フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 灰形独学中 | メイン | お茶のお稽古〜名水点 »

2010年7月21日 (水)

北の国から

関西が最高気温を記録した日、私は別世界、気温20℃のこ〜んな所にいました。

(涼しいをとおりこして寒かったですが〜sad

P1060295

所用あって北海道へ。
せっかくだから今人気の旭山動物園まで足をのばしたのです。

P1060296

さすが北海道の景色は広々ですねえ。
あいにくの雨模様。

せっかく関西で梅雨明けしたというのに、雨においかけられるなんてcatface

まあ、この動物園はいろいろなメディアで取り上げられていますから、あえて説明はいたしません。

P1060353_2

動物園に行くなんて、子どもが小さいとき以来なので、ひさしぶり〜!!

まずはここで一番人気のしろくま館へ。

たしかに!
これは迫力ありました。

P1060366

目の前をごぉ〜っと(本当に音が聞こえるような気がします)巨体がとおりすぎるよ〜〜coldsweats02

P1060368

おりかえし〜!!

水の中でシロクマが目をしょぼしょぼさせているのまで見えました。

P1060361

水の中でポリタンクと遊ぶシロクマの図なんて、まあ初めて見ますわ、この歳になって!

たしかに陸上にいるだけのシロクマはそれほどの人気者ではないのですが、こうして水中で生き生きしている姿を見ると、また全然シロクマへの認識がかわりますね。

これだけでもお見事!

あと、これだけは見て欲しいの。

P1060369

シロクマの後足の肉球〜〜happy02lovelyらぶり〜!

P1060388

ついでペンギン館。名物、水のトンネルです。


P1060391

空飛ぶペンギン〜〜!!

(なんて「!」の多い記事なんだ。それだけ感動しているの)

P1060397

こちらも人気、水の柱の中を自由自在に行き来するアザラシ。

水中だとえらいかっこいい!
(陸上で、のたっとしているところは、ものぐさものに見えるのに、、、)

P1060332_2

「もぐもぐタイム」というのがあって、いろんな動物の餌付けと同時に動物に関する説明を聞くことができます。
もちろん、対象はお子様なのですが、大人でも勉強になりますわ〜。


P1060330

  カバ「にいさん、にいさん、説明はもおええから、はよエサちょうだい」

(なぜ関西弁なのかはワカリマセンcoldsweats01

スタッフさんがとてもたくさんいるのにびっくり。
入園料も大人800円とお安いのに。
中にはボランティアの方もおられるのかも。

あと、旭山独自のとりくみがあちこちで垣間見えて、おもしろかったです。
動物のネームプレートなど手作り感いっぱいで、ほほえましい。

手作り看板をいくつか。

P1060298
P1060299
P1060304
P1060305
P1060311
P1060313

「着任のご挨拶?!」

(キョン、、、って「こまわりくん」で初めて知ったっけ。←わかる人にはわかる)

あと、動物園の永遠のテーマ、動物は檻に閉じ込められてかわいそうか?
それに対する、旭山の答えがこれ。(クリックで拡大すれば読めると思います)


P1060350

でもって、一番のお気に入りは、この方〜!


P1060415


デッサンの狂った巨大なネズミ、、、といったふうのカピバラ。
まさに世界最大のネズミの仲間なんですが。

このぬぼ〜っとした顔と、もっさりした動きは見ていて癒されるんです〜。

関西への帰路は空路で。
北海道のたれこめた雨雲を突き抜けて、関西圏に入ると雲ひとつなく、はるか琵琶湖がきれいに見えました。

久々に窓側の席にすわったので、(いつもはトイレにいきやすい通路側)こんなきれいな天空の入り日を写真に撮ってみました。

P1060422

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349039/24728763

北の国からを参照しているブログ:

コメント

毎日うだってますよ~。うらやましい。
一度行きたかったんですよね、ここ。

白クマの後肉球なんて見る機会そうそうないですね。
おヒップとあんよの曲げ具合もgood

ワオって「輪尾」だったんですね。MJばりの「ワォ!」かと思ってました。
八丈島のキョン!なっつかし!!

カピバラ・・何となくフットボールアワーの岩尾君を思い出す・・・

おかあさまとしてのご旅行だったのですねconfident

秋桜が似合いそうな気温でしたね

関西は本当に熱中症になりそうなくらいの暑さです。
私も北海道に行きたいと友達と話していたところです。
今年は旅行の予定がありません。
しぇる様
どうか行けるときに行ける場所の行って楽しんで下さいね。
暑~!

おはようございます、しぇる様

わー!シロクマさんの肉球は真っ黒なんですねぇ。
てっきり、白いからピンクなのかと。
(うちのチャイは白毛にピンクの肉球なんで笑)。
水に居るときは、お耳がきゅっと閉じているのですねぇ。
可愛いですわ~。
私も北海道行きたいです。
高校の修学旅行以来、足を運んでいませんもの~。

追伸
灰形教室ですが、他に「寂心庵」(表さんのようです)や、友人(滋賀在住)は、守山市にて北野宗道(裏千家茶道)先生に日曜日に通っているそうです。

灰型ですが 北野先生は裏千家の講習会も灰型をしておられるようです。半年通われた友達がいますが 中々物になるには遠かったようです。
多分そのくらい修行がいるということなのでしょうねえ。
うちはマンションですから 今のところ炭は使っていません。ですがやはり作れないといけないのだと思っています。
ふう~!それにしても暑いです。

ひやぁ~これはエエ避暑やわ。

世界で一番好きな動物、白クマさん。
後ろ姿もたまりませんっ。このぷっくりもっくりしたお尻と、ぷくぷくの肉球。触ってみたい。実際は食われそうですが。

夢風庵様

残念ながら極楽の夏の北海道は1泊という強行日程で、避暑を楽しんだのはほんのわずかでしたのよ〜。weep
旭山はメディアでとりあげられる価値がある、と思いました。機会がありましたら是非一度は!

さすがに「がきデカ」リアルタイム世代、絶対ご存じだと思っていました。あの不条理な(?)笑いは新鮮でした。山上たつひこさん、他のシリアス漫画も大好きでした。

野中の清水様

はい、なんとかつとめを果たして参りました。
時のたつのは早いもの、、、、としみじみ思いました。
秋桜、、、といいたいところですが、この時の北海道は梅雨のようでしたの、残念ながら。

ひいらぎ様

北海道も夏中ず〜っと滞在できるといいのですがね。1〜2日だけ涼しくてもねえ。かえって関西に帰ってきたとたんの猛暑がつらい。体がついていけませんわ。bearing
灰形はやはり一にも二にも練習だと思いますが、ちょっとしたコツをおそわると、だいぶん違うと思うのですが。
とりあえず上手の灰を一度は見てみたいです。

いけこ様

鼻と肉球の色は同じ、という法則があるとかないとか、、、。
でも確かにうちの猫様2匹様は確かに鼻と肉球の色が同じなんです。
なのでお鼻の黒いシロクマの肉球も黒いんですねぇ。

灰形に関しての貴重な情報ありがとうございました。
なかなか守山までは、、、と思っていたら、東京の先達さんが、東京まできたらお教えしましょう、といってくれました。守山も遠いのに、東京まで行く元気はさすがにありませんわなあcatface

ぽん様

ほんまにわずか一泊の避暑でした。
あれを味わうと、関西の暑さがよけいこたえるわ〜。
来年、京都のあぶら照りにたえられるんかどうか、こころもとないわ。
ね、あのシロクマのお尻にもやられますよねhappy02
シロクマさんが一番(わんこより?)お好きだったら、ここは1日眺めていても飽きないかもしれませんよ。
あのぶっといお手々ではたかれたら、一発であの世行き、、、ですわね、なんぼかわいくてもcoldsweats01

ええ年してぇ~~~と言われようとなんと言われようと♪ぶあついガラスにへばりついて~~♪
しぇるさん激写の超らぶり~~肉球を!お尻を!この目で見てみたいです~~~!
手づくり看板いいなあ~~~!!読む気になります!笑
み~んな大切に守られてますね!

最後のこだわりに・・・気になる一文を見つけてしまいましたが・・・そうなんだぁ・・

素晴らしい北へのお時間でしたね♪

母親の勤めを果たされたんですね、ご苦労はんどした・・・

あぁー、この白熊さん気持ちよさそう~~、
こんな写真を提供してくれはるしぇるさんに感謝です。

機内でのこだわりは一緒でおもわずプッでし!

nnya様

はい、へばりついているのは子どもより大人の方が多かったですcoldsweats01
みなさん、いっぺんに童心に返ってしまうような、動物の魅力をうまく引き出していると思います。うわさにたがわず。
自然界でこんな動物にでくわしたら、、、とついあれこれ想像してしまいました。

ヘルブラウ様

ドイツのシロクマといえばクヌートが有名ですね。
水の中のシロクマ君はとってもキュートでした。(イワン君で〜す)
もこっとしたお尻も〜。

はい、飛行機の中ではなんといっても、通路側ですよね。
となりが旦那ならいいのですが、他人様だとついガマンしてしまいそうでcoldsweats01

コメントを投稿