フォトアルバム
Powered by Six Apart

« やっと京めぐり? | メイン | 中川政七商店 »

2010年11月15日 (月)

町家で仕出し〜西陣・ぎゃらりぃ澤

京町家・風の会主宰の例会におでかけ。
うふふん♪
ご近所におでかけ気分で行けるのhappy02

P1070798

黄八丈におろしたての草履をはいて。
宝づくしの刺繍入りです。

P1070801
お出かけ先は西陣。
まだ町家のしっとりしたたたずまいが残るエリアです。
おや、このおうちにはバッタリ床机がありますねheart01

P1070799

本日の会場、基礎は築140年以上という町家でギャラリー、カフェをしておられるぎゃらりぃ澤さん。

実はこちら、3年ほど前にお邪魔したことがあります。(→
あまりにりっぱな町家、そしてすてきな室礼に感激しました。
当時、京都に建てる家についてどうしようかあれこれ悩んでいたころでしたので、このお家をみて、「こんな家にしたい!」と思ったものでした。

P1070821_2

玄関をはいると、手入れの行き届いたろうじです。
よい感じ。


P1070804


奥の間から、あかるい庭へ視界がぱっとひろがります。
空気はややひんやりですが、それでも戸を開け放っているとすがすがしい気分。
背筋をのばさなきゃ、、、と思えるような。

P1070805

奥の間から表をみる。
いろんな作家さんの器など、たくさん展示されていて、おもとめできます。

P1070817

玄関の間から格子をとおして表を見ると、これこそ京都のイメージですね。
格子の向こうも町家。
ええ景色やなあ、、、、
ここらはたくさんの織屋さんがかつてあった場所。


P1070807

本日はいつもカフェになっている奥の間をつかって、京の仕出し文化について、まさに仕出しをいただきながらお話をうかがいます。


P1070813

届きました。本日の仕出しは七本松の魚鶴さん。
(上京区下立売通七本松西入西東町368 TEL(075)-841-7385)

P1070816

わ〜いheart01

味付けはやはり京都らしく薄味で上品。
品数も多くて、ボリュームも十分。

さてさて、私は「出前」と「仕出し」の違いがわからなかったのですが、皆様はご存じでしょうか?
出前は食堂があって、そこのメニューを配達してもらうこと。
一方仕出し屋さんは食堂スペースがありません。調理場だけです。

こんな仕出し屋さんは、私の育った実家の周辺ではついぞ覚えがありません。

ところが京都では少なくなったとはいえ、それでもお町内に一軒や二軒は仕出し屋さんがあるとか。
私が今住んでいるあたりにも一軒みつけましたわ。

京都では昔から職住一致のお商家が多く、奥さんも当然家内労働にいそしんでいたわけで、なかなかご飯をつくる時間的余裕がない、、、なので「今日は忙しかったから、仕出しでもとろか」というのはごく当たり前のことだったとか。
一方江戸は、外で働く職人さんの町なので、おかみさんたちはお弁当、夕食を自前でつくるので仕出しはあまり発達しなかったとか。


P1070812

また私たちの感覚では、お客さんが来たら手作り料理でもてなすのが普通かな?なんですが、京都ではよほどしたしくならないと手料理をふるまう、ということはないんですって。
そう、お客さんにも仕出し。
これだけたくさんの材料をそろえて、自分で料理して、、、ということを考えると、仕出しを使う方が時間的にもお値段的にもたしかに合理的かもしれません。

ただし、これはそれを理解してくれる人にやらないと、「あの家では客に手料理を食べさせず、お手軽に出前ですませた。」なんて文句をいわれるかも。
ディープ京都文化を体得するのはむつかしいわ。

仕出し屋さんはおなじみさんになると、今日はおつくりだけお願い、とか、ご飯はじぶんとこで炊くからおかずだけお願いとか、いろいろ融通がきくようです。
考えてみると、これは働く主婦にとってはとても便利なシステム。
むふふ、、、これは利用しない手はありませんね。

P1070820
おいしい仕出しでお腹いっぱいになったとは、澤さんところでいれていただいたおいしいコーヒーをいただきながら、仕出しのこと、京文化のこと(たとえば、京のぶぶづけは本当か?など)などよもやま話を。
今回もガイドブックには書かれていない京都人の生活について楽しくお勉強させていただく。

またここでも、初対面の方に共通の知人がいることが判明しびっくり!!
(京都はこの手のことがおこりやすい!?)


P1070815

こちらはごいっしょさせていただいたぽん様のトレーナージャケットなんです。
玉葱工房のもの。
歌川国芳の、あの化け猫の子分猫ぢゃありませんか!(参照
すてきlovely
こんなゆるい、おまぬけな化け猫なら許す!

さて、お話も尽きてそろそろおひらきに、、、となりまして、
「あ〜、今日はよくしゃべって疲れたし、晩ご飯作る意欲がわかないな〜。」と言いましたら、みなさん、すかさず
「じゃあ、仕出しでもとったら〜?」!!coldsweats02

オチがつきましたところで、今日はオシマイ。


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349039/25418685

町家で仕出し〜西陣・ぎゃらりぃ澤を参照しているブログ:

» 町家で京の伝統「仕出し」をよばれる (京都・町家ぐらし)
←いつも来てくれておおきに、めちゃうれしおす ←一日一回ポチッと応援クリックお願いしますね 今日の投稿は、1234本目 長いこと書いてまいりました。 皆様にはご愛顧おおきに。これからも贔屓にしてね。とーころがっ、めちゃめちゃ苦戦ちう 「京都情報」のボタン、....... [続きを読む]

コメント

おいでいただきまして(やっと「おこし」で
のうなりましたね)、おぉきに。

お天気もちょうどよいくらいでよかったです。

どうぞ、また、来とおくりゃすね。
お待ちしております!


それにしても気になるのは、
あの日のしぇる家のばんごはん☆

ども~お疲れ様でした。先に失礼させていただいてすんません。

しぇる様、八丈がようお似合いでしたわん。これからますます、ちゃちゃっと着て出かけられますね。
そちらでも、ぜひご贔屓の仕出し屋さん、見つけてくださいね(といいつつ、うちは数回しか取ったことないですが)

だんだんお邪魔にあがるのすら敷居が高くなってきちゃいましたけど。
草履すごく素敵です。
わたしはまず着物にはあんまり興味ないんだけど。
まさか草履でこんな素敵なのがあるなんて、優雅ですね。
色も刺繍も上品です。
こんな色を使えるのは、しぇるさんのお肌がきれいで白いからですね。

お久し振りです
遅くなりましたが待望の京都移住おめでとうございます
ご実家の近くに仕出し屋がないのは都市部だからでしょうか
田舎であります我が市には7~8軒ほどあります
以前は結婚式等も家でする事も多く、法事は今でも自宅
お寺でする事も多く古くから永く続いている店も多いのです
とは言っても京都と違って単独では難しくなり、料亭を
併設したり、お弁当まで広げたりして存続をはかっています

草履飾っておきたいくらい、いい色合いですね。

うちの実家も問屋街商売人の町なので仕出し屋さんありましたよ。
もうほとんどなくなりましたけど、うちがよくたのんでいた1軒はまだ残っているようです。
やはりお客様にはほとんど仕出しかお寿司の出前でしたね。
私は友達はデパ地下の惣菜でもてなし(?)ます。
さりげなく手料理も並べたのですが、デパ地下惣菜だけがきれいになくなって、手料理が一口二口手をつけただけで残っていること数回。。。
もう手料理のもてなしはあきらめましたbleah

あまね様

ありがとうございました。
あまね様からうかがうディープ京文化はほんまに勉強になります。
「おこし」と「おいで」の違いも知らなかったし。
わが家の晩ご飯、、、、ナイショにしておきますcoldsweats01

ぽん様

相変わらず精力的なご活躍、お忙しい中ごいっしょできてよかったです。
今度は是非bottle付きで。
せっかくなので、ご近所のだけでなくて、あちゃこちゃの仕出し屋をためしてみようと思います。(←たまにはちゃんとメシ作れ!annoyby旦那)

ちょきた様

お肌が白い、、、、んじゃなくて、足袋が白いから〜coldsweats01なんです〜。この草履はミルクコーヒーの色に惚れて手に入れました。おほめにあずかりまして、光栄。敷居、全然高くないですよ〜、猫でもまたぎますからhappy02

kame様

ありがとうございます。
なんとか京都市民にすべりこみ!です。

法事や結婚式を自宅でする風習の残る地方小都市と、比較的大きい都市・京都の共通点が例会でも話題にでました。
京都というのはやはり特異な歴史をたどってきた町のように思われます。
ある意味閉鎖的、ある意味人の流動性が乏しい。
そんな中で築かれた親密な人間関係のうえに仕出し文化は成り立っているのかな、、、と。

実家周辺には、私が気付かなかっただけ、、という可能性もありますが、食堂部分をもたない仕出し屋さんというのは記憶にないのです。出前はよくとりましたが。

夢風庵様

大阪の問屋街、とくに繊維関係の船場なんかは、あまね様によると京都からお嫁入りした奥様方が多いそうです。そんなところから仕出しも京都から輸入されたのかもしれませんよ。(全然根拠ないけど)
お客様にお寿司の出前をとっていた記憶はありますが、仕出しはなかったねえ、、。だいたい岡山は池田の殿様が徳川と姻戚関係にあったりで、文化は関西風でなくて、江戸風のような気がします。岡山弁もしかり。
しかし、私も手料理のもてなしには自信がない自信があります。(?)

コメントを投稿