに山崎草堂席(あずまや席)が。

P1100790
P1100793

こちらではグラスのお湯に直接茶葉を入れて供してくれました。


P1100796

入れていただいたお茶を持って,四阿で思い思いにいただく。


P1100799

木々の緑に茶の緑。


P1100802

開いた茶葉は煎茶と何ら変わらないように思えるのに、味や香りが異なるのは不思議ですね。

P1100803

ここでお茶をいれてくれたお姉さんの帽子に青楓。

P1100809

こちらではオトギリソウのお茶とか、竹葉茶など珍しいお茶をいただきました。


P1100817

こちら(記憶違いでなければ)蒙芽茶・四川省産。
緑色の柿の種(おかき)ってかんじですね。
葉っぱを噛むと、ぱりぱりしてこれもおいしい。

P1100821
あは。
やっぱり私の茶杯だけデカイ、、、

P1100822

これが一番煎茶に近かったような気がする。
茶葉ももちろんいっしょに食せます。


P1100825

最後はトチノ木亭にて希望席へ。

なぜトチノ木亭というかというと、、、


P1100828

小屋のとなりに立派な栃(とちのき)が植えられているからなんですね。
きれいな花を咲かせていました。

P1100837

こちらも彩月庵と同じく立礼席。


P1100833

福建省・坦洋村産、坦洋工夫茶。

発酵茶で、ようするに紅茶です。

このお茶は18世紀に英国王室特供茶の指定も受けたそうですが、清朝末期のどさくさで衰退してしまったそうです。
それを再び復活させようという気運が高まり、今まさに世界に向けて売り出し中の紅茶なんだそうです。

P1100836

これには震災で破壊された東北地方の産業復活へのエールの気持ちがこめられているのです。

とてもおいしい紅茶でした。

P1100839

この茶箱もいいわね。

一通りお茶をいただいた後は山荘内の二階テラスへ。

P1100844

ここに来たからにはこのパノラマを見ずして帰れましょうや。

桂川、木津川、宇治川を望む。

下を見ると、、、

P1100842


こわいような青楓の洪水。
秋にはまたどのような色を見せるのでしょう。

この二階テラスのカフェで、さわやかでゆったりとした一日のシメは、私たちにはやっぱりこれよね。

P1100843

やっぱり飲むんかい、、coldsweats01

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349039/26482134

「春来在」〜大山崎山荘中國茶会を参照しているブログ:

» 大山崎春茶会「春来在」 (夢風庵の日々)
気持ちのよいお天気の日曜日。 アサヒビール大山崎山荘美術館で土・日に開催された大山崎春茶会に出かけました。 前から行きたかった所。 過去の茶会の写真を見ると椅子席のよう。 これなら参加できそう、ちょうどいい機会・・という事で、しぇるさまにご一緒していただ...... [続きを読む]

コメント

 大山崎山荘には、何回か行きましたが、こんなにいろんなところがあるんですね。知りませんでした。薫風の季節。素敵です。

 そうそう、あのカフェからの眺めはいいですねえ。で昼からのアルコール・・・これは最高の休日感で!(笑)
 それにしても茶摘、拾翠亭、大山崎山荘・・しぇるさん、夢風庵さん、ぽんさん、みんなお元気ですねぇ~
 花咲、これって更年期かなあ~調子いまいちで落ち込みますわthink

私も何度か行ったことがありますが、お茶室があるのははじめて知りました。

写真を見ているだけで、いいお茶の香りがしてきそうですね。

さすがしぇるさま!記憶力がすごい!
いただいたパンフレットを読みながら記憶を引っ張り出しているのですが、お茶の説明がさっぱり飛んでいます。
おいしかった~という記憶だけはしっかりと。
また詳細丸投げお許しを・・・coldsweats01

花咲おばさん様

お茶室は中國茶会の時だけ公開されるので、秋には是非おでましください。
まあ、今は娘さんの結婚式のお疲れからたちなおれておられないと思いますので、ゆっくり養生なさって下さいね。
私は、じっとしているとストレスがたまる方なので、仕方なしに(?)でかけてるんですよ〜coldsweats01

山名騒然様

同じ茶葉なのに、どうしてこうも味わい、香りが日本のとちがうんでしょうねえ。入れ方も似たようなものだし、、。
秘密はやはり「発酵」にあるのでしょうが。
年2回の山崎茶会でこのお茶室に入れますので、次回機会がありましたらおでかけください。

夢風庵様

まるまる一日おつきあい下さいまして、ありがとうございました。お疲れ出されていません?
足のほうもいかがでしょう。
でもようしゃべりましたね、とりとめもなく。
漫画の話がやはり私的にはツボですわ。

五月二日、タケノコ料理を楽しんだあと、ここを訪れたのですが、ご一緒した御婦人が歩行障害者なので、あの坂道を徒歩で上がることができず、入館するのを断念しました。
本当にいいところのようですね。
彼女は加賀正太郎、竹鶴政孝について詳しいお方ですので何かの手立てを考えてお連れしたく思っています。
それにしても、本当にしぇる様は健脚であらせられる。

野中の清水様

加賀正太郎のゆかりのお方でしょうか。
あの坂は20分毎にでるシャトルバスにのればなんとかなると思います。(身障者優先です)
バスをおりての緩やかな坂は、車椅子の方も(介護者つきで)のぼっておられましたから、多分大丈夫ですよ。
足が元気な内にいろいろ行かないとね。そのうち膝やられるかもしれないし、、、(正座で)

コメントを投稿