フォトアルバム
Powered by Six Apart

« おばさまたちの合宿 in 飛鳥〜古都里庵 | メイン | 雪華紋の帯完成 »

2010年6月13日 (日)

飛鳥〜万葉の国

P1050785
飛鳥川。

 明日香川 瀬瀬の玉藻のうちなびき 情(こころ)は妹に寄るにけるかも   作者不詳


P1050789
甘樫丘(あまかしのおか)に登りて。


P1050790
夕暮れの畝傍山。

P1050794
耳成山、天香具山。

 かぐ山は畝火を愛(を)しと耳成と 相あらそひき 神代よりかくなるらし いにしへも しかなれこそうつせみも つまを あらそふらしき      天智天皇


P1050793

水が張られ、田植えを待つばかりの水田の景色。


  大和は国のまほろばたたなづく 青垣山ごもれる大和し美し         倭健命

    P1050802_2

  紫陽花の八重咲くごとく八つ代にをいませ我が背子見つつ偲はむ       橘諸兄


P1050806
水落遺跡。

日本で初めての時計(漏刻=水時計)を司ったところ。


  時守が 打ち鳴す鼓 数(よ)みみれば 時にはなりぬ 逢はなくもあやし       作者未詳

P1050815

明日香村の暮色。家路をいそぐ。

P1050818

君も早くお家にお帰り。

P1050857
河原撫子。

  なでしこが花見るごとに娘子らが笑まひのにほひ思ほゆるかも        大伴家持

P1050853_2
万葉文化館にて。
万葉の時代のおおらかな男女交際の場、歌垣か。


率(あども)ひて 未通女壮士(おとめおとこ)の 行き集ひ かがふ刊歌(かがい)に 人妻に 吾(あ)も交はらむ 吾が妻に 人も言問(ことと)へ      高橋虫麻呂


P1050851
同じく万葉文化館の、「さやけしルーム」にて。(超・お気に入り)
キトラ古墳の天文図か。

  天の海に 雲の波立ち 月の舟 星の林に漕ぎ隠る見ゆ         柿本人麻呂 

<おまけ>


P1050839

キトラ古墳壁画四神特別公開は本日限り。
飛鳥資料館にて。

初公開の南壁「朱雀」も見られます。
1300年の時をこえた朱の色。

ちなみに朱雀の目は必見。
(「ゴルゴ13」デューク東郷の目を連想した私、、、、)


P1050863

お昼におすすめ、手打ち蕎麦の山帰来さん。

(山帰来は別名サルトリイバラという植物)


P1050864

そばがき。


P1050865
小エビの天ぷら蕎麦。

美味!

紫の辛み大根のおろしがきいています。
予約がおすすめ。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349039/24410909

飛鳥〜万葉の国を参照しているブログ:

コメント

万葉の国を楽しまれたのですね~~~
自然がおおらかで美しいです。
ここから、日本の文化が始まった
そんな初心さ嬉しいですよね。

nageire様

こんなのどかな里に大きな都があったなんて、今では想像できません。
でも額田王をめぐるロマンスや大津皇子の悲劇の舞台はここだったんだと思うと、地名にも敏感に反応してしまいます。

どの写真も印象的ですが、5番目の水田の写真が特にいいですね。8番目の自転車の少女は、○十年前のしぇるさん?

しぇる様
飛鳥には美味しそうなお蕎麦があるのですね。私は無類のそば好きなのです。
しかも道すがら 茶花があちこち咲いていそうですね。のどか。

S&Y様

そうですねえ、、、そんなころもありましたねえ。(遠い目)
自転車にヘルメット、、、という無粋なことはしなかった時代ですが。
この写真は最初水田だけを撮ったのですが、女の子が自転車で来たので、待ちかまえて後ろ姿を撮りました。私もお気に入りの1枚です。

ひいらぎ様

茶花はもちろん、万葉集に歌われた花もあちこちに、栽培されていたり、自然に咲いていたり、、、。花の名前を覚えるのに忙しいです。

ここのおそば屋さん、十割蕎麦でおとうさんが打ってはります。個人宅を改造して、おかみさんと二人でこじんまりやっておられるのが良いみたい。器も作家物ですが、高麗物っぽくてヨカッタですよ。

どれもみんな雰囲気のあるいい写真ですが、自転車の少女、私もなんだか懐かしい。実体験ではないけれど頭の中にイメージとしてある風景として、「緑が風になびく水田の向うを下手から上手に向かって一直線に走り抜けていく自転車に乗った高校生の女の子」があります。なんだか未来に向かって迷いなく進んでいるみたいであこがれるんです。
御宿かわせみにはそばがきが良く出てきますが、自己流で作ったことはあっても、お店で食べたことがありません。これはとっても美味しそうですね。

yuchi様

私もなにかの時代小説で主人公がそばがきが好き、という設定だったので、いつか食べてみたいものだと思っていました。関西はどうしてもうどんの方が強いので、そばがきをいただけるチャンスはなかなかありません。ここのはいままで食した中で一番かもしれません。
私は中・高校は自転車通学でした。町中の子だったので、こんな気持ちのよい田園風景の中を走ったわけではありませんが。つい若かりし頃、無限の可能性が未来にあった頃を懐かしく思い出しますね。でもそれなりに思春期独特のつらさもあったので、戻りたいとは思いませんが。

万葉の風景になぜだかうるっときてしまいました。
去年の夏頃に、父母と田中一村の展示を観に万葉文化館へ行きましたが、このプラネタリウムみたいなのは観なかったです。。。
近くにこんな美味しそうなお店があったんですね!

kasparek様

田中一村は奄美の印象が強くて、なんで飛鳥?と思ったのですが。生誕地でもないし、、、、。でも展示の環境としてはよいし、なにかゆかりがあったのかしらね。
飛鳥はあの景色が財産ですが、最近はあちこち整備されすぎてかつての野趣がなくなっていくのが、ちょっと残念です。
「さやけしルーム」小さいのでスルーされたかも。照明と椅子にセットされたステレオの音響で、万葉の時代の春夏秋冬、朝、昼、夕、夜の「音」を味わえます。(私はよくここで昼寝をしますが、、、、)

コメントを投稿