フォトアルバム
Powered by Six Apart

« greenな五月 | メイン | 東大寺華厳茶会〜2011 »

2011年5月 2日 (月)

京都和菓子の会〜上賀茂神社・佐々木酒造さんとのコラボ

雨模様でしたが、上賀茂あたり、賀茂川の土手には山吹が花盛り。

P1100330

ここらには八重だけでなく、一重の山吹も咲いているんです。(八重のむこうにちらっと)

上賀茂神社の境内にはいると、、、おお?

P1100336

そうか、そうか、5月5日の競馬(くらべうま)会神事のための足汰式(あしぞろえしき:競馬に出場する馬足の優劣を定め、遅速を実際に見て、組合せを決定するもの。)がこの日だったか。

一の鳥居の近くには「競馬馬搬送用」と書かれたトラックがとまってましたね。

こちらの神事はあとでちらっと拝見しましたので、のちほどお写真を。


P1100338

五月になってもまだ散り終わらない桜です。

さて、今日は楽しみな京都和菓子の会 、なんと世界遺産上賀茂神社にて、です。
数年前から皆勤をねらって参加させてもらっていますが、今回は裏方さん。
お手伝いとしての参加です。

P1100343

社務所の入り口には賀茂社のシンボル、フタバアオイ。
神社内にはいたるところにフタバアオイが。(参照:葵プロジェクト


P1100345

襖にもフタバアオイね。
よく見るとちゃんと花もついているんですよ。自分で世話していなかったら気付かなかっただろうけれど。(vivasan様、ありがと)

で、この襖がある座敷が今回の会場なんですが、社務所の奥の奥、桂の間、葵の間。
なんと葵祭で斎王代の控えの間になるんですって。
まあ、普通なら絶対はいれないところですわねえ。

そういえば渡り廊下には歴代斎王代の写真がならんでいました。
十二単衣の装束を皆おつけになって、雅の世界だわlovely

そういえばお庭もなんとなくやんごとない感じで、、、


P1100366

え?猫?

突き当たりの白い花の木の下に小さく白黒の猫ちゃんが写っています。
ま!世界遺産に住まいするやんごとなきノラ猫ちゃんかしら。

さて、今回は禰宜さんの特別のお計らいで、参席された方全員、細殿(立砂のあるところ)となりの土舎でお祓いをうけたのち、普段入ることのできない本殿での参拝を許されたのです。

P1100376

お祓いをうける土舎へ向かうみなさま。


P1100379


本殿に向かいます。
ここにはミニ立砂があるんです。
拝見できるのは皇后様が参拝される場所まで。
その奥にはもう一組の立砂があって、そこは天皇が参拝される場所とか。

う〜ん、なんだか身も心も清められたような、、、

P1100375

ちなみに皆さんにはこんな(何という名前なのか??)袈裟みたいなのをつけてもらいました。
なんだかカッコイイですね。

実は第一席のみ、スペシャル企画がついていました。
能囃子方、幸流の若きホープ、曽和尚靖さんの小鼓の奉納を聞けるのです。

残念ながら、私は裏方仕事で聞くことができませんでした。
上賀茂の聖なる森に山に響く小鼓の音はきっと荘厳だったでしょうねえ、、、

で、残念なので、お写真のみ,撮らせていただきました。
ぽん様とのツーショットで。


P1100348

さてさて、今回の主役のお菓子が千本玉壽軒さんから届きました。

P1100353

おおお〜!!
なんとこの季節にぴったりなきんとんと、葵のかたちのわらび餅。

いいですか、これはただの和菓子ではありませんのよ。
なんと和菓子と日本酒のフュージョンをめざしたものなんです。

で、その日本酒はどちらのかというと、、、、じゃ〜ん!
P1100387_2

このハンチョウさんのご実家、洛中に唯一残る造り酒屋佐々木酒造さんの看板酒、「聚楽第」の純米吟醸、大吟醸どすえ〜。

P1100367

後ろ姿しかお見せできませんが、こちら佐々木酒造の跡取り、ハンチョウさんの弟さん。
お兄さんの佐々木蔵之介さんより男前、というもっぱらの評判どおり、男前やわあ〜heart01

P1100358

今回はお茶が二煎のうえ、菓子盛りの数あわせに必死でしたので、あんまりお話がお聞きできなかったのが残念です。
(なので今回はあまり正確に再現できませんが)

宇治茶の8割を生産している和束から、宇治茶への熱い思いを語られた日本茶インストラクター松石三重子様のお話とともに和束の深蒸し新茶をまず一服。

そしていよいよお菓子の登場。

P1100355

器は葵の文様のはいった粉引。
諏訪蘇山さんの若いお弟子さん、林 益郎さん作。
林さんはこの日、裏方さんとしても活躍してくれました。

(ちなみにこの盛り方は主催・中川様のダメだしで盛り変えましたがcoldsweats01

佐々木酒造さん曰く、日本酒品評会は日本酒の裾野をひろげるのにはあまり役には立たない、むしろ日本酒以外の業種とのコラボで裾野を広げたい、と。

と、いうわけであれこれ試行錯誤を千本玉壽軒さんはされたようです。

和菓子の会のお菓子は既製のお菓子の概念をこえて、いろいろ新しい試みをされているものばかりなんです。(というわけで市販はいっさいされません)

主催・中川様のダメだし,まだか?の矢のような催促、叱咤激励のもと、みなさま、苦労を重ね、ときにはあきらめそうになりながら、最後にはより高く昇華されたようなものを作り上げられます。

これは京のきびしい大向こうの目にかなうよう、切磋琢磨を続け、日本一となった京都の伝統工芸そのものではありませんか。


P1100356

最後にお相伴させていただいたお菓子の感想を。

きんとんは中の餡にも、きんとんにも、上の寒天片にもお酒がふくまれています。
酒饅頭をもっと洗練させたような味で、ふわっと鼻腔にひろがる(大好きな)大吟醸の香り。
普通のきんとんよりはるかにこっちの方がおいしい。
なんでいままでこんなきんとんがなかったのかしら。

右のわらび餅、ただものではありません。
中には純米吟醸をつかった干し柿がはいっているのですが、これ、、、いままで食べたことがないお菓子になっています。
こちらの方が日本酒度高く、えもいわれぬ多幸感にひたったのであります。(酒飲みだからじゃないですよ!)

すばらしい!ブラヴォ〜!


だから和菓子の会はやめられないのよ。


P1100365

最後にお客さんにクジをひいてもらい、当たった方には先のハンチョウさんのポスター、このお酒「ハンチョウ」、和束のお茶を進呈。

最後の席の方には松石様がお持ちになった茶の木の枝もプレゼント。
挿し木で増やせるかも。

P1100368

ご覧のように新芽がでています。
いよいよお茶摘みの季節到来です。

さて、お待ちかねの(ということもないか、、、)足汰式。


P1100382

社務所の前にそろったところを撮ってみただけですが。

P1100386

いずれの馬も(お尻向けてますけど)美しいですねえ。

5月5日にはいよいよ競馬会神事ですよ。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349039/26403637

京都和菓子の会〜上賀茂神社・佐々木酒造さんとのコラボを参照しているブログ:

» 景色と和菓子にほろ酔い (京都・町家ぐらし)
←いつも来てくれておおきに、めちゃうれしおす ←一日一回ポチッと応援クリックお願いしますね ビエエエエ〜ン ダダ落ちですぅ。なにとぞ愛のポチポチクリックをよろしく ... [続きを読む]

» 京都・和菓子の会「皐月の京菓子の調べ」 (夢風庵の日々)
今回は世界遺産・上賀茂神社にて5月1日に開催されました。 まだまだ桜はその姿で楽しませてくれます。 写真は2頭だけですが、馬がずらっと並んでいました。 あとでいただいたリーフレットの主な年中祭典行事を見ると、この日は競馬会足汰式(くらべうまえあしぞ...... [続きを読む]

コメント

ほんとにこのわらび餅は絶妙でしたね。
京都に来てから、花粉症の鼻炎から味覚障害が起きていなくて(大阪にいる時は1年の内、数か月味が全く分からない状態)、味を感じることができてよかったぁ~って思いました。

山吹の季節ですね。
先日も出町柳よりぶらぶら散策、亀石で戯れる人やら下賀茂神社の深い緑をのぞみながら・・・散策していますと鴨川の流れがなんとも穏やかで平和だなあと・・・
幾多の国難時に造られた社がこれほどに荘厳な姿であり続けることこそに心が休まるのでしょうか・・・

お馬さまたち・・・比べられましたか・・・当日は見事に美しい神事となるのでしょうね。
和菓子も見事な美しさです。大人の嗜みなのですね。

一日しっかりお世話になりました。

おつかれさまさまです。

これに懲りず、今後ともよろしゅうに!

それにしてもわらび餅、昨日今日と事務局の方に「売ればいいのに」ってメイルが数件。
でも、たぶん、コスト的にとんでもないことになるんやないかと。

あら!しぇるさま、お手伝いされていたのですか?
私、3時からの会に寄せていただいてたのですよ。
和菓子の会は皆勤とおっしゃってたので、参加されているとは思っていましたが、午前の部で、もう帰られたのかなと思っていました。まさか、あの時、いらっしゃったとは!おみかけしてたのでしょうか?まさか私の所に、運んで来ていただいた方だったりして!お菓子に夢中で、全く気がつきませんでした。
小鼓、私も聞きたかったです。第一部は早々に満員になっていたので、あきらめたのですが、曽和尚靖さんは、私が入っている謡の連吟の会で囃子方をしていただいていた先生で、以前しぇるさまにも気軽に習える小鼓の教室もありますよと言っていた先生なのですよ。
神山にその音色がこだまして、それは荘厳な雰囲気だったことでしょうね。

お疲れ様でした~。
さすがしぇる様、私が見過ごしてたり聞き漏らしたことをしっかりメモっておられる!あとでトラバさせてくださいね。

私はあの、裏方ならではの出会いや舞台裏が好きで、このんでお手伝いさせていただいてます。

雨でしたが、それで緑がいっそうきれいやったですね。お菓子、ほんまに販売していただきたいほど美味しかったぁ。
佐々木酒造さんの「おちゃけ会」にもうかがわねばっ(ラッキーなことに、講義がお休みの日でした)

たまたま先日京都出身の同僚と、ハンチョウさんのご実家が蔵元で、弟さんが家業を継いでおられるという話をしたばかりです。お酒はほとんど飲めないのですが、お酒の味も香りも好きなので酒饅頭は大好物。この和菓子はさぞかし美味しかったのでしょうね。

夢風庵様

まあ、大阪はそんなに空気汚れてますか?
植物性のアレルゲンは京都の方が多いので、ずっと京都にいたら私の花粉症はひどくなるかも。半分大阪にいて、良いような悪いような。
あの吟醸わらび餅、ほんまに初めての味でした。おいしかったねえ、、、。happy02

nnya様

あら、昨日あの亀石をふんづけて鴨川をわたりましたの、私。
すっごく久しぶりの(学生時代以来か?)鴨川わたり。出町柳駅周辺、よく通ったお店がみんななくなって(柳月堂のみ健在)少しさびしかったです。
よい室礼のなかで、よい和菓子をいただく、というコンセプトの和菓子の会、今回も上賀茂神社という最高の舞台で、最高の御神酒のお菓子でした。
nnya様も一度御参加されませんか。
案内おくりますよ。

あまね様

あまね様こそ、毎度ご苦労様です。
こちらもお手伝いさせていただいて、(歳のせいか)若干疲れましたが、それ以上に楽しかったです。よい経験をいたしました。
次回もわくわくです〜。
コストねえ、、、たしかに採算度外視のお菓子かもしれませんねえ。coldsweats01
ありがたや、ありがたや。

京鹿子様

あら、意外なところで曽和様とつながりがあったのですねえ。私もお目にかかるのは昨年の虎屋での和菓子の会以来2回目でした。
今回は残念ながら聞き逃しましたが、試し打ちがちょこっと聞けたのでよしとしよう。
なかなか習うところまでは時間的余裕が、、、coldsweats01
ほとんど裏で菓子盛りしておりまして、お運びさんに手渡すだけでしたが、廻らないときは顔をだしてお配りしていました。もしかしたらお目汚ししていたかもしれませんわ。

ぽん様

まあ!おちゃけ会行けるのね!うらやましい。
明倫茶会はず〜っと行きたいなあと思っているのですが、土曜日である限り無理とあきらめました。(リタイヤ後だな、ねらうとしたら)
遅れましたが、ご一緒にお手伝いさせていただきありがとうございました。ぽん様の人脈の広さもみせていただきましたわ。
私も少しずつ京都人脈をひろげたいと思います。けっこうとんでもない人がおいでですねえ、京都は。
それからそれから、おいしかったね〜、あの吟醸、大吟醸和菓子、、、lovely

yuchi様

きんとんは酒饅頭をうんとうんと上品にした感じでしたが、わらび餅の方はこちらのお菓子の既成概念を軽く越えた物になっていました。
文章だけではうまくお伝えできないのがくやしいくらいです。
佐々木三兄弟の二番目が蔵之介さん、三男さんが男前の跡継ぎさん。なんと長男さんは東大出て優秀すぎて酒屋さんを継がないそうです。男前と秀才と、、、親御さんがうらやましいですわねえ、、、

こんにちは、しぇる様

わらび餅もフタバアオイの形、きんとんも瑞々しいこの時期ならではの色合いで頂くのが惜しいほどですね。
いいですねぇ、お酒と和菓子の会!すてきですわ~羨ましいぃ~。
そのころ私は、雨に強いウィンドブレーカーとジーンズで馬場にかぶりついておりました(笑)。
神事の様子をトラバさせて頂きます!

いけこ様

あはは、、、そのいさましいお姿のいけこ様、想像できませ〜ん。
明日はいよいよ競馬ですね。こちらも行かれるのかしら。
和菓子の会(お酒は今回だけですよ)もしよろしければ次回ご案内しますよ。毎回すてきな場所とお菓子で楽しめますの〜happy01

コメントを投稿