フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 中川政七商店・奈良本店〜あーとさろん宮崎 | メイン | 出町〜賀茂大橋ノスタルジー »

2011年3月 8日 (火)

橿原市・今井町〜江戸時代へのタイムスリップ

この機会にと、ずっと行きたくてなかなか行けなかった、貴重な歴史的町並みを残す今井町に足をのばすことにしました。

奈良市街地から車で小1時間(または近鉄橿原線・八木西口駅下車)、こんなところに江戸時代の町割りが残っているのか?と思えるような景色の中、おお、あれはなんだかその匂いがする、、、、


P1090515

といってもこれは明治36年の建物、奈良県指定文化財旧高市郡教育博物館、現在は今井まちなみ交流センターとして、今井町歩きの前に情報を仕入れることのできる場所になっています。

P1090518

江戸時代の今井町の模型。
廻りを掘り割りで囲まれ、実際要塞都市としても機能していたそうです。

説明は町民のボランティアさん、ここが見所、ここははずさずに、1時間半ならこのコースで、ととても親切に地図にいろいろ書き込んでくださいました。

さあ、いよいよ江戸時代にタイムスリップだーhappy02


P1090520

おお、いきなり映画村のような、、、いえ、失礼、映画村よりはるかにりっぱです!

P1090536

歩くたびに展開する歴史的町並みに私の目はlovely

ご覧の通り、電柱、電線、ありませ〜ん!

P1090533

中世、攻め込まれても敵が直進できないように、京都みたいに碁盤の目の町割りでなく、筋違いの道を多用した町割りになっているそうです。


P1090559

今井町が歴史に登場するのは14世紀、興福寺の荘園としてなのですが、戦国時代、称念寺を中心に寺内町を形成。

戦国時代は次々と変わる支配者に対抗するため、濠で町を囲み土塁を築き自衛のため闘ったそうです。


P1090524

(厨子二階の意匠にも注目ね!)

その力には戦った織田信長も一目置き、都市としての自治権を与え、以後「海の堺、陸の今井」といわれ自治都市として栄えたそうです。
P1090525

こちら河合家住宅、18世紀にはすでに酒造業をいとなんでいたそうですが、いまでも河合酒造を営業されています。


P1090526

中も拝見させていただけます。
おお、あれは駕篭ではないか!


P1090527

広い土間にはおくどさんもあります。
こちらのお酒を一杯試飲もさせていただきました。


P1090529

さて、今井町、江戸時代にはいると幕府の天領になります。
しかし豊かな今井の財力が魅力であった幕府は、これを支配するのに、優遇をもっておこないました。

惣年寄を頂点に、警察権・司法権・行政権を与え、自治的特権を与えたのです。


P1090539

元禄年間には「大和の金は今井に七分」と称されるまでに繁栄したそうです。

P1090548


東西600m、南北310mしかない小さなエリアなのにすごいですね。
そういえば、立ち並ぶ町家はどこもたいそう立派な物がほとんどで、贅を尽くして造られた、、、という感じがわかります。

P1090573

雨樋にも金をかけてますね〜。
こいう意匠を見て歩くだけでも楽しい。

P1090608

P1090611


今井町は明治維新を経ても鉄道敷設に反対するなど、結果的には江戸時代からの町並みのみならず、自治都市としての結束力も保存することに成功したのですが、、、

P1090535

戦後、建物の老朽化で多くの民家が倒壊寸前。
そこを民家調査に来た東京大学工学部建築学科の学者グループが再発見、これは国の重要文化財に指定する価値がある、と運動した結果、今では8軒が重要文化財指定をうけています。

P1090545

そうしたお上からの保護だけでなく、町民自身による「町並み保存運動」がおこり全国にさきがけてNPO法人などつくり努力されているとか。

P1090541

ただ、中には住む人もいなくなった空き家が100軒ほどあって、この空き屋対策も重要とか。
観光客に開放している民家に、ガイドを兼ねて常駐するのは、手弁当の住民のボランティアさん。
みなさん交代でされているそうですよ。


P1090554

もちろん現在でも住んでおられる方もたくさんいて、そのうち文化財指定を受けた家などは、その家の住人さん自らがガイドしてくださるのです。

なんという、町並みに対する意識の高さ!


P1090552

まあ、それも遠い先祖の時代からほとんど変わらず、濠に囲まれた半閉鎖空間で、ともに生活してきた住民同志の強い絆あればのことでしょう。

P1090570

京都のように大きな都市で住人の流入出が多いところでは、この方式はむつかしいでしょうね。

P1090534

空き家の利用法として、体験宿泊のできる施設もありましたよ。


P1090561

江戸の町並みでも、生活するのは今の人々。
ここらの小学生はうらやましいなあ。
この町並みの価値を忘れないでね。

P1090617

こういう生活感たっぷりの民家もありますの。

最後に今井を代表する最大の民家、今西家のご紹介を。

P1090580

まずは二条城をおもわせるような風格のある外観、明らかに他の建物との格の違いを認識できます。


P1090577

この家は町の一番西のはしに出っ張るような形でたっています。


P1090578

壁の定紋は「川井」、かつて今井町の惣年寄を代々つとめた川井家をあらわしています。
大坂夏の陣で大阪方に攻め入られたとき、川井の一族が戦い町を無傷のまま守ったことから、「今井の西をよく守った」ということで以後今西家となのったそうです。


P1090585

まあ、一歩入ってその規模に度肝をぬかれます。
今西家の方は、現在この家には住んでおられませんが、すぐそばの家にお住まい。
そして観光客の求めに応じて説明をしてくださるのです。

P1090596

先に述べたように、自治都市の惣年寄ですので、警察権、司法権があったので、この広い土間は御白州として使われていたとか。


P1090594

この途中までしかない敷居の溝がわかるでしょうか。

賊が攻めてきたとき、とっさに雨戸を閉めると自動的にロックできる構造になっているそうです。

P1090597

戦後解体修理が行われ、出てきた棟札により、1650年の建立ということがわかったそうです。
その時に、この大きな梁の3本のうち、1本だけが使い物にならず新調したのですが、どれだかわかります?

実物だとわりとはっきりわかるんです、一番手前の1本だって。
さすがに360年の年輪にはかなわないものがありますね。


P1090613
今井町の民家でよくみかけるこの「駒つなぎ」、実はこんな所にも意匠として使われていました。


P1090614

京都のしっとりとした情緒のあったエリアが、けばけばしいお土産物屋に占拠された悲しい場所にかわってしまった例をいくつかしっています。

今井町はおそらくそんな二の舞はふまぬことでしょう。
観光客は、静かに歩いてこの町並みを楽しみましょうね。

同じ場所に同じ住民が昔からずっと住んでいると、しがらみなどもあって大変では?と思っていましたが、今西家の方の言葉がとても印象的でした。
「昔から同じ住民が住み続けていることが私たちの誇りなんです。」

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349039/26102305

橿原市・今井町〜江戸時代へのタイムスリップを参照しているブログ:

コメント

うーん、すばらしいです。

実はこの今井町、15年ほど前に取材をしたことがあり、
いつか風の会の遠足で行きたいと思っております。

やはり商売がある町はちがいますね。

みなさん、いろいろ言われますが、
要はその気があるかないか…のような気がします。

ものすごく昔に行ったときは、アルミサッシのはまったイマドキ改造の家が多くて「保存は大変やなぁ」と思ってたんですが、そういうとこも綺麗に昔風の造りに改築されてるようですね。
住み続けながら補助金を貰って改修するとなると、いろいろ不便もあるんですが、なんとか残ってほしいです。町家のお店と更地後のマンションばっかりになってしもてる、京都みたいにならんように。

あまね様

すでにこちら、行かれていたんですね。
まあ、むべなるかな、でおどろきませんけどcoldsweats01

戦後の建築物老朽化→とりこわし、建て替え、、、、となる前に東大の先生方が救ってくれてよかった、と思います。
以後は住民自身の「その気」がすばらしかったのでしょう。

京都は、、、、大都市の機能ももってしまったので、住民同士の絆が希薄化したのが敗因かもしれません。
今からでも遅くない、と思うのですが昨日あった町家が今日は更地に、、をみかけるたびに、なんだかなあ、、、と。

ぽん様

も、さすが、すでにこちらにおいででしたか。

アルミサッシ、、、う〜ん、戦後の荒廃ぶりが想像できるようです。
そこからの住民パワーがすごかったのですね。
いまではサッシの家はほとんどみかけませんでした。
町を歩いていても、きょろきょろしていたら、通りすがりのおじさんが「東はあっちやで、西はこっち。」と教えてくれたり、かど掃きをしていたおばさんがいきなり自分ちの解説をしてくれたり、町中が一丸となって、、、というのがすごいです。

先日テレビでも見ましたが、すてきな町並みですね
うちの周りはいろんな建物が混在していてweep

守っておられる方がたに感謝ですね

しぇる様 行ってこれたのですね。
私も今井町は行ってみたいと思っています。
古きよい日本が残っているのですね。

お恥ずかしながら、初めて知りました。有難うございます。
素敵ですね~。住んでいる方々の気持ちが伝わってくるような町並み・家屋ですね。何かを大切にする、大切に生きるって、大変な努力もあると思いますが、いいもんですね~。

kamesan様

ばらばらと古民家が散在しているところはけっこうあるのですが、町全体、という規模の町並みは壮観です。
でも意外と知らない方が多い。お店やアトラクションがあるわけではないので、みんながわっとおしかけることがないのが、かえっていいのでしょう。
静かに雰囲気を楽しめる、ある程度の年齢のいった人向きの場所なのかもしれません。

ひいらぎ様

奈良からさらに南下するので、少し遠いように感じますが、それでも行くだけの価値はおおありです。
一度足をのばしてみてください。

ちゃみ様

ほ〜ら、関西にもどりたくなったでしょう?happy02

外から見るぶんにはすてきだな〜、ですむのですが、住み続けるとなると、確かに掃除一つにしても大変そうだな、と思います。
それを差し引いても住み続けることに価値を見いだしておられる方が多いのはすごいですね。
もちろん、こんな車の通りにくい町は住みづらい、と離れていく方もいないわけではないのでしょうが。

初めてコメントさせて頂きます。

今井町に興味があって、検索しておりましたら、
こちらのブログにたどり着きました。
大変キレイなお写真、参考になりました。
ありがとうございました。

他にも検索していたら、来月、
今井町にある今西家が無料公開されるようです。
http://ameblo.jp/yotto1192/entry-10852020073.html#main
http://ameblo.jp/eshi-jinchan/

無料ですし、どうしようかと思っていたのですが、
こちらのブログを拝見して行ってみようと決断いたしまして…。

急なコメント、失礼いたしました。

通りすがり様

コメントありがとうございます。
お教え下さった今井町関連のブログ、こんなのもあるのですね。
こちらこそ勉強になりました。
もし、まだ今井町においでになったことがありませんでしたら、是非、お出まし下さい。気候もよくなりましたし、感激することがやまほど見つかると思います。奈良はよくぞこんな町並みを残しておいてくれたものだ、、と思います。維持していくことはたいへんでしょうが、たくさんの人が訪れることが、きっと役にたつと思います。

古い街並みの写真を探して、このブログに辿り着きました。
今井町の街並みの、p1090559.jpgの写真の使用許可をお願いしたいと考えております。
使途・使用条件等のご相談が必要でしたら、メールの方でご連絡頂けますと幸いです。
宜しくお願い致します。

街並み探し様

どなたが撮っても同じような写真になると思いますし、個人の持ち物ではありませんので、どうぞお使いくださいませ。

今井町写真使用許可の方、ありがとうございます。
p1090536.jpg
p1090533.jpg
の2枚に関しましても、併せて使用許可をお願い致したしたいと思いますので、念のため、ご報告致します。
お手数お掛けします。
宜しくお願いします。

しぇる様へ
 今井町にも、行かれたのですね。
私の居住地は、京都府の南端ですが、中学、高校の6年間は奈良市内の学校に通っていました。
当時は、今井町には及びませんが、奈良市内にも、立派な大和造りの、重要文化財にも指定されてもおかしくない町屋がそこかしこにありました。残念ながら、近年は。それらが、安手の今様建築に取って変わられています。唯、奈良町界隈では、古くて新しい大和造りの町屋を保存し、守って行こうとする気運が芽生えています。

narahimuro様

ならまちも大好きで、よく行きます。
みるたびに町家が次々とお店などに利用されていっていますね。
町並みが保全されるのはよろこばしいのですが、中にはどうもならまちになじまないようなお店もあることが心配。でもきっと陶太されて、よいお店だけが残ると思います。
ならまちのはずれの高畑あたりの雰囲気も好きです。
京都がなければ奈良に住んでいたと思いますわ。

私も1週間前に出掛けました。大和八木駅から歩いて少しの所でした。大阪の富田林の寺内町に似てますね。河合家で試飲試食したにごり酒、酒ケーキ美味かったです。駅から今井町までの途中何故か松山千春の「タイニーメモリー」て曲を口ずさんでしまいました(笑)。江戸(?)時代にタイムスリップした様な気分になれましたcoldsweats01

うぼで様

富田林の寺内町もいいですが、今井町はなんといっても規模がちがいますね。それに建物を守る、という町民の意識がより組織的という感じです。いままで守られてきた街並み、かなりの努力をしないと残せないご時世というのもつらいです。

コメントを投稿