フォトアルバム
Powered by Six Apart

« ROUND ROBIN QUILTS | メイン | 藤田美術館〜「季節を愉しむ・I」 »

2010年10月 4日 (月)

秋雨の京都つれづれ

秋雨もしとしとならいいのですが、この日はだだ降り。

それでもあれやこれやを片付けるために京都を北から南まで。
(我ながらよう働くなあ、、、)

P1070319

雨の下鴨神社。
こんな雨の日でも結婚式のカップルがあちらこちらに。

P1070320
こちらにも。
おめでとうございます。

私の好みとしては、やはり白無垢には綿帽子がいいなと思うのですが、昨今、某女優の神社での結婚式以来、白無垢に北新地のお姉さんもびっくりな盛り盛りの髪型がはやりなのね。

そういう髪型はカクテルドレスでやればいいのに、、、と思う私は古いのでせうか?

P1070321

神社の清浄な雰囲気に巫女さんのきりっとした髪型はいいでしょ?やっぱり。

さてここから一気に南へとびます。
伏見区竹田のパルスプラザで今回最終日をむかえる京都大骨董市へ。


P1070324

以前は全部見て回ろうと歩きに歩いて、疲れ果ててなにもゲットできずに帰る、、、なんてこともありましたが、最近は的を絞ってかしこくまわります。

今回は新居に置きたいアンティークの和箪笥を物色しに。
早速お目当ての店で、よいものをゲットしたあとは、時間が許す限りぶらぶら、余裕で会場をみてまわります。


P1070322

雨で最終日とあって、お客さんはいつもより少なめでしたが、骨董にかける情熱は、対象がなんであれ熱い物があります。

機能性だけを考えるなら、箪笥だって新しい物の方がよいにきまっているのですが、そのモノが背負ってきた人間のいとなみ、歴史、みたいなものを感じるんですよね、骨董って。
あたたかい、、存在感がある、、、のです。

機能だって、昔の職人さんの仕事は新しい物に比べてもまけるどころか、むしろすぐれていることもあるのです。

金沢から出店されているお店で、昨年金沢に行ったとき、骨董屋さんでみつけて、手が出なかった古伊万里の小鉢によくにたものに、出会ってしまいました。

よく見ると、そのそばに蛸唐草のめっちゃ好みのお皿が、、、、

2枚だけほしいのですが、5枚一組でしか売らない、、、というところをねばってバラ売りしてもらいました。
言ってみるもんだなあ。
まあ、これが骨董市の醍醐味ですわね。
私は目利きではありませんので、値段相当かどうかはわからないんですが、気に入ったのならいいぢゃありませんか。

P1070350


また北上して岡崎へ。

P1070326

このお家は夏向きだなあ、、、と常々思っている白川沿いのお宅。
雨の日はどうしてはるのかな、と思ったのですが、やっぱり戸はあけっぱなしcoldsweats01
冬場はどうなるのか、とても楽しみ。

P1070329

山が霧を吐く、疏水縁の風景。

雨の風情もまた良き哉。

P1070331

築80年の町家の出格子、、、、、ウソ。

新築のわが家の出格子です。新築でもこんな町家ができるのです。(町家love)

そして私を迎えてくれたのが、この1月一時お別れしていた梅の木


P1070340

一足先に京都へ移住して、造園屋さんの敷地で養生していた宝塚の庭の梅の木です。

新しい家の庭でまた巡り会えました。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349039/25175463

秋雨の京都つれづれを参照しているブログ:

コメント

いよいよお引っ越しワクワクします!
家具もお気に入りで素敵なお部屋になりそうですね。
それにしてもしぇる様の行動力、体力、段取り力には脱帽です! 
我が家が20年住んだマンションから引っ越したときは、広めの3LDKにデッドスペース全く無く物を詰め込んでいたので、荷造りだけで死ぬ思いでした。大きな家具と100箱くらいある本を、ずっと笑顔で運んでくれた引っ越し屋さんには☆感動☆しましたねえ。
雨の日でだったなあ…。ねこをゲージに入れて待たせて…。トイレを忘れてとりに戻ったり…。泣き笑いの一日でした。

しぇる様
もうすぐお引越しですか?自分の気に入った家を作られたのですねえ。
楽しみですね。
ところで先日 私も下賀茂神社で結婚式された方を拝見しました。
神社の結婚式もよいですね。
京都の大骨董市に行かれましたね。うらやましい!私も身体が二つあれば行けましたのに。私もあれは楽しみでおもちゃ屋さん行く子供の気分です。

ぴお様

>荷造りだけで死ぬ思い、、、
まさしく、今それです。段ボールにつめこむと、その段ボールを置く場所がない!
段ボールの中で生活してますのshock
うちも本の多さにうんざりです。だいぶん処分はしたのですが。
引っ越し屋さんには、ほんとによろしくお願いしたいです。
そうそう、猫も荷物運び出しの間、どうしよう、風呂にでも閉じ込めるかなあdespair
移動日、ケージの中でずっとわめいているだろうな、、、bearing

ひいらぎ様

大骨董祭はほんまに楽しいですね〜。happy01
高くて手が出ないものでも、一応手にとってみせてくれますから眼福です。
これなんぼになるの?という駆け引きも結構たのしい。
今度からは地下鉄でぴ〜っと行けるのでさらにうれしい!
月末引っ越し予定です。

しぇる様

お引越しのご準備
お疲れ様です

骨董市に行かれたとのこと
本当に楽しいですよね
昨日から上京していたのですが、
友人のお供で骨董屋さんを数軒まわってきました。
そのうちの一軒に瀬戸黒のお茶碗がありましたが、
まさしくパッチワークで10以上の破片を継ぎ合わせ、
見事に再生したものでした
そのお店では瀬戸黒についていろいろと教えていただきました。
瀬戸黒で焼きの完全なものはほとんど望めないそうです。

しぇるさまは瀬戸黒がお好みとのこと
御入手の節は、是非ブログにアップしてくださいね

梅の木が無事にそして元気でお庭に移されてきたのですね

もしかしたらほかの庭木も、一晩で
宝塚から京都のお庭に飛んでくるかもしれませんね

いよいよお引っ越しが近づいてきましたね。
そんなお忙しい中キルト展にお付き合いくださってありがとうございました。 久しぶりにお会いできてとてもうれしかったです。
見ごたえのある素敵な作品の数々で、いい作品展でしたよね。
私も頑張らなくちゃと改めて思いました。
それなのに遊び歩いて帰って来て、あとが大変でしたわ~(^^ゞ
今度はしぇるさんの展示会におじゃまできたらと思っています。
でも、お引っ越しもあるので相当ハードな日々になるのではと…
お体に気をつけて頑張ってくださいね~

野中の清水様

古筆だけでなく、茶碗などの骨董巡りもされることもあるのですね。(おつきあいとはいえ)
瀬戸黒の継ぎ合わせ、、、というのはちょっと想像しがたいものですねえ。一度拝見したいものです。そこまでして継ぐだけの価値のあるお茶碗でしょうから。
骨董市ではなかなか茶碗や茶入のよいものはみつかりません。あってもとんでもない値段だったり、、、、。だいたい良い物かどうか鑑識眼がないものですからお見せできるような物はなかなか、、、think
骨董市では、かわいらしく、懐石まわりの道具のおもしろいものをそろえるくらいですねえ。

飛び梅ではありませんが、思い入れのある梅なので。
あとの庭木が全部飛んできたらどうしましょ?庭が満員御礼になってしまいそうですcoldsweats02

ふーテトママ様

こちらこそありがとうございました。
ママ様の大人気ぶりにはびっくりしました。すごい方とおつきあいしてるんですね、私coldsweats02
いつもキルトの展示で力作をみると、やる気がでてきます。
11月のうちの教室の展示ですが、私の作品はお恥ずかしいですし、展示会場に常在しているわけではありませんので、ご無理なさらないでくださいね。(でも一応案内は送るcoldsweats01
とはいえ、いま目前の問題は引っ越しです〜。
もお、た〜いへん!
おちつきましたら、是非nnya様ともごいっしょにおこしくださいませ。

こんにちは、しぇる様

いよいよお引っ越しですねぇ~。
さぞや大変かとは存じますが、お疲れのでませんよう。
しかも、猫さんたちもご一緒ですから。
来年のお花見は、いよいよ、岡崎からのご参加ですね!!

神社でのお式、最近は式後の披露宴を考えて、高島田に結い綿帽子は少ないようですね。
私は祖母の要望で、地毛に半鬘で高島田を結いましたが、ぎうぎう髪をひっ詰められ重い鼈甲の簪をさすので、禿げたらどうしよう・・・とドキドキでした(笑)。

近づいているんですねぇ…。happy01
<白川沿いのお宅>みたいなオーラのお宅が近所でもあります。
理由を説明できないんですけど、やたら写真を撮りたい衝動に駆られます。

この胸の内、ある意味廃屋フェチと昭和フェチなのかもしれないです。

はじめまして。竿縁天井のキイワードで検索していましたら、このブログの七年前のお店紹介記事に達し、ほかのページも是非読みたいと思いました。私も京都に憧れて八年暮らし、今は東京ですが、また数年後に住みたいと思っております。
リンクなさっている「老後は京都で」に私が昔書いた本が紹介されています。さて今日は白川沿いの家について書きたいのでした。以前から気になっていたので、この春裏側に回ってみたのです。とてもわかりにくいところに入り口があって、どうも若い方たちのグループ工房のような感じでした。
同じ家に興味をもたれたことにワクワクしました。
私も次は京都では井戸のある家に住みたいと思っています。

いけこ様

はい、若干荷造り疲れしてます。sad段ボールの海をうれしそうにわくわく泳ぎ回っているのは猫ばかりで。いろいろな京都の行事にチャリで行ける日を夢見てがんばりまっす!

そうですか、式後の披露宴も考えて島田にしない人が多いのですか。でも、なんか中途半端ですね〜。
いけこ様の白無垢姿、以前ブログで拝見しましたよ。後ろ姿でしたが、とてもすてきでしたheart04やっぱりこうでなくちゃ!地毛だったとは驚き!

あらら・・コメント残ってないsweat01投稿を押さずに画面閉じてしまったようですcoldsweats01

骨董市行きたかったのですが次の日に備えてお休みしていました。
次回は探しに行きます。
やはり自分が気に入って愛情込めて使えるものが一番ですね。
身の回りにあるのが自然というか。。。

梅の木は一足お先にしっかり京都の土に根付いたんですね。

ちょきた様

私も(恐すぎない程度なら)廃屋フェチですのよ。
ただし昭和はリアルタイムで生きてきましたので、私の中ではまだ古くありません。
やはり明治、大正でないと〜coldsweats01そういう古い家屋フェチですね。
このお宅、ツボを刺激してやみませんよね〜。

Mariko Ishii様

S&Y様のブログの「京都が好き」の作者の方でしょうか。
拙ブログまでおいでいただき、その上コメントまでありがとうございます。
またいずれ京都にもどられるとのこと、やはり魅力のある町ですものね。

あの白川沿いのお家はほかにも結構気にされている方は多いようなんですが、表まで回られた方は初めてです!そういうこと、考えもつきませんでした。工房かなにかなら、あの開放感も納得ですね。移住後、また探検してみますわ。情報をありがとうございました。

夢風庵様

(いやがらせでコメント消したわけではありませんよ〜。coldsweats01
骨董市は、あれ、けっこう体力(もちろん金力もね)要ります。まずはお膝の具合がよくならないとちょっとつらいですよ〜。私はパンツにスニーカー、肩から斜めがけするカバン、といういでたちで参戦しております。でも買えないまでも、見て歩きは楽しいですね〜。

梅は移植したばかりなので、来年の花はちょっと期待薄です。実までつけるのはもっとさきかなあ。

Mariko Ishii 様

拙ブログにも書きましたが(2010年7月14日)、御著書興味深く拝読いたしました。京都に戻られてからの、続編楽しみにしております。

しぇる 様

梅の木のお話など拝見していますと、いよいよ、カウントダウン、という感じですね!(骨董市などに出かけている場合では、ないのでは??? ←ヒトリゴト)

S&Y様

石井様の本はなかなか入手できないようですね。機会があれば読んでみたいです。京都の市立図書館あたりにないかな?

>骨董市などに出かけている場合では、ないのでは???

おっしゃるとおりですcoldsweats01
正直、ヤバイです。

秋の気配の京都良いですね~~~
この雨が一雨ごとに、紅葉を運んでくれるのですよね。
湿度もまた秋には似合うのかもしれませんね。
京都の骨董市は、格別ですね。良き品物が出ていて
どれもこれも欲しくなります。
いよいよお引越しですか~~~
露地の敷石も年を重ねるとまた良き姿になってよきますね。
千本格子、素敵ですね。

nageire様

今年の紅葉はいかがでしょうか。
10月にまだこんなに暖かいのは記憶にあるので30年以上前ですわ。

骨董市、財布に糸目をつけなくてよい、というのなら、もうお蔵まるまる買いたいものですわねえ。でもこつこつ一つずつそろえて、次はあれを買おう、、、と思うのも楽しみのひとつですね。

いよいよですか。
立派な出格子ですね。
頑張ってお掃除してくださいね。

山名騒然様

出格子のお掃除、ちょっと今から頭がいたいです。
お休みの日しかお掃除できないので。
でも家の顔ですからねえ。

 ほんまに久しぶりに覗かせてもらいました。
いよいよ、京都人になられるんですねぇ。おめでとうございます。
いろんな思いを織り込まれた新居。思い入れの梅ノ木の奥に見えるのは、これまた思い入れのお茶室のにじり口。
羨ましくて、ため息が出ます・・・・。

いよいよ引っ越しなさるのですね。お茶室のお庭、雨にぬれて風情がありいいですね。ほんとに素敵なお家ですね。

ところで白川沿いのお家、大分前ですが、私も写真をとった覚えがあります。若い方の工房になる前ですがちょっと違った感じでしたが。お散歩の道筋はやはり少し重なりそうです。

花咲おばさん様

おひさしぶりです〜!!
花咲さんとこも、おめでたいことでうれしいです〜。
私たち、おそろいで花嫁の母!ね!happy02
そうそう、写真写りには注意しましょうね。一生のこりますから。私も直前にエステでもいこうかな(←無駄)
引っ越し、結婚式とあわただしいことで、しみじみと感慨にふけるまもありません。
まもなく晴れて京都市民のお仲間入り、先輩、よろしゅうご指導のほどを。

kiremimi様

はるかNYから、ありがとうございます。
この白川沿いのお家、ほんとうに隠れた人気者で、たくさんの方がひそかに興味をもたれておられるようです。ここに住んでいる(?)方はそれをご存じなんでしょうかね。
今度ご帰国されたおり、この家をじ〜と眺めているおばさんがいたら私です。声をかけてやってくださいませ。(移住後この家の表側の探検に早速いくつもりです)

しぇる 様
騒然様は京都の方でしょうか。〝立派な出格子ですね。頑張ってお掃除して下さいね〟に複雑なニュアンスを感じてしまう私も、十年後のしぇる家の味わい深い出格子のお写真を楽しみにしております。いけずと意地悪は違います、違います。
白川沿いの家について、私は裏と表の言葉を使い違えましたが、その理由はおいでになるとわかると思います。行く途中で並河靖之記念館を発見。○屋フェチに喜ばれそうな風情でした。
東京では目白の細川コレクション・永青文庫が洋館ながら雑木林の中にあって、しぇる様のお気に召すのではないかと思っております。今は丁度茶入れ
展をやっています。お茶に無縁の私もまず一回目は仕覆だけ堪能して参りました。次回茶入れを見ます。12月26日まで。来年秋に、京都国立博物館で細川家の至宝展があるので、茶入れの一部は出展されると思います。
引越しのご準備、心身ともにお大事に。

Mariko Ishii様

うぷぷ、、、私もちょっと「出格子の掃除、、、」で複雑なニュアンスを感じていましたの。
騒然様はネイティブ京都人さんで、しかも伝統産業に関係のあるお方ですし、出格子のあるお住まいにお暮らしです。かっこだけじゃなくて、日々こまめに拭き掃除しないと京都人とはいえまへん、、、ということかしらcoldsweats01がんばりますぅ〜。
並河さんのお屋敷も好きなスポットなんです。いついっても独り占めですし。そうそう、れいの川沿いのお家、引っ越したらいの一番に行ってみますわ。
東京はよい展覧会をたくさんやっていますね。今春上京して、そのポスターの多さにびっくりしました。なかなか上京するチャンスがないのですが、京都国立博物館にとうとう細川家がくるのですか。それは楽しみ!
いろいろと情報、ありがとうございました。

コメントを投稿