フォトアルバム
Powered by Six Apart

« お茶のお稽古〜台天目+玄関のお花 | メイン | 洛中・お着物まわりのお買い物 »

2009年11月24日 (火)

心茶会錬成茶会・黒谷西翁院〜真如堂

今月はなんやかやで毎週末京都にでかけております。

行くたびに道行く人の数が増えています。紅葉の方がいよいよ盛りを迎えようとするのに比例する京都ですね。

今回は年に一度の京大心茶会錬成茶会。毎年行くのを楽しみにしているのです。

P1030336

カレー色金茶色の一つ紋無地の着物に、焦げ茶の袋帯。

この着物は錬成茶会にぴったり。なぜなら、これは学生の時、心茶会の茶会でデビューさせた着物ですから。


当時はクリーム色の着物でしたが、年齢と共に合わなくなってきたので、染め変えしたものです。

ついでにおろしたてで、水屋のバケツに袖を突っこんで濡らしてしまう、、、という思い出付きdespair

その後何回か錬成茶会で着ましたよ。


P1030337
金戒光明寺通称・黒谷さん。


この季節のドウダンツツジの紅葉は毎年見事です。


P1030348

西の北の門から入って、さらに北へ。茶会のある西翁院はこのつきあたりにあります。

ちょっと良い感じでしょ?この石畳の道。

多分地元の人しか通らない道です。

P1030347

ふりかえるとこんな感じ。


P1030340

西翁院は、千宗旦の弟子、かつ庸軒流の祖、藤村庸軒の養祖父の創立。

錬成茶会はここで過去良く行われています。

2年前もここでしたし、卒業前の最後の学生としての錬成茶会もこちらでした。

P1030339

このあたりは少し高台になっていて、町を見下ろす形になります。

待合いになっている本堂からは見事に色づいた楓の大木を見ることができます。

今年はまだ少し青いようです。

待合いを出て、胸の位置まで腕を伸ばす紅葉した楓の枝に少し腰をかがめながら山を下るような感じで坂を下ると、東屋ふうの腰掛け待合いが。

まさしく市中の山居。


P1030343

きれいに掃き清められた庭の風情、真っ赤な薮コウジ、打ち水された飛び石、、、などを楽しみながら今度は坂を登って再び高台へ。

そこに公開されていないため見たことのない、庸軒の作った茶室、「淀看席」があります。

三畳向切り、道安囲い(点前座と客座が壁で仕切られている)の茶室。

話やものの本では道安囲いというのは知っているのですが、いまだかつて見たことがありません。

一度見てみたいものです。

実は淡交社の雑誌「なごみ」の11月号の特集が「茶庭の石」で、これに淀看席の庭(=今回拝見した庭)がでているのです!

その中に庸軒遺愛の袈裟形の手水鉢(僧侶の袈裟に似た文様のある宝塔の塔身でつくったもの)の写真があったのですが、まさしくその手水鉢を使わせてもらっていたのですね。

ここで手を洗って立ち上がったとき、かつてははるか淀のあたりまでみえたのでしょうね。

そんな昔の、いわれのあるものを知らずになにげに今まで使っていたなんて、、、、、。

知らないって怖い、そして、こんなものがあちこちにごろごろしてるなんて、京都ってすごい!

席は松旭軒という六畳+八畳の広間。

お軸は久松真一先生の「處々全真」(碧巌録)

私が持っている久松先生の軸、「随所作主’(ずいしょにしゅとなれば)」に続く「立処皆真(たつところみなしんなり)」(臨済録)に通じるような言葉だと思いました。

お点前をされる心茶会の学生さんももう自分の子供たちよりも若い方たちばかりになってしまいました。

ここにくる理由のひとつに、平点前の確認があります。

裏千家で毎週厳しい薫陶をうけておられる学生さんの美しい点前をみて、いいかげんな型に流れている自分の点前の修正を。

帛紗さばき、棗、茶杓の清め方、柄杓の扱い、ひとつひとつを確認。

今回の主茶碗、次茶碗はこれまたなつかしい清水卯一の刷毛目茶碗、銘「白牛(びゃくご from 法華経)」、年月と共にすっかりざらざらがが取れてつるんとしてきた黄伊羅保。

私が懐かしがるように、その私が学生の時にさらにそれを懐かしがっていた大先輩もきっとおられたことでしょうね。

今回も待合いで大先輩方から、心茶会にまつわるいろんな逸話を聞くことができました。

自分が在籍した間というのは、心茶会の歴史の中ではほんとに短い間にすぎません。でもその歴史の一部であることも確かで、それがうれしくもあります。


P1030349

お茶会を終えて、せっかくですから少し紅葉を楽しむことに。

真っ赤にみごとに紅葉している木もあれば、まだ青々としているものもあり、今年は少しピークが遅いようです。


P1030352

去年の逆の順で知る人ぞ知る裏道をいきます。

黒谷さんの文殊塔のある墓地をぬけて、新撰組と深く関わりのあった会津藩殉難者墓地の前を通り過ぎ、真如堂へ。


P1030353

この道は静かで時々道に迷った観光客に出会うくらい。おすすめの散歩道ですよ。(お墓が気持ち悪くなければね)

真如堂の境内にはいると打ってかわって人がいっぱいです。


P1030357

でも本堂前の大楓の紅葉は見事!


P1030360

どさくさにまぎれて自分の写真をセルフで撮ってみたりして、、、、


P1030363

黒谷さんの正門横のこれまた知る人ぞ知る、の丸太町どおりにぬける道。

仕舞屋が続くこの風情も好きです。

ここを抜けながら、ここをぬけたら新しい京都の家まですごく近いことに気付く。

そして、来年からの錬成茶会は京都から行けるんだ、、、、と思うとなんだかうれしくてうれしくてしょうがないのでありました。happy01

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349039/22396323

心茶会錬成茶会・黒谷西翁院〜真如堂を参照しているブログ:

コメント

左京区七夕通東入ル、という小説に、しぇるさんのような(もちろん三十何年か前の)女子大生が登場しますよ。是非、御一読ください。

澱看席は、いまから20年前ぐらいの非公開寺院の特別公開の折入ったことがございます。
道安囲に驚いたことは覚えてますが、景色のほうはもう記憶が薄らいでます。もういちど参りたいです。
また特別公開されることもあると思います。
そのころは、歩いてお出かけになることができるかもしれませんね。

ありがとうございました。
本当に学生さんのお手前はすがすがしいですね。
前にお邪魔した時には、炉の中の灰がすごく興味深く拝見できました。

淀見の席
待合の部屋のすぐ横で、同席された建築家の説明で
拝見しました。

なつかしいですねえ。

去年、吉田神社から黒谷さんをめぐったときも路地の佇まいが素敵でした。
昨日は、ここから回ってくれはったんですね。わざわざすんません。そやのにとんだ阿鼻叫喚のシーンをお見せして面目なかったです。とほほ~

お召し物、カレー色(爆)に雲形の長羽織が映えて、ほんまにエエ感じでしたよん。しぇる様は長羽織がお似合いになるわぁ。

お召し物の色合わせ、素敵ですね。。。

場所も素敵!何も考えずに、ぼ~っと散策したいです。

S&Y様

名前にひかれて一度書店で手にしたのですが、どうも乙女チックなタイプの話は好きではないので、京都の地名にひかれつつも買わなかったのですが、おすすめでしたら一度読んでみようかしら。
(30年前のわたくしはこんなに純情かわいくはありませんでした。ちょっとひねた思いっきりりくつっぽいかわいげのない女学生だったと思いますcoldsweats01

もちや様

検索してみると、いろいろな観点からの特別公開が過去あったようですね。もちや様、行かれたのですか?いいなあ。20年前といえば京都に住まれるようになったばかりのころですね。住んでいるとそんな美味しい目にも会えると思うと、ますます来年が楽しみです。
でもできたら見るだけでなく、ここでのお茶会を体験したい、、、、まあ、無理だろうけれど、、、。

野中の清水様

炉中の灰は私もチェックしましたよcoldsweats01まあ、遠山の作り方はいまいちでしたが、火はよく熾っていました。
今思えば学生の頃、点前や半東をした記憶はあるのに、上級生になっても炭やら花やらをやった記憶がありません。一体誰がしてくれていたのでしょう。当時まだまだお茶のことがわかっていなかったんですねえ。

ぽん様

こちらこそ、なんの連絡もなしに突然おじゃましてしまって(しかも大とりこみ中!!dog)申し訳ありませんでした〜。あつかましいですが、ぽん様のお宅はなんとなく気軽に立ち寄れる雰囲気があって、、、。
「洛中いぬ道楽」の主人公、ぱる君にも会えたし、粋な歌川国芳風猫のTシャツもゲットできたし、よかったです。特にぱる君、とても老犬には見えないくらいきれいにしてもらっていて、お世話が行き届いているんだな〜と感心しました。大型犬の介護、口で言うよりはるかに大変だと思いますが、ぱる君、幸せなわんこですね。
お母上にもよろしくお伝え下さいませ〜。

夢風庵様

ここは「ぼ〜っ」とするのにとても良い場所ですよ。墓地なので静かですし読書などにもぴったり。ぼ〜っとしすぎて帰ってこられないかも〜。coldsweats01ちょっと夢風庵さんからは遠いですけれど、普段は観光客の少ない穴場のひとつだと思いますので、是非足をお運び下さい。、、、、って京都の人によそさんの私がいうのも変ですがcoldsweats01

コメントを投稿