フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 「井戸茶碗の謎」「神の器」〜申 翰均 | メイン | 御所西・御所北・御所東 »

2010年5月30日 (日)

母屋の上棟

久々に5月らしいすがすがしい1日でした。(というまに6月ですが、、、)

P1050614

鴨川の風景。

P1050616

「大」の字が、少し見えにくいですが、緑濃い大文字。


茶室の上棟が今年1月、そしてようやく母屋の上棟式を、このさわやかな日に無事迎えることができました。


P1050618_2

屋根のむくり(ゆるやかな湾曲)がわかるでしょうか?

とても美しいです。


P1050623

うねる古材のゴロンボ。

ずっと憧れてきた町家の火袋の部分にあたります。
(養生をはずすわけにはいかないので、木材をお見せできないのが残念ですが)

当初、新築でどれだけ町家の意匠が再現できるか、全然わかりませんでしたが、思った以上のものができつつあり、貴重な縁があって、設計の労をとってくださった建築士さん、すばらしい匠の技を発揮してくださる大工さん、に感謝です。

数寄屋造りの技の数々は、京都だからこそできた面もあり、いまさらながら京都に居を構えるありがたさも実感です。


完成までには今少しかかりますが、この家に、京都に、住める日を心待ちにすごすことにいたしましょう。

P1050625

もうすっかりなじんで、この土地に前からあるような錯覚を覚える青楓です。

その枝越しに躙り口です。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349039/24290787

母屋の上棟を参照しているブログ:

コメント

しばらくご新居についての記事がなかったので、どうなっているのだろう、と想っておりましたが、着々と進んでいるようで、なによりです。ところで、ご新居での生活のスタートは、何時頃になりそうですか?いずれにしろ、楽しみですね!

屋根がむくってますな~羨ましい限りです。
ウチも来週から材木の検品が始まります。床柱は京都で材木を営んでいる友人から、新築祝いに北山の銘木を貰えることになりましたが、その運送費の高いことには閉口です。
将来は二畳中板の小間を増築したいと思っていますので、庭も一工夫必要です。
庭石は貰ろうたり拾たり…。灯籠はある方から某京屋敷に在った小振りの生込灯籠をいただきました。素晴らしい上品でうれしい限りですが、そのお屋敷はビルになってしまうのでやや複雑です…。
まぁ、ぼちぼちやっていきます…。

素敵ですね

青楓とお茶室、
夢のような世界です

凝り性のしぇるさんのお宅だから
楽しみです

素敵なお茶室と新居。楽しみですね。青もみじの清々しい事。躙り口から中を拝見すると、どんなお席にお眼にかかれるか、ブログのなかででも、完成の暁には是非とも御目文字の栄に浴したい私です。

インスタント建築?の多い現代ではこんな丁寧に作られているお家は何より贅沢ですね。NHKのW&Wで今日と東山の別荘で働く庭師さんの姿に感動しましたが、京都だからこそ伝統や丁寧な職人技が残っているのですね。完成、私も楽しみです。

S&Y様

ずいぶん長くかかっております。ちょっと待ちくたびれてしまいましたが、ゴールは近い!(、、、はず?)
私は秋には入居!と思っていますが、大工さんはちょっとdespairって顔でしたので、ずれこむかも、、、、、

へちかん様

もしやもしや同じお屋敷から灯籠や石をもらっちゃったのでは?
うちの蹲居と役石は、今はビルになろうとしている、とある洛中のお屋敷のものだったんです。しかも、セットだった灯籠だけもらえなかったので!、、、へちかん様のところへ行ったとか??

みゅう様

はい、凝り性です、私。(ついでに肩も凝り性ですcoldsweats01
まあ、人生の後半の大仕事だと思って時間もお金もつぎこんでますなあ、、、(遠い目)
完成の暁には是非お茶会においでください。

koto様


完成のあかつきには是非是非、お茶室においでくださいね。
でもkoto様は、お茶では大先輩ですので、お客様として、ではなく水屋でいろいろ裏方仕事をご指導いただきたいですわ。その節はよろしくお願いいたします〜。

yuchi様

確かに時間はかかってますね。それだけ丁寧な仕事をしていただいていると感謝です。(でもちょっとまちくたびれてもいますcoldsweats01
W&W私も見ましたよ。南禅寺別荘群。所有者を変えながらも、次の時代に手渡せる、、のはとても大切なことです。壊してしまったらもう二度と作れないのですから。

待った甲斐がある素晴らしいお家ができそうな。。。

古材も美しいですね。
まだまだ使い続ける事の出来るものを、簡単に廃棄物にしてほしくないですね。

夢風庵様

最初は古民家の移築なども考えていました。
すぐにあきらめましたけれど。coldsweats01
この家の古在は建築士さんと大工さんが滋賀県の方まで行ってみつけてきてくれたものもあります。感謝です。
やはり新品より味があります。この家で活かそう、と思います。

母屋の上棟、おめでとうございます。
しぇるさまの思いと、設計士さんや職人の皆様の熱意と、そして何より京都という場所が織りなす素晴らしいお住まいになることでしょう。この素敵なお茶室でお茶を頂くのが楽しみ!
私も、水屋のお手伝いに馳せ参じますね。

しぇる様、さわやかな皐月の日に上棟式を迎えられておめでとうございます。
この前W&Wの別荘地近くをうろついていて偶然にもしぇる様のお茶室を発見いたしました。だって今時お茶室なんか造っておられるのはしぇる様しかいないだろうって(笑)。また火袋の梁も立派なものですねえ。
うちの古家の改装でさえも3ヶ月かかりましたもの、気を長く持たれて、お家が出来上がっていくのを楽しんでください。

そらいろつばめ様

ありがとうございます。やっとここまで、まだここまで、、、という感じですね。あと少しで京都生活、、、と思うとよけいに一月一月が長いです。お茶会の時は是非是非裏方のご指導、お願いいたしますね〜。
お招きする日が今から楽しみです。

vivasan 様

あら、見つかってしまいましたか〜coldsweats01
W&Wの別荘群を見た後では、ちょっとお恥ずかしいかも〜。
3ヶ月ですか、、、。vivasan様の町家のお宅もさぞや立派なものだろうなと、思っています。なにしろほんまもんの町家ですものね。
土地を手に入れてからもう4年たっていますから、あと半年くらいは文句言わずに待たないといけませんねえ。

茶暦のみ長く、基本がなってませんので、、、。でも茶事の水屋ほど私の好きな、楽しい事はありません。有難うございます。お茶事の水屋をさせていただけるなど光栄です。朝の早くない、午後からの飯後の茶事などでしたら、ととと、、、。本気で思っちゃいますよ!

koto 様

茶室がいつから稼働するか、(自分の力量を考えると)ちょっとおぼつかないのですが、その節は是非是非、よろしくお願いします〜。

ええっ!実は蹲と役石は他さんに…と云われてました。まさかまさか!。これ以上の詮索は止めときまひょ!。
京都は狭いとこです。何処でどう繋がっているかわからへんとこやから…悪いことはでけしまへんなぁ~。

へちかん様

coldsweats02
ほんま、ほんま、これ以上の詮索はやめましょう。
京都って、せまいって思っていましたが、ほんまにおとろしいなあ〜。
そうそう、悪口も厳禁どすな〜。

W&Wやお正月にやっていた南禅寺界隈の別荘群、特に、山紫水明のユートピアは食い入るように見てしまいました。ため息と感動の連続でした。
シェルさんの新居は、まるで、あれを地で行っていらっしゃるかのよう。しかも、その別荘群の界隈で。とても贅沢ですね。
南禅寺、岡崎辺りは、高校の校区なので、同級生も住んでいたり、なじみのある場所です。高校の頃、インクラインの辺りが好きで、よく散策したり、日曜の早朝に起きて、南禅寺へ座禅に行きました。
ブログを拝見していたら、シェルさんが教養の頃に、私が高校生位なのかなと思いますので、何処かですれ違っていたかも。
余談ですが(全部余談ですねcoldsweats01)春日通から見た大文字の写真の右端の辺りに新しいケーキ屋さんが出来ています。(昔はありませんでした。)今日、Sweets好き俳優の的場浩司がおいしいと紹介していました。お人形がたくさん載ったかわいいケーキです(ミーハーですみません。ちょうど写っていたので、思わず書き込んでしまいました。)シェルさんは洋菓子よりもお酒でした?!)

京鹿子様

いやいや、南禅寺界隈のあの豪邸群の前では、とてもとても比較対象にはなりまへ〜んcoldsweats02規模が違いますもの〜。
徒歩圏内ではあるので、(中へははいれないものの)散策は楽しめそうですが。(それにしても一度どれかひとつでも中へ入りたい、、、)
南禅寺日曜座禅にいっておられたのですか?お若いのに渋い、、、。そのころ南禅寺周辺で心茶会活動など、けっこうあったものですから、ほんとうにすれちがっていたかもしれませんね。
実は私も京都に移住後は、参禅しようと思っているのです。真冬の早朝など、くじける可能性大、、ですが。
春日通りのあのあたり、久々にいったのですが、すっかり景色が変わってしまって、唖然としました。知らないところへ来たみたい。
眼鏡屋さんなど、学生のときからある店もあれば、そんな新しいお店もできているのですね。そのケーキ屋さんは気付きませんでしたが、今度探してみます。(日本酒ラブheart01)ですが、甘いもんもいけますので。

しぇる様
おめでとうございます。マンション暮らしの私にはため息が出るくらいうらやましか~!
しかも素敵な青もみじと茶室。うっとりです。
いつの日か 伺ってみたいです。
茶事の時の水屋候補の一人に入れて下さいね。
もちろんお客役も大歓迎です。
私の知り合いのところにお呼ばれて行ったはずが 何故か稽古になり 突然それぞれが役があたって 冷や汗をかきながら 点前をしました。
そんな気楽なのもの楽しいですよ。

ひいらぎ様

まあまあ、お客さんより、水屋さんの方が多くなりそうです。coldsweats01
おおむこうをうならせる茶席、、なぞは望まず、桜が咲いたといっては、雪が降ったといっては、紅葉がきれいだから、といっては、、、仲間うちで楽しめる茶会をしたいですね。お道具も、高価な物ではないけれど、自分の好きなものだけで。

コメントを投稿