フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 京都からご挨拶 | メイン | 京都あれこれ+唐長の名刺 »

2010年11月 4日 (木)

京都・和菓子の会〜元・立誠小学校

京都和菓子の会には4年前から皆勤をめざし参加させていただいています。

9月には虎屋さんの一条店菓寮でおこなわれた、和菓子の会7周年記念レセプションのお手伝いもさせていただきました。

その時までは、参加するのはいつも一日仕事でした。

ところが、今回はなんと自宅からチャリで行ってチャリで帰って、まだ半日おつりがくるのです〜!!

こういうところから京都暮らしの実感がわいてくるのかもしれないわ。

P1070637

朝の木屋町、高瀬川沿いの道。
学生の頃、よう飲みに行ったっけ。(もちろん学生の予算内の飲み屋専門です)
夜が本番の町だけに、朝はどことなくお疲れのようでしらじらしたかんじです。

P1070638

ここは土佐藩邸のあった場所。
そこに今立っているのは、、、


P1070644
元・立誠小学校。
夜、こんな飲み屋街に小学校があるなんて〜、、、、と昔よく思ったものです。

花街・先斗町を擁する学区で、残念ながらその他の番組小学校のご多分に漏れず平成4年に廃校に。


廃校後も、建物は立誠学区のまちづくり、コミュニティセンターとしての役割をはたして、いろいろなイベントもおこなわれているようです。

P1070643

京都の町衆の心意気のシンボルのひとつ、高瀬川。


P1070642_2

校門の前にその角倉了以顕彰碑があるあたり、さすがですね。

(余談:角倉家の末裔で裏千家にはいらはったのが又妙斎さん)

まずは木造校舎の画像をごらんくださいませ。
あの校舎独特の匂いまでしてきますよ。
懐かしくて泣けることうけあいです。(対象:同年代の方限定)


P1070645
P1070647
P1070648
P1070649

まだ今でもこの校舎のあちこちに、子どもたちの声が響きわたった日々の残響を感じることができます。

下京第6番組小学校として創立は明治2年。
現在の建物は昭和2年のものだそうです。


P1070683

私が通った小学校も低学年の間はこの始業ベルだったんです。


P1070685

さすがにこの電話機は私も見たことがない。

この学区には池田屋跡、土佐藩邸跡、海援隊屯所跡、坂本龍馬暗殺の近江屋跡、龍馬の投宿していた酢屋(実は和菓子の会主宰の中川様のご実家!)さんなどがあって、NHK大河のファンなら絶対訪れたいエリアだと思いますよ。

しかも、龍馬伝で土佐藩主・山内容堂を演じる近藤雅臣さんは、なんとこの立誠の卒業生だとか。
しかるべき配役だったのですねえ、、、


おっと、すっかり和菓子の会からそれましたね。


P1070686

上質な室礼の中、季節の粋を集めたような京菓子をいただく、、、がコンセプトのこの和菓子の会、今回は裏具さんナナコプラスさんとのコラボ。

裏具さんといえば宮川町のちょっと極めて見つけにくい場所にあるモダン和文具の町家のお店。
(→参考


P1070660

すっきりとシンプルな引き算のデザインのぽち袋や便箋、この写真の「まめも」(ミニサイズのメモ用紙)などすてきでお気に入りなんです。


会場となった立誠の自彊室(ジキョウシツ:まあ読めんわなあ、こんな漢字)にはいってびっくり!
小学校にこんなりっぱな部屋があるなんて!

P1070652

ずわ〜っと60畳敷の和室です。coldsweats02

P1070675

しかもこのガラスのすごい建具を見てください。

さすが花街、寺町を要した学区の番組小学校だっただけあります。
教育に学校に、これだけ財をつぎこんだ見識、これが京都なんですねえ。

P1070662

立誠学区でお育ちになった主宰・中川典子様、裏具の佐々木様。
今回もお菓子だけではなく、学区にまつわるはなしなどもいろいろお聞きできました。

今回もこの日のためだけのお菓子を作って下さったのは先斗町駿河屋さん。

P1070693

裏具さんが最近発売された和菓子をテーマにしたハガキ、「菓紙」。

イラストレーターのくまざわのりこさんデザイン(細かい刺繍糸をおいて作られているとか。なんと細かいお仕事!)、それぞれに和菓子の銘がついています。
(貝づくし、下萌、雪餅、水紋、落文など)

そのうちの1枚、「十五夜」(真ん中の茶色い葉書です)、今回はこれをイメージしてつくられたお菓子なんです。

P1070671

色はそっくりそのまま、栗は葉書にある月の中を飛ぶ蝙蝠のイメージなんですって。
お味は餡でカステラをこしらえた、、、といった上品な甘さ。
ぺろっといただくまでの30秒の至福でしたわlovely

P1070659

床では裏千家の社中の方が、茶箱の月点前をされ、お抹茶を一服いただきました。
お軸は「渓聲山色」。
蘇東坡の七言絶句から。(渓聲便是広長舌 山色豈非清浄身、、、、この世のすべての物が仏の教えを語っているではないか、、、のような意味coldsweats01

P1070656

ナナコプラスさんは、和菓子をモチーフにしたアクセサリーを作られているのですが、ほんとにかわいいのですよ。
時々デパートなどでもみかけます。
ところでこのお干菓子、老松さんのお菓子なんですが、実はそれぞれ一つだけナナコプラスさんのアクセサリーがまじっているのです。
いわれるまで全然わかりませんでした!
まちがえてかじっちゃったら大変ですね!


P1070678

今年最後の和菓子の会ですので、恒例のお楽しみプレゼントが。
私があたったのは和束の玉露でした。
皆様、それぞれいろんな景品をいただいて顔がほころびます。

今年も楽しい会をありがとうがざいました。
来年も皆勤をねらいますわ。

P1070680

自彊室の窓からはすぐそばに見える東山。
これが京都に住むうれしさのひとつです。


P1070687

学校を出るとすぐ目の前に先斗町歌舞練場。
やっぱりここは花街のまんなかなんだと再認識した次第。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349039/25355761

京都・和菓子の会〜元・立誠小学校を参照しているブログ:

コメント

目の回るような日々の中、早速のUP、痛み入ります。
過日はお出ましにくいところ、ありがとうございました。
その上、私にまでお土産をご心配いただき恐縮です。

和束の玉露でしたかぁ。個人的にはそれが一番特等で
あったのではないかと…思ってます。しぇるさまに
あたってよかったですわ。あれ、すごいやつらしいです。
忙中閑あり、にお役立てくださいませ(笑)

それと、くまざわさんのは刺繍ではありません。
お席で中川がそう言うてたということで、訂正され
ました。すんません。
あれは、糸を置いていく…という非常に細かい、気の
遠くなるような作業の積み重ねやそうです。ご本人
さんは「そういうの、好きやから」とさらっと
おっしゃいますが。刺繍とはまた違った大変さと
効果があるようです。

あまね様

こちらこそいろいろありがとうございます。
そしてご苦労様でした。
(くまざわさんの刺繍の件は修正いたしました。どちらにしてもすごい緻密な仕事ですよね)
和束の玉露は、うらに松石さんのシールがはってありましたので、特別なお茶かな、と思いました。落ち着いてから、しっかり玉露の入れ方の鉄則を守って、心していただきますね。
あまね様こそお疲れだされませんように。
また、お世話になりま〜す。

さすが皆勤賞!!
素敵な校舎ですね。
お菓子もおいしそうです~。

今回は参加できなくて残念でした。

でもこちらまでチャリで行けるとは!
ますます行動範囲が広がるのでは!!

あの日は自転車でおこしやったんですか。さっそくチャリサイズの京都暮らしを満喫ですね。
私も普段なら、あのぐらいは自転車なんですけどねぇ。さすがに着物では(汗)

ロケーションもさることながら、あの蒸し菓子おいしかったぁ。お客さんが見えたので、慌てて頬張ったのが惜しいです。もっとゆっくり味わいたかった・・・・出来ればお代わりも(笑)

夢風庵様

チャリは快適なのですよ、電動だし。
ただ、、、、これからさっぶ〜い季節にはやっぱり乗る勇気がありません。
暑いときと冬は考えものですなあ、、catface

今回はお目にかかれず残念でしたわ。
また次回の例会のときにでも。

ぽん様

当日はご苦労様でした。
お手伝いでもお菓子は一つ、、、なのね。coldsweats01
でもおいしかった〜。かえりに先斗町駿河屋の前を通りましたが、あのお菓子は売ってないですものね。和菓子の会のお菓子って、手がかかっているのでその後店頭販売、、、ってことにならないのが惜しくもあり、だからこそ貴重でもあり。
今わたくし着物で自転車にのれないか考え中。
乗れたらさらに行動範囲広がるんだけれど。

京都ではけっこう着物で自転車乗ってはりますね。
お向かいのおばあちゃんも颯爽と自転車にまたがってはりますわ。
今日もお散歩途中に、着物で自転車のお方を見かけました。
ただぞうりを履いてはったんで、あれはちょっと怖いcoldsweats01

大阪でもバブル後、きれいに髪を結いあげた着物姿で、チャリで猛スピードで通勤するホステスさんに時々会いました。

べべ着てチャリに乗るのに
最適なグッズを来年1月30日の例会で作ります。
みなさ~ん、来てくださいね~!

詳細は近日UPします。
京町家・風の会よりのお知らせでした
(しぇるさま、コメント欄、無断でお借りしました)。

http://www.kyo-kaze.jp/

あの高瀬川沿いの学校、こんな風になって
いるのですね!!!しかも立派な床の間付の
和室がある。さすがに京都ですね~~~~
美味しい和菓子と美味しいお茶。
京都良いですよね!

夢風庵様

着物で自転車は紬の着物を想定していましたが、ホステスさんじゃ、やっぱり訪問着かなにかですよねcoldsweats02そりゃびっくり!
でもやればできるんだ、、、。
着物の前がはだけないかだけが問題です。あ、それと草履も。それ、確かに危険そうです。

あまね様

はい、わたくし、風の会広報部担当ですから(???)OKですよ。(冗談)
その着物自転車グッズ、とても楽しみにしています。
うまくできれば着物でチャリ・ライダーになれそうですもの。

nageire様

自彊室ってお茶やお花、礼儀作法などの教育に使われたようですよ。
他の都市でもみたことはありますが、こんなにりっぱななのは初めてでした。さすが先斗町!と思いましたわ。

しぇる様、こんにちは

初めまして

京都に住む、高兄と云います

いけこ様の、ところに、たまに御邪魔させていただいてまして・・・

しぇる様の御名前は、存じておりました^^

先日、娘を連れて

久しぶりに裏具さんに行きました

blogにupする前に

みなさん、どんな記事、書かれてるかなぁ~?

などと見てますと

しぇる様の記事が!


思わず、嬉しくなり

とりとめないコメントしてしまいました^^;


去年末から、京都にお住まいなのですね?

年末は、京都でも珍しいほどの、雪でした

今年も寒うございます

しぇる様、御主人様も、風邪などひかれぬ様

御自愛くださいませ

高兄様

はじめまして。コメントありがとうございます。
お名前はいけこ様のところで時々拝見しておりましたが、今ブログを拝見すると、まあ!あの「きょうと京都」さんではありませんか。
京都関係の記事をさがしているときよくヒットしましたわ。
お写真もとてもいいですね〜。なかなかコンデジではまねできません(と、カメラのせいにしておこう)。
高兄様はネイティブ京都人でおられるのですね。
私は移住組、これからも京都御指南のほどよろしくお願い申し上げます。

コメントを投稿