フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 私的・茶の湯記念日 | メイン | My garden in the rainy season »

2010年6月21日 (月)

旧・藤田邸庭園〜太閤園

春に上京したときに、目黒区の旧・前田邸のすばらしい屋敷、庭園が無料で開放されているのを知り、東京都、太っ腹!と感激したものでしたが、あったんですよ、大阪にも。

無料開放されているすばらしい庭園が!
大阪市も太っ腹!

P1050908

旧・藤田邸庭園(毛馬桜之宮公園)。

P1050909

立派な門構えを入ると中は、とても大阪の町のど真ん中(京橋のほん近く)とは思えない豊かな緑が。
P1050911

関西財界の雄であった藤田傳三郎男爵(民間初の男爵)が淀川べりに7000坪の大邸宅を建てたのは明治42年。
傳三郎翁は山口・萩の出身で、なんとあの奇兵隊の隊士であったそうです。

P1050913

残念ながらこの邸宅は戦災でほとんど失われ、(東邸のみ残る→あとで出てきます)すっかり荒れ果てていたそうです。

平成になって、大阪市がその遺構を生かし、復元、修復の末、市民の憩いの場、公園として開放したそうです。

 
P1050917

かつての藤田邸庭園の作庭は大阪の庭師、梅園梅叟(ばいそう)。
平坦な地形に起伏に富んだ地形を人工的に作り出し、築山、滝、流れ等で構成した、、、と。(受け売り)


P1050919

まあ、見て下さい。
ここが都心だなんて信じられないですから。


P1050920

ここはまるで山の中です。
湿った空気が、ほんとうに深山の匂いなんです。

P1050921

この景色の向こうに高層ビルが建ち並んでいる様は想像できませんよね。


P1050915

これだけの豊かな緑ですから、ちょっとしたバードサンクチュアリになっています。
え〜と?
この鳥はなんて名前でしょう?


P1050923

この庭園の一角には大阪市公館(旧・大阪市長公館)、そしてこの(後ろにみえる建物)藤田美術館があります。

実は、この公園を発見したのはけがの功名なんです。
ほんとうは藤田美術館へ、国宝・曜変天目を見に行くはずだったのですが、その展示は2,3日前に終了していたのです。

あいかわらずなツメの甘さですが、そこは転んでもただでは起きないのはオバサンの掟(?)です。

さあ、調子にのったところで、その藤田邸の唯一焼失をまぬがれた東邸へ、Go!


P1050878

こちらは昭和34年から太閤園としてよみがえりました。
結婚式、宴会、食事などできるのですが、そちらに用事はなくても、庭園は無料で開放されているのです。


P1050905

焼け残った東邸の重厚な建物は「淀川邸」とよばれています。

P1050880

庭園入り口には傳三郎翁のコレクションの石造りの仁王様(江戸時代のもの)が。

最初はどこかで入園料をはらうのかしら?勝手に入って良いのかしら?と逡巡したのですが、全然フリーパスで入れました。

P1050881

入り口近くにはお茶室らしき建物もあって、ちょっとのぞいてみたかったのですが、中から人の声がcoldsweats02

後で聞くとこのお茶室は食事を供する場所にもなっているそうで、お客さんがあったのですね。
残念!


P1050883

ここは池泉回遊式庭園。

P1050900

季節柄、睡蓮の花がきれいに咲いていました。
見学者は私一人。
おほほほ、、、独り占め!

P1050887

紫陽花も美しく、

P1050890

楓の若葉の緑、紅、

P1050895
これまた傳三郎翁のコレクション、室町時代の石塔。


P1050891
池の一画には蛍の籠が。
この池には蛍の自生もあるそうです。

この蛍を愛でながらのイベントもあるようで。


P1050896

したたる緑・翠・碧。

、、、、で、ふと顔をあげると、

P1050885

あはは、、、
にょきっと立つOBP(大阪ビジネスパーク)の高層ビル。
やはりここは大阪都心なんですねえ。、、、、と現実にたちもどります。


P1050906

外に出て、目の前に続く長い壁は、今回残念だった藤田美術館のもの。

次期、9月からの展示会のおり、かならず今度は参りますわよ。
(待ってろよ!曜変天目!)

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349039/24501401

旧・藤田邸庭園〜太閤園を参照しているブログ:

コメント

いいところなのですね
一度もいったことないのです

藤田香雪斎は値切らずに茶道具を買ったそうですね
それと対極なのがホテルオークラの大倉喜八郎さん
必ず値切ったそうです
海外流出しそうな貴重なもので、値段の高いものは
喜八郎さんが値切って購入したものが多いそうです

幸之助さんも値切って買うのが好きだったようですね
「君、それはそんなにするもんちゃうで(ほしいから値段を下げろ)」
「(気に入らないのかなあ)そうですか。また違うのを探してきます」

後日、幸之助夫人のむめのさんが業者さんに
「あんたがもってきてたあれ、主人ほしかったのにとこぼしてたでぇ」

大阪市立美術館の裏にある「慶沢園」も無料で見られる庭園で、本当に入っていいのか恐る恐る門をくぐりましたが、たしかに大阪市は太っ腹ですね。
それに比べて京都市は小さ腹も持ってなくて、四条京町家からも手を引いてしまいました。

野中の清水様

茶道具のいいものを値切って逃げられるリスクを負うか、言い値で買うか、、、庶民にはあんまり関係ないですけれど、財閥になっても値切る時は値切ったんですねえ。かけひきを楽しんだかもしれませんし、またある意味、物の価値がよくわかっていたのでしょうね。
野中の清水様は古筆を求められるときはいかがです?

ここは案外みんな知らない穴場です。大阪においでの機会がありましたら一度足をはこばれてはいかがでしょう。マイナスイオンを浴びながら、ゆっくりできます。(ただし、これからは蚊にきくカト○スなどをお持ちくださいcoldsweats01

vivasan様

きっとこういうところ、お好きだと思います。淀川邸も頼めば中に入らせてもらえるかも、、、と聞きました。大正時代のお金のかかったりっぱなお屋敷だそうです。慶沢園もはいってもいいんかな〜、、、と思いつつスルーしてしまったので、今度大阪市立美術館へ行く時は入ってみますわ。
四条京町家はNPOかなにかがひきつぐのでしょうか。資金源が問題ですよね。そうか、そういえば京都はどこでもお金をとるなあ、、、。

しぇるさま

東京の業者さんには値段交渉しません
関西は値切らないと、話が進みません
(まあ、礼儀というか、挨拶ですね)

大阪市美術館の裏?の茶室で以前若い方が茶会をされましたが お安く借りられますよ~!
私は客で行かせていただきましたが とてもよかったです。

野中の清水様

あらら、、、
これも文化の違いですかねえ。
知らずに東京で関西流をおしつけるととんでもないことになりそうです。

ひいらぎ様

慶沢園のなかのお茶室でしょうか。公開されているのなら是非一度拝見したいです。

太閤園は同窓会とお見合いで行きました。
今はいろんなイベントが開催されているようですね。
蛍イベントはちょっと行ってみたい気がします。

夢風庵様

さすが、すでにこちらおいででしたか。
太閤園のお庭の方から淀川邸の宴会場がちらっと見えましたが、なかなか重厚な建物ですね。いつか中に入ってみたいです。
蛍と言えば哲学の道で今年は見られるのかしら?

これだけのお庭の手入れには人手とお金がかかるでしょうに、無料ですか!元造園屋の経理はつい原価計算してしまう。大阪市って財政豊かなのかなあ。八千代市はボンビーなので、相談員のお手当ては千葉県最下位(yuchi語でお座布団)なので、うらやまひー。おっと、つい愚痴が・・・。

yuchi様

東京の旧・前田邸もメンテがたいへんだろうなあ、と思いましたが、お掃除要員の方がたくさんおられました。あれ、みんな東京都(あるいは目黒区)職員なんでしょうかね。
大阪市はワースト上位のごっつい赤字自治体ですよ。
でも、いい方に解釈すれば、文化的なことに関してお金をケチらないのは浪速商人の伝統だっせ。、、、、かな?

旧藤田邸庭園・・しぇるさんには素晴らしいスポットを教わるばかりです。この庭園の名前は一応大阪人ですので存じておりましたが、訪れたことはなく・・・
なのですが・・実は・・太閤園の淀川邸・・・こちらの、どのお部屋も堪能させていただきました・・・写真も写しました!(娘の挙式会場の候補として・・・)それは素晴らしいものでした。
当時を偲ぶコレクションルームもあり、建物そのものの趣には私はかなり興奮気味でしたが・・子供たちからはno・・苦笑
そのお隣にこの庭園があったのですねぇ・・・
頭の中に余裕がないですね!笑

天王寺の美術館・・・慶沢園・・どちらも素晴らしいですが、この辺りの環境がどうにも・・好きになれません・・

太閤園の淀川亭は立派なお屋敷で鉄板焼を食べさせてくれますが、料金は特別高いわけではないので外人接待などには重宝してよく使っていました。食事の前後に簡単に庭を散歩するくらいでしたが改めて写真で拝見すると、大変立派なお庭ですね。目白の椿山荘(フォーシーズンズ)のお庭と印象が似ていたように記憶しています。

nnya様

あらまあ、結婚式場の候補だったんですね、ここ。
淀川邸、そとから指をくわえて見ていましたが、そうか、拝見できるんですね。おしいことした!伝統建築フェチとしましては、いつか必ずリベンジして、かたをつけますわ!bearing
藤田邸庭園も見つけたのはほんとに偶然で、地下鉄の入り口がこの一部にはいりこんでいるので、電車に乗る前に、はっと気づいたのです。
平日のお昼だったので、人は数人しかいなくて、大阪のど真ん中のような気がしませんでした。
周りの環境、、、たしかにここもディープ・大阪〜ですものねえ。
でも私はそういうところも嫌いじゃないですhappy01

Kaz3様

コメントありがとうございます。
池泉回遊式、というか池をめぐって行くごとに違う景色が緑のあいまから次々と現れ変化する様はなかなかすばらしいです。
京都の南禅寺界隈に点在する、財閥の旧宅のお庭の様式と同じだとおもいました。椿山荘は行ったことがありませんが、機会があればまた拝見したいですね。
淀川邸、こうなったらやっぱり鉄板焼き、食べにいかなくちゃ!

コメントを投稿