フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 糸桜一樹 瀑千丈 | メイン | 今日の桜は〜上賀茂の枝垂れ »

2011年4月 2日 (土)

大山崎山荘〜春

京都から少し西へ、アサヒビール大山崎山荘へ行ったのは昨年の晩秋、紅葉の美しい頃でした。

今日は今日とて大山崎山荘へ春を訪ねて。


P1010063

山荘への坂を登り切って、まず最初にお出迎えはハナモクレン。
P1010065


P1010067
そしてほぼ満開の枝垂れ桜。

P1010073
P1010074

庭園内にたくさんあると思われるソメイヨシノの開花にはまだかなり早く、この日の人出はそれほどではありませんでしたが、それでも枝垂れ桜の下でお弁当をつかっている方も。


P1010101

枝垂れの風情がいいですね。

P1010068

足元の可憐なスミレもお忘れなく。


P1010077

野の花も。


P1010080

蔓ニチニチソウ。
これ、宝塚の庭に植えていたんだ。
この季節、立ち上がるように咲く花をたくさんつけたっけ。

P1010103

この蕨は食べるには少し大きくなり過ぎかな。

P1010084

山荘の美術館。
ここは建物自体がすばらしい美術品なんです。


P1010088

やわらかな日差しはもうすっかり春のもの。

そして、この美術館のナンバーワンスポット、二階のテラスへ。


P1010090

どおです!この眺め!

保津川、桂川、宇治川の合流するあたり。

残念ながら、堤の桜はまだ薄く色づくばかりで開花まではほど遠そうです。
(枝垂れ桜の左手に一列に桜の木が並んでいるのがわかるでしょうか?写真はクリックで大きくなります)

実はここからの桜の土手の眺めがすばらしい、と教えて下さったのはいつもコメントをくださるMariko Ishii様。(「京都が好き」の著者さんで、その京都好きぶりははんぱじゃありません。私など遠く及びもつかないです。)

残念ながら他日は所用があって、こちらには来れそうもないので、少し早目の訪問となりました。

かくなるうえは満開の桜堤のイメージを脳内に描いて楽しみましょう。

P1010092

こんなものをいただきながら。

(やっぱりアサヒビール大山崎山荘ですから、アサヒビールですのよ)

P1010105

こちら、好日居さんもお手伝いされている中国茶会、年に何回かひらかれています。

今年も青楓の美しいと思われる五月に開かれるようで、これには是非参加したいと思っています。
皆様もいかがでしょう?

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349039/26239241

大山崎山荘〜春を参照しているブログ:

コメント

蔓ニチニチソウというのですか?
 ここら一帯は、工場跡地の宅地なので土質が悪くて悪くて。どうしても何も育たないんです。
 そこで唯一成長するのが多肉植物とハーブ(シソも無理で)、それとこの紫の花だけです。 
 一番好きな花の1つは、すみれですhappy01
 けど、このすみれは見たことないです。可憐でいいですね~

これも一眼レフですか。
光の具合、植物のみずみずしさが際立って見えます。
大山崎山荘の枝垂れの樹形の美しさ。

しぇる様が当方のブログを紹介して下さったので、
急に訪問者が増えました。

岡崎の桜を過ぎて冷泉通に曲がったところに好きなすし屋があったのですが、五条に移ったとか。
あの立地がよかったのに。
しぇる様はお魚が苦手でいらっしゃいましたよね。

ちょきた様

ツルニチニチソウは強いです。はびこりすぎて、お隣にも侵入しだしたので往生しました。でも春のこの花を見ると,完全に除去できないんですよね〜。
ちょきたさんに言われて、あれ、本当にスミレだったかしら、、、と慌てて調べてみたら、、、スミレって何十も種類があるんです。これはオオタチツボスミレってやつに一番近いかもしれません。
ほんとにかわいいですねheart01

Mariko Ishii様

勝手にご紹介してしまいました。(事後承諾よろしく、、、)

はい、この日も眼レフで写しました。持ち歩きは重くてちょっといやなんですが、やっぱり接写モードのきれいさが違うので。
おほめにあずかり光栄です。特にビールの写真が気に入っているんですが。

私は魚は苦手、と言いながら、お刺身、お寿司OKのワガママもんなんです。coldsweats01
冷泉通り、今はちょっとさびしい感じです。

春茶会、サイトを見ると特に予約なしで行けて椅子席のようですね。
ずっと行きたかった場所、この機会に行きたいですわ。

夢風庵様

では日曜日にいっしょに行きませんか?
ただ、駅からはシャトルバスとしても、そこからもちょっと坂道なのでおみ足が心配です、、、、

コメントを投稿