フォトアルバム
Powered by Six Apart

祇園祭2011 Feed

2011年7月31日 (日)

今年の祇園祭おさめです〜八坂神社・夏越祭

一月にわたる今年の祇園祭も本日の夏越祭でいよいよ締めくくりです。

P1120187

八坂神社境内の摂社、疫神社。
蘇民将来をまつっています。(厄除粽に書いてあるあれです)


P1120191

祇園祭関係者だけでなく、一般の参拝者も茅輪くぐりをして無病息災を祈ることができます。

P1120193

いやあ、おわっちゃったなあ、、、今年の祇園祭。

京都にでもどって初めての祇園さんは曜日巡りがよく、かなりのイベント神事を見ることができました。
(何に対してかよくわからないながら)がんばったので、良い感じで燃え尽きましたわ。
なので、関係者でもないのに、一ヶ月にわたる祭をやりとげたような擬似達成感があって、茅輪くぐりで締められてとても満足。(あ、できれば来年は鉾立て、試し曳きなどを、、、)


P1120194

こちらから茅(かや)をいただきます。

P1120196

垣根に差してある茅をいただくこともできます。

P1120203
さてこの茅ですが、慣れた方は上手にくるくると、観光客は神社の人や地元の方に指導してもらいながら、ミニ茅輪をこしらえます。
P1120199

P1120201

完成。
なんだかなあ、、のできですが、これも粽といっしょに玄関に掛けて、厄除けとします。

おお!
お隣の方の茅輪!
なんと美しいできなんだ!

P1120202

とにもかくにも、今年の祇園祭、無事おわりました。
また、来年wink

2011年7月28日 (木)

神輿洗の神用水

今日は祇園祭の華やかイベントとしては最後の神輿洗い。

20時から四条大橋の上にて。

神幸祭に先立つ10日におこなわれた神輿洗式とほぼ同じです。

今晩はさすがにちょっと行けません。

でもね、でもね、、、、

こういうのだけはみつけちゃうんですよ〜happy02

P1120143

ほんとに別件で宮川町へいったんですが、その宮川町にほど近い鴨川東岸、斎竹にかこまれて、今夜の神輿洗に使われる神用水が三桶、鎮座されているのを偶然にも発見!(もしかして、よばれたか?)

(しかしだれも見張りしていないけれどいいのか?)

朝10時に六桶、鴨川の水をくみ、ここでお清めをして、三桶はここで、残りの三桶は仲源寺(めやみ地蔵)さんに予備として保管されるとか。

今夜の神輿洗式には行きませんが、こちらでいいものを見たので、今年はこれで満足ですわ。

祇園祭も、あと31日の八坂神社、茅輪くぐりだけになったわねえ。
(当然、締めのため行くけれど)

2011年7月25日 (月)

祇園祭・花傘巡行〜還幸祭

1週間前の神幸祭で、四条寺町の御旅所にお出ましになられた神様の乗られた三基の神輿。
24日に八坂神社におかえりになります。(還幸祭)

それに先立つ花傘巡行。

もともと24日の還幸祭にさきだつ後祭りの山鉾巡行が、昭和40年を最後に観光のため17日の前祭の山鉾巡行と合併されたことにともない、あらたに創設された行事。
だから歴史は浅いのですが、きれいどころが多くて華やかです。

P1010568

朝10時前、八坂神社の北の出入り口あたり、巡行の準備が整ったようです。

P1010573

わ〜、花傘娘〜。

P1010574
すてきね〜。lovely
学生の時にこれのアルバイトをやった友人がいましたが、やっぱ年齢制限があるんだろうなあ。
(20代までか?)

P1010578

薄衣にすけてみえる赤い帯も八坂さんの紋。

P1010584

これから四条通へくりだします。

P1010587

華やかな幌(母衣とも)を背負った幌武者。
戦国時代には、その目立つことからお使い番などの衣裳だったそうですが、実際後ろからとんでくる矢や弾から身をまもる実用性もあったとか。

P1010591

お迎え提灯の時にも巡行していた馬長稚児さん。
「最後までがんばれよ〜!」と沿道からかけ声も。
そうそう、しっかり〜!

P1010595

そろいの着物に水色の傘がいきな行列は八坂神社婦人会。
年齢的にはこれなら私でもいけるかも〜。(いけへんて)


P1010600

京都織物卸商業組合が出す5基の傘鉾のうちのひとつ。
このうしろに織物業界関係のお嬢さん達の、涼しげな着物をお召しになった行列が。

P1010604

おお〜!
先斗町のきれいどころ〜。
やっぱりその筋の方は艶やかさがちがいますなあ。

P1010606

こちらは祇園東。
いやあ〜きれいやわぁ。


P1010607

祇園祭の期間だけ、舞妓はんは「勝山」という特別の髷を結わはるのですが、これはちがうようですね。
一度勝山、見てみたい。

P1010609

津和野から逆輸入(?)された鷺踊り。

P1010614

羽根を広げた形はこんなふう。

規模としては小さい巡行ですが、とても華やか艶やかな行列でした。

一転して夜の部は男の世界!

還幸祭の神輿を拝みに三条通へ。

昨年は御旅所からのお出ましと、巡行後に八坂神社までお帰りのところを見ることができましたが、今年は巡行中を見ようと思って。

神輿は三基とも別々のルートで巡行するのですが、三条通は三基とも通ります。
なので寺町あたりからどこかで出会うだろうと三条通を西へぶらぶら。

P1120104

すると宮本講社神宝奉持列と烏丸三条の伊右衛門カフェの前にて出会えました。


P1120112

中御座を先導する、還幸祭の久世駒形稚児さん(神様の依り代)まで、まぢかで見ることができました!
いやあ、りりしいわあ。lovely

後続の神輿をお迎えに三条通をさらに西へ。


P1120115

このあたりは夜はとくに昔ながらの情緒がありますね。

P1120116

涼みがてら、あちこちの家の戸口でお年寄りも小さい子たちも出てきて神輿をまっています。
ほんとうにこのあたりでは祇園祭は地元の祭、,,という感じがします。


P1120120

そうこうするうちに堀川通りの東で三若の中御座がやってきました。


P1120124

スミマセン。
暗かったので、写真ブレブレ。
総勢400人の行列ですが、ここでは差し上げとか派手なことはないので「ヨイサーヨイサー」のかけ声だけ。


そのあと堀川通りを越えた向こう、三条会商店街のほうで賑やかなかけ声が。

P1120130

四若の東御座のようです。

この三条会商店街のなかには還幸祭の時に三座ともおたちよりになる御供社(ごくうしゃ)という八坂神社の末社があるのです。(その前に「オハケ」というミニ芝生のようなものが飾られるらしいのですが、今回はそこまでいくのは断念)

御供社は、もともと祗園御霊会の発祥の地である神泉苑の一角にあったそうですよ。

P1120134

差し上げ、ゆさぶりをやっていた東御座の神輿が、三本締めのあといよいよ動きだし、こちらへ近づいてきました。

え?え?


P1120135

ううわあ〜〜〜
男達のカタマリが押し寄せてくる〜
せまい商店街、逃げ場がない〜


P1120136

流されないように、つきとばされないようにこんな写真を撮るのがせいいっぱい。


P1120139

ぷは〜、、、とおりすぎた。


明日から始まる一週間のため、今年はここでお別れしました。

あ、三条会商店街の入り口にある三条若狭屋さんの「稚児餅」、忘れずに買って帰りましたよ。

P1120140

2011年7月22日 (金)

四条御旅所〜下鴨神社・みたらし祭

いつも朝通勤に利用するバスは、四条河原町の停留所がちょっと阪急の出入り口から離れています。
ちょうど四条お土産物センター前がそのバス停。
時間もぎりぎりなので、バス停から阪急乗り場まで、毎朝、四条通を疾走しているのです。

ところがなんと、祇園祭の間はお土産物センターは神輿の御旅所に早変わり。
そしてバス停までその前を避けて、手前、しかも阪急出入り口の真ん前にとまってくれるんです。
ラッキ〜!
けれどバス停の位置まで変えちゃうって、祇園祭ってすごいです。

P1120050

神幸祭で、八坂石段下で大暴れした三基の神輿が鎮座されています。
ここに7日間お参りし、その間御旅所から家に帰るまで誰とも口をきかなければと願いが叶う、というのが「無言参り」。
まあ、私には無理ねcoldsweats01(7日通うのも、しゃべらないのも)

P1120054

御旅所に生けられていたのが祇園祭のシンボル的な花、ヒオウギ。
これがほんとうのヒオウギなんですね。モントブレチア(ヒメヒオウギスイセン)と花は似ていなくもないですが、葉っぱが全然ちがう。
これは一度見たら忘れられない印象的な造形です。

このあと、バスに乗って、東山安井にある柏屋光貞さんへおつかいものを買いに。

P1120056

カーテン閉まっているけれど、戸は少し開いているので中へ入ってみると、、、、
お店のかたが三人、なんだか疲れた顔をしてすわっておられた。
なんと、「今、休み。28日まで仕事になりまへんのや。」

へ?

あとで、こちら1年に一度だけ、祇園祭の宵山の日のみ予約販売されるという「行者餅」で有名なお店だったのねえ。
(知らないってコワイ、、、、私は大好きな摺干琥珀「おおきに」をもとめにいったのだが)

人気らしくて大量に売れた模様。
なのでお疲れで材料もなかったのかもしれませんね。
いやあ、来年の祇園祭の課題がまたできちゃった。


さてさて、場所かわってこちら夜の下鴨神社。

P1120058

いつもは暗くて静かであろう糺の森に灯りがたくさんともります。

土用のころにおこなわれるみたらし祭、足つけ神事がはじまっているのです。


P1120062

マイナーなお祭りかと思いきや、すごく大勢の人で賑わっています。
夏休みにはいったせいか子供連れの家族が多いです。

P1120063

この提灯は、、、、おお!みたらし団子だ!coldsweats01

みたらし団子の起源はこの下鴨神社の御手洗川の泡、、、らしいので。

この足つけ神事は平安貴族たちの禊ぎからきているものらしく、土用の丑の日に御手洗池の中に足をひたせば、罪、けがれを祓い、無病息災ですごすことができるというもの。

P1120066

受付で200円払うとこのロウソクをくれます。
裸足になって、いざ御手洗川へ。
1年にこの期間だけ、入ることを許される川です。
(葵祭の斎王代が禊ぎをされる川でもあります)

P1120068

つ、、、つめた〜!!

P1120069

でもきれいな水です。
井戸水を引いてきているので、多分水温15度くらいでしょう。
じっとしていると足がじんじんしてきます。
P1120073

途中でロウソクに火をともして、消えないようにそろそろと歩きます。


P1120079

御手洗社の前にもうけられたロウソク立てにロウソクをさして無病息災を祈りました。

P1120083

振り返れば、ゆらゆらとロウソクを持った行列はなにか幻想的な美しさです。

この祭は早朝5:30〜22:00までなので、いつの時間帯に来るか、でまた印象が違うと思います。
私は昨年から、くるなら絶対夜!とねらっていました。
でも早朝の御手洗川もちょっとみてみたいですね。

P1120081

参拝が終わった人には御神水がふるまわれます。
頭からかけてもらう人もいましたし、大きなペットボトルに詰めてもらっている人もいましたよ。


P1120082

冷たくておいしい。
来年は私もペットボトルやな。

境内のそばでみたらし団子の元祖、加茂みたらし団子が売られていましたが、行列ができていたので断念。
かわりにお客さんの少ない屋台でもとめました。


P1120090

これは団子4個ですが、もともとはみたらし団子、5個なんだそうです。
後醍醐天皇が御手洗川に手をつけると最初1つ、続いて4つの泡が浮いてきた、、、という伝説によるとかなんとか。

だから加茂のみたらしは1個だけはなれて、あと4個が並んでいる5個のだんごなんだそうです。

みたらし団子にもそんなお話しがあるんですねえ。

2011年7月18日 (月)

祇園祭・神幸祭〜神輿渡御 2011

昨年はまだ京都市民ではありませんでしたが、東へひっこされるちゃみ様の送別会を兼ねて、御旅所から八坂神社へ神様がお帰りになる還幸祭を見ました。

あれは四条寺町の御旅所前でしたが、それに先立つ、三基の神輿におのりになった神様が御旅所へおでましになる儀式・神幸祭は八坂神社にて。

P1110976

山鉾巡行の日の夕方6時におこなわれる神輿渡御の出発式の前に、どこからともなく法被をきたお兄さん、おぢさん方が。

下半身は七分丈のステテコ型から、半パン型、まれに締め込み褌と多種多様。
日ごろは種々の本業につかれている方々ながら、このときばかりはみなさん、生まれつきの輿丁(神輿をかつぐひと)に見えて、五割増しくらい男ぶりがあがってますね〜。


京都通のかたはすでにご存知でしょうが、祇園祭のクライマックスは実は山鉾巡行ではなくて、この神輿渡御なんですよ〜。
巡行はいわば、御旅所においでになる神様のための露払いのようなものなのです。

P1110981

西日をもろに浴びる祇園石段下、日焼け覚悟で待っていると、八坂神社の正門・南楼門からおでましの神輿先行の宮本組(のちに述べます清々講社の筆頭)神宝奉持列、豊園社御真榊行列。


P1110984

あ、一度お姿を拝見したかった久世駒形稚児さんだ。

遠すぎて、よくミエマセンsad

P1110985

かすかに胸に下げた駒形=ご神体が見えます。
久世の綾戸国中神社(南区久世上久世町)の氏子から選ばれたお稚児さんで、(長刀鉾のお稚児さんでさえ、正五位の位だけですが、)神様の依り代なので、=神様そのものなんです。
だから皇族ですら下馬する八坂神社境内も下馬されないんです。


そして、これからおこなわれる神輿渡御の三基のうち、素戔嗚尊鎮座される中御座神輿を先導されるのです。


P1110988

続いて三基の神輿と、先ほどの五割増し男前の上がった輿丁さんたちがわらわらとくりだしてきます。

P1110994

石段下に神輿勢揃いです。

神輿一つにつき担ぎ手400人(交代要員もいれて)ですから、およそ1200人の男達の大集合。
迫力あります。


P1110996

神輿は差し上げ(2トンの神輿を高くあげる)
差し回し(回転させる)、ゆさぶりなど激しく動かされ、男達の熱気ムンムンで、そうこうするうちに観客の方も引き込まれ、祭アドレナリン分泌がおこるんですねえ。
宗教儀式って本来そういうものかもしれませんが、私もまんまとのっちゃいました。
いっしょに拍手しながら、ホイットホイット!


P1120004

その総勢1200人が一瞬厳かな静けさにつつまれる出発のお祓いの時。


P1120020

そしていよいよ出発!

石段下でひとしきり差し上げ、差し回しをしたのち、三基それぞれのルートで氏子中を周り、最終的に9時半頃四条の御旅所に安座されるはず。

神幸祭では鴨川の東側がメインのルートですが、のちの還幸祭では西側がメインになるのです。

朝からの巡行観覧に、さすがに疲れて御旅所までお供はできないなあ、、と歩いて帰る道すがら、まあ、なんと何回もいろんな場所で神輿に出会いました。ルートが帰路にかぶってるんでしたね。


P1120028

東御座(櫛稲田姫命)の四若さん。
花見小路あたりで。

P1120033

舞妓はんといえば必ず連想する白川の辰巳稲荷の前。
ここで小休止らしく、色っぽい花街風の女将さんがお茶(ビール?)をさしいれて皆さん一休み。
P1120037

これは縄手のあたり。
中御座の三若さん。

のんびりそうに見えますが、けっこうなスピードです。
細い道だと、ぶつからんばかりでかなり危険です。
すごく迫力あるけれど。


P1120040

いつも通勤に愛用している京阪三条の前でも再び三若さんに遭遇。
こんなおちびちゃんのころから参加しているのですから、将来もずっと祇園祭の担い手になってほしいですね。


P1120043

P1120045

日も暮れてきましたが、三条大橋の上はすごい熱気です。

P1120047

神輿のあとには神官さんの乗られた輿と清々講社の行列が続きます。

P1120048

清々講社とは、八坂神社の氏子区域全域にわたる旧25学区からなる町衆組織だそうで、明治の初め、寄町制度廃止とともに経済的危機に陥った鉾町を救済するためにたちあげられた募金組織だとか。

ここにもすざまじい、京の町衆の祇園さんにかける情熱の歴史を見たような気がします。

この行列をお見送りして、今日はお別れ、家路につきました。

巡行のあとの鉾町点描2011

学生の頃初めて山鉾巡行を見た私は感激して、どこまでも最後の鉾の後をついていったものでした。

鉾町にたどりつくと、そこには独特の風情があって、これにもいたく感動した記憶があります。

P1110926

なので今度も巡行をおえた山鉾が帰ってくる鉾町を見に行きましょう。


P1110927

ここは鯉山の会所。
鯉山は後祭巡行なのでまだ帰ってきていません。
鉾が切り離されるとこんな感じになるのね。

P1110931_2

山伏山ではもう解体がはじまっています。

祇園祭の鉾はもともと御霊会のためのもの、御霊=悪霊・災厄を移し宿らせることで諸国の穢れを祓ったといういわれのものなので、御霊の宿った物はいつまでもおいておかないで、さっさと片付けないといけないのです。


P1110933

P1110955


しばらくして行ってみたら、山伏山、もうこんなになって、ご神体も会所の二階におもどりです。

P1110934

会所の一階では、山をひいていた学生アルバイトとおぼしき若者がお食事中。


P1110938

そうこうするうちに、四条通から室町通りへかえってきた菊水鉾が見えてきました。


P1110944
ここは直角にまわらないといけないので、思いがけずミニ辻回しを見ることができました。


P1110946

少しずつ少しずつ、水をまいた竹の上をすべらせて方向を変えてゆきます。

P1110950

そして狭い室町通りを凱旋。
広い通りでみてきた巡行のことを思うと、この狭い通りを、電線をよけながら屋根に気をつけながら行く鉾は、より風情があるんです。

P1110953
お囃子の調子が変わって、しばらくすると鉾はドックと連結。
そして三本締めで拍手。
炎天下を休みはほぼなしの数時間の巡行、ご苦労様でした。


P1110962

鯉山もご帰還です。

室町を北上すると次から次へと山鉾が帰ってくるのを見ることができます。


P1110966

黒主山。

ちなみに左手の浴衣姿の方は老舗の帯問屋、誉田屋源兵衛の社長さんです。
「ようがんばった!」とみんなを激励しておられました。


P1110968
帰ってきた浄妙山。

こうしてみると、室町にもマンションがふえたんですね。

P1110969

役行者山。

P1110971

たちまち解体にとりかかっています。

あとに余情を残すでもなく、未練もなしにさくさく片付ける手際はむしろすがすがしいです。
明日からは鉾町はもとの姿にもどるのでしょうが、今度このあたりを歩くときは、この風情を思い出しながら歩いてみようと思う。


さあ、いよいよ夕方は三基の神輿にのられた神様が御旅所におでましになる神幸祭だあ!

2011年7月17日 (日)

注連縄切り、くじ改め、そして山鉾巡行2011

P1110802

四条麩屋町、斎竹(いみたけ)にはられた注連縄。
これより先は神の領域を意味するもの。


P1110812

この結界を切り落とし、山鉾巡行の開始をつげる注連縄切り。
さあ、長刀鉾がゆっくりゆらゆらと近づいてきます。


P1110817

この注連縄=結界を切るべく、神のお使いとなった稚児は刀をぬく。

P1110818

ほんの一瞬の動作でお見事、注連縄は切り落とされました。


くじ取らずの長刀鉾の後に続く山鉾は、四条堺町にてくじ改めを。
奉行役の京都市長に各山の町行司がくじを見せ、順番通りに巡行しているかを確認する古式にのっとった行事。

木賊山でみてみましょう。

P1110853

こちらの町行司はりりしい少年です。
くじ札のはいった漆の箱をもって奉行の前へ進みます。

P1110854

烏帽子姿の奉行の前で、作法通り扇を使って箱の紐を解きます。
かっこいい。


P1110855

箱の中の札を見せ、番号を確認。

P1110856

ふたを閉めると、片手だけで箱を上手に回してくるくるっと紐をまきつけます。
うまくいくと周りから拍手が。


P1110857

そのあと小さな町行司さんは扇で山鉾をまねきよせます。

そしてゆっくり東行する山鉾。
絵になる式です。


P1110865

ゆっくりと、そして次々と山鉾が四条通を進みます。

ここで先回りをして広い御池通りで待つことに。


P1110873

おお〜、東山をバックに背負って鉾がやってきます。


P1110870

ここではやや遠目ながら、長刀鉾のお稚児さんの太平の舞をみることができました。

P1110875
P1110879

鉾の軌道を修正する裏方さん達。
むつかしそう、ご苦労様。

P1110881

快晴の空は青く、、、、、そして紫外線と熱線もいっぱい。
あづい、、、、、


P1110883

四条傘鉾の棒ふり踊りの面々。


P1110893

暑いけれど、がんばれ!綾傘鉾のちびっこ!

P1110901

菊水鉾に添う荷茶屋(にないちゃや)。
柄杓がみえるでしょうか。
菊水鉾は、町に菊水井という武野紹鷗ゆかりの名水の井戸があった縁で、お茶と関係が深いのです。


P1110903

ちょっとお休み、、、、のこんな場面も。


P1110905

蟷螂山はカマキリの腕や羽根を操ってうごかしながら巡行。
人気です。

P1110916

姿のユニークさでは船鉾。
神功皇后出征の出船。
祇園祭前祭(さきのまつり)のしんがりをつとめる、くじ取らずの鉾。

山鉾巡行は以前、神幸祭に先んじる前祭(17日)と還幸祭に先んじる後祭(あとのまつり・24日)の2回行っていたのを、交通事情などから昭和41年にひとつにまとめられたとか。

最近になって、この後祭を復活させようという動きがでてきているようで、吉田孝次郎(吉田家ご当主)山鉾連合会理事長が後祭の復活を願った文を京都新聞にのせておられましたね。

P1110919

ここからがその後祭だった山鉾です。

P1110921

だからトップの北観音山はくじ取らず。

しんがりは、(昨夜おおあばれした)南観音山。
やはりくじ取らず。

いやあ、山鉾巡行をこんなにまじめに見たのは、大学に入ったばかりの年以来だなあ。
そして祇園祭自体が20数年ぶり。

京都に帰ってきたんだなあ、、、、、

宵山・日和神楽〜あばれ観音

宵山のすごいであろう人混みをさけ、夜10時前に家を出発。

地下鉄をおりたところで、目の前に南観音山の日和神楽にであう。

P1010541

明日の巡行の好天を願って(願うまでもなくよさそうですが)お囃子のある各山から囃子屋台がでて、御旅所までいくのです。(長刀鉾のみ八坂神社まで)

P1010538

向こう側で菊水鉾の屋台とすれちがうところ。

まだ人出は多いものの、ピーク時をこえ、四条通にもゆっくりそぞろ歩きをするゆとりが出る時間、こんな祇園囃子をきくのも風情があります。

P1010543

屋台は御旅所から帰るところで、これから町内をまわって山鉾へ帰還します。

では、先回りをして南観音山で待ちましょう。


P1010544

日和神楽が帰ってくると、ご神体の楊柳観音を台にのせて町内を走り回る、という宵山のフィナーレ、「あばれ観音」。
それを一目見ようと、夜の11時というのにかなりの人出です。

P1010548
あ、お囃子の音が近づいてきました。


P1010550


日和神楽のお帰りです。

そこから待つこと約30分、11時半に山の北側でワッショイワッショイ!のかけ声があがります。
P1010561

おお!
すごいスピードで近づいてくる!

P1010553

布と紐でぐるぐるまきやん。

あばれ観音の伝来は不明らしいですが、一説に宵山で会所に座らせられたストレスを一気に発散していただき、明日の巡行におとなしくしていただく、、、とか。

このぐるぐるまきではかえってストレスため込みそうですが。

P1010560

こうして3回町内をまわり、Uターンのとき、はげしく台をゆさぶるので、「あばれ」観音だとか。
Uターンの場所を確認したので、来年はもっと近くで暴れるところをみられるかな。


観音様が会所にご帰還になり、三本締め。

おもわず拍手がおこりました。

これにて宵山は終了。

いよいよあすは山鉾巡行ですねえ。

P1010564

飾り付けをすべてはずし、明日に備える山鉾を数えながら、帰途につきました。

う〜む、京都帰還1年目にして、あばれ観音までみちゃうとは、わりとよく頑張っているわい、自分coldsweats01

2011年7月16日 (土)

白昼の鉾町2011

(スミマセン。このブログ管理人の個人的情熱で今夜も祇園祭が続きます。)

真昼に36度を超えたらしい、京都です。
暑いです。
でも時間があれば、いっちゃうんです。
鉾町へ、、、


P1110745

いつもの河原町四条のバス停を降りて、え???

ここは四条のお土産物センターのはず。
いともかんたんに、御旅所脇の詰め所に早変わりできるんですねえ。
(いつもとおるのは朝早くなので気づかなかった!)

P1110748

白昼の鉾の前をびゅんびゅん車が通る景色。
タクシーやバスのドライバーにはいたく評判悪い広範囲の交通規制ですが、こんなのできるのは日本広しといえど、祇園祭だけでしょう。


P1110747

菊水鉾では亀廣永さんの「したたり」を購入。
(まあ、最近は年中買えるんですけれど、ここで買うことに意義があるのよね)

菊水鉾のご神体、菊慈童は菊の露のしたたりを飲んで、700年も生きた、という言い伝えから、なにか祇園祭にふさわしいお菓子を、ということでつくられた黒糖の琥珀羹なんです。
(ちなみにこちらの会所では宵山期間中呈茶があります。菊水井という名水にちなんでお茶と関係が。)


P1110795

こちらです。
琥珀羹はかならずしも好きではないのですが、このしたたりは別物。
ほろほろした食感がまた絶妙。


P1110753

電柱にまいてある黄色いネットは山鉾の巡行時、ひっかからないように、という処置でしょうか。


P1110754

こちら放下鉾は会所にあがることができます。


P1110761

鉾の歴史や伝えてきたことの誇りを熱く語る役員さん。
普段は入れない町家の二階です。

P1110763

長刀鉾のような生稚児のかわりに乗られる人形のお稚児さん、三光丸クン。
かわいらしいなかにもやんごとない感じ。

禅語に「放下着(ほうげじゃく)」という有名な言葉がありますが、この鉾の名前はそこからきているのですね。
初めて知った。

P1110764

会所巡りの楽しさのひとつは普段あまり見られない、ほんものの町家の中をのぞけること。
町家フェチとしてはうれしい限りで。


P1110768

さすが着物の室町、なのでこういった着物関係の出店(ふだんは卸しだけで小売りはありません)が多いです。

P1110770

昼間なので、保育園児達もお祭り参加。
かわいいですね〜。


P1110774

こちらも特別公開の時にはなんどもお邪魔した重要文化財の杉本家
祇園祭の期間ははじめて。

P1110779

表の間が伯牙山の会所になっています。
琴もありますね。
古代中国の琴の名手であった伯牙が、親友の死を悼むあまり琴の弦を切った、というお話に基づいているので。

P1110781

有料にはなりますが、杉本家の中へはいって屏風や、夏の町家の室礼を見ることができます。
何度も来ていますが、夏はやはりすてきでしたよ〜。
町家は夏をむねとして作られているのですね。

座敷の真ん中に大きな氷柱がたてられ、これにさりげなく蔦をからませてあります。
氷柱用の専用の家具なんでしょうか、したが竹のすのこになっている台でした。

杉本家のお母さんが、溶けた氷の水を受ける容器をいれかえながら、「こうして手で触って、それを顔や体につけると涼しいんですよ。」と教えて下さいました。

実際の気温はそれほど変わらないでしょうが、目で涼しげな氷柱を見ているだけで気温が下がるような気がします。
昔暮らしの智恵ですねえ。
ちなみにこの暑さで直ぐ溶けるので、大きな氷柱が1日2本はいるそうです。

P1110786

最後に3年後の復活をめざす大船鉾。

(京都人にしたらついこないだのcoldsweats01)いくさ、禁門の変で焼失した大船鉾ですが、ご神体の神功皇后の面をはじめ、舳の金幣、刺繍の舵など大方の物が残って各家に大事に保存されてきたそうなのです。
ですから船さえできれば復活できるわけで、そのための資金集めがたいへんだそうです。


大船鉾は、神功皇后遠征のお帰り、凱旋の船鉾だそうで、出征の出船の鉾が今の船鉾とか。


P1110787

とばりの向こうからかすかにのぞく神功皇后像は(ちょっと不気味ですが)凱旋時、臨月だったそうで(赤子はのちの応神天皇)そういえばお腹がふっくらしてる??


さて、私もささやかながら資金協力を。

P1110794

3年後の勇姿が楽しみです。


さて、今年の厄除け粽は、、、、

P1110744

太子山町の秦家のめぐみさんのファンなので、太子山のにしました。

聖徳太子といえば、娘が通った学校が四天王寺だったので、在学中太子像の写真もたくさんもらったし、関係なくもないかな〜、、、と思ってcoldsweats01

今年一年、いろんな厄をよけられますように。


2011年7月15日 (金)

宵々々山2011

早くももう宵々々山です。
なのにすでにすごい人です。


P1010426

まだ明るい内に鉾町巡り開始。

むかしは宵山しかなかったそうですが、私が学生の頃、宵々山が始められたばかりだったというような記憶が。
それがいつのまにか宵々々山まで!

P1010429

やはりこのコンチキチンを聞かなくてはね。

P1010433

う〜ん、20数年ぶり!

P1010437

鉾町は着物問屋さんが集まる室町あたりが中心になります。
室町の旦那衆といえばかつては洛中の文化経済を牛耳っていた方々。
着物業界の斜陽にともなって、かつてほどではないにしろ祇園祭の役員さんの姿にその名残をみるようです。


P1010438

このあたりは日ごろ良く歩き回ったり自転車で疾走しているエリアなんですが、今日は日ごろの姿を想像できないほど、祭色に染まっています。

P1010440

宵山(宵々々山はややこしいので以下略)の一番の楽しみは細い小路をそぞろ歩いて、山鉾や会所飾りを見て歩くこと。

この時、地図はないほうが楽しい。
小路の角を曲がったとき、思いがけず駒形提灯をみつけるとうれしくなります。
あ、右にも左にも山鉾が、、、どっちへいこうかな、、、


P1010444

しかし、食べ物系の屋台が増えたこと。
これが渋滞の原因にもなっているもよう。

P1010445

なるほど。
こういう御朱印帳があると、むきになってコンプリートしたくなってしまいますね。

P1010449

山伏山のお飾所では茅輪くぐりを。


P1010452

お飾所は風情のある町家であったり、マンションやビルの一室だったり。

P1010454
P1010457

参拝者はそれぞれの山の厄除け粽やお守り、オリジナル手ぬぐいなどをおもとめです。

厄除け粽は1年間、玄関に飾るわけですから、どこのをチョイスするか、これは問題です。

P1010459
P1010460

しかし、動く美術館とはよくいったものだ。

P1010463

鉾町の玄関飾りも情緒があります。

P1010466

このすごくりっぱな町家自体にもひかれるなあ。


P1010470

屏風祭も楽しみですが、私はこの大量の赤穂緞通に目がheart01

P1010472

お会所のもう一つの楽しみは、子どもたちの

♪厄よけのお守りはこれより出ます ご信心の御方様は
受けてお帰りなされましょう ろうそく一丁献じられましょう
ろうそく一丁どうですか~

、、、のかわいい歌ですよね。
これを聞かないと、宵山に来た気がしません。


P1010474

ちょっと小路の迷路にはいりこむのもまた一興。

P1010476

ありゃ?
これは御池ゼストあたりで見たことがあるような、、、、

帯問屋誉田屋さんの前にて。
作者は青蓮院の襖絵も描いた木村英輝氏。

P1010477
P1010478

時代とともに町の景色はずいぶんかわったところもあれば、ずっとかわらないところもあります。


P1010481

こちら黒主山。
近年新調された後掛の飛龍文様錦入刺繍の説明をしてくださる役員さん。


P1010482

いずれも鉾町の財力と見識の高さにうなってしまふ。

P1010485

新町通りにある北観音山。
この通りは宵山の間、四条から北上のみの一方通行なので、ご注意を。


P1010488

ひときわ立派な屏風祭されているお家、,,と思ってよく見ると、おお、何度かお邪魔したことのある吉田家ではありませんか。

表の格子戸をすべてとっぱらってあるので、全く雰囲気が変わっています。


P1010489

奥の間では、吉田家のご当主、かつ山鉾連合会理事長の吉田孝次郎さんを囲んでなにかの会がおこなわれているもよう。
いいなあ〜、うらやましいなあ〜。

P1010491
こちらの屏風飾りも屏風よりもお宅のすばらしさと、赤穂緞通に目が釘付け。


P1010493西洞院の蟷螂山は学生の時に新たに復活したことで話題になりました。
今は昔のはなし、現在ではすっかり常連さんの風格があります。

P1010496

四条通の鉾の辻。


P1010503

こちらは太子山、山鉾の最西端になります。


P1010505

この太子山の前にあるのが、こちらも何度かお邪魔した秦家住宅
ご当主のめぐみさんが、宵山のにぎわいも、太子山あたりにくるとややおちついて、昔ながらの祭の雰囲気がただよっている、と以前おっしゃっておられました。

ほんにそのとおりで、山鉾の前に木の長椅子がいくつもならべられ、ご近所のかたとおぼしき方々がのんびり夕涼みをされていました。
代々鉾町で生まれ育って、親から子へ、子から孫へ受け継がれていく、、、っていいなあ。
これもうらやましいなあ。


P1010515

勇壮な船鉾。
昔、まだ小さかった子どもたちと登ったのは、この船鉾でしたねえ。


P1010516

こちらもかわいい厄除粽売りさん。

P1010520

この綾傘鉾の真ん前に、杉本家とおなじくらい立派な町家の大店があったんです。
そこの二階に友人が下宿しており、われわれは「綾小路の家」と呼んでいました。
宵山の時には集まって、ビールをのみながら綾傘鉾を見下ろして夜通しさわいだ思い出があります。

30年以上も前のお話しです。
もしかして残っていやしないか、、、と思いましたが。
残念ながらご多分に漏れず、ビルにかわっていました。

あのころは鉾町にももっとたくさんの町家が残っていて、今以上の風情を添えていたような気がします。

かわったことも多いように思いますが、当時よりはるか昔から、祇園祭はあったのだし、これからもずっと続いていくのだろうし、時代とともに祇園祭自体、姿形を変えてきたのだし、私が共有、知り得るのは、そのわずか数十年の間だけ、のことです。

その数十年、祇園祭があることに感謝しつつ、元気な限りは楽しませていただきますわ。


2011年7月12日 (火)

お迎え提灯〜神輿洗式

10日、鉾立てを始めた鉾町もある京都です。

暑い、、、、、


P1110673

あまりの暑さに家の中で、猫が行き倒れています。

あ、、、、プリさんのむこうに、、、、

P1110674

う〜む、、、そこは少しは涼しいのか?

ちなみに家中で一番暑い奥の和室に温度計をおいてみました。
(しめきりで、平屋部分、黒い雨戸なので)

P1110679

うわあ〜、、、、36度、、って体温やん。
おいといたらもっと上がりそうだったので、こわくてやめました。

まあ、そんな暑い日中をこえ、少しは涼しくなるかな、という思惑を軽く裏切ってくれた夕暮れ。

こんな場所におりました。

P1110680

八坂神社の石段下です。

祇園祭、この日の行事はお迎え提灯、引き続いて神輿洗式。

ご存じのように祇園祭は7月まるまる一ヶ月かけるお祭りなので、毎日なにかしら行事があるのです。
そこは勤め人のつらさ、曜日によっては全然行けない行事もあるわけで、行けるときにはがんばっていっておこう!と。

だから祇園祭行事をコンプリートさせるのは数年かかりそうね。

P1110686_2

さあ、西の方からお迎え提灯の行列が帰ってきました。

神様が御旅所にいかはるには三基の神輿でいかはるんですが、そのうちの一基、中御座の神輿を四条大橋の上で鴨川の水で清める、、、というのが神輿洗式。
そのお迎えにくるのがお迎え提灯です。


P1110687

いやがうえにも祭ムードをもりあげるコンチキチンのお囃子、今年の担当は放下鉾。

このお迎え提灯はもっと早い時間に八坂神社をでて、鉾町を練り歩き、市役所前で各地の郷土芸能を披露しているはずです。

P1110691

これはその中の小町踊りのおじょうちゃんたちでしょうか。
(なにぶん遠景でスミマセン)


P1110694

これは一度は見てみたい子鷺踊の子どもたち。

(津和野町の解説より)
もとは京都の八坂神社祗園会で行われていたもので、京都から山口、山口から津和野へと伝えられました。天文末期より漸次衰え、坂崎出羽守に至って一時中断しましたが、亀井氏の入城と共に諸式の復興に努めました。三代茲政に至り寛永20(1642)年、人を派して京都祗園会の鷺舞を伝授させ、翌年正保元年の祗園祭から鷺舞を復興させ現在まで継承されています。

はるばる島根へ行って、京都へ里帰りした芸能のようです。
島根の鷺踊りの方が有名ですけどね。

その他、馬に乗ったりりしい少年の馬長稚児の姿もみましたよ。
(写真全然うまくとれてない、、、でしたが)


P1110700_2

日も暮れて、薄暗くなったころ、役員さんたちが石段を登ってゆきます。

そのあとに中御座神輿をかつぐ四若の若者(一部おぢさん)たち。

P1110707

中空では上弦の月もゆれています。

あとからおいかけて神社の境内にはいりましたが、すでに中御座はかつぎだされたあとのもよう。

P1110713

東御座、西御座がのこってはります。
これにはまだ神様はのっておられません。

17日の山鉾巡行のあとの夕暮れ、神幸祭の前におこなわれる御霊遷しで初めておのりになるんです。

P1110720

四条通に出た、神輿を先導し道を祓い清める大松明。

中御座神輿が四条大橋にたどり着くまで、ちょっと追いかけてみましょう。


P1110721

同じ事をみんな考えていると見え、四条通の歩道はすごい人です。
(車道には神輿関係者しか出られない)
「ホイトホイト!」のかけ声は沿道からもわきあがります。

P1110725

かつぐ人もたいへんだな、この暑さの中では、、。

P1110736

四条大橋の中ほど、北側で神輿洗いの神事はおこなわれているので、南側から行った私たちにはさっぱりなにをしているかは見えませんでしたがcoldsweats01

この橋の南側の半分の道は、バスだけは通れると見えて、神事とのあいだを時折○番のバス、△番のバス、、というふうに通り過ぎます。またおもしろいもんですね。その乗客になってみたい。


P1110740

神事が終わり、御神輿がお帰りになった後、撮ってみました。

午前中、この注連縄の間から、神職の手によって鴨川の水=神輿お清めの水はくみ上げられ、仲源寺(めやみ地蔵尊)に一時保管されるそうです。

中御座神輿が神社に帰った後も、行事があるようですが、さすがに翌日の仕事のことを考え、そのまま帰途につきました。
祇園祭はまだまだ長い。


P1110741

学生の頃は、多くの観光客がそうであるように、祇園祭といえば山鉾巡行と宵山と思っていました。

その後、おりにふれ祇園祭のことを知れば知るほど、なにかとんでもなく厖大で、底なしの深いお祭りであると思うようになりました。
参加した行事について、後で調べてこうして書き記すのも、半分は自分の勉強だと思っています。

まあ、リタイヤしたら、朝から晩まで祇園祭にはりつけるかしら。
いやいや、そのころには体力の方がいまいちかも、、、coldsweats01