フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 花月のお稽古〜たくさんの和菓子と | メイン | おくどさんでご飯〜苔香居・山口家住宅 »

2009年12月 4日 (金)

堺筋〜湯木美術館〜御堂筋銀杏並木

北浜で地下鉄をおりると、そこはレトロビルのたくさんある大阪では好きなエリアです。


P1030420

この20間もある黒漆喰の堂々たる家を堺筋で初めて見たときはびっくりしたなあ。

「なんじゃ〜、この威圧感は〜?!」

以前ブログでも紹介しましたが、こちら、明治36年に建てられた重要文化財の旧・小西家住宅。
コニシボンドや薬用アルコールで有名なコニシ株式会社の前身だった薬種問屋の大店。

残念ながら非公開です。(動画で紹介されたものがこちらで見られます。→

P1030424

小西家住宅から少し南にある生駒ビルヂング。有形文化財。


P1030423

もともと昭和5年に建てられた生駒時計店の建物。(まだ時計店としても現役)

大阪のこのあたりが戦災で焼け野原になったにも関わらず、このビルはその頑丈さで焼け残った、、、といいます。


P1030428

こちらは一筋中に入った通りのビル。

文化財かどうかは不明ですが、これも戦災を生き延びたビルっぽい。

堺筋から西へ。お目当てはこちら。


P1030427

吉兆の湯木貞一氏のコレクションが拝見できる湯木美術館

秋期展の「棗と茶杓」が今月6日まで。

なんとか間に合いました。

どちらかといえば茶杓の方がメイン。

茶杓の作者は、千利休から宗旦、仙叟、細川三斎、小堀遠州、片桐石州、金森宗和などなど綺羅星のごとき、茶道界のスーパースターの名前がズラリ。

しかし、茶道具鑑賞で実は一番わかりにくいのが茶杓ではないかと思います。

茶碗や茶器などは好きとか、嫌いとか、好みで判断してみることができるのですが、茶杓はどれもそれほど大きくは違いませんからねえ。

使い心地は実際使ってみなければわからないし、銘もどうしてこういう銘になったのか想像しがたいものがほとんど。

中には初めから銘ありきであとで茶杓を作った、、、というのもありかも。

それでも男性的で豪快な作と、女性的で華奢できれいな作にはわかれるようで。

湯木コレクションでは、どちらかというと繊細で華奢、漆で一拭きされた、きれいな茶杓がお好みだったようです。

ここの美術館は展示物を間近に見て、ちょうど肘をつく位置にちょっと狭めのカウンターのような台がついているので、まさに肘をついてじっくり眺めることができました。(願わくば、一度手にとって見てみたい)

展示室の入り口には一畳台目の擬似茶室が設けられ、今日会・昭和六十年乙丑最後の会、の道具組が再現されていました。

黒く土くれのようにうずくまる高麗茶碗の一種、柿の蔕に惹かれました。(銘は「茨木」。茨木童子から)

ああ、こんなお茶碗にきれいな緑色の抹茶をいれたらどのようにうつるのか、見てみたいものです。

この擬似茶室の腰紙が茶会記のような、茶事の献立のような反故紙を使っているのがおもしろい。

献立!、、、そう湯木氏は一流の料理人でしたね。それにふさわしい腰紙です。

P1030440

湯木コレクションのカタログが販売されていたので、「中国・朝鮮編」(つまり唐物と高麗物ね)をもとめました。

モノクロ写真がちょっと残念ですが、湯木貞一の審美眼、そして財力に脱帽です。

美術館を出てさらに西へ。

御堂筋に出る前にちょっと寄るところが、、、、。


P1030429

ヘルブラウ様におしえていただいてから、コーヒーのおいしさと、それにマッチする自家製ドーナツですっかりとりこになった平岡珈琲さん。

ビジネス街の小さな隠れ(結構有名らしいけど)オアシスとでもいいましょうか。

P1030439

今回はコーヒーと共に2個もドーナツたいらげたあげく、お持ち帰りまでしてしまいましたcoldsweats01

シンプルでかりっとした食感、素朴さがいくつでもいけちゃう秘密かしら。


P1030433

こちらをでて、見上げると見事に紅葉した銀杏。


P1030435

そう、ここはもう御堂筋、御堂筋といえば銀杏並木、ですね!

どこまでも続くようなもえるような黄金色でした。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349039/22494673

堺筋〜湯木美術館〜御堂筋銀杏並木を参照しているブログ:

コメント

今日は。
いつも楽しく拝見させて貰っています。
私はコーヒーが大好きです。
美味しいコーヒーが 飲めるならーー。
ちょこちょこ本町にも出向きますので行ってみたいです。

ここでご挨拶するのもなんなんですが、
上の凡蔵母さん様へ、前にぽんさんとご一緒にお店に寄らせていただいた者です。お名前を拝見してあの時の・・・きっとそうやと想っております。どうぞ平岡珈琲店をご贔屓によろしゅうに!・・・変なご挨拶ですんまへん!

しぇるさん、湯木美術館へおいでやったんですねぇ~、
その後、すぐに御堂筋に出んと一つ手前の筋を本町の方へいかれたんどすなぁ~・・・よかった播磨屋さんに寄られることなしでぇ~・・・笑

でも帰り御堂筋に出られましたんかぁ・・・、ここの銀杏並木は最高ですよねぇ~うっとり

凡蔵母さん様

いつもコメントありがとうございます。
本町によくお出かけでしたら、一度ここのコーヒーお試し下さい。
最初ドーナツ目当てに行ったのに、コーヒーにすっかり魅了されてしまって、、。このあたり、○福珈琲やらほかにもいろいろ美味しいお店がありますね。○福さんは美味しいのだけれど、私にはちょっと苦め、、、かな?

ヘルブラウ様

私が返事するのもなんなんですがcoldsweats01
そうです、あの凡蔵さんのお母さんです。とっても粋でバイタリティにあふれたすてきなお方ですよ。また京都で再会できるといいですね。
ヘル様にとってはこのあたり、ご自分のお庭みたいなものでしょうね。平岡珈琲、ほんまにええとこ教えていただき感謝です。本町近辺は時々出没しているので、エネルギー補給に又平岡さん、よらせてもらいますわ。なんといってもコーヒーはうるさいんですよ、わたくし。

堺筋から御堂筋の本町辺りは、会社の用事でいつもうろうろしています。

小西家の息子さん(ご長男ではなかったと思いますが)は小学校の同級生で、1回お家の中にクラスメイト何人かで入ったことがあります。
当時は小学生で古いものの良さ・・は全くわかってなかったので、貴重な機会なのにほとんど記憶がなく、勿体ない事をしました。

夢風庵様もこのあたり、ご自分のお庭みたいな物でしょうね。happy01
私なぞは、たま〜に行くから興味をひくものがいろいろですが、毎日見慣れていると文化財でもありがたみがなくなるのかも。
まあ!あの小西家住宅のなかへ?しかも息子さんと同級生だったとは!あちこちいろんなつながりが発見できておもしろいですね、ネットの時代は。
しかし、記憶がないのはもったいないです〜coldsweats02

大阪はあまり行ったことがないのです。
何となく都会ですからね。でも古き良き雰囲気のところも
あるのですね。湯木美術館一度は訪れてみたいとは
思っているのです。

口切の風情のお稽古、心が引き締まりますね。

ゴッホの、ひまわりの一点が、大阪大空襲で焼失してしまったというのは、有名な話ですが、
大阪にも結構空襲を生き延びた木造建築物があるのですね、、、。
東京でも、本郷に、樋口一葉( ! )が住んだという、木造アパートが残っていますが、、、。

nageire様

口切りの茶事は一番格式が高いので、亭主は留め袖・色留めを着用する、とききましたが、そんな機会は一生に一度あるかないかだろうなあ、、、。

大阪はどうもこてこてや吉本のイメージがあって誤解されやすいですが、それなりに歴史がありますから、良い雰囲気の場所はたくさんあります。特に明治〜大正、昭和初期のレトロビルはいまだ現役でりっぱなものがたくさん残っていますので、是非おこしやす。happy01

S&Y様

焼け残ったのは木造ではなくて、石や煉瓦で造られたビルです。北浜周辺では「ビルヂング」という表記のレトロなビルがたくさん残っていますが、これも時代の流れ、老朽化が進みこわされるビルも増えてきたようです。文化財指定をうけていないものは、この時代、高層でないと元がとれないようです。ゆとりのある昔の低層ビルは不経済なのと、メインテナンスにお金がかるみたいで、、、。
木造建築では中崎町、茶屋町、空堀など昭和初期までの町家が焼け残ったエリアがいくつかあります。東京、大阪のような当時の都会でも、戦災をのがれ現代に生き延びた建物はけっこうあるようですね。できれば残したいけれどなあ、、、。

しぇる 様
京都以外の、主に東京ライフを綴るブログを始めました。お時間のあるとき、覗いてください(こちらの方もリンク貼らせていただいてもよろしいですか?)

どうも、URLが間違っていたようです。スイマセンcoldsweats01

S&Y様ですね?
リンク、ありがとうございます。
南青山、、、名前を聞いただけでおしゃれな街を想像します。
来年は東京へ行くこともあると思いますので、いちどご自慢の夜景など、楽しみたいものです。その節はまた参考にさせていただきますね。

コメントを投稿