フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 開炉茶事 | メイン | 町家で仕出し〜西陣・ぎゃらりぃ澤 »

2010年11月12日 (金)

やっと京めぐり?

京都に引っ越したというのに、ここ数日は寝る時間を除くと、大阪にいる時間の方が圧倒的に長くて、全然実感わかんなあ。

ああ、でも今日やっと時間ができたのよ。
なので京都転入後お初の町めぐり by チャリ。

まずはここ。


P1070757

ここは歩いて行けるんですがね、あとの都合もありまして、自転車のりつけ。
京都国立近代美術館は上村松園展。

奈良の上村松園・松篁・淳之三代の作品を所有する松伯美術館所蔵の絵が多かったです。あそこも行こう行こうと思いながら、行けなかったのですが、京都で松園さんの絵をたくさん見ることができてうれしい。

P1070758

こちら前期の目玉、「花がたみ」。
美しく狂った照日の前。これは迫力あります。
能「花筺(はながたみ)」のストーリーを知っていると尚、感動します。

彼女の作品には能、謡曲、古典の知識を要求するものがけっこう多く、勉強せねば、、、、、と。

P1070763

これは後期展示なので、見ることができなかった「焔」。
これもまた謡曲「葵上」にちなむ作品。

晩年近くの、市井の女性を描いた作品がよいですね。
こんなたおやかで美しい所作の女性なんて、もう日本のどこにもおらんよねえ、、、、。
障子の穴を、切り紙でふさぐ女性を描いた「晩秋」。
障子張り自体がもう死語にちかくなってしまったし。

あと初々しい新妻、新母の証の「青眉」。
つい嫁いだばかりの娘を思い出したりして。


P1070761

疏水べりの桜、紅葉を独り占めできると人気の美術館内のカフェ、cafe de 505。
やっぱりいっぱいで入れませんでした。
せっかく近くに住んでいるので、いつかこのテラス席をゲットしたいもの。


P1070765

京都会館前の二条通もそろそろ紅葉が美しく色づいてきました。


P1070766

ここからチャリで西方向に北上。
スイスイですわね〜。
こんなに自転車だと近いとは。

P1070767

アンティークの漆器と銀器で有名な御所南のうるわし屋さん。蒔絵展のご案内をいただきましたので。


P1070770

二階にも展示があるとのことで、初めて上がらせていただきました。
階段の突き当たりにとてもいい竹の花器が早速目に入ったのですが、、、、初日ですでに売約済みとかweep

さらに和笛をいれる筒を花器にしたものも目についたのですが、これも売約済み。
みなさん、同じ物に目が行くのね。そして初日に行かないと出遅れなのね。crying


P1070790

といいつつ、蒔絵の小皿を。
明治時代のものだそうです。
けっこう使い込んだお皿のようですが、蒔絵というのは強いのですね、少しも欠けていないのはすごいです。

そのまま帰ってもよかったのですが、自転車があまりにも気持ちよく走るので、いよいよ町中へ。

P1070772

麩屋町を南下。
今まではてくてく歩いてそれなりの距離感だな、と思っていたのですが、自転車で行くと町がさらにコンパクトになったような気がする。まだ京都に住んでいなかったころ歩き回ったあそこもここも、、、。

それにしても20年ぶりの京都だというのに、全然違和感がなくなじんでいる自分にびっくり。


P1070773

こちらくらふとギャラリー集さん。
以前から、お向かいの和久傳堺町でお茶しつつも気になっていたギャラリー。
苔玉がほしかったんです。

今度の家は苔玉が似合いそうなので。
ただ、枯らしてしまう可能性も多々あり、小さいのでお試しを。


P1070785

しのぶです。
常緑ではないので、まもなく葉っぱはおちるそうですが、それまでの間、楽しんでみます。
うまいこといけば、来春また芽がでるかも。

さて、本日のシメはこちら。

P1070778

お気に入りの岡崎円勝寺町の好日居さん。

P1070783

玄関をあがると、さりげなく生けられたホトトギスがお迎え。

P1070779

本日いただいたお茶はこちら。
好日居さんのお母様お手製のアップルケーキによくあうさわやかなお茶です。

P1070781

このような蓋碗(がいわん)でいただきます。
中には茶葉そのものも入っています。
慣れた人は片手で蓋をずらして、上手に茶葉を飲み込まないよう、お茶だけをすするそうですが、私は初心者なので両手で。
それでも葉っぱは口の中に入ってきますcoldsweats01


好日居さん、やっとご近所になれました。
これからは行こうと思えば、いつでも行けますわ〜。happy01

自転車で帰宅。
う〜む、やはり京都は自転車が似合う。
ただし、駐輪に関してはけっこうシビアな公的私的管制がありますので、それだけはご注意を。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349039/25401099

やっと京めぐり?を参照しているブログ:

コメント

うるわしやさんって二階に展示があるのですか!
以前はあそこよく覗きましたが ちょっとお高いので今は前を通るだけです。
京都を自転車で回れるなんていいなあ~!私はテクテクです。

しぇる様

日々、なじまれていくご様子
なによりのこととお慶び申し上げます。

23日にはしぇる様と行き違う予定です
当日は紅葉もきれいでしょうから
帰りに禅林寺に行こうかと思っています
あの多宝塔からの京都の眺めはすばらしいです

もう行かれたかもしれませんが、
何度行ってもいいところですね
(ここはうちの宗旨の本山なのですhappy01

相変わらず精力的に廻ってはりますね~。
やはりチャリがあると行動範囲が広がりますね。
三輪車買おうかしら・・・でも街中で全く見かけなくなったしなぁ。
補助輪つきも、最近子供でも乗ってないしcoldsweats01

寒いことなかったら、どこまでも、どこへでも自転車で出かけとうなりますよね。そういうとこも京都の魅力!
14日ももちろん、自転車ですよね?

私はそこら辺に止めといて、お上にパクられたこと、2回。いかんせん駐輪場が少なすぎるのよね。

これまでも京散策三昧のしぇるさんで(笑)いらっしゃいましたが!
もう♪
来訪者から見て・・・観光のお方たちから見ても
・・・はい!
きっとどなたのお目にも「京都のおかた~~しぇるさん」になっておられるのですね~~!
いいなあ・・・なんといっても「茶李・・・!笑」ですもの~~~!!
一目でわかるレンタル「自転車」借りてみるのもいいかもですね~~!あ・・・とめるとこ!要注意なんですね!笑
(ぽん様談より・・)
オルガン…現役なのでしょうか・・・懐
好日京都ですね!しぇるさ~~ん!

ひいらぎ様

うるわし屋さん、特別展示の時だけ二階も使われるようですよ。
いいなあ〜と思った物は値札がついていない=売約すみなんです。
けっこう同業者(=骨董屋さん)さんもこられるみたいです。
歩く方が寄り道もできやすい、、という利点もありますしね。自転車と歩きと使い分けしようと思います。

野中の清水様

23日行かれますか?野中の清水様と心茶会はどのようなご縁なのでしょう。あそこは数年前も使われました。向井去来ゆかりの塔頭だそうです。
昨日禅林寺の前を通りましたら、すでにすごい人でした。
あの時分はもっとすごいかもしれませんよ〜coldsweats02
今日もバスが全然すすみませんでしたsad

夢風庵様

自転車、便利ですよ〜。
ただし季候の良いとき限定ですが、、、。
ほ、、、ほじょりん、要りますか??coldsweats02
懐かしい言葉だわ。

ぽん様

え?自転車でもパクられますか?coldsweats02
気をつけよう。
洛中は車は論外、自転車も停めるところが苦しい。やはり歩けってことなのかしら。
明日はバスにしますcoldsweats01西陣はちょっと遠いのと、できれば着物にしようかな〜と思って。

nnya様

茶李coldsweats01にのっているとジモティに見えるかしら〜。
まだ残念ながら道きかれていないのです。
とはいえ、まだ京都に長期滞在している観光客、、、という気分がぬけません。多分最後まで観光客スタンスでいきますわっ!
好日居さんのオルガン、使えるかどうかはききそびれていますが、多分構造が複雑でない分、まだ音が出るんじゃないかな?
ここはほんとに居心地が良いので、またごいっしょしませんか?

しぇる様

関係といえば、無関係なのです
この会で使われているお茶碗「馬祖」の作者
加納白鴎さんが私をかわいがってくださいました
加納さんに毎年入席券が送られてくるのです
前に一度、その券で澱見の席のある塔頭に
寄せていただきました
久松さんと加納さんとはお友達で、
加納さんのお宅に久松さんとか鈴木大拙さんの
書がいくつもありました。
昨年も入席券をいただいたのですが、
体調不良で当日の朝、行くのをあきらめました

昨年11月24日のしぇる様のブログに
コメントしたのがはじまりでしたか?

そこで、前に心茶会にうかがった時のことを書いていました
もうはや1年になるのですねhappy01

野中の清水様

まあ、そういうご関係でしたか!
「馬祖」のお茶碗は、昨年でしたか拾翠亭でひらかれた関西地区心茶会の茶会で拝見しました。その時のブログを読み直すと、馬祖道一のことや加納白鷗さんのことも書いていましたわ。その加納さんとご縁がおありでしたか。
淀看席でしたら黒谷の西翁院ですね。
ご縁をいただいてから、もうそんなにたちますか。
この歳になると、ほんと光陰まさしく矢の如く感じられますねえ。

自転車での気軽な京めぐり・・・
羨ましいです。もうわが庭のように走り回って
くださいね。
しかし京は良いですね~~~

nageire様

ありがとうございます。
京都は自転車と、あとバスを乗りこなすことができればどこにでも行けそうです。あとは時間的余裕がな〜、、、、、sad

しぇる様
私はバスと歩きですがその組み合わせは結構楽しいですよ。一日乗車券なるものを買って楽しみます。
ぶらっと降りたいところで降りて。
何てぜいたくなんでしょうか!

展覧会、私も早くゆかねば!

先週末の東京フォーラムにて今年も中田ハンガーさんとお目に掛かり、事前に和菓子の会を通じて…とお伝えしていたことから、しぇるさんの話題に♪
くしゃみされませんでしたか?(笑)

ひいらぎ様

地下鉄・バス共通のが便利ですよね。
私もよく利用しました。
うちからは二カ所のバス停が利用できるので、市内のたいていのところにはバス一本でいけることがわかりました。ただ電車とちがって、定刻通りに運行がむつかしい、、、というのが難点です。

maki様

そういえば、花粉症がぶりかえしたかと、、、冗談ですcoldsweats01
ほんとに世間はせまい。はずかしいことしてへんやろな、、、と我が身をつい振り返る、、、。またお話おきかせください。

こんばんは、しぇる様

わ!松園展お出かけされたのですね~。
疎水の桜も彩よく、紅葉舞うごとき様で、「花がたみ」鑑賞に似合いだったのでは。
私の好きな「秋の粧」は前期展示。
急いで行かねば!!と思っております。
うるわし屋さん、私も大好きで時々お邪魔させてもらっております。
漆器をお取扱いにも関わらず、一人暮らし祝いにえいっと清水の舞台から飛び降りた気持で、アンティークグラスを買ってしまった私(笑)。
この前、粗忽なことに割ってしまい、またご縁がないかなぁとお店へ伺うのですが、なかなか・・・。

いけこ様

夫がこちらに引っ越して早々、いつのまにか近代美術館の特別会員になっていまして、券が無料で入手できるのです。(この松園展は無料券なくても行っていましたけれどね。)松園の女性の着物は、シンプルな紋付なのに美しい、、、とそんなところもながめておりました。
アンティークものは壊れたからといって、補充できないのがつらいですね。でもそこが「出会い」の貴重さ、おもしろさですよね。またきっとよいご縁がありますように。
(「出会い」だらけで財布がピンチ、、、、ということもありますがcoldsweats01

コメントを投稿