フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 東大寺華厳茶会 | メイン | 倉敷逍遙 »

2010年5月 5日 (水)

実家へ〜キルトと猫のご縁

連休を利用して、実家の岡山へ帰ってきました。

P1050228

緑陰ゆたかな西川。

子供の頃の遊び場でした。

流れてくるいろんなものをすくい上げては遊んでいました。

P1050222

幼稚園〜中学までの通学路にあった、某銀行は今ではマンションになっていますが、当時のファサードの飾りと柱の一部がこんなかたちで保存されています。


P1050226

この「禁酒会館」と書かれた、ちょっと特異な建物も通学路で、目にしているはずなんだが記憶にない。

調べてみると大正12年に建てられ、空襲を奇跡的に免れた歴史ある建物で(→)国の重要文化財になっているらしい。

たぶん、私が岡山に住んでいた頃は閉鎖されていたのだと思う。今は店舗や事務所がはいっているようですが、子供の頃なんで気付かなかったかなあ、、、、、。(当時は建物なんかに興味はなかったってことね。)

さて、表町まででかけたのは、、、、

キルトと猫つながりでいつもブログにおじゃましている、ふーテトママさん(猫日和。キルト日和。)がこちらにいらっしゃると聞いたので。

P1050223

岡山の丸善。

私が中・高校生のころ、ここはまだ古い店舗で、1Fは本、2Fは文具をあつかっていて、定期試験の終わった日には必ず立ち寄る楽しい場所だったんです。

こちらで、ふーテトママさん、先日から展示とカットクロスやキットの販売コーナーをされているそうです。


P1050224

あ、ありますあります。作品が。

いつもブログで拝見していて、色づかいがとてもきれいなのにうっとりしていたんです。

我がかつてのホームグランドにおいでとあれば、おめにかからねば!

で、そのコーナーにいらした女性、お孫さんがおられると聞いたし、それにしてはお若い方だから違うかな〜、、と逡巡していたのですが、、、、

この方がふーテトママさんでした!

P1050225

若々しくて、すごくおしゃれな方なのでした〜。

初対面ですのに、やはり地元出身、話題が次から次へと、、、おまけに同じ中学の同窓であることも判明し!
もう、すっかり岡山で中学生、高校生をやっていた時代にかえってしまいました。
(県立高校の制服談義は最高でした!)

ママさんのHNのもとになった、ふーくん、テトちゃんという猫ちゃんも、いつもブログで写真をみるのを楽しみにしているんです。(お気に入りは、ちょっととぼけたふーくん。)
ママさんのつけられたキャプションがまた、じわっと笑えて、笑えて、、、

関西の方にこられることもあるそうですので、今度は是非大阪でもお目にかかりたいですね。
同じ猫とキルト仲間の(勝手に仲間にしちゃってますが)nnya様もごいっしょできるといいですね。

ちなみに上のキルト、すごい手がかかっているんですよ。
布の方向まで計算して縫ってあって、、、、これで2ヶ月弱とか。
とてもマネできません。

ママさんのブログで拝見した畳のへり(!)で作ったバッグも実物をみて、「私も作りたいっ!」と。
これが手芸材料になるとは!すばらしい。しかもかなりおしゃれ。


P1050227

キットとカットクロスまでおみやげにいただいて、感謝です。

いずれもママさんお気に入りのかわいい〜柄なので、切って使うのがもったいなくて、、、、coldsweats01

また、ブログでもすてきな作品、拝見するのを楽しみにしていますね〜。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349039/24065273

実家へ〜キルトと猫のご縁を参照しているブログ:

コメント

緑も多くて丸善もあるなんていいところですね。ブログがご縁で趣味を同じくするお友達が増えるのは素敵なこと。お互いの作品を見て刺激にもなりますものね。
それにしてもしぇるさんのこの神出鬼没振りはどうでしょう!おまけにその合間に和菓子も作り、キルトの作品もきちんと進めていて。脱帽です。crown

ほんとうにものすごい行動力ですねえ。
岡山といえば「むらすずめ」が浮かんでしまいます。
なんだか食べたくなってきました。

ほんまに!
こちらで、ふーテトママさんにお目にかかれますとは♪素敵な方ですね!想像通りです!
さすがのしぇるさんのホームグラウンド!それに、中学が同じでいらした?
たしか・・・年齢もお近かった?かと・・・物凄いめぐり合わせですよね~~♪
シェルちゃんとふ~君!プリちゃんとテトちゃん!
そちらのお四方(笑)も!とっても愛らしいペア♪ペア♪ちゃまたち♪笑顔

丸善ですが・・・心斎橋のお店に(その心斎橋!私にとっては長堀通りまでが心斎橋!なので、何で?こんなところに(少し北に上がったところ)あるのかなあと思ったりしたものです。)
その丸善に入る時・・・子供の頃にはドキドキ!大人になってからも、スペシャルな書店でした。今はなくなってしまっていますものね・・・

故郷の通り・・・子供の頃の記憶どおりというわけには、いきませんね・・・禁酒会館・・・仏教にもキリスト教にも・・・元来守られるべき戒律・・でしたね・・・

ブログで知り合った方が同窓生!!
ほんとネットの世界では思いがけない偶然で縁がつながって行きますね。
昔は考えられなかったです。

丸善・・渋いお店でしたね。

yuchi様

そうですね、はっきりいって、3月〜5月初めまで、遊びすぎでした(反省!)日曜に家にいたことなかったような、、、。5月いっぱいもまだ遊びますんで、6月から少しおちつきますわcoldsweats01
岡山はちょうど良いサイズの町で、新幹線もとまるし、城下町のよさもあります。外に出てみると、住んでいた頃にはわからなかった良さに気付くものなんですね。

野中の清水様

倉敷にも行きましたので、”むらすずめ”もチェックしましたよ。
でもお茶には大手饅頭の方が断然おすすめ。
あれは上生菓子のかわりにもなる、と思っています。

nnya様

ママさんのブログに丸善での展示のことを書かれていたので、コメントで連絡してから、会いに行きました。作品もすごくすてきなので、私もがんばらなくちゃ!と気合いを入れ直しました。
ふー君、テトちゃんには「にゃんだろう光線」(光を猫がおいかける)をプレゼントしたのですが、うけはいまいちだったようでcoldsweats01ちなみにうちの猫っちにも不評!
丸善の文具に特にひかれていました。今から思えば、大人になればどこにでもあって、使うようなものばかりだったんですが、当時は貴重な宝の山にみえましたわ。

夢風庵様

京都だけではありませんぞ、狭い世間は!

少しでもその土地にご縁がつながれば、なんだかうれしくなります。
京都もブログつながりでたくさんのご縁をいただき、今から住むのがもう楽しみですhappy02

あ~~!私が登場している!(笑)
私もこしょばゆくて、お恥ずかしいです~(^^ゞ
昨日帰られてその日にすぐ書かれたんですね~ すごいです~
本当に寄ってくださってありがとうございました。
お会いできて本当にうれしかったです。
中学の後輩でいらしたり、ご実家が主人のお店のすぐそばだったり
ご縁がいろいろあってそれもとてもうれしかったです。
これからも猫とキルトつながりでどうぞどうぞよろしくお付き合いくださいませlovely
「にゃんだろう光線」、うちの子たちは意味がわかってなくて、光には「ふ~~ん」て感じで、本体に反応してましたよ。(^_-)-☆
テトがしきりに本体に手を出してくるので「ちゃうよ~!」と言ってやりましたが(笑) 違う意味でちゃんと遊んでおりました(*^^)vうふふ
ありがとうございました~~

それにしてもしぇるさんが切り取った街角は、見慣れた場所がとても素敵に思えて、私も行ってみたい~!なんてhappy02
このマンションに友達が住んでいたり、禁酒会館の改造の設計を知り合いがしてたりと、どこまでもジモッティな私です~(^_^;)

ふーテトママさんとの出会いは、初対面でも懐かしいようで素敵ですね。
連休中に、岡山大に行っている友人の息子さんが仲間と一緒に帰っていたので、こちらでも岡山の話題が出ていたんですよ。ああ、大手饅頭が食べたい!久し振りに注文してみよう。岡山の友人にもらってから大ファンです。
それにしても、禁酒会館とは何という名前でしょう。私の方をじっと睨んでいるように見えるのは、気のせいかしら。

ふーテトママ様

ほんに、先日は楽しかったです。
いやあ、あのマンションにも、禁酒会館にもご関係があったとは!というか、私の方がすっかり岡山異邦人になっちゃってますね。
ご主人のお店はほんとに近くですので、また帰省の折にはママさんへのことづけたのんじゃおう(笑)
にゃんだろう光線、最近ちょっとコツがわかって、(たいしたコツではありません)短時間ですが2匹とも遊んでくれるように、、、でも、本体で遊ぶのもありかも〜coldsweats01
畳のへりのポーチも拝見しました。いろんなバージョンが次から次、、、でとっても楽しみ!

そらいろつばめ様

では今度は大手饅頭をお持ちしましょうか?私もあれは大好きで、冷凍庫にいれています。レンジでチンしたほかほかのもまたおいしいので。
禁酒会館、、、というのは我々がはいっちゃいけないようですね〜coldsweats01
しかし、この会館、かつては食事を提供していたらしいのですが、それがどう禁酒運動に結びつくのかよくわからないのです。お金が無くて安いお酒をご飯代わりにしていた人への奉仕、、、、なんでしょうかね?

コメントを投稿