フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 三条散歩〜締めは祇園又吉さんで | メイン | ”東風ふかば、、、、、” »

2010年1月25日 (月)

花月のお稽古〜濃茶付貴人清次花月

先日は先生の先生のところで、花月のお稽古。

この日は集中的に濃茶付貴人清次花月を。


P1040009

お床はまだお正月のなごりでめでたい「蓬莱五彩雲」。(「五」の崩し字をこれで覚えたぞ!)

お花は椿にもう開花している梅です。


P1040005

お稽古には使いませんでしたが、今を盛りの蝋梅です。百花の魁、梅よりも早く開花するけなげな花です。


P1030999

お菓子は信州松本の菓舗、開運堂の真味糖。淡々斎の命名だそうです。

クルミの入った和風タフィーという感じで、後を引きます。


P1040002

この日は早く着いたので、水屋の準備をさせていただきましたが、いつやってもすっきりたためない千鳥茶巾です。

羽根の出し方と真ん中の部分の幅の理想的な比率はどのくらいなんでしょう。


P1040008

まだお正月気分はお茶碗にも。

おめでたい柄のお茶碗たちです。

濃茶付貴人清次では最初に折据(おりすえ)の上に月の札をのせて貴人さんに濃茶を点てて下さるよう所望します。

僭越ながら貴人さんがあたりましたので、花月の間、手をひかえていなくてすんでやれやれです。(あの姿勢ずっとしてるとしんどいですよね。え?修行がたらん?はあ、、、coldsweats01

この花月はなかなか複雑で、貴人に薄茶が当たる場合、貴人が仕舞花になる場合、そうでない場合、といろんなケースがあるので、3サイクルさせてもらいましたが、それぞれにむつかしい。


貴人仕舞をさせてもらいました。貴人があたったときは自分の茶碗=貴人茶碗は水のみで清め、お次の茶碗はお湯、水で清める、お次が仕舞花ならその逆、というのが貴人のはいる花月の原則のようです。

茶碗が二つ、座の中で行き来しますし、茶筅・茶巾も二つ、ですので常に緊張をしいられます。

仙遊や且座は見た目ややこしそうですが、この花月に較べればまだ単純に思えます。

頭の体操をしたあとは、夕方からルーチンのお稽古。

打って変わってなごやかにリラックスして長板薄茶点前を。


P1040011

お菓子は雪兎の薯蕷だったのですが、なんと私がもっていった兎のお干菓子にだぶってしまいました。

雪にちなみ、この日の茶杓の銘は「六花(りっか=雪)」にしてみました。


P1040012

先生の所の新入りのお茶碗。

障子越しに月明かり、雪明かりを見る、、、といった意匠でしょうか。

今年のお題「光」にちなんだものだそうです。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349039/23088767

花月のお稽古〜濃茶付貴人清次花月を参照しているブログ:

コメント

やはり茶道はお約束事を身体で覚えなくてはいけなさそうなので
私には無理でいつもしぇるさんこの手の記事はスルーさせていただていますが
このウサギのお饅頭と干菓子、そしてこの雪見障子のお茶碗には一言物申すでぇ~・・・笑

どちらもええなぁ~、ほっこりもんですわぁ~~・・・

復習させていただきました。
貴人さんなのに、なんで忙しいのだろうか、とかなり不思議なお点前ですよね。
貴人のそばでひかえる=伺候するというのをはじめてみたときは、わくわくしました。(まだこんなところに残っているんだ、ということで)

以前貴人清次花月を初点でさせていただいたので、ややこしかった事を思い出しました。何も他に記憶が残っていないのが悲しいです。濃茶がついて貴人清次では大変でしたね。でも花月は5人の息がそろい揃って総代りや、繰上げが出来ると、きれいですし「互換機鋒看仔細」の心境はわからないんですが、、、、、私は花月が好きです。、、、、というわりに、覚えが悪く、お稽古が出来ていません。『貴人があたったときは自分の茶碗=貴人茶碗は水のみで清め、お次の茶碗はお湯、水で清める、お次が仕舞花ならその逆、、、、』勉強になります。勉強したいと思いました。私も花月をおけいこしたいなー。失礼しました。またよろしくお願いいたします。

ばたばたしましたが、こちらで腰すえ
頑張っていきます
ブックーマーク宜しくお願いします

ヘルブラウ様

和菓子の意匠は引き算の美学で、すてきだと思うのです。
この兎の干菓子は宝塚の和菓子屋さんのものなのですが、安くてかわいくて種類も豊富で重宝しています。
ハンブルグでは和菓子は入手しにくい(できない?)でしょうね。こちらの写真でがまんしてくださいませ。

もちや様

なるほど、昔はほんとに貴人階級があったのですものね。
それを仲間内のお稽古でやるものだから、貴人(役)への尊敬はありませんので、なんだか変な感じにおもえるのですね、きっと。
まあ一生貴人さんとみなされるような方と席をともにすることはないでしょうけれどね〜。

お菓子とお茶を前にすると、すべてが吹っ飛んでしまう私には、和菓子の会以外のお茶席は無理ですわぁ~。

koto様

以前にも書きましたが、「花月百回朧月」といわれるそうで、百回やってもおぼろにしかわからない、、、、らしいです。でもだからこそ奥深くて楽しいのかもしれません。
”互換の機鋒仔細を看よ”花月に対する無学宗衍の偈頌ですね。(今あわてて調べましたcoldsweats01
自分だけでなく他人の動きやタイミングをしっかりはかりなさい、、程度にしか解釈してないのですが、これがまたむつかしい。つい自分の点前でないとぼ〜っとしてて、なにか抜けていきます。
花月をしっかりこなすには、それなりの覚悟がいりそうです。

みゅう様

はい、リンクもしときました。
是非続けていって下さいね。日頃みゅう様が何を考え、何をされているか知りたいですもの。

夢風庵様

いや、ほんと、きびしいお稽古をしていても、和菓子をいただくときだけは頬がゆるんでしまいますよ。これが和菓子の徳なんでしょうねえ。
次回の和菓子の会、どちらでされるんでしょうね。楽しみですわheart01

お茶をしてると地方の美味しいお菓子にめぐりあえて楽しみですね。
でも、やはり京都の和菓子が一番美味しいと思います。
お茶を引き立てる でしゃばらない和菓子が私は好きです。
実は私も宝塚に住んでるのですが こんな可愛いお干菓子 何処で売ってるのですか?


さざんか様

たしかに京都の和菓子は群を抜いたレベルだと思います。
でも地方にも金沢や出雲など歴史的にお茶の盛んだった場所があり、そこの和菓子もなかなか捨てた物ではありませんよ。金沢の森八さんは時々梅田阪急にこられますが、その時は仕事が終わるとダッシュ!!して買いに行きます。んまい!です。あれ?お茶より食い気になってますね、、、coldsweats01
さざんか様も宝塚でしたか。どこかですれちがっているかもしれませんね。
この干菓子は逆瀬川アピア1の日光堂さんのものです。干菓子、、というより半生菓子なんですが、種類が多く、意匠が楽しく、お稽古に持っていくと大人気なんです。

千鳥茶巾、変な言い方ですが、これが正解というお手本を見たことがありません。正解が分かれば、それに近づける努力をするのですが。不器用な私のたたんだものは①見た目が悪い②一度使うとぐずぐずにくずれると良いとこなしです。weep

yuchi様

美しいと思うのは羽根と真ん中の部分が3:4:3くらいかな、と思うのですが、そんな風にたたむのはとても困難。意外に2:6:2なのかも。
あ、私も一度使うとぐずぐずですよ〜。あれ、ちゃんと最後まできっちりできる方っておられるのかしら??

コメントを投稿