フォトアルバム
Powered by Six Apart

« ソウル点描〜前編 | メイン | 花月のお稽古〜軸荘付花月〜風炉の逆勝手 »

2010年5月18日 (火)

ソウル点描〜後編

P1050396


いきなり「現代(ヒュンダイ)」。
いわずとしれた韓国車のトップメーカー。
いやあ、これも経済の勢いを象徴しているようでりっぱやなあ、、、、

P1050404

15世紀初頭に朝鮮王朝の離宮として(後には王宮として機能)建てられた昌徳宮の門の屋根。
西遊記の登場人物の形の人形がのっています。
鍾馗さんのようなもの?

P1050405

この隙間のないペイント。
日光東照宮はこの影響をうけているのかしら。

当初、王宮として建てられたのは、昌徳宮より古い景福宮。(時間の都合でこちらには行けず)
これは豊臣秀吉の朝鮮出兵によって全焼したのだそうな。(のちに何度も再建)

景福宮正門はソウルのシンボル、光化門。
植民地期には朝鮮総督府がこの門の取り壊しを検討したが、なんと柳宗悦らの働きかけで、それを免れたとか。
ここでも柳の足跡にいきあたるとは。


P1050412

光と影の美しさ。
日本ならさしずめ書院障子、、、、というところか。


P1050419

窓を開け放てば、自然と一体化するここち。


P1050420

窓という額縁に切り取られた白い躑躅。

P1050427

王宮をあとにして向かった別名骨董街、仁寺洞(インサドン)の、ここもかならず立ち寄る韓国茶カフェ、傳統茶院。

P1050429

こちらももとは大きなお屋敷。

P1050428

こちらの李朝家具もすてきなんです。

P1050431

いただいたのは柚子茶とならぶ、韓国茶の巨頭(私がいってるだけです)、「水正果(スジョンカ)」。
シナモンの香りの甘いお茶で干し柿がはいるのがお約束。

これは自宅でも作れると聞いて、シナモンスティックを買ったまではよかったが、、、、
そのあとなんとなく作れてないのよね、、、

このあたり、陶磁器を扱うお店も多いのですが、そこそこの工芸店で、ぱっと見た目にいいな、と思うような写し茶碗(粉引や刷毛目、三島、なんと井戸まで)があったのですが、、、

よく見ると、どうみても日本で大名物、国宝クラスの高麗茶碗に明らかに似せてあるのです。

釉薬のかけ残りの形が有名な国宝粉引茶碗を意識しているのですが、ちょっと稚拙だったり。
井戸の高台の梅花皮(かいらぎ:釉薬のちぢれで鮫肌のように見える部分で井戸茶碗の見所になっている)を無理矢理似せてるけど、まったくの別物になっていたり。

似せようとしていなければいいお茶碗なのにねえ、、、お値段も手頃だし。


P1050438_2

仁寺洞の乾物屋さん。

P1050440
臼の踏み石。なにもこんなにぎょうさん集めんでも。


P1050445

韓国菓子をうる屋台。手前の茶色いのは飴のかたまりです。
これとパフ状にした穀類を、混ぜ合わせてお菓子にして売り物に。

P1050450

「チャングムの誓い」で料理指導をした方がプロデュースされたレストラン、「宮宴(クンヨン)」。
こちらでは宮廷料理をいただきました。


P1050451

宮廷料理は、庶民の韓定食より洗練され、唐辛子をあまり使わない薄味が特徴とか。
このように、チマチマでてきます。
見た目にはとても美しく、味もマイルドでおいしいのですが、いかんせん、パンチに欠けますわ。
なにより、量に不満あり!

P1050464

ホテルの結婚式会場で目撃したお祝いの花輪。

P1050472

こちらは6年ぶりの東大門市場。
大阪で言えばセンイシティ、その規模の大きい版。
衣料に関するものなら厖大な物量を誇ります。しかも超安い!

明洞など、おしゃれな町中ではついぞ見ない、ごくごく普段着の地元のおっちゃん、おばちゃんがいて、活気にあふれたアジア〜な雰囲気があって、ここはまだ昔と変わっていない、と安心。


P1050473

ベルト屋さんはこのようにベルトだけ。しかも半端な数じゃない。
傘屋さんは傘ばっかり、帽子屋さんは帽子だけ、ネクタイ屋さんはネクタイだけ、、、というお商売の仕方。

P1050476

こちらはチマチョゴリのお店。生地も売っています。
きれいlovely

P1050484

こちら焼き魚横町といわれる、生け簀の魚を目の前で焼いて食べさせてくれる庶民の食堂街。
良い匂いです。

さて、なんで韓国に4回も行くか?

実は韓流ドラマ、、、ではなくて、食べ物!

コリアンフードは私の味覚のツボに真正面ストライクなんですわ。
それに韓国料理は、お野菜が案外たくさんいただける料理でもあるのです。

下降していた食欲も、不思議と韓国料理を食べると一気に爆発。
食べ過ぎると普段は○痢ピ〜になるのに、全然、そんなことなくて、めちゃ胃腸は快調。

そして今回の旅でいっちばん感動的においしかったのはこれ!


P1050487

まるごとの鶏肉を豪快にハサミで切って、鳥のスープといっしょに煮込むタッカンマリというご馳走。


P1050489

これをコチュジャン(赤い辛いやつ)などの調味料、薬味でいただくのですが、んまいのなんのって!


P1050491

うまさの秘密はこのタレにもあると見たのだが。

というわけで、ますます韓国料理の深みに、ずぶずぶはまっていく、、、、のでした。

こりゃ帰ってからも鶴橋(韓国料理、特に焼き肉屋さんが林立している大阪のコリアンタウンのようなところ)あたりへいかなくちゃ〜。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349039/24171650

ソウル点描〜後編を参照しているブログ:

コメント

韓国にお出かけでしたのね!
しぇるさん・・・かなりの韓国通ですね!旅番組よりも面白く、ぐいぐい引き込まれて(あつかましくも)訪れた気分です!(あつかましすぎ!)身を置いてみないとね!笑 ですよね!
現代という名のメーカー!企業名に漢字!横文字ではないのですね!よく理解できていないのですが・・・漢字とハングル文字、英文字を韓国の方はどう使い分けているんだろうと・・・思うことがあります(あほな疑問ですみません・・・)
昌徳宮の屋根の装飾に至っては・・・圧倒されるほどに美しく・・・
臼横の石の水槽が気になり・・・
ああ・・・ラストの丸鳥の煮込み・・・
食べてみたいけど・・・あかんわ・・・涙
あのトウガラシが・・・きっと私のお腹直撃・・・
韓国への旅・・・鍛えなおしてからでないと・・・

しぇるさんの歩かれた町・・・とうがらし抜きで歩いてみたいです~~♪ありでしょうか~~?!笑

nnya様

韓国通というほどではありません。かなり趣味に偏ってますので、興味のないところは全然知らなかったりします。coldsweats01

今の韓国の、特に若い世代は漢字はほとんど読めない、と聞きました。(ハングルを浸透させ民族意識を高めるために、漢字を排除する、という国策であったようです)
駅の名前も漢字の方が私たちにはわかりやすいのですが、すっごく小さく表記されているので、わかりにくいったら、、、。英語はあくまで発音を表記しているだけのようです。(たとえば地下鉄の駅の「安國」はハングルで「アングッ」と発音してAngukとなっていました)

韓国人でもトウガラシが苦手な人が増えているようですよ。8年前に比べると、どの店でも、辛さが減っているような気がしました。
もちろん、トウガラシぬきの美味しいお料理もたくさんありますので、その点は大丈夫!

朝鮮総督府の旧庁舎には、一度入ったことがあります(建物が取り壊される前、公開されていた最後の頃)。ラストエンペラーの映画にでも出てきそうな、石造りの重厚な建物で、薄暗い建物の内部にいると、日本軍将校の靴音でも聴こえてきそうな感じでした。
今NHKで日韓関係の歴史についてかなり詳しくとりあげた番組を放送していますが、この隣国について我々はまだまだ知らないことが多いですね。

S&Y様

朝鮮総督府は景福宮への視界を遮るように、ば〜んと建っていたそうですね。建物の美しさはともかく、宮殿からも市街からもある意味、うっとうしい場所にあったようです。
NHKの特番は残念ながら見ていませんが、今、申 翰均 著「神の器」を読んでおります。豊臣秀吉の朝鮮侵攻前後の時代を、朝鮮人の側から見た話で、なかなか興味深いものがあります。
日韓関係は歴史的にもなかなか複雑なものがありますね。

うわ~、宮殿も町のたたずまいもお料理もみんなチャングムの世界だあ。あのドラマに相当はまってました。チャングムと恋人と王様の三角関係も目が離せなかったし(ウル)。
私もとうがらし抜きなら行ってみたいかも。

しぇる様
韓国には行ったことがありませんが私も急に行きたくなりました。
茶道具もたくさんありそうですし。何か買ってこられましたか?

本当に宮廷料理はチャングムの世界ですね。vivasanさんと同じく私も唐辛子抜きがいいです。
似せたお茶碗の話、残念ですね。のびのびと自分を表現するか、似せて小金を稼ぐか、見る目のある人が「買わない」ことで抗議すべきでしょうかね。(残念ながら、私は見る目がないです)

チャングムははまりましたね~。

市場いいですね~。
韓国の市場も歩いてみたい。

でも中国では在住20年だかの日本人の方に、屋台で器で出てくるものは食べるなと言われましたが、厨房というか楽屋裏を見て納得しましたcoldsweats01

vivasan様

いやあ、、、実はチャングム、2〜3回、しかも不完全にしか見てないんですよ〜。まじめにみたら、はまってしまいそうでこわくて〜。coldsweats01
でも韓国の時代物はおもしろいうえに、衣装がとてもきれいで楽しいですよね。

ひいらぎ様

なかなか観光地ではこれ、と思うような茶道具はみつかりませんでした。
少し重かったんですが、工芸店に1枚だけ飾ってあった、陰刻青磁のお皿(菓子鉢になりそう)をもとめました。ところが近くのお店で同じ物がたくさん積み重なって売られているのをみてがっくり。(お値段はおなじでしたが)
大量生産品ですが、それでもきれいなので、まあ、いいか、、、と。

yuchi様

どうも辛子は不人気みたいですねcoldsweats01
辛子抜きでもおいしいものはいっぱいありますよ。ただし匂うけれど、ニンニクははずせないなあ。
似ているから買う、、、という人もいると思うのでむつかしいです。
まあ、これ良いな、と思ったのはやはりお値段もそれなりで、あきらめました〜bearing

夢風庵様

やっぱり市場というのはどこの国でも素の生活が見えて楽しいです。
ソウルってどちらかというと大阪にちかいですね。天神橋筋商店街を連想してしまう光景も。
まあ、衛生的なことをいうと屋台はNGですが、まったくなくなるとさびしいものがあります。

お久しぶりのような気がします。
ソウルはオリンピックの前の汚い飛行場にトランジットしただけなので
しぇるさんのソウル風景興味深く読ませていただきました。

ところでしぇるさんからのファンレターがないので淋しいなぁ~・・・のヘルです・・・泣

ヘルブラウ様〜

ちゃんと毎日訪問してますよ〜coldsweats02
つっこみどころを探しているうちにコメントしそびれていました。すみませんwobblyまじめにコメント(?)またいたします。

ソウルは私が行き始めた8年前からでさえすごい勢いで変化しています。(中国はもっと早いかも)まあ、東京、大阪でさえ変わっていってますからね〜。なんといっても食べ物の屋台がなくなったのがさびしくて、、、

このレターの意味はコメントではなく、おせっかいなんですが
閲覧パスワードをどうやってお知らせすればいいかというものなんですよ~・・・笑

韓国に行かれていたのですね~~~~羨ましいです。自分は未踏の地なのですよ。美味しい食と素朴な工芸品、興味深い風習。楽しまれてきたのですね。

ヘルブラウ様

実はブロ友の申請の仕方がよくわからないのです。FC2に登録したのですが、それ以降が??

nageire様

はい、楽しんできました。特に食!!
それになにより高麗青磁や高麗茶碗のふるさとですから、その文化、美術には興味深いものがあります。

ブロ友申請しなくても、閲覧パスワードがわかれば読めるのです。
ここはコメントがすぐに公開されるので書けないので、
私の鍵コメで確実に見れるメールアドレスを書いてくだされば
そちらへすぐに送ります。

ヘルブラウ様

ありがとうございます。
では早速鍵コメいたします。

はじめまして。
いつも、楽しみに拝見させていただいております。
こちらでお勉強させていただいていま~す(^^)
韓国に行ってらしたのですね。
タッカンマリ、本当においしそうですね。食べてみたいです。東大門市場にあるのですか?教えてください。夏休みに娘と行きたいな~と思っています。

みーちゃん様

はじめまして。コメントありがとうございます。
韓国に行かれる予定ですか?たっぷりおいしいものを召し上がってきてくださいね。
私たちが行ったのは、東大門市場を西に抜けたところにある、タッカンマリの専門店「明洞タッカルククス」というお店でした。(日本のガイドブックにも載っていたので)
日本語もわりと通じたし、写真をみて、これ!といえばOKですよ。最後の麺は絶対注文してくださいね、絶品です。lovely

ありがとうございます。
とっても楽しみになりました。

コメントを投稿