フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 東大寺修二会〜お水取り2011 | メイン | 橿原市・今井町〜江戸時代へのタイムスリップ »

2011年3月 6日 (日)

中川政七商店・奈良本店〜あーとさろん宮崎

奈良に行くときには必ずよるカフェやお店がいくつかあります。


今回またあらたに寄る場所が増えてしまいました。
京都店も最近できたばかりの中川政七商店の奈良本店。

もとは奈良晒を扱っていた商家、近鉄奈良から近い、もちいどの商店街からちょっとはずれた細い小路に本店があるんです。
こちらの商品は大丸などのデパートでも買えるのですが、やはり大きな町家だという本店へ行ってみたいなあと思っていたのです。


P1090394

1階の表はモダンですが、厨子二階をみてもらえればわかるようにりっぱな町家なんです。

P1090506

中は遊・中川ラインや粋更ラインのお店になっていて、ついつい買い物にはしってしまふ、、、。

茶房がついているのはここだけ、さっそく靴を脱いでお座敷へ。

P1090398

だいどこの間にあたるところはテーブル席で。


P1090399

奥座敷はこのような、たいそう私好みの席になっておりますlovely

P1090400

お庭もりっぱで、

P1090497

トイレなどは正しく「屋外」にあります。

初日いただいたもの。


P1090404

「むしやしない」(まあ、軽食ですね)のあったかいにゅうめん。
とろみのついた出汁に生姜がたっぷりであったまること。
ありがたや。

で、翌日も友人をつれてまた行ったのです。うふふ。


P1090498


膝を痛めている友人のために今回は座敷のお隣のテーブル席で。

P1090501

寒さにちぢこまった体にやさしいお重ランチ。

2ヶ月ごとにメニューはかわるそうですが、大和菊菜の柚子浸し、五穀生麩と里芋の行法味噌田楽、たたきごぼうの胡桃胡麻和え、蓮根の甘酢和え、奈良漬、古代チーズ「蘇」、黒米ごはん、、、、などなど健康によさそうなものばかり。


P1090502

お重についてくる五目野菜の餡かけ。
これも生姜がよくきいて、おいしかった。

P1090503


デザートの大和茶アイスは鹿の最中付き!
スプーンは水牛の角製。

ここは小物にも凝っていて、各テーブルにのっているのはこんなもの。

P1090401

紅白のはコーヒーシュガー。
ちいさな関守石のような小石は伝票押さえ。
下の古帛紗の文様は笹蔓緞子ですが、左のはしにうつっている座布団をよくごらんください。
わかりにくいですが、これも笹蔓の文様なんです。
まあ、おしゃれlovely

というわけで、奈良にきたときに素通りできぬ場所がまた増えてしまいました。

素通りできぬ、といえば前からお気に入りの場所、高畑のあーとさろん宮崎さん。

P1090507_2

アンティークもあつかっているギャラリーで、この日は版画展をされていました。

こちらの奥のカウンターではコーヒーをいただけるのです。
そしてここのカウンター廻りがいたく気に入ったあげく、今の家を造るときになぞらしてもらったものなのです。

参考までに2年前の記事のカウンターの画像です。

P1040907

こちらのオーナーさんは相変わらず忙しく遊びに仕事に飛び回っておられるようです。
いつもコーヒーをいれてくださるのは娘さん。

奈良の赤膚焼の茶碗がほしいと前々から思っており、いろいろお聞きしたのですが、ほんとうに陶芸作家さんのことをよくご存じで、とても勉強させていただきました。

P1090512

こちらで使われているお茶碗(いずれも作家物です)をあれこれ出していただいて、手にとって拝見させてもらいました。

奈良絵(右手前の茶碗、左の湯飲み)のお茶碗は絵がピンキリなのですが、こちらの窯のものはとても丁寧で緻密できれいです。買うのならこの窯のものだな、と心に決めました。

そして真ん中奥の生成り色の茶碗、これがいたく気に入りまして。

やはり裏千家のお茶をされている娘さんの先生が東大寺で釜をかけられた記念のお茶碗だそうで、なんの模様かわかりますか?

そう、大和三山(香具山、耳成、畝傍)なんです。

奈良絵のものはすぐ大和のものだとわかりますが、このお茶碗のようにさりげなく、大和を主張しているのもいいなあ、、と思いました。

P1090513

一見伊賀にみえるこの鉢、実はえらく気に入りまして。
これも作家さんのもの。

これに水を張ったら、肌に水がしみでて美しいだろうなあ、、と思っていたら、やはり立礼のお茶会でお客様に見せる茶巾入れとして水を張って使われたとか。いいですねえ、想像してみると。

というわけで、今回もなにがしかの収穫を得ることのできた居心地のよいスペースなのです。

そうそう、こちら生菓子を持参すると、これらのお茶碗でお抹茶をたてていただけるそうですよ。
次回は持って行かなくちゃ。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349039/26091971

中川政七商店・奈良本店〜あーとさろん宮崎を参照しているブログ:

コメント

とても良いふいんきですね
やっぱり町屋は違います
ゆっくり散策したいです

kamesan様

奈良の町家もいいですよ。
京都のよりやや大きい物が多い印象です。
次回の記事は奈良の町家がてんこもりのものになる予定coldsweats01

ほんまたくさん素敵なお店ご存知ですね。
お墓参り(富雄にあるんです)の時、奈良まで足延ばして行こうかな・・・

夢風庵様

中川さんは近鉄奈良駅からなら徒歩10分以内です。
おすすめ〜happy01
帰り、近鉄特急で京都まで35分だった!近くなったのでまた行こう!

コメントを投稿