フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 京都・和菓子の会〜元・立誠小学校 | メイン | 開炉茶事 »

2010年11月 6日 (土)

京都あれこれ+唐長の名刺

いまどきどこの自治体も土日のサービスしてる、、、、はずだと思っていたのに、京都は土日、区役所はしっかりおやすみなのね。

他の自治体ではとうにカード化されているものが、なんだかアナログなペーパー。

お昼休みになったとたん、窓口がいきなり縮小。

いくら昔ながら、、が、うるわしい京都でも、お役所がちょっと旧態然としているのもねえ、、。

いきなりグチでスミマセン。

お口直しに。

P1070713_2

朝の美術館わきの並木道です。

少し色づいた木々が美しいです。少し肌寒いくらいの朝が気持ちよいです。

グチついでにですね、もうひとつ。

雨の夕方、休日、という悪条件もあったのですが、高野にある某ショッピングセンターへ車で。

駐車場入場にも時間はかかったのですが、出るのに何分かかったと思います?

30分ですよ〜、30分。

買い物時間より長いぢゃないか!

大きな原因は出口付近の交通状況の問題。細い道なのに駐車場以外から流れ込む車が多いのです。
なんでこんな駐車場計画つくるかな〜sad

結論として、、、、やっぱり京都に車はいらない、、、。
車で生活するようにできていないのね。

やっぱり、ここはチャリだわ!

ところで、話は全くかわります。

昨年7月、四条烏丸のCOCON KARASUMAに入っている唐長さんでこんなものを買いました。


P1010685_2

瓢箪唐草の唐紙地で作られた名刺用紙。

京都に住むようになったら、これに京都の住所をいれたプライベートな名刺を作るんだ、と大事にしまっていたのです。

唐長のスタッフさんに、これはインクジェットなんかじゃなく、活版印刷がきれいでおすすめですよ、と言われたので活版印刷をしているところをさがしたのですが、これがなかなか大阪あたりじゃみあたらない。

なんでも、活版の活字を鋳造する工場がもうほとんどなくなってしまったのだそうです。
今ある活字がなくなったら、もう活版印刷はこの世からなくなってしまう運命らしい。


P1070717

ところが京都に一軒、活版印刷しているところを発見。

河原町二条の十分屋さん。

「うちではまだ活字がたくさんありますから、当分は大丈夫です。」
なんでも東京の方からも注文に来られる方もおられるとか。

あずけて後日受け取りかと思いきや、なんとその場で活版を組んで、印刷はあっという間。
残念ながら画像はありませんが、すごいです、活版印刷の機械って。

個人情報ってやつで(?)、刷り上がった名刺はお見せできませんが、まあ美しい仕上がり。
インクジェットの文字よりなんだか味があります。
唐長さんで勧められた意味がわかったわ。

ちなみにこのプライベート名刺、ばっちり茶名もいれました!(むふふ)


P1070718

くれなづむ二条大橋から北山を望む。

京暮らしもそろそろ実感がわいてきたなあ、、、、

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349039/25368703

京都あれこれ+唐長の名刺を参照しているブログ:

コメント

しぇる様

この名刺は途方もなく贅沢なものですね。
キラ引きなのか具引きなのか、
いずれにしろすごいですね。

昔、唐長さんの襖文様の見本帳を見たことがあります
表具屋さんにお配りしたものらしいのですが、
一枚一枚手刷りのため手間が非常にかかっているためか、
見本帳なのに有料でした。しかもかなりの高額。
仕方ないでしょうね。

京都引っ越おめでとうございます。十分屋はよく前を通りました。素敵な名刺が目に浮かびます。
ノルウェーの街に仕事で来ていますがこちらはもう雪がちらついています。そのうち紅葉の京都にちょっと寄るのを楽しみにしているところです。

唐長さんの唐紙の技術を使った製品は
雅ではんなりとした色が美しいですよね。
自分も好きで葉書など買うようにしています。
活版は、あの文字の凹みがすごく良いのです。
手触りも好きです。

野中の清水様

専門家ではないのでよくわかりませんが、よく見るときらきらしているので単純に雲母引きではないかと思っています。
確かに名刺用紙そのものはけっこうな値段がしました。でもその価値はあると思います。活版もきれいな出来なので、ほんま満足ですわ。
ここぞ!という時にさっと出したいですね。happy01

kiremimi様

まあ、今はノルウェイですか?
北海道よりも北ですよねえ、、、う〜さぶそう!
私も以前京都に住んでいたときから十分屋さん、目にとまっておりました。こんな形で利用できてうれしいです。
京都の紅葉は月末が見頃だそうですが、三分〜五分の紅葉もなかなか美しいですよ。

nageire様

唐長の葉書は写真立てなどにいれて飾ってもすてきですよね。
襖に張ると、ごっつい値段がしますので、こういう名刺や葉書で小さく(?)楽しんでいます。
活版も私が生きている間は、十分屋さんでいけそうですわ。

懐かしい二条通りのお店。
毎日高校の時は通って居ました。
河原町二条が地元です。

鴨川の夜景も良いですね。

何時か素敵な名刺を頂きたいです。
楽しみにしています。

はんなりの京都暮らしが始まったようでお祝い申し上げます。
素敵な名刺ですね、特に色合いがグレー淡青とでもいいますか
あれっ、誰かのブログ名だわねっ・・・笑

いいなぁ~、鴨川にも近く、東山の麓とは京都最高の地ですよね、
いつかお伺いできる日がとても楽しみです!

そういえば何度もお会いしているのに、
まだ宗名をおききしておりませんでした
(というか、ばたばたしてるときにしか
お会いしてないのかも!?)。

次回はぜったいに教えてくださいねっ!!

凡蔵母さん様

あの高校やったらあのあたり、地元になりますよね。あのあたり、学生時代友人が住んでいたこともあり、よくうろうろしていたんです。ホテルフジタもよく利用しましたわ。まさかまた住むことにあるとは思わなかったですね〜。今度お目にかかれましたら、すかさず名刺、おわたししますねっ!

ヘルブラウ様

ほんに京都はなにげない通勤路でも、お買い物道でもなぜか景色が美しいのです。これは思い込みではなく、客観的に正しい!なぜか?といわれると、うまく分析できないのですが。
名刺、正確には青磁色、とでもいいたいです。淡青色の名刺用紙もあったと思いますwink

あまね様

なぜかお稽古仲間以外には、じつはだれにもお知らせしていない私の茶名、、、。お互いに忙しすぎるのね。この名前が活躍するようにがむばりますわ。もちろん、次回お名刺、持参いたします〜。

チャリチャリと巡るには今は一番良い季候ですね。
一方通行もなにも関係なく町中巡りもできますし。
うちからだと、帰りが微妙に坂道、夕日が厳しいので夏にはしんどい(^^;)。
ですから今のうちなんです…。

唐長さんのお名刺はなんて素敵なんでしょう。あと10年くらお稽古が続けば真似させていただきたいです。

ぴお様

うちから北大路をめざすと、微妙な上り坂なんですよね。若い頃からけっこうしんどいな、と思っていました。なので秘密兵器!(?)電動アシスト自転車の登場です。宝塚もけっこう坂の町なので重宝していました。でも今朝の冷え込みで、ちょっとチャリにのる勇気がそがれましたdespair
唐長さんの名刺、他にも何種類かありましたので、またお店の方、のぞいてみてくださいね〜。見るだけでも楽しいし。

こんにちは、しぇる様

京都のお役所、ちょーっと不便ですよねぇ。
私も結婚等引越しの手続きの際、困りましたもの。
あやうく、住民登録が出来ないところでした(笑)。
高野のショッピングセンターは、車が全部川端通りに集中しますからねぇ。
傍のイ●ミヤの駐車場に止めても、同じ系列ですから、二時間まで無料だったような・・・。
不確かな情報で、すみません・・・。

やっぱり、自転車ですよねー。
自転車で颯爽と町を走っておられるしぇる様に、お会いする日も楽しみですわー。
お名刺、秘色色でしょうか。
あ!それとも、この前いらしゃったの汝窯の天青色のようですね。
素敵ですわ~。

しぇるさん、遂に京都暮らしを始められたのですね!

唐長さんのお名刺、私も同じ色柄を使っています。
そして、十分屋さんも同じですぅ(笑)

いけこ様

もうあそこへは車で行きたくないですね〜。angry
学生の頃はイ○ミヤさんに広い駐車場があったんで、そのつもりで行ってえらい失敗でした。今はコ○マ電気になっている??
やっぱり車で生活するようにできていないのだわ。

セラドンブルーは美しいですね。
今、東京の根津美術館では南宋の青磁展をやっているようで、時間があればね〜、、、残念ですdespair

maki様

そもそもmakiさんのブログでこの名刺知ったんですから〜happy01
ありがとうとお礼を言わなくちゃなりません。
しかも柄も同じでしたか!次回お目にかかったとき、交換して下さいね〜。
しかし、十分屋さん、けっこう有名なんだなあ、、、

コメントを投稿