フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 春日若宮おん祭・2〜芸能絵巻・お渡り式 | メイン | 岡崎的日々 »

2010年12月19日 (日)

春日若宮おん祭・3〜常世の舞〜「細男(せいのお)」を中心に

御旅所の行宮の前には五間(9m)四方の芝舞台があり、神遊はここでおこなわれる。

P1080281

巫女(春日神社ではみかんこ、とよぶ)たちの神楽で幕開けが3時半ごろ。
それから夜の10時過ぎまでとだえることなく、さまざまな芸能がくりひろげられる。
これが神への捧げもの。

P1080290

少年たちのりりしい舞、東遊(あずまあそび)

P1080291

田楽座の田楽。

そのあとがいよいよ、他に類をみない、といわれる古代からそのままの舞、「細男(せいのお)」の始まり。

P1080296

白い麻の浄衣をまとった6人の舞人が御幣を捧げる。

P1080297

そして、目から下に白い布をたらして隠す。


P1080299

左の二人は最初から最後まで笛をふく。
真ん中の二人は素手、右の二人は鼓をもつ。舞うのはこの笛遺がいの四人のみ。

P1080303

笛の音はおよそ音階という物がなく、聞き慣れない不思議な音。

踊りもまるきり単調で、ふたりずつが袖で顔をかくすように、四角を描いてゆらゆら歩くのみ。
このように背中を曲げるポーズが特徴。

鼓組が舞うときは鼓を打ち鳴らすが、ほんとうにものの本に書いてあったとおり「ポチャン、ポチャン」という頼りない音になる。

左袖、右袖、両袖でそれぞれ顔を隠して舞っておわりとなる。

P1080305

ちょうど黄昏時に始まるので、10分ほどの間に急にあたりが暗くなっていくのがわかるだろうか。
まるでこの時を選んで舞っているかのようで、よけいにこの細男の不可思議さが増幅されるような気がする。


P1080314

細男の由来として(南北朝時代の「八幡愚童記」による)以下の伝説がある。

神功皇后が朝鮮出兵に向かうとき、常陸国の海底に住む安曇磯良(あずみのいそら)に船の舵取りをさせようと使いを出したが応じない。
訳を聞くと、自分は深い海底に長い間住んでいるので顔中に牡蛎が吸い付いてしまってあまりに醜いためでられないのだ、とのこと。
そこで住吉の神が自ら拍子をとって歌い舞うと、舞楽好きの磯良はたまらなくなって醜い顔を覆い、首に鼓を掛け「細男」という舞を舞いながら海からでてきて、神功皇后の渡海を助けた、という話。

しかし細男舞の起源だけは今も多くの謎がありはっきりとしたことはわからないそうだ。
ただこの舞はおん祭でしか残っていないらしい。

まあ、そういうことは民俗学者にでもまかせるとして、あの奇妙な音楽、奇妙な舞がかもしだす、彼は誰れ時の不思議な空間をわれわれは堪能すればいい。

一度見たら忘れられない。

細男のあとはプロの能楽士による神楽、舞う姿がりりしくて、平安時代のイケメンとはこういう感じか、とおもうくらいかっこいい和舞(やまとまい)、古代朝鮮、中国大陸から伝えられた舞楽、と続く。


P1080319

舞うも演奏するも南都楽所(なんとがくそ)の皆さん。

P1080322

この鼉太鼓の音にはしびれます。
特に有名な蘭陵王(超イケメンの顔を強面の面で隠して闘った強い王様)の勇壮な舞の時なんか。

P1080327


そして夜も更け、体に寒さが応え始めるころ、夜の10時半過ぎ、又すべての燈火が消され、暗闇の中「ヲーヲー」の警蹕とともに神遊をご覧になり終えた若宮様を、本殿にお送りするため十重二十重にとりまく榊を持った白衣の神官たち。

こうして神様は春日の社へおもどりになったようです。
また来年のおでましを約束されながら。

* * *

遷幸の儀、お渡り式、御旅所式、還幸の儀を通じていつもお見かけする方がいた。
若いのに着物姿がいたについた殿方なので、つい目がとまって。
最後までおられたので、「よほど好きなんやなあ。」とつぶやいたら、友人が「『おまえもな。』って言われるよ、きっと。」
coldsweats01確かに、、、

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349039/25617607

春日若宮おん祭・3〜常世の舞〜「細男(せいのお)」を中心にを参照しているブログ:

コメント

 すごい臨場感ですね。
 なんか昔ハマったコミックの世界みたいです。
 
 けど寒そうです~風邪ひかないで下さいwobbly

ちょきた様

それって岡野玲子さんの「陰陽師」では?

ほんま寒かったです。
途中で商店街まで行って靴下、ホッカイロ、フリースのブランケットなど買い込んだんですが、それでもさぶかった〜。
(幸い風邪はひかなかったです。おかげさまで)

まさに幽玄ですね。
が、私は「細男」という字面に目が吸い寄せられました(笑)とほほ

ぽん様

お好みは細男(スリムな男)ですか?
私も自分が太女なので細男にはあこがれますね〜(???)

春日は若宮の御祭りですね。
まさに平安絵巻です。
特に自分は興味があるのは
供物であったりします。
いまでも古来の姿をとどめ
生きた文化ですよね。
自分は翁の舞が好きだったりします。

nageire様

なんだか陰陽師の世界をのぞいているような感じでした。
1年前から計画していたのですが、行ってよかったです。
もっと年をとってからでは、ちときついかもしれません。
翁の舞もありました。
金春流宗家、大藏流狂言宗家による神楽式がそれで、御旅所祭唯一のプロの芸能師の舞でした。さすがでした。

コメントを投稿