フォトアルバム
Powered by Six Apart

« ヴェネチアガラスの島〜ムラーノ島 | メイン | 大円真のお稽古デビュー »

2010年8月20日 (金)

ミラノ点描

  ♪ 町並み 見下ろすのさ 一番高い場所で〜

この景色をみて、こんな歌が口をついてでてきたあなたは、世界名作劇場のファンですね。


P1060896

(この旅行記も今日で最後ですので、よろしくおつきあいくださいませ)

地下鉄の駅から階段を登ってくるとこの景色が眼前にいきなり広がるのはなかなか感動的。

これは計算されたものなのか?

(同じ感動を京阪中之島駅であじわえます。
地下から登ってくると目の前にど〜ん!と中之島中央公会堂!)

P1060900

完成まで500年を要したというゴシック建築の華、ドゥオーモ(大聖堂)、ミラノのシンボル。

で、なぜ冒頭の歌かというと、ずいぶん昔にTVでやっていた世界名作劇場の「ロミオの青い空」というアニメのOPのバックにこのドゥオーモがでていて印象深かったから。(OP「空へ、、、、」→    なかなか良い歌ですよ)

原作はリザ・テツナーの「黒い兄弟」。

19世紀の少年売買や少年労働の苛酷さを描いた作品で、黒い兄弟とは煙突掃除に従事させられていた少年達が仲間とつくった同盟の名前。

P1060910


後陣からはエレベーターで屋根まで登れます。
まさに「一番高い場所」からミラノを一望。

高所恐怖症にはちょっとつらいけど、、、。

P1060622

こちらは重厚なミラノ中央駅。

1931年完成。


P1060627

いろんな様式が入り交じっているらしいが、世界で一番美しい鉄道駅、というのもむべなるかな。


P1060625

床のモザイクまでアートしてます。
(ちなみにこれはギリシア神話の神ヘルメスの杖、ケリュケイオンですね)

京都駅もでっかい数寄屋造りにするとかすればよかったのに、、、、。

ドゥオーモのすぐ横にあるヴィットリオ・エマヌエルⅡ世のガレリア。


P1060862

1867年の完成。


P1060866

中央部のドームの下に立って見上げる。

P1060864

足元のモザイク。

そして有名なのがこちら。
P1060869

雄牛のモザイク。
いつから、だれが言い出したのやら、この牛の局部にかかとをつけて一回転すると、願いが叶うとか。

なので、すっかり穴ぼこになってます。

私?  もちろんミーハーなので各国の旅行者の前でやりましたわよ。

P1060881

けばけばしいマクドのもここでは上品な黒と金。


ガレリアをぬけると、オペラファンにはたまらないミラノ・スカラ座。


P1060918

内装の写真を見るとすごくゴージャスなんだが、外観は意外とシンプル。

オペラをここで見たい、というだけでミラノに来られる身分になりたいものだ。

P1060874

大きな都市なのに、トラムが走っているのも良い感じ。


P1060921

スフォルツェスコ城。

14〜15世紀、ミラノを支配したヴィスコンティ一族の居城。

P1060925

広大な城内のあちこちにある人を食う蛇の紋章は、ヴィスコンティ家のもの。

ここの博物館で、ミケランジェロ最後の未完の作品、「ロンダニーニのピエタ」を見ることができます。

P1060930

美術全集などには必ず載っている作品ですが、ここでおがめるとは思わなんだ。(だいたいミラノはほぼ素通りする予定だったので)


これはまだ試作の段階だったようで、キリストの右腕が2本あったり、マリアの顔が二重になってたりします。
(マリアの顔の右上にもう一つの顔があるのがわかるでしょうか?)

P1060931

こういう状態だったのはここに来て、初めて知った。
完成していたらどういう作品になっていたのでしょう。


P1060942

地下鉄でちょっと下町のナヴィリオ地区へ。
運河沿いの町で、本来はこの両岸にはたくさん小さなお店がならんでいるのだが、夏のバカンスとやらでほとんどお休み。
残念!


P1060937

この運河のそばには、こういう洗濯場も残されている。

今はもうさすがに使われていないが、ちょっと前のイタリア映画には、こういうところで近所のおかみさんたちが大勢、おしゃべりをしながら洗濯をしている光景がよく出てきたように思う。

P1060940

ちなみにこれは洗濯板ならぬ洗濯石と思われる。

P1060943

イタリアの回転寿司!

ネタがでかかったような気が、、、。

P1060894
ヘルブラウ様がブログでグリコのポッキーはECでは「MIKADO」という名前で売られている、、、という記事をお書きでしたが、まさにこれ!

しかし、、、このパッケージデザインとネーミング、もうすこしなんとかならんかったのか?sad


さて、最後に、、、、

ミラノに来た最大にして最後の目的、かのレオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」。

このためだけにミラノに宿をとったようなもので。

P1060884

サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会。

ここの食堂室の壁に描かれたダ・ヴィンチの最高傑作。

見学は事前にネットや電話での申し込みが必要。
この時期は世界各国から人がおしよせるので、予約とりづらかったですが、2〜3ヶ月前に申し込んで、なんとか。


P1060888

こちらその入り口。

見学は一度に15人くらいで15分、ときめられている。

P1060887

入室前にこの部屋で1グループが待機。

そしていよいよご対面。

普通壁画にはフレスコ画がもちいられるので、それほど褪色しないのだが、ダ・ヴィンチは色彩を自由に調整できる油彩、テンペラを使用したために、完成後すぐ剥落しはじめたとか。

以前はカビで壁面ほぼ真っ黒にしか見えなかった時代もあり、あとから想像で加筆されたこともあり、オリジナルから遠く離れた作品になっていたこともあるらしい。

近代のハイテクによる修復で、オリジナルに近い絵になったというが、それでも細部はよく見えない。

けれどこういうものは心で感じる物だろう。
門外不出(というか動かせない!)の作品なので、ここで見ることができて静かに感動。

以前NHKの特集でCGによるオリジナルの「最後の晩餐」複製をやっていたが、ほんとうに完成したばかりの頃の絵を見てみたいような気持ちはある。

Davinci_cena00

修復前までは後世の加筆でユダ(左から4番目、後ろをむいている)の背中から剣を持つ手がつきでていて、これが裏切りの象徴、と言われた時期もあったらしいが、オリジナルに近い修復では明らかに隣にいるペテロの手だとわかる。

15分は非情にもあっというまに過ぎてしまった!


P1060890

日曜だったので、教会の中ではミサがおこなわれ、司祭の説教のあと、「さあ、みなさん、握手を(多分そんなこと)」で、近くにいた見も知らぬ参列者数人と握手を。(こういうのはカトリック教会ではよく遭遇する)

ロウソクを一本、献灯して帰る。

ミラノの旅もこれでおしまい。

最後にもう一度、美しい黄昏時のドゥオーモの画像を。

P1060945

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349039/24902026

ミラノ点描を参照しているブログ:

コメント

しぇる様
回転ずしやさんがあるの?へ~!知らなかったです。
いつごろ出来たのかしら?
ミラノは娘とブラブラしましたが 同じようにナヴィリオ地区は閑散としていたような記憶があります。
娘とはいつも ぶらっと 店をのぞいて歩きます。
私がベネティアで買った店は 本当に小さな店で お安かったです。おじいさんが一人で作っていましたから。
きれいなデザインのグラスを買いました。
まだ使ったことはありません。
香合に使っている仮面の焼き物は本当に遊びのようなものですが 楽しめます。多分 ブラーノ島で買ったと思います。
お茶をしていますと 何か使えないものはないかという目で見ますね。

うわー。何とも言ませんね。
京都から出たことのない私にはまるで世界が違います。
何処を見ても素敵です。
回転ずしもお洒落。
まるでカフェのようで。

素敵な人とこんな旅が出来たら最高ですね。

生最後の晩餐なんて!夢のまた夢ですわ!!
イタリアは見るところがいっぱいあって、1カ月居ても足りないって言ってた人がいました。

しかMIKADOって・・・coldsweats01

今日通勤途中に「乾布摩擦」って書かれた布かばんを見たけど、外国人が漢字の意味を分からずにプリントした商品なのかしら。。。

しぇる様

このピエタ像

霊木化現仏のようでもあり
東日本に広く見られる
鉈彫仏のようでもあり

これからはっきりとした形になっていくそのまえの、
まだ捕らえられきれていないイメージを
わたしたちも共有できる

大好きなんです

ひいらぎ様

スシ・バーはもはや世界各国にありますねえ。おかげでトロが高騰しているとかいないとか。以前メキシコでもいただいたことがありますよ。
どうみても中国か韓国の方がやっているあやしげな「日本料理」の店に行って、似て非なる物を食べたこともあります。でもそれだけスシや日本料理は世界的市民権を得た、ということでしょう。できれば京都に来て本物の日本料理を食べてもらいたいものですが。

凡蔵母さん様

>すてきな人、、、

って、毎回旦那とですわcoldsweats01ステキかどうかはなんとも、、、
ほんとうは生活スタイルの合う娘と行きたいところですが、ヨメにいっちゃたしねえ。長い旅になるとけんかせずに折り合いがつけられる相手とじゃないとしんどいです。

(幌馬車、、、、聞いたか見たかした記憶はあるのですが、思い出せません)

夢風庵様

Tシャツのプリントの字ってよく読んでしまいます。どう考えても意味の全然通じない英語なんか、ネイティブが見たらどう思うんだろう?われわれが意味不明の漢字に首をひねるのといっしょかな。

一ヶ月滞在は無理として、何回かにわけて行けたらいいなあ。

野中の清水様

霊木化現仏、、ですか、なるほど。
そういえば「自分の仕事は、石の中にもともとある形を彫りだすだけだ。」と言ったのはミケランジェロだったかもしれません。同じような意味ですよね。
ミロのヴィーナスは両手を失っているからこそ想像力をかき立て美しいように、このピエタも未完成だからこその美しさがあるのかもしれません。
(急な滞在延長に)あわててミラノのガイドブックを読んで、わざわざ見に行ってよかったです。

せっかくミラノに行かれたのですから、ミラノ・ファッションについての、しぇるさんの観察など、少し御聞かせいただけましたら、、、。

S&Y様

すみません。ファッションにはうといもので。
ミラノ、ミラノというわりにはおしゃれな人は少なかったのですが、バカンスでほんとのおしゃれな人たちはどこぞへ避暑にいっていたのかもしれません。
ただ高級ブランド店が軒を連ねる通りのとある店に入ったとき、とびかう中国語、「ここは中国か〜???」と思ったことだけここに書いておきます。

とっても良い夏休みを過ごされましたねhappy01
海外はハワイしか行ったことのない私には
いつもしぇるさんの旅ブログで行った気になってます
でも、イタリアは本当に行ってみたいと
思えるほど素敵ですね
最後の晩餐、この目で見てみたいものですheart04

かめさん様

うちの夫婦はほんまに全く興味や趣味がちがっていて、それぞれ休日は好き勝手してる、、、感じなのですが、旅行だけは唯一一致した趣味なんです。まだ元気で体が動くうちは海外へ、体にガタがきたら国内旅行を、、、と考えているんですよ〜。

貴婦人と白馬の騎士のご旅行だったのですか。
ご夫妻ともに英語が堪能だから
自前で計画したご旅行ができたのでしょうね。

体にガタがきましたら、山形の赤湯温泉「櫻湯 山茱萸」さんに行ってください
例の恐ろしい会の発起人のしている旅館です
ここのブログが面白くてしょっちゅう書き込みしています
是非一度のぞいてみてください

ヴェネチアでもミラノでも、京都でも大阪でも神戸でもどこの町を歩く時でも、しぇるさまスタイル、さすがです!

ミラノのドォーモを側のデパートのガラス張りの最上階で
お茶をしながらのんびり見ていた午後を思い出しました。

ギャラリアは好きな建物で、小規模ですが似せて建てられたのが
ハンブルクにもあります。

「最後の晩餐」の絵はミラノには三回行きましたが、
この絵とはなぜかいつも運が悪くまだお会いしていません。

MIKADOを見つけられたようでぇ~、
まさか買ったりはしてませんでしょうねぇ~・・・笑

旅慣れたご夫妻ならではのイタリア記ですね~~!
そして!最後の晩餐・・・
すみません・・これって・・ですよね!本物ですよね~~!このお写真!凄いです~~!感激!

見上げても見降ろしてもゴージャスなミラノの街並・・荘厳な建造物・・・キャンドルの小さな灯までスペシャルに見えてきました!(笑)何もかも別世界です!
MIKADOとは!(小さくグリコとありますが)、LUの商品なのですね。LUからして、日本のイメージは「みかど」なんだぁ・・・と思うと少し可笑しくて・・・まだ遠い国なのでしょうね・・・きっと。笑

野中の清水様

「古筆」で検索すると、かならず出てくる櫻湯 山茱萸さんですので、何回かお邪魔していますが、おふたりのやりとりのレベルの高さにちょ〜っとついていけませ〜んsad
東北の方はずいぶんご無沙汰です。でもガタがくるまえに、山形にも一度いってみたいですね。サクランボの季節に。

そらいろつばめ様

スタイル、、、、っていうほどかっこのいいものではありませんがcoldsweats01
若い頃は何でも見てやろう!とどん欲でしたが、歳のせいか、自分の興味のある物だけみればいいや、、と最近は意外とゆったり旅なんです。

ヘルブラウ様

はい、さすがにMIKADOには食指が動きませんでした。

ドゥオーモのすぐ横のデパートの最上階にあるんですよ、このスシ・バー。
あの場所近くにヘル様がおられたのですね。そこのスーパーでイタリアの食材をしこたま仕入れましたが、なんだか全部お土産になって手元に残りませんでしたの。
いつもルフトハンザを利用しているのでフランクフルトで乗り継ぎです。空港でハンブルグ行きの案内をみるとヘル様を思い出したりしていました。

nnya様

残念ながら〜、写真は禁止なので、この画像はネットからひろってきたものなんですよ〜。coldsweats01「ダ・ヴィンチ・コード」などの映画もあり、見慣れた絵のような気がしますが、実物を教会のなかでみるとまた違う感動が味わえました。
ミラノはドゥオーモはすばらしいですが、町としては東京なんかの方がおしゃれかも、、、と思いました。
LUってフランスの製菓会社なんですね。しらなかった。グリコとのコラボなんでしょうか。フランス人の日本に対する見識ってそんなもの??
(お気にかけておられるかもしれませんので、ご報告。旅行中シェルプリはペットホテルでお留守番。連れて帰ったとき、少しいじけておりましたcoldsweats01

素敵な写真堪能させていただきましたlovely。おかえりなさいませ。
旅ならアジア!と思っていましたが、街並や建物を見るとやっぱりヨーロッパは素敵ですねえ。。ご飯もおいしそうですし。
いつしかのんびり行ってみたいです〜。

kasparek様

やっぱりまずはチェコに行かれないといかんでしょう。happy01
kasparek様のチェコのサブカルレポート、是非聞きたいわぁ。
ヨーロッパでは、教会はもうどこもいっしょ、、、と思ってあまりまじめにみません。きっと欧米人にとって、日本のお寺はどこもいっしょ、、、に見えるんだろうなあ、、、と思いつつ。

コメントを投稿