フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 賀茂川に沿って | メイン | 猫とキルトと+green »

2010年7月 7日 (水)

「にゃんとも猫だらけ」展〜子猫・こねこ・子猫

JR京都駅、伊勢丹7Fの美術館「えき」

こちらにはずせない展示が。

P1060053_2

その名も「にゃんとも猫だらけ」。

すでにお友達のブロガーさんたちも行かれたようで、おくればせながら私も。

P1060054

私の好きな、猫大だい好き〜、、、の歌川国芳さんの絵を中心に、浮世絵に描かれた猫・猫・猫。

三毛だのぶちだの、しかもボブテイル(みじかいしっぽ)の日本猫なのがとてもいいわ。

P1060056

洋の東西を問わず、芸術家って猫好きが多いと思う。
レオナール藤田も、国芳とおなじく、懐に猫を入れていたというし、クリムトも猫の多頭飼いだったというし、猫が描かれた絵も多いですよね。

何を考えているのか、しっかり顔に出るわんこにくらべて、何を考えてるのか、さっぱりわからない猫のミステリアスさがうけるのかも。(その実な〜んにも考えていないと私思うの、猫って。)

昨年ぽん様のとこの玉葱工房で手に入れたのはこちらのTシャツでした。


P1060103

ああ、この絵は国芳の絵だ!と思っていたので、さがしましたよ。

ありましたありました!

なんと「猫石の怪」の化け猫とともに描かれているではありませんか〜。
おどろおどろしい巨大化け猫のまえで、こんなユルイ踊りを踊ってる場合じゃないだろ〜とcoldsweats01

おもわず、クスクス。

このTシャツ、実はブロ友3人(皆様、妙齢の)おそろなんですよ。
3人そろって着用し、道をのっしのっし、と歩いていても、目をそらさないでね。

P1060104

ショップでなにか良いアイテムはないかな、とさがしてこちらのシールをもとめました。
猫のと、国芳といえば猫と同じくらい好きな擬人化金魚のを。

展示は7月11日までですよ〜。猫好きの方、おいそぎを。

さて、ここからはほんまもんの猫のはなし。

友人のところに子猫がやってきた、とのこと。子猫と聞いては行かなくては!

名前はシマちゃん、生後1〜2ヶ月。離乳中。

か、、かわいい〜〜lovely

だけど、「わっしょい期(寝てるか遊んでるかのお年頃)」なので写真をまともに撮らせてくれない!

P1060115

なのでこんな写真ばかりですけど。

P1060117

カメラをかまえると、そのストラップにもれなく噛みついてきます。


P1060118

なにも、そうムキになってかまんでも、、、、

シマちゃんは兄弟と2匹で捨てられていたんだそうな。
友人がシマちゃんをひきとって、もう1匹もちゃんと里親さんがみつかったそうで、ほっと。

P1060120

カメラストラップに飽きたら今度は日傘のストラップにぱんち!ぱんち!

なんででも遊ぶねえ。

P1060125

まともにお顔を撮ろうとして、捕まえても、これこのとおり。

触ったときの、この子猫特有のふわふわ感がいいわ〜lovely
握れば壊れてしまいそうなほどの骨格の手触りも、ええわ〜(←変態、、、ではない!)

P1060126

やっと、まともな写真が撮れたと思ったら、このあと頭突き、くらいました。


P1060127
ちょいとエネルギー補給。

P1060132_2

充電完了後はさらにパワーアップ!全然疲れをしりません。

おかげで私の手はボロボロですわ。(泣)


こうやって遊んで、遊んで、大きくなるんだよ〜。


P1060142

子猫の時代は短い。今のうちに楽しんでね。

大きくなりすぎると、全然遊びに興味をしめさなくなりますけど。

体を動かさずに、自分の射程距離内のものにだけ、ものぐさに手をだすという、どこかの大猫のように、なっちゃうかもね〜。

P1060148

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349039/24643797

「にゃんとも猫だらけ」展〜子猫・こねこ・子猫を参照しているブログ:

コメント

おそろのひとりですcoldsweats01

おお、行かれましたか~。私も先日行ったのですが、ブログにアップし損ねています。
クリアファイル買おうか迷ったんですよね~。

漫画家も猫好き多いです。昔税理士さんに「猫飼ってます?漫画家さんって猫飼ってる人多いですよね~」って言われました。
わんこよりはネタになる気はする。
赤ちゃん猫は無条件に可愛いcatface
この時期は捨て赤ちゃん猫ピークらしいので、無事里親さんが見つかってよかったです。。。

猫はちょっと苦手だった私ですが 先日知り合いに子猫がやって来たそうで娘と見せていただき 散々猫じゃらし?で遊びました。こちらの方がストレスが解消したような。
サブちゃん ごめん。

こんにちは、しぇる様

シスターズでも6月末に行って参りましたわ~。
擬人化にゃんこの人間っぷりに、みんなで「ちょっとあんまり人に似せすぎると可愛くないかも・・・」と絶句したりしつつ、愉しく見て回りました。

こにゃんこ可愛いですねぇ!!
流石、パワーが違います。
わが家のチャイも、“わっしょい期”の写真はみんなぶれてます・・・。
そして、現在ではどたっと寝っ転がったまま、ねこじゃらしに手をだしております。

ふわ~~~かわゆすっ。

猫だらけ展は、ほんまあの緊迫した状況の前で、まぬけに踊る猫はお茶目でしたねー。私もどんな絵に出てくる猫か知らず、現物を見て「えっ、こんなシーンに?!」でしたよ。

私はおばちゃんくさい猫が気に入って、温泉のクリアファイルを買いました。
そうそう、うちには「金魚の火消し」の柄もございますのよ(笑)

化け猫の前で踊る二匹の猫って、どんな意味があるんだろうと、猫だらけ展へ行ってから考えてたりします。意味もなく、そこへ描かれるとは思わないし…。
猫好きの作者が「だって、かわいいから!」というだけで描いたっていう理由だったらどうしようかと思いますが(笑)(どうもしませんが)。

夢風庵様

はい、いつか必ず、おそろのこれを着て京洛を闊歩いたしませう!
(え?いやや、、、やて?)

江戸時代には猫は魔性の生き物と、あんまりよい印象を持たれていなかったそうで、化け猫ものがはやったらしいです。そういえば化け犬、、、ってあんまりききませんよねえ。(強いて言えば八犬伝くらいか?)
そこを愛嬌たっぷりに描いた国芳は筋金入りの猫好きどしたんやろなあ。

ひいらぎ様

犬派を標榜していたのに、子猫に触れる機会があったとたん、猫派に華麗に(?)転身した方を何人も知ってます、私。
それだけ目を引きつけてやまない愛くるしさと、思い通りにならないききわけのなさ、がありますねえ、子猫には。

いけこ様

確かに擬人化もものによりますね。
それでも単にかわいい〜より、すこしひねて不細工な方に惹かれます。
その単に不細工、すれすれのところがええですなあ〜。

どして、猫っておぢさん、おばさんになると猫じゃらしに見向きもしなくなるんでしょ。weepあんなに、あんなに遊んだぢゃない、、、と愚痴のひとつもいいたくなりますね。(うしろで、フン、、、という顔でシェルが笑ってます)bearing

ぽん様

その金魚の柄、ツバつけますっ!ほしいっ!
(売約スミにしといてね。次回お目にかかるときにうけわたしをwink

こうしてみるとみなさん、あの猫だらけ展におでかけでしたのね。超人気でびっくり!ぽん様のところに一時いてはったあの子猫は元気でいるかしら?

あんのちゃん

実は私も気になってちょっと調べてみました。
いろいろあったんですが、下記の説明が一番納得できました。
長いので、ページ242にジャンプして読んでくださいませ。
じつはふか〜い歴史があるようなないような、、、coldsweats01
まあ、意味もなくまぬけな踊りをかわいいから描いた、、、わけではなさそうですぜ。


(スパムになるので、これのあたまにhttp://をつけてください)
www.himoji.jp/jp/publication/pdf/seika/801_01/02-233-249.pdf#search='池鯉鮒%20無量寺%20化け猫騒動'

京都の街を歩いていて、写真の図柄のTシャツの、「妙齢の」女性を見かけたら、夢風庵様か、しぇるさんか、(ぽん様か?)である確率が非常に高い、ということですね。
貴重な情報どうもありがとうございました(←意味不明)

S&Y様

「妙齢」は=若い女性、、、といいたいところですが、「妙な齢」あるいは「微妙な齢」の意ですので、期待されませんように、くれぐれも。
見かけたら目をそらさずに声をかけてやってくださいcatface

国芳のにゃんこ、絵葉書で持っていますが、にゃんともかわいいですね。東京でもにゃんとも展あるのかな。是非見たい!
子猫ちゃん可愛いですが、私はどうも個性の確立した優雅で堂々たる大人猫が好きなので、シェル姫のいいおんなっぷりがたまらなく好きです。

yuchi様

おほめいただいて、シェルがますます増長しそうですわ〜。coldsweats01ありがとうございます。
にゃんとも、、、展、関東でもあるといいですね。
ちまたでは洋猫がはやっていますが、私はやっぱり伝統的柄(?)の日本猫がいちばんかわゆいと思うわ。

とても楽しく読ませてもらいました。

みぃにゃん様

えらい古い記事にコメント、ありがとうございます。
この記事のシマちゃんは今ではりっぱなおばさん猫になっております(^_^;

コメントを投稿