フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 佐川美術館〜楽吉左衛門さんの茶室 | メイン | 産寧坂〜二年坂〜高台寺・中谷でのある邂逅 »

2011年1月 9日 (日)

茶わん坂〜近藤悠三記念館

祇園さんから五条の方をめざします。
遠景に八坂の塔。

P1080618

しっとりとした石畳の小路もあり、古い町家もたくさん残る「京都」らしいエリアです。

P1080622

P1080625

八坂の庚申堂などながめつつ、、、

P1080628

おや、この辻はよくTVの京都シリーズによく出てくる場所では?


P1080631

これこれ。
京都もの、といったらやっぱりここでしょう。


P1080632

めざしたのは清水さんの参道にほぼ並行する茶わん坂。

あり?

なんだか閑散と、、、、
正月から日もたっていないし、完璧に観光シーズン外しているので、閉まっているお店が多いぢゃないか、、、、

P1080641

でも元気にあけているお店もあって、ぶらぶら眺めながら坂を登ります。

P1080634

あ、清閑寺窯だ。
仁清の流れをくむきれいな色絵の抹茶茶碗を作っておられます。

P1080638

こちら、ちらっと拝見した奥のお庭の様子がとても良い感じの東哉(とうさい)さん。
日常使いの器も手に入るそうです。

P1080644

とあるお店のウインドウで見つけた仏手柑の器。
お正月ですものねえ。

目的地はこちら。


P1080646
近藤悠三記念館


染付で人間国宝になられた近藤悠三さんのご自宅であり(現在は息子さんの濶さんのご自宅)その作品の一部が展示されているミニギャラリー。


実はここには30年以上前、いちどお宅におじゃましたことがあるのです。
大学の心茶会の仲間と息子さんの濶(ひろし)さんにご指導いただいて作陶させていただいたのです。
濶さん、いまではもう古稀を越えられていると思いますが、当時すんごい男前だったんですよ〜。

なにしろ親戚筋が俳優の近藤正臣さんですからねえ。
でも正臣さん以上の男前でしたのよlovely

あら、話がそれました。コホン。

ちなみに濶さんの息子さんの高弘さんも現在陶芸家として活躍されておられます。

P1080683

悠三さんのお師匠はあの富本憲吉。
とちゅうで袂を分かったはといえ、一時は民藝に共感していた富本ですので、その影響でしょうか。
悠三さんの作品はとてもおおらかで、素朴で、あたたかい。

赤地に金彩というと普通は緻密な金彩絵を連想しますが、彼のは地の赤が透けて見えるくらい、筆の勢いでかすれて描かれています。
白磁に暗紅色の椿の絵付の大壺は、李朝の鉄絵の壺など連想させ、なんといっても青い染付がのんびりした感じでいいですねえ。


仕事場を再現したコーナーもあって、試しに作陶したか?とおもわれる様々な焼き、釉薬のぐい飲みがガラスケースの中に。
彩色に使われた筆は当時のまま、悠三さんの息づかいを感じさせてくれました。

展示された叙勲や京都市・府からの表彰状など、授与者の名前がなつかしい政治家の方々の名前で、ああ、こういう市長さん、知事さん、大臣さん、おったな〜、、、と。

亡くなられたのは昭和60年でしたから、私が京都に住んでいた時期にもご活躍だったのですね。


P1080647

記念館を出て、みおろした茶わん坂。

え?その濶さんとこで作陶した物はどんなできだったか?、、ですって?

実はあるんです。
今だにわが家に。
あれだけ(結婚後6回)引っ越ししたのに失われずに。


P1080756

天目茶碗を目指したにもかかわらず、建水か?といわれた分厚い、重たい茶碗。

今でも時々点てておりますのよ、この茶碗でお抹茶を。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349039/25733156

茶わん坂〜近藤悠三記念館を参照しているブログ:

コメント

八坂神社から下がった所辺りが、石塀小路ですね。
昨年暮れにお呼ばれでお食事に行きました。
名店が多いのでおいそれとは行けません。
矢張りこの辺りが京都を代表する街並です。

八坂の塔の直ぐ下で両親が住んでいた事もあります。
京都に住んでいながらこんな風景を見ると懐かしさがこみ上げてきます。
原風景だからでしょうか。

otyukun様

おひさしぶりです。
京都に越してきましたので、一度はご挨拶にいかねばとおもいつつ、ごぶさたしております。

そうですか。
私はよそからの移住組なので、生まれながらの京都人が、こういういわゆる観光京都的景色をどのように見ておられるか、知りたいと思っておりました。
よそさんと同じく、京都の方もこの景色に懐かしさを感じられるのだな、ということがわかって、なんだかほっとしました。

しぇる様

いつもブログを拝見するたびに
しぇる様のご健脚には感心します
今日はmixiで知り合った若い友人が訪ねてくれ
一日過ごしました。
移動は自動車でしましたが、それでもくたくたです。
その上いろいろなことに質問が矢のように飛んで
きますので、その対応に知識が追いつかない。
しぇる様も斯くの如きでしょう。
気力、知力、体力ともに、うらやましい限りです。
先日来、体調を崩していましたが今日は頑張りました。
でも無理しましたので、また、寝込むかもしれません。

しぇる様も、時節柄、お体ご自愛くださいね。

野中の清水様

いえいえ、私の場合は体力だけですので。
でも過信は禁物ですね。

友あり遠方より来たる また楽しからずや、、、で、わざわざ訪ねてくれる友人があれば、ちょっとは無理してしまいますよね。
ご体調をくずされておられたとのこと、お大事になさってください。
私は無理をすると風邪をひく、、、という形で体にはねかえってきます。
幸いなことにこの冬はまだ風邪をひいていないので、もっともっといけそうですcoldsweats01

遅くなりましたが明けましておめでとうございます。
そしてお嬢様のご結婚と京都への無事お引越し、重ね重ねおめでとうございます。
我が家では息子の帰国と同時にインターネット回線は占領されるは娘にパソコンは占領されるは本人は怠け者だは(ここが一番曲者なんですが)、とちょっとブログにもご無沙汰してしまったので、しぇるさんのページも時系列で11月まで拝見しました。これから徐々に現在に追いついていきますね。coldsweats01
この記事を拝見しても京都住まいを満喫していらっしゃるのがわかります。いいですねぇ。

yuchi様

まあ〜おひさしぶり〜!!happy02
ちょっと心配しておりました。
お元気で、しかも息子さんともごいっしょに住まれておられるとのこと、にぎやかそうで安心しました。
私の方はそんなこんなで環境は変わりましたが、この歳になると、少々のことではうろたえませんので、今まで通りにやっております。
休みの日はそれこそフル回転で京都満喫!、、、を義務(?)づけております。
これからも是非、パソコン奪還してブログ更新続けて下さいませ!
またお邪魔しに行きます。happy01

コメントを投稿